この投稿では、カスタムキーストロークショートカット、エイリアス、シェルコマンドを作成する方法について説明します。

パワーユーザーは、キーボードがコマンドを入力する最も速い方法であることを知っています。 BricsCADには、キーボードショートカットやエイリアスなど、キーボードを効率的に使用する方法がいくつかあります。これらにより、割り当てられたキーボードショートカットとエイリアスを押すだけでコマンドを実行できます。


この投稿では、次のトピックについて説明します。

  • キーボードショートカットの理解、編集、削除
  • MacでのキーストロークがWindows / Linuxとどのように異なるかを学ぶ
  • すべてのキーストロークショートカットのリスト
  • 複数のコマンドの割り当て
  • コマンドエイリアスについて学ぶ
  • エイリアスの編集と削除
  • エイリアスルールの適用
  • シェルコマンドを書く

キーボードショートカットBricsCADマップですが、独自に作成できます

キーボードショートカットとエイリアスの違いは次のとおりです。

  • キーストロークショートカットはctrl + C、alt-tab、ctrl + Vのようなもので、オブジェクトをクリップボードにコピーし、別のアプリケーションに切り替えて貼り付けます。 Ctrlキーを押しながらCキーを押します。BricsCADには、コマンド用のキーボードショートカットが他にも多数あり、独自のショートカットを作成できます。少しでも覚えたら、最高速度で作業できます。 [キーボード]タブでは、ショートカットをファンクションキー、Ctrl、Alt、Shift、矢印キーの組み合わせに割り当てます。
  • エイリアスは、LineコマンドのLやAreaのAAなど、コマンド名の省略形です。毎回完全なコマンド名を入力する必要がないように、[カスタマイズ]ダイアログボックスの[エイリアス]タブでさらにエイリアスを作成できます。

すぐに使えるBricsCADは、前のページのボックスで囲まれたテキストにリストされているショートカットキーストロークを定義します。通常のキー(Aや1など)は、次の特殊キーに添付できます。

  • ファンクションキー —でマークされたもの F などの接頭辞 F1 F2
  • シフトキー —押し続けます シフト キーを押してから、機能、数字、またはアルファベットキーを押します。 F2 または B
  • 代わりの (オプション) キー —押し続けます 代替 キーを押してから、別のキーを押します。 Macでは、長押し オプション キー
  • コントロール (コマンド) キー —押し続けます ctrl キー、および別のキーを押します。 Macでは、長押し cmd キー
  • Shift + Ctrlキー —押し続けます シフト ctrl (または cmd)キー、別のキーを押す
  • Shift +代替キー —両方を押したままにします シフト 代替 (または 選ぶ)キーを押してから、別のキーを押します
  • Ctrl +代替キー —両方を押したままにします ctrl (または cmd)および 代替 (または 選ぶ)キー、別のキーを押す
  • Ctrl +代替+ Shiftキー —押し続けます ctrl (または cmd)および 代替 (または 選ぶ)および シフト キーをすべて同時に押してから、別のキーを押します
ヒント 最初にShiftキーを押すかCtrlキーを押すかは関係ありません (cmd) 最初—同様にalt (オプション).

188ものキーの組み合わせにコマンドを割り当てることにより、定義を追加および変更できます。

Macは Cmd/オプション の代わりに Ctrl/Alt WindowsおよびLinuxで使用され、[カスタマイズ]ダイアログボックスが表示されます。 CtrlAlt 3つのオペレーティングシステムすべて。たとえば、「ブロックとして貼り付け」は、カスタマイズダイアログボックスのWindows、Linux、MacバージョンではCtrl + Alt + Vとして表示されますが、MacバージョンではCommand + Options + Vを押すことで使用されます。

左: Windowsのキーボードショートカット。 正しい:Macバージョンの[カスタマイズ]ダイアログボックスの同じショートカット

コントロール MacキーボードのキーはBricsCADでは使用できません。

以下は、3つのオペレーティングシステムのキー間のマッピングテーブルです。

Windows / Linux マック相当 Macシンボル
Alt(代替) オプション
Ctrl(コントロール) Cmd(コマンド)
コントロール
F(関数) F(関数)
シフト シフト

