この投稿では、BricsCADで独自のカスタム線種を作成する方法を学びます®.

BricsCADパッケージには、多くの単純な線種と複雑な線種が含まれており、独自に作成できます!

BricsCADは、シンプルとコンプレックスの2種類の線種をサポートしています。

  • 単純な線種 —さまざまなパターンでつながった線、隙間、点で構成されます。
  • 複雑な線種 —テキストと形状を単純な線種に追加します。
BricsCADのカスタム線種
上:ダッシュ、ドット、ギャップで構成される単純な線種。上:温水パイプの複雑な線種。

この投稿では、次のトピックについて説明します。

線種に影響を与えるコマンドとシステム変数の発見•ポリラインの特殊なケースを理解する


線種定義の概要

線種は.linファイルに保存され、Linetypeコマンドでロードされます。各線種の定義は、2行のテキスト、線種にラベルを付けるヘッダー、線種の形式を説明するデータの行で構成されています。

1行目:ヘッダー

例: *名前、。 _。 _。 _

* (アスタリスク) —線種定義の開始を示します。

—線種に名前を付けます。

, (コンマ) —名前と説明を区切ります。

. __ . __ —線種パターンを示します。最大47文字です。

2行目:単純な線種データ

例: A、.25、-。1、0、-。1

A —オブジェクトの全長に合わせて調整された線分セグメントを線種に強制的に開始および終了させる整列フラグを指定します。

.25 — LtScale = 1.0の場合のダッシュの長さを指定します。

-.1 —負の長さを使用して、スペースの長さを指定します。

 0 (ゼロ)  —ドットを指定します。

2行目:複雑な線種データ

複雑な線種は、以下の太字で示すように、角括弧内に追加のパラメーターを提供します。 例:

A、1.0、-。25、["HW"、STANDARD、S = .2、R = 0.0、X = -0.1、Y = -0.1],-.40

「HW」 —線種によって表示される文字を指定します。

標準 —文字スタイルを指定します。オプション。見つからない場合、現在のスタイルが使用されます。

S = .2 —以下に応じて、テキストの高さまたは倍率を指定します。

  • スタイルの高さ= 0の場合、Sは高さ(この場合は0.2)を指定します。
  • スタイルの高さが0でない場合、Sはスタイルの高さ(0.2x)を乗算します。

R = 0.0 —線種の方向を基準にしてテキストを回転します。オプション。見つからない場合、角度=0。デフォルトは度単位。 rとgを使用して、ラジアンまたはグラードを指定できます。

A = 0.0 —テキストを常に同じ方向に向けるために、x軸を基準にテキストを回転させます。オプション。

X = -0.1、Y = -0.1—テキストをx方向とy方向にオフセットします。

ノート: すべてのデータ行はダッシュで始まる必要があります。すべてのダッシュとドットはスペースで区切る必要があります。コメントを.linファイルに含めるには、行の前にセミコロン(;)を付けます。

単純および複雑な線種について

BricsCADの線種の構造
ダッシュ、ギャグ、ドットはどのように見えるか

シンプルな 線種は、さまざまなパターンで並べられた線、ギャップ、ドットで構成されます。これは最も一般的なタイプの線種であり、そのコンポーネントは次の図に示されています。

次に、BricsCADに含まれている単純な線種の一部を示します。これらはすべて、さまざまなパターンのギャップ、ダッシュ、ドットで構成されています。

さまざまなパターンの線、ギャップ、ドットで構成される単純な線種

BricsCADには、ISO、国際標準化機構によって定義された標準化された線種も含まれています。 繁雑 線種は単純な線種に似ていますが、次に示すように、フェンスやガスの線を示すテキストなどのテキストが含まれています。

複雑な線種は単純な線種に文字を追加します

色の場合と同様に、慣習として、線種は画層を介して図面内のオブジェクトに割り当てられます-[線種]コマンドではありません[画層]コマンドを使用して、さまざまな線種をさまざまな画層に割り当てます。

ただし、[エンティティプロパティ]ツールバーまたは[プロパティ]ペインを使用して、色などのオブジェクトに線種を直接適用できます。

線種に影響するコマンド

線種は図面に保存されません。代わりに、からロードする必要があります。ファイル。 1つの回避策があります。すべての線種をすべてのテンプレート図面に追加します。

BricsCADには、線種を図面にロードするための2つのコマンドがあります。 線種-線種.