チュートリアル:ショートカットキーの定義

このチュートリアルでは、フィレットコマンドを ctrl + shift + F。このショートカットキーストロークを定義する手順は次のとおりです。

  1. 入力します カスタマイズ (または、ツールバーまたはリボンを右クリックして、 カスタマイズ ショートカットメニューから、または CUI エイリアス。)[カスタマイズ]ダイアログボックスに注意してください。
  2. を選択します キーボード 3つのペインで構成されていることに注意してください。
    右クリックしてショートカットメニューにアクセス
    • ショートカット ペイン(左側)—現在割り当てられているキーボードショートカットのリスト
    • 利用可能 道具 ペイン(右側)—メニュー名で並べ替えられたBricsCADのすべてのコマンドのリスト
    • キーボードショートカット ペイン(下部)—ショートカット設定の編集用
  3. 新しいショートカットを定義するには、[ショートカット]領域の任意の項目を右クリックし、[ショートカットの挿入]を選択します。
    ヒント 次のようなWindowsで予約されているキーストロークは変更しないでください。

    • Alt + F4 BricsCADを終了します
    • Ctrl + F4 現在のウィンドウを閉じます
    • Ctrl + F6 フォーカスを次のウィンドウに変更
    • f1 ヘルプを表示します

    [キーボードショートカットの追加]ダイアログボックスが表示され、これらのオプションが提供されていることに注意してください。

    • 利用可能なツールを選択 — BricsCADのリストから既存のツール(別名コマンド)を選択するため
    • 新しいツールを作成する —(マクロを使用して)新しいツールをゼロから作成するため。
    ショートカットキーストロークに追加する「ツール」(コマンド)を選択するためのダイアログボックス
  4. このチュートリアルでは、既存のツールを使用します。この場合、「使用可能なツール」はフィレットコマンドです。残念ながら、アルファベット順にリストされていないため、コマンドをすばやく見つける方法はありません。
    フィレットコマンドに到着

    だから、ここにコマンドを見つける方法があります:

    1. 確認します 利用可能なツールを選択 オプションです。
    2. フィレットコマンドは修正コマンドなので、次の場所にあります 修正。利用可能なツールのリストで、 修正 をクリックして + その横に署名します。
    3. 出会うまで下にスクロール フィレ.
      ヒント より速い方法として、キーボードの「f」キーを押します。これにより、ハイライトがフラットにジャンプします。カーソルがフィレットにジャンプするまで「f」を押し続けます。
    4. クリック OK 受け入れるために
  5. [カスタマイズ]ダイアログボックスに戻り、ヘルプ文字列やコマンドマクロなど、多くのデータが入力されていることに注目してください。マクロは次のようになります。

    ^ c ^ c_fillet

    マクロの詳細
    フィレットが追加されましたが、まだキーストロークが割り当てられていません
    不足しているのは必要なキーストロークだけです。次のように、キーボードの目的のキーを押して追加します。

    1. [キー]の横の空白のフィールドをクリックします。
    2. Windows、Linux、Macのいずれの場合でも、キーボードのキーの組み合わせを押します:CTRL + SHIFT +
      • WindowsおよびLinuxの場合: Ctrl シフト キーを押してから、 F.
      • MacOSの場合: Cmd シフト キーを押してから、 F.

      次に、3つのキーを放します。ショートカットが[ショートカット]リストに追加されていることに注意してください。

      キーストロークを押してツールに割り当てる

  6. クリック OK [カスタマイズ]ダイアログボックスを閉じて作業を保存します。
  7. キーを押しながらキーストロークのショートカットをテストします ctrl (Macのcmd) シフト キーを押してから、 F。 BricsCADはフィレットコマンドを実行する必要があります。
    ヒント コマンドごとに1つ以上のキーストロークショートカットを割り当てることができます。ただし、キーストロークが割り当てられると、他のコマンドには使用できません。

チュートリアル:キーボードショートカットの編集と削除

キーボードショートカットを編集または削除するには、次の手順に従います。

  1. で[カスタマイズ]ダイアログボックスを開きます。 Cui。
  2. の中に キーボード タブで、左側の列のキーストロークを選択します。 ctrl + shift + F あなたが定義した
  3. [キーボードショートカット]領域でコマンドを編集します。たとえば、コマンドテキストをバックスペースしてから、別のマクロを入力できます。
  4. キーボードショートカットを削除するには、キーボードショートカットを右クリックして、ショートカットメニューから[ショートカットの削除]を選択します。
    ショートカット定義を削除する
  5. BricsCADはあなたが確かかどうか尋ねます。クリック はい.
    定義がなくなる前に最後のチャンスを得る
  6. クリック OK ダイアログボックスを終了します。

チュートリアル:複数のコマンドを割り当てる方法

キーボードショートカットに複数のコマンドを割り当てることができます。 2つ以上のコマンドが一緒に実行されると、それらは呼び出されます マクロ。 (パート9のマクロの詳細)

たとえば、図面内のすべてのオブジェクトをクリップボードにコピーするには、2つのコマンドが必要です。 すべて選択、 に続く コピークリップ。それぞれのマクロは次のとおりです。

すべて選択 ^ c ^ c_selgrips; _all ;;

コピークリップ ^ c ^ c_copyclip

これら2つのコマンドを1つのキーストロークショートカットCtrl + Shift + Aに結合するには、次の手順に従います。

  1. 新しいキーボードソートカットを挿入します。
  2. [キーボードショートカットの追加]ダイアログボックスで、[編集]セクションにある[コピー(CopyClip)]などのコマンドを1つ選択します。
  3. [OK]をクリックして、[カスタマイズ]ダイアログボックスに戻ります。
  4. キーボードショートカット領域のコマンドセクションを編集して、他のコマンド[すべて選択]を追加します。太字で示されているテキストを追加します。

    ^ c ^ c_selgrips; _all ;;^ c ^ c_copyclip

    セミコロン(;)は、Enterキーを押すことと同等のメタ文字です。

    キーボードショートカット
    マクロにショートカットキーストロークを追加する
  5. キーフィールドにショートカットキーストロークを追加します。

    ctrl + shift + a

    ヘルプ文字列を「すべてのエンティティをクリップボードにコピーする」のように更新することもできます。

  6. クリック OK、次にを押してマクロをテストします ctrl + shift + A。 BricsCADレポート:

    :_SELGRIPS

    グリップを表示するエンティティを選択:_ALL

    グリップを表示するエンティティを選択:

    :_COPYCLIP

    Ctrl + Vキーを使用して、コピーしたオブジェクトを別のドキュメントに貼り付けてみてください。

コマンドエイリアスのカスタマイズ

BricsCADでは、キーストロークのショートカットだけでなく、1文字以上のコマンドショートカットを定義することもできます。 エイリアス。エイリアスは通常、次のようなコマンド名の省略形です。 L のために ライン コマンド、および OS にとって OSnap (オブジェクトスナップ)。

次のような長いエイリアスについて疑問に思うかもしれません 。エイリアスは、実際には任意の長さの文字にすることができますが、長さが2文字または3文字を超えると、簡単に言うと、エイリアスの目的に反するようになります。ただし、長いエイリアス名は、BricsCADを異なるコマンド名の古いバージョンや他のCADパッケージと互換性を持たせるのに役立ちます。たとえば、ColorはColorコマンドの別名です。

BricsCADは約300のエイリアスを事前定義しています。 BricsCADにはすべてのAutoCADのエイリアスが必要であり、さらに、以前のリリースで名前が変更されたBricsCADコマンドにはさらに多くのエイリアスが必要であるため、それらはたくさんあります。

BricsCADの最近のリリースでは、エイリアスは非推奨になっています。新しいエイリアスは追加されていません。これは、オートコンプリートがコマンド名全体にアクセスするために数文字を入力するタスクを引き継いだためです。下の図では、layと入力しています。

BricsCADはLAYを使用するすべてのコマンドを検索します

多くのコマンド(すべてではありません)で機能するエイリアス(一部は不明)を記憶する代わりに、コマンド名の最初の1、2、または3文字を入力して、すべてにアクセスします。 「cui」がカスタマイズのエイリアスであることを誰が知っているでしょうか。オートコンプリートを使用すると、新しいユーザーは代わりに「cus」と入力できます。

ヒント キーボード入力を減らすように設計されていますが、エイリアスはツールバーやメニューマクロでも使用できます。ただし、エイリアスの定義が変更されると、マクロは機能しなくなります。

チュートリアル:エイリアスのカスタマイズ

次のようにエイリアスにアクセスします。

  1. カスタマイズコマンドを入力します。 (または、「:」コマンドプロンプトでCuiエイリアスを入力します。)
  2. [カスタマイズ]ダイアログボックスに注意してください。 [コマンドエイリアス]タブをクリックします。
    カスタムショートカットパネル
    [コマンドエイリアス]タブを表示するカスタマイズダイアログボックス