線種の読み込み

線種 コマンドは、線種のロード、リスト、名前変更、削除のために図面エクスプローラを開きます。 (以前は、このコマンドはExpLTypesと呼ばれていました。「explore linetypes」の略です。)別の方法として、Drawing Explorerにアクセスできます。 道具 メニュー:選択 描画エクスプローラー|線種.

図面エクスプローラは、線種のロードと割り当てのすべての側面を処理します

他のコマンドは -線種、コマンドプロンプトで動作します。線種をロードし、すでにロードされているものの名前をリストし、新しいものを定義できます。これは主にスクリプトとLISPプログラムで使用するためのものです。

2つのコマンドは、これらから線種をロードします。 ファイル:

  • —インペリアル線種の定義
  • —メトリック(ISO)線種の定義
  • shx —複雑な線種で使用される文字のソース

BricsCADは線種を次の場所に保存します サポートフォルダ:

窓  C:\ Users \ \AppData\Roaming\Bricsys\BricsCAD\V20\ en_US\support

Linux/ home // Bricsys / BricsCAD / V20x64 / en_US / Support

マック/ユーザー/ /Library/Preferences/Bricsys/BricsCAD/V20x64/en_US/Support

線種のスケーリング

テキストと同様に、線種もサイズが難しい場合があります。ギャップとダッシュを正しい方法でスケーリングする必要があります。縮尺が小さすぎ、線種はしっかりと見えますが、再描画するのに疑わしいほど長い時間がかかります。大きすぎて、線種もしっかりしています。問題は次のようになります。

線種に対するスケールの影響

そして問題を解決するために、BricsCADには LtScale システム変数、「線種尺度」の略。線種の尺度を設定します。通常、テキスト、寸法、およびハッチングパターンに使用する尺度は、線種にも適用されます。いいですね

線種に影響するシステム変数

線種の外観とサイズを制御する多くのシステム変数があります。それらはたまたま設定ダイアログボックスのあちこちに散らばっているので、これらの完全なリストを提供します。この最初の変数セットは、図面に使用される線種を決定します。

  • MeasureInit —新しい図面の初期測定単位(メートルまたはインペリアル)を設定し、使用する.LINファイル(ANSIまたはISO)を決定します
  • 測定 -現在の図面の単位をメートル法とインペリアルの間で変更し、使用するANSIまたはISO.LINファイルを決定します
  • SrchPath — LIN定義ファイルへのパスを指定します

これらは、図面内のエンティティに適用される線種に関連するシステム変数です。

  • CeLtype —現在有効な線種の名前を保持します。 「現在のエンティティの線種」の略
  • CeLtScale —現在の線種尺度を指定します
  • LtScale —現在の線種の倍率を保存します。 「線種スケール」の省略形(デフォルト= 1.0)
  • PLineGen —線種がポリラインの頂点をどのように交差するかを決定します。 「ポリライン生成」の略
  • VisRetain —線種などの外部参照画層に加えられた変更を図面に保存するかどうかを決定します

通常のエンティティに加えて、線種は通常の寸法と動的寸法の一部、および視覚スタイルにも指定できます。

  • DimLType -寸法線の線種を指定します
  • DimLtEx1DimLtEx2 — 1番目と2番目の寸法補助線の線種を指定します
  • DynDimLineType -動的寸法が移動されるときに表示される線種を指定します
  • ObscuredLType —隠線の線種を指定します。ズームスケールとは無関係

変数の最後のセットは、従来のモデル空間の外の線種尺度係数を指定します。

  • MsLtScale —モデル空間で線種を異尺度でスケーリングします
  • PsLtScale —ペーパー空間の線種をスケーリングします。 「ペーパー空間線種目盛」の略

CeLType システム変数は、現在の線種の名前を報告します。これをキーボードショートカットとして使用して、次のように現在の線種の名前を変更できます。

: セルタイプ
CELTYPEの新しい値、または。なし/ <"ByLayer" >: 継続的

ペーパー空間の特別な場合

線種は縮尺の影響を受けるため、ペーパー空間ではその縮尺が問題になります。ペーパー空間にはほとんどの場合独自の尺度係数があるため、モデル空間でうまく見える線種尺度はペーパー空間では正しく見えません。既定では、ペーパー空間の線種の尺度は1.0です。モデル空間での線種に関係なく、

ソリューションには PsLtScale システム変数。その仕事は、ペーパー空間を基準にしてすべての線種をスケーリングすることです。たとえば、ペーパー空間のスケールが1/4″ = 1 ′(つまり、1:48)であるとします。 PsLtScaleを48に設定すると、BricsCADはペーパー空間でモデル空間よりも48倍大きい線種を自動的に表示します。

ポリラインの特別な場合

それから、ポリラインに関して採用するトリックがあります。問題を理解するには、BricsCADが線種を生成する方法を理解しておくと役立ちます。可能な限りうまく線種を適用するために、ソフトウェアは、(a)オブジェクトの長さと(b)線種の尺度係数に基づいて線種を生成します。

基本的に、BricsCADはオブジェクトの一方の端から始まり、その後、もう一方の端まで機能します。次に、プログラムは線種パターンを中央に配置するので、見栄えがよく、両端も均一になります。オブジェクトの一方の端の途中で線種パターンが突然終了することはありません。線種を中央揃えで適用した線は次のようになります。

線セグメントを線種の中央に配置する

次に、ポリラインを考えます。長くつながった1つの線-弧-スプラインのように見えますが、見えない場合でも、多くの頂点が含まれています。各頂点は、線分または円弧セグメントの開始と終了を示します。 BricsCADは、頂点に遭遇するたびに線種パターンを忠実に再起動します。

頂点が互いに接近している場合、BricsCADはパターンを再開するために動き回ることはなく、その結果、ポリラインは実線または連続したように見えます。これは、輪郭を描くためにポリラインを使用する地図製作者のように、一部の人々を混乱させます。解決策は、 PlineGen システム変数。オフ(デフォルト)にすると、BricsCADは以前と同様に機能し、頂点から頂点への線種を生成します。オンに変更すると、BricsCADはポリラインの一方の端からもう一方の端までの線種を生成します—ああ、即座に救済されます! (この問題はスプラインには影響しません。)

線種のカスタマイズ

BricsCADには、コマンドプロンプトで、またはテキストエディターを使用して、カスタム線種を作成する2つの方法があります。

最初に最初のものを見てみましょう。

コマンドプロンプトで

次の手順に従って、コマンドプロンプトで新しい線種を作成します。 -線種 コマンド:

  1. BricsCADを起動し、-Linetype Createコマンドを入力します。

    : –線種

    線種:?リスト/作成/ロード/設定するには: c

  2. 線種に名前を付けます。名前は31文字までです。

    新しい線種の場合: ディタ

    オンザフライでカスタムハッチングパターンを作成するのとは異なり、BricsCADは実際に新しい線種を.linファイルに保存し、後で再利用できるようにします。

  3. この時点で、BricsCADは[線種の作成または追加]ダイアログボックスを表示します。
    線種ファイルへのアクセス

    ダイアログボックスでは、次の手順に応じて、新しい線種ファイルを作成するか、既存の線種定義を追加できます。

    • 新しい線種ファイルを作成するには、新しい.linファイルの名前を入力します。
    • 既存のファイルに追加するには、.linファイルの名前を選択します。

    すべての線種を1つのファイルに保持するのが最も簡単なので、ISO(国際標準)線種を使用する傾向がある場合は、default.linまたはiso.linを受け入れることをお勧めします。