このバージョンのダイアログボックスは、他のタブとは異なって見えます。2つのペインがあり、下部にいくつかの追加ボタンがあるだけです。

エイリアスコマンド ペイン(左側)—定義済みのすべてのエイリアスを一覧表示します。 -ATなどのエイリアスが-AttDefコマンドにリンクされていることに注意してください。

コマンド ペイン(右側)— BricsCADで見つかったすべてのコマンドの名前を一覧表示します。

ヒント エイリアスはdefault.pgpファイルに保存されます。AutoCADでエイリアスを作成した場合は、メモ帳を使用してエイリアスをBricsCADにインポートし、default.pgpファイルを開くことができます。 AutoCADのacad.pgpファイルからエイリアスをコピーして貼り付けます。

キーボードショートカットとは異なり、エイリアスをマクロにすることはできません。つまり、各エイリアスは単一のコマンドのみをサポートします。

チュートリアル:新しいエイリアスの作成

このチュートリアルでは、エイリアスのないBricsCADのコマンドの1つにエイリアスを作成します。JoinコマンドのJ。

  1. [カスタマイズ]ダイアログボックスの[コマンドエイリアス]タブで、 追加 ボタン。
    エイリアスを追加する
  2. に注意してください エイリアスを追加 テキスト入力ボックス:
    1. [エイリアス]フィールドにjと入力します。
      新しいエイリアス文字の指定
    2. から コマンド ドロップリスト、選択 参加する.
      ショートカットドロップダウンメニューのカスタマイズBricsCAD
      ドロップリストからコマンドを選択する
    3. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます
  3. クリック OK [カスタマイズ]ダイアログを閉じます。
  4. 次に、Jと入力してEnterキーを押し、エイリアスをテストします。 BricsCADはJoinコマンドを実行する必要があります。

チュートリアル:エイリアスの編集と削除

エイリアスを編集するには、次の手順に従います。

  1. [カスタマイズ]ダイアログボックスの[エイリアス]タブで、編集するエイリアスを選択します。 J 上で定義しました。
  2. クリック 編集。 (エイリアスを消去するには、 削除する 代わりに。)
    エイリアスを編集する
  3. [エイリアスの編集]ダイアログボックスで別のコマンドを選択し、[OK]をクリックします。
  4. [OK]をクリックして、[カスタマイズ]ダイアログボックスを閉じます。

コマンド名でソートされたBRICSCADエイリアス

A

  • 整列
  • 絞りap
  • 見かけのplanviewint
  • アークA
  • エリアAA
  • 配列ar
  • attdef at、ddattdef
  • -attdef -at
  • attdisp ad
  • attedit -ate
  • attext ax、
  • ddattext -attext -ax

B

  • 背景背景
  • ベースバ
  • blipmode bm
  • ブロックb
  • -block -b
  • 境界ボー、bpoly
  • -boundary -bo
  • ブレイクbr

C

  • 中心線cl
  • センターマークcm
  • 面取りチャ
  • 変更-ch
  • サークルC
  • カラーコル
  • -color -col、-colour
  • カラーカラー、ddcolor、ddcolour、setcolor
  • co、cpをコピー
  • copylink cl
  • cuiをカスタマイズする
  • シリンダーシリンダー

D

  • ddedit ed
  • ddgrips gr
  • ddselect se
  • ddvpoint setvpoint、viewctl、vp
  • dist di
  • 除算div
  • ドーナツか、ドーナツ
  • ドローオーダーdr
  • dsettings ddrmodes、rm
  • dview dv
  • dxfout dx

寸法

  • 薄暗い次元
  • dimaligned dal、dimali
  • dimangular dan、dimang
  • dimbaseline dba、dimbase
  • dimcenterdce
  • dimcontinue dco、dimcont
  • dimdiameter ddi、dimdia
  • dimedit ded、dimed
  • dimlinear dimhorizontal、dimlin、dimrotated、dimvertical、dli
  • dimordinate dimord、dor
  • dimoverride dimover、dov
  • ディムラディウスディムラド、ドラ
  • dimstyle d、ddim、dimsty、ds、dst、expdimstyles、setdim
  • -dimstyle -dst
  • dimtedit淡色表示