  4. をクリックした後 セーブ ダイアログボックスを閉じるためのボタン、BricsCADは以下をチェックします。
    しばらくお待ちください...「dit-dah」の既存の線種を確認しています。

    ヒント 2つの線種の名前が同じ場合、BricsCADは最初に見つけた線種のみを読み取ります。誤って(またはその他の方法で)すでに存在する線種名を入力した場合(Dashedなど)、BricsCADは警告します。

    DASHEDはすでに存在しています。現在の定義は:
    破線__ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ 0.50、-0.250
    上書きしますか? :

    この場合は、Enterキーを押してから、もう一度名前を付けます。

  1. 線種は、47文字までの任意の単語で記述します。ドット、下線、スペースを使用して、作成する予定のパターンがわかりやすい説明テキストになります。

    線種の説明:。 __。 __。 __。 __

  2. 最終的に!線種パターンを定義します。

    線種の定義(線には正の数、スペースには負の数):A、

    しかし、これは何ですか?手紙 A 線種を強制的に2つの端点の間に揃えます。これが、線種がダッシュで始まり、収まるように調整されたものになる原因です。
    次のように、Aの後にコードを入力します。
    A、.25、-。1、0、-。1

    全部で78文字進むことができましたが、できません。

  3. Enterを押して線種の定義を終了すると、完了です。

    線種「dit-dah」はC:\ Users \…\ support \ default.linで定義されています。
    線種:?リスト/作成/ロード/設定するには: (Enterキーを押します。)

    まあ、まだ完了していません。まだパターンをテストする必要があります。ちなみに、新しい線種はdefault.linファイルの最後に追加されます。

新しい線種のテスト

常に新しいカスタマイズの作成をテストすることが重要です。線種も例外なくシンプルです。次のように、Dit-Dahパターンをテストします。

  1. 使用 線種の負荷 パターンを図面にロードするコマンド:

    : -linetype
    線種:?リスト/作成/ロード/設定するには: L
    ロードする線種を入力: ディタ

  2. [線種ファイルを選択]ダイアログボックスが表示されます。 default.linを選択し、[開く]をクリックします。 BricsCADは以下を確認します。

    線種DIT-DAHがロードされました。

  3. 次のように、[設定]オプションを使用して線種を設定します。

    ?/作成/ロード/設定:s
    新しい図形の線種(または?) :

  4. ここでは、ロードされた線種の名前(「dit-dah」など)または?を入力できます。既にロードされている線種を確認します。
  5. 今回は、真剣に取り組んで、現在の線種を「dit-dah」に設定します。

    ?/作成/ロード/設定: s
    新しい図形の線種(または?) : ディタ
    ?/作成/ロード/設定: (Enterキーを押します。)

  6. 次に、線を引き、それが描かれた線種を理解します。デバッグセッションが終了しました。

テキストエディターで線種を作成する

あなたは編集することができます default.lin 線種ファイルを直接作成して、カスタム線種を作成します。方法は次のとおりです。

  1. Windowsではメモ帳、Linuxではテキストエディター、macOSではテキストエディットなどのテキストエディター(ワードプロセッサではない)を起動します。
  2. default.linファイルを開きます。次の場所のいずれかにあります。
    Windows — C:\ Users \ \AppData\Roaming\Bricsys\BricsCAD\V20\ en_US\support
    Linux — / home / /Bricsys/BricsCAD/V20/en_US/Support
    MacOS — / Users / /Library/Preferences/Bricsys/BricsCAD/V20x64/en_US/Support

    メモ帳でBricsCADに独自のカスタム線種線種を作成する
    テキストエディタを使用して線種定義を追加する
  3. ファイルの最後までスクロールすると、前のチュートリアルで定義したDit-Dahパターンが表示されます。
  4. 既存の線種を変更するか、新しい線種を追加できます。プロセスは、BricsCAD内で実行した場合とまったく同じですが、2つの例外があります。(1)BricsCADはプロンプトを表示しません。 (2)「A」プレフィックスを使用する必要はありません。
  5. 同じ名前(default.lin)または新しい名前で.linファイルを保存し、BricsCAD内でテストします。
ヒント \ C:\ Users \まで掘り下げて迷惑をかけることができない場合\AppData\Roaming \ Bricsys\BricsCAD\ V20\en_US\support\ folder, use the サポートフォルダー コマンド。

線種フォーマット(.lin)

線種の定義は、2行のテキストで構成されています。

1行目:ヘッダー

1行目は、* dit-dahなどのヘッダーです。 _。 _。 _ どこ:

* アスタリスクは、新しい線種定義の始まりを示します。 DIT-DAH線種の名前。

, 名前と説明をコンマで区切ります。

. __ . __ ドットスペーススプラインパターンは、(最大47文字までの)線種を示し、 線種? コマンド。

2行目:データ

2行目は、A、.25、-。1,0、-。1などのデータです。ここで、

A –「A」は整列フラグであり、BricsCADが線種をオブジェクトの全長に合わせて調整された線種で開始および終了するように強制します。

.25 –最初の数値は、次の場合にダッシュの長さを指定します LtScale = 1.0。すべての線種データ行はダッシュで始める必要があります。

-.1 –負符号付きの数値は、次の場合にギャップの長さを指定します LtScale = 1.0;すべての線種データ線は、最初のダッシュの後ろにギャップが必要です。

0 – ゼロはドットを描画します。

セミコロン(;)を使用して、コメント行として任意の行の前に付けることができます。セミコロンの後は、BricsCADによって無視されます。

複雑な(2D)線種

「複雑な」線種にはテキスト文字が含まれます。正直なところ、それがすべてです。テキスト—より正確には、 .

線種に配置されたテキスト

複雑な線種は、テキストと単純な線種コードの混合です。これは、前に学んだダッシュ、ギャップ、ドットです。テキストは、任意のものから来ることができる文字です .shx フォント ファイル。

ASCIIアートを使用して複雑なパターンを作成できます。たとえば、角括弧のペアから正方形を作成して、ボックス効果を作成できます:[および]。ジグザグの線種では、スラッシュとバックスラッシュの文字/と\を使用できます。

ここでは、ASCII文字がスマイルを作成しました。

句読点やその他の文字から作成された記号

複雑な線種で使用されるテキストはからのものです。shx ファイル。シェープファイルの形式は難解で、1980年代の動作が遅いパーソナルコンピューター用の非常に効率的な形式のシンボルとして記述されています。形状はすぐにブロックに置き換えられましたが、線種などで使用されているため、シーンに残ります。

カスタム形状定義を記述したい場合は、19章を参照してください。ただし、形状のコーディングには三角法の知識が必要です。 Jason Bourhillは、 Martin Dreseが提供するMkShape(シェイプ作成)ユーティリティ.

Express Toolsコレクションには、コード化することなく線種を作成するMkLTypeユーティリティも含まれています。

線種にテキストを埋め込む

温水線種は、標準テキストスタイル( arial.ttf フォントファイル)。

お湯のコードは次のとおりです。

* HOT_WATER、温水—-HW—-HW—-HW—-HW—-HW—-HW– A、1.0、-。25、[「HW」、STANDARD、S = .2、R = 0.0、X = -0.1、Y = -0.1],-.40

太字で示されている、角括弧の間の色付きのテキストを除いて、これの多くは見慣れたものに見えます。これが、テキストが線種に埋め込まれる方法です。ここでは、その意味を説明します。

テキスト

「HW」 ダッシュの間の文字を印刷します。

文字スタイル

標準 このテキストスタイルをテキストに適用します。これはオプションです。見つからない場合、BricsCADは現在の文字スタイルを使用し、その名前はシステム変数に保存されます TextStyle.