E

  • eattedit食べた
  • 楕円エル
  • 削除、削除、e
  • expx bx、xb
  • Xを爆発させる
  • dwfoutのエクスポート、
  • exp expucs
  • dducs、uc
  • exを拡張する
  • extを押し出す

F

  • フィレットf、fi

G

  • 地理的位置ジオ
  • グリッドg

H

  • ハッチbh、
  • h -hatch -bh、-h
  • 彼をハッチエディットする
  • こんにちは

  • id idpoint
  • 画像expimages、im
  • imageadjust iad
  • IATのアタッチ
  • imageclip icl
  • インポートインプ
  • ddinsert、iを挿入
  • -挿入-i
  • インサートアラインメント
  • insertobj io
  • 干渉する
  • 交差する
  • 分離オブジェクト
  • 等値面は

L

  • レイヤーddlmodes、explayers、la
  • -layer -la
  • レイヤーステートラス
  • レイムセットレイヤー
  • リーダール、リード
  • editlen、lenを長くする
  • ライト照明
  • ライトリストllライン
  • 3dline、l
  • 線種ddltype、expltypes、
  • lt -linetype
  • -ltリストli、ls
  • ltscale lts

M

  • matbrowseropen matb
  • マッチプロップma
  • マテリアルマップsetuv
  • 材料仕上げ、マット、rmat
  • ミラーmi mirror3d 3dmirror、3m
  • mを移動
  • mslide msnapshot
  • mspace ms
  • マルチテキストmt、t
  • mview mv

N

  • newwiz ddnew

O

  • オフセットo
  • oops undelete、unerase
  • オープンオペレーション
  • オプションcfg、config、preferences、prefs
  • 直交または、オルソ
  • osnap ddesnap、ddosnap、os、setesnap
  • -osnap esnap、-os

P

  • パンp、
  • -p pastespec pa
  • pedit editpline、pe
  • ポリラインpl、ポリライン
  • ポイントポー
  • ポリゴンポール
  • プレビューppreview、pre
  • プロパティch、ddchprop、ddmodify、mo、pr、props
  • プロパティclose prc
  • pspace ps
  • パージpu -purge -pu
  • ピラミッドピラミッド

Q

  • qnew n
  • qtext qt
  • 終了をやめる

R

  • 長方形長方形、長方形、長方形
  • rを再描画
  • 再描画ra
  • regen re
  • Regenall rea
  • 地域登録
  • riを再初期化する
  • ddrename、renの名前を変更する
  • -rename -ren
  • rrをレンダリング
  • レンダリング環境フォグ
  • renderpresets roptions
  • renderwin rendscr
  • 回転回転
  • roを回転させる
  • rotate3d 3r、3drotate
  • rpref setrender

S

  • サを救う
  • スケールsc
  • スクリプトscr
  • セクション秒
  • セルグリップセルグリップ
  • setucs dducsp、ucp
  • setvarセット
  • シェード社
  • シェードモードvscurrent
  • フリーハンドをスケッチする
  • スライスSL
  • スナップSN
  • 固体平面なので、
  • スペルsp
  • スプラインspl
  • splinedit spe
  • ストレッチs
  • スタイルddstyle、expfonts、expstyle、expstyles、st
  • スタイルのフォント
  • suを引く
  • 太陽の性質

T

  • タブレットta -text -t
  • テキスト送信
  • 厚さ
  • 時間ti
  • 許容差
  • トーラスtorトリムtr

うん

  • ユニオン
  • units ddunits、un
  • -units -un

V

  • vbaide vba
  • ddview、expviews、vを表示
  • -view -v
  • vplayer vl
  • vpoint視点、
  • -viewpoint、-vp、-vpoint
  • vports viewports、vport、vw
  • vslide vs、vsnapshot

W

  • ブロックw
  • wcloseall closeall
  • 私たちをくさび
  • wmfin wi
  • wmfout wo

バツ

  • xattach xa
  • xbind -xb
  • xclipクリップ
  • xline infline、xl
  • xref expxrefs、xr
  • -xref -xr