文字スケール

S = .2 Sは、テキストのサイズまたは倍率を指定します。次の2つのうちのいずれかを意味します。

  • 文字スタイルで定義された高さが0の場合(よくあることです)、Sは高さを定義します。この場合、テキストは高さ0.2単位で描画されます)。
  • 文字スタイルの高さが0でない場合、この数値は文字スタイルの高さを乗算します。この場合、テキストは、テキストスタイルで定義された高さの0.2倍(または20%)で描画されます。

テキストの回転

R 線の方向を基準にしてテキストを回転します。 R = 0.0は回転なしを意味します。デフォルトの測定値は度です。角度測定の他の形式は次のとおりです。

  • R = 1.2rなどのラジアンのr(円には2piラジアンがあります)。
  • 卒業生の場合はg、R = 150gなど(円の中に400gある)。

Rパラメータはオプションであるため、省略できます。この場合、BricsCADはゼロ度を想定しています。

絶対の

A x軸を基準にしてテキストを回転します(「A」は絶対の略です)。これにより、線種のテキストは、線の角度に関係なく常に同じ方向を向くように描画されます。回転は常にテキストのベースラインと大文字の高さ内で実行されます。これは、テキストが冥王星の軌道の近くで回転しないようにするためです。

Aパラメータはオプションであり、省略できます。

XおよびYオフセット

バツ テキストを線種定義の頂点からx方向にシフトします。これにより、テキストが線の中央に配置されます。たとえば、X = -0.1は、0.1単位で右にシフトします。

Y 線種定義の頂点からy方向にテキストをシフトします。 Y = -0.1は、テキストを0.1単位下にシフトします。どちらの場合も、単位はシステム変数LtScaleに格納されている線種の尺度係数にあります。

線種にテキストを配置するためのパラメーター

要約すると、["HW"]などの単一のパラメータを使用してテキストベースの線種を作成したり、上記の6つのパラメータを使用してフォント、サイズ、回転、位置を細かく制御したりできます。 BricsCADはどのでも使用できます。shx コンピューターにあるフォントファイル。

パラメータ 意味 オプション?
“” テキスト 必須 「HW」
ファイル名 文字スタイルの名前 デフォルトのスタイル 標準
S = テキストのサイズまたは倍率 スタイルの高さ S = 0 .5
R = 回転角度 角度= 0 R = 45
A = 絶対回転角度 角度= 0 A = 0
X = 水平オフセット オフセット= 0 X = 0 .1
Y = 垂直オフセット オフセット= 0 Y = -0 .1

BricsCADは、AutoCADの最近のリリースで使用されているUパラメータを認識しません® 形状を直立させます。


BricsCAD体験版を
ダウンロード

今すぐBricsCADを使ってみましょう

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。


  1. 前書き
  2. BricsCADユーザーのための55のヒント
  3. 設定
  4. 環境を変える
  5. カスタムユーザーインターフェース
  6. [カスタマイズ]ダイアログボックスの概要
  7. メニューバーとコンテキストメニューをカスタマイズする
  8. ツールバーとボタンアイコン
  9. マクロとディーゼルコードの記述
  10. リボンのタブとパネル
  11. キーストロークのショートカット、エイリアス、シェルコマンド
  12. マウス、ダブルクリック、タブレットボタン
  13. クワッドについて知っておくべきすべてのこと
  14. ロールオーバープロパティ
  15. ワークスペースとユーザーインターフェイス
  16. 設計ツールと構造パネル
  17. シンプルで複雑な線種の作成
  18. ハッチングのパターン化
  19. 形状とフォントのデコード
  20. フィールドテキストでのコーディング
  21. スクリプトを書く
  22. LISPによるプログラミング(はじめに)
  23. LISP関数