Z

  • ズームz

#

  • 3darray 3a、array3d
  • 3dface 3f、顔
  • 3dmeshメッシュ
  • 3dpoly 3p

エイリアスの作成に関する規則

オートデスクがコマンドエイリアスを作成するために提供するいくつかの提案を次に示します。

  • エイリアスは、コマンドを最大2文字に削減する必要があります。
  • 同等のコントロールキー、ステータスバーボタン、またはファンクションキーを持つコマンドには、コマンドエイリアスは必要ありません。避けるべきコマンドの例には、 新着 コマンド(割り当て済み) Ctrl + N), スナップ (すでにステータス行にあります)、そして 助けて (機能キーに割り当て済み F1.
  • コマンドの最初の文字を割り当ててみてください。別のコマンドですでに使用されている場合は、最初の2つを割り当てます。例えば、 C に割り当てられています サークル コマンド、一方 CO に割り当てられています コピー
  • 一貫性を保つために、関連するエイリアスのサフィックスを追加します。例えば、 H に割り当てられています ハッチ コマンドなので、割り当てる ハッチ編集.

チュートリアル:エイリアスのハンドコーディング

エイリアスを直接記述したい場合は、 default.pgp テキストエディタでファイル。 Windowsでは、メモ帳でファイルを開きます (またはLinuxのテキストエディタ、Macのテキストエディット)。 。pgp ファイルは次の場所にあります:

ウィンドウズ - C:\ Users \ \AppData\Roaming\Bricsys\BricsCAD\V20x64\en_US\Support\default.pgp

Linux — / home // Bricsys / BricsCAD / V20 / en_US / Support

マック - /ユーザー//ライブラリ/ Preferences / Bricsys / BricsCAD / V20x64 / en_US / Support

すべての場合において、ファイルのコマンドエイリアスセクションの先頭は次のようになります。

新しいエイリアスを追加するには、上記の形式を模倣します。

エイリアス、* commandName

エイリアス名の後にコンマ、スペース、アスタリスク、コマンド名を入力します。

カスタムのショートカットBricsCADのコーディング方法
Default.pgpファイルの内容を表示するテキストエディター

完了したら、 Ctrl + S (またはMacではCmd + S) ファイルを保存します。 BricsCADに戻って、 再初期化 コマンドを再ロードします。pgp ファイル。

シェルコマンドのカスタマイズ

[カスタマイズ]ダイアログボックスの最後のタブには、 シェルコマンド。カスタマイズ用です シェル ほとんど使用されなくなったコマンド。

これらは、DOS(ディスクベースのオペレーティングシステム)の時代からのホールドオーバーであり、Windowsが複数のプログラムをPCで実行できるようになる前からありました。 DOSオペレーティングシステムでは、コンピューターが一度に1つのプログラムを実行するように制限されていました。 (「TSR」(終了の略語ですが常駐)と呼ばれる追加のプログラムは、メモリにロードしてアクセスできますが、非常に小さく、特別にコーディングする必要がありました。)

CADの実行中にテキストエディタやその他の便利なプログラムにアクセスしたい場合は、プログラムを「シェルアウト」してテキストエディタを実行し、CADプログラムに戻ることができます。 CADプログラムは、テキストエディターの実行中に操作を中断しました。これは シェル コマンド、「外部コマンド」の実行とも呼ばれます。

Windowsでは、多くのプログラムを必要なときに同時に実行できるため、シェルコマンドを使用する必要がなくなりました。ただし、シェルはBricsCADでも動作し、他のソフトウェアにアクセスするための便利な方法です。たとえば、Windowsのスタートメニューからナビゲートしてテキストエディターを起動する代わりに、BricsCADコマンドプロンプトで「notepad」と入力できます。

: メモ帳
編集するファイル: (ファイル名を入力してください)

ファイル名を入力すると、Windowsはそのファイルを使用してメモ帳を起動します。存在しないファイルの名前を入力すると、以下に示すように、メモ帳はその名前で新しいファイルを開始するように提案します。

カスタムショートカットbricscad
新しいテキストファイルの開始

外部コマンドの実行と同時にファイルをロードするには、次のようにコマンド名にファイル名を含めます。

シェルコマンド: メモ帳のdefault.pgpを起動します

コマンドまたはファイル、あるいはその両方の名前にスペースが含まれている場合は、次のように引用符で囲む必要があります。

シェルコマンド: メモ帳を開始します "c:\ program files \ bricsys \ bricscad V20 \ default.pgp"

引用符を使用すると、オペレーティングシステムは、コマンドを区切るスペースと、ファイルまたはパス名の一部であるスペースを区別できます。

シェルコマンドは同じに格納されています default.pgp エイリアスとしてのファイルで、次のフォルダにあります。 C:\ Users \ \AppData\Roaming\Bricsys\BricsCAD\V20x64\en_US/Support .

ファイルのシェル部分は、DOSに由来するシェルコマンドの履歴のため、LinuxおよびMacでの使用に適合していません。

のシェルコマンドセクション default.pgp ファイルは次のようになります。

シェルコマンドを定義する4つのコンポーネントがあります。

エイリアス —シェルコマンドのエイリアスを指定します。それはまだ使用されていない任意の単語にすることができます default.pgp ファイル。

シェルコマンド —オペレーティングシステムに送信されるコマンドの名前を指定します。メモ帳の場合、StartとNotepadの2つの単語があることに注意してください。

開始 別のコマンド(この場合はメモ帳)を実行するコマンドです。コマンド名の「.exe」拡張子は省略します。シェルコマンドでファイル名も指定する必要がある場合は、ここで入力します(後で説明します)。

促す —コマンドバーに表示するプロンプトの表現を指定します。これは空白にすることも、「編集するファイル」などの役立つ単語で構成することもできます。

さらに、各行の終わりにフラグフィールドがあります。 BricsCADはフラグをサポートしないため、空白のままにします。もしそうなら、彼らが意味することはここにあります:

  1. オン:BricsCADは、アプリケーションが終了するのを待たずにコマンドプロンプトに戻ります。
    オフ:BricsCADはアプリケーションの終了を待ちます。
  2. オン:アプリケーションは最小化されて実行されます。つまり、タスクバーにあります。
    オフ:アプリケーションは正常に実行されます。つまり、画面に表示されます。
  3. オン:アプリケーションが表示されません。
    オフ:アプリケーションが画面に表示されます。
  4. オン:シェルコマンドは引用符を使用します。ファイルの名前にスペースが含まれている場合は必須です。
    オフ:シェルコマンドは引用符を使用しません。

チュートリアル:シェルコマンドの編集

シェルコマンドは、[カスタマイズ]ダイアログボックスの[シェルコマンド]タブで定義されます。それらがどのように機能するかを確認するために、既存のコマンドの1つであるメモ帳を見てみましょう。次の手順を実行します:

  1. 入力します カスタマイズ
  2. [カスタマイズ]ダイアログボックスで、[シェルコマンド]タブを選択します。いくつかのコマンドがすでに定義されていることに注意してください。
    カスタムショートカットBricsCAD
    シェルコマンドを追加する
  3. シェルコマンドを編集するには、シェルコマンドの1つを選択し、[編集]ボタンをクリックします。このチュートリアルでは、「メモ帳」を選択して、「編集」をクリックします。 [シェルコマンドの編集]ダイアログボックスに注意してください。
    シェルコマンドの編集

    ヒント既存のBricsCADコマンドまたはエイリアスの名前を使用することはお勧めできません。その場合、BricsCADは「シェルコマンドエイリアスの名前は、通常のエイリアスとして既に存在するため、使用できません。」と不平を言います。

  4. エイリアスやプロンプトなどのパラメータを変更します。
  5. クリック OK ダイアログボックスを終了し、[OK]をクリックして[カスタマイズ]ダイアログボックスを終了します。
  6. 新しいカスタマイズをテストします。

新しいシェルコマンドを追加するプロセスも同様です。


BricsCAD体験版を
ダウンロード

今すぐBricsCADを使ってみましょう

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。


  1. 前書き
  2. BricsCADユーザーのための55のヒント
  3. 設定
  4. 環境を変える
  5. カスタムユーザーインターフェース
  6. [カスタマイズ]ダイアログボックスの概要
  7. メニューバーとコンテキストメニューをカスタマイズする
  8. ツールバーとボタンアイコン
  9. マクロとディーゼルコードの記述
  10. リボンのタブとパネル
  11. キーストロークのショートカット、エイリアス、シェルコマンド
  12. マウス、ダブルクリック、タブレットボタン
  13. クワッドについて知っておくべきすべてのこと
  14. ロールオーバープロパティ
  15. ワークスペースとユーザーインターフェイス
  16. 設計ツールと構造パネル
  17. シンプルで複雑な線種の作成
  18. ハッチングのパターン化
  19. 形状とフォントのデコード
  20. フィールドテキストでのコーディング
  21. スクリプトを書く
  22. LISPによるプログラミング(はじめに)
  23. LISP関数