この投稿では、メニューバーとそのコンテキストメニュー(右クリックメニュー)をカスタマイズする方法を学びます。メニューに変更を加えるには、[カスタマイズ]ダイアログボックスを使用します。

メニューはコマンドを使いやすい順番に配置します。メニューは主にワードが表示されます。論理的な配置と単語の使用により、特定のコマンドを他のどのインターフェイスよりも簡単に見つけることができます。特に、新しいユーザーや、めったに使用しないコマンドに役立ちます。


この投稿は以下をカバーします:

  • メニュー項目の変更
  • 新しいメニュー項目を追加する
  • 新しいツール(コマンド)の追加
  • コンテキストメニューの作成
  • メニューの共有
  • AutoCADからメニューをインポートする

メニューバーの変更

BricsCADは、メニュー上のほぼすべてのコマンドを一覧表示し、カテゴリ別に整理します。たとえば、 ドロー メニューには、ほとんどの描画コマンドがあります。のほとんどのファイルコマンド ファイル メニュー。

ただし、メニューのコンテンツを変更したり、メニューを追加したりする必要がある場合があります。これは、サードパーティの開発者に特によくあることです。

さらに、元のメニュー構造に影響を与えることなく、メニューの一部を追加および削除したい場合があります。メニューのこれらの部分は、 部分メニュー。たとえば、Bricsysは「パラメトリック」をソフトウェアのプラチナエディションに部分メニューとして追加します。メニューバーに別の単語として表示されます。

テクニカルノート [カスタマイズ]ダイアログボックスに表示される項目は、default.cuiおよびその他のカスタマイズファイルの内容を反映しています。ダイアログボックスで変更を行うと、BricsCADは適切な.cuiファイルまたは.pgpファイルに変更を記録し、BricsCADのユーザーインターフェイスの外観とアクションを調整します。

メニューコマンドと変数の概要

次のコマンドはメニューで機能します。

メニュー —メニューファイルをプログラムにロードします。は次のファイル形式をサポートしています。

  • CUI リリース2007以降にAutoCAD、V8以降にBricsCADで使用される標準メニューファイル
  • CUIX リリース2010以降、AutoCADで使用されるパッケージメニューファイル
  • MNU リリース2008より前のAutoCADおよびAutoCAD LTで使用されていた従来のメニューファイル
  • MNS MNUファイルで使用されるLISPソースコード
  • ICM BricsCAD V7以前で使用されるIntelliCADメニューファイル

MenuLoad —メニューグループをロードする

MenuUnload —メニューグループをアンロードする

次の変数はメニューで機能します。

  • メニューバー —メニューバーの表示を切り替えます
  • メニュー名 —現在のメニューファイルのパスと名前を報告します

メニュータブのツアー

メニューのカスタマイズは、[カスタマイズ]ダイアログボックスで行われます。を入力 カスタマイズ コマンドまたは Cui ':'コマンドプロンプトでエイリアスを指定するか、ツールバーを右クリックして選択します。 カスタマイズ.

[カスタマイズ]ダイアログボックスに注意してください。必要に応じて、 メニュー タブ。

メニューバーbricscadをカスタマイズする
[メニュー]タブを表示するダイアログボックスのカスタマイズ

左側には、メインメニューペインが表示されます。などの名前 ファイル, 編集、そして 助けて、BricsCADで使用可能なデフォルトのメニューを表します。もちろん、ほぼすべてを変更できます。

ただし、現時点でBricsCADによって実際に表示されるメニューを表示するには、[ワークスペース]タブに切り替える必要があります。[メニュー]タブの目的は 定義する メニュー; [ワークスペース]タブは、メニューバーに表示されるメニューを決定します。

  1. クリック ワークスペース タブ。
  2. 製図 ノード、開く メニュー ノード、アクティブなメニュー項目のリストがあります。
Bricscadをカスタマイズする
Draftingワークスペースのメニューを表示するワークスペースタブ

メニューバーに表示されるものと同じ順序で一致します。ここに示されているのは、「製図」ワークスペースのメニューバーです。別のワークスペースに切り替えると、メニューバーが変わる可能性があります。

メニュー製図ワークスペースbricscad
Draftingワークスペースのメニューバー

メニューパラメータのクイックサマリ

すべてのメニュー項目の外観は、[カスタマイズ]ダイアログボックスの[メニュー]タブにあるパラメーターによって定義されます。メニュー、サブメニュー、メニュー項目、セパレーターの位置は、ダイアログボックス内の位置によって定義されます。パラメータの意味は次のとおりです。BricsCADカスタマイズのメニューパラメータ

題名 —メニューに表示されるラベル。テキストは文字どおり表示されますが、他の文字やメタ文字を使用できます。

  • (省略記号)コマンドはダイアログボックスを開くことを意味します
  • (メタキャラクター)次のキャラクターに下線を引く;と共にキーボードショートカットに使用されます Alt キー

ディーゼル —ディーゼルプログラミングコードで記述されたコード

ツールID — BricsCADによってメニュー項目に割り当てられた識別子。このIDを調整しないでください

助けて -メニュー項目の上にカーソルを置いたときにステータスバーに表示されるテキストの文

コマンド —ボタンをクリックしたときに実行されるマクロ。マクロは、コマンド名またはエイリアス、オプションワード、ディーゼル、およびLISPコードで構成できます。

画像 —メニュー項目の左側に表示されるビットマップ(別名画像またはアイコン)の名前。このパラメーターを選択すると表示される[…]ボタンをクリックすると、画像が変更されます。

ノードを開くおよび閉じる

各メニュータイトルの隣にあることに注意してください。たとえば、横にある ファイル [ファイル]ドロップダウンメニューの項目を表示します。 [ファイル]の下の項目は、以下に示すように、[ファイル]メニューに表示される名前と一致します。

左:[カスタマイズ]ダイアログボックスで表示されるファイルメニューツリー。右:[ファイル]メニューの同じメニュー項目。

灰色の点と区切り線

ダイアログボックスの項目の前に付く灰色の点があることに注意してください。これらのドットは、「コンテナ」アイテム、文字通りメニューアイテムを示します 含む その他の項目。次に例を示します。

BRICSCAD の名前です メニューグループ。を含む メインメニュー (メニューバーに表示される項目)および コンテキストメニュー (オブジェクトを右クリックすると表示されるショートカットメニュー。)

メインメニュー メニューバーに表示されるアイテムが含まれています。

ファイル メニューバーに沿って表示される最初のメニューの名前であり、ファイル関連のコマンドが含まれています。

ダッシュの行“-”は、メニュー項目のグループを区切る灰色の線であるセパレータバーを示します。上の図を参照してください。

メニュータイトルの表記法について

メニュー名では、特殊文字を使用して規則を定義しています。それらの意味を確認するには、 新着 コマンドをクリックして、ダイアログボックスの下部を確認します— メニュー項目 ペイン。

bricscadメニューをカスタマイズする
パラメータフィールドを表示するメニュー項目ペイン

題名 フィールドには、「新規」という単語といくつかの文字が含まれています。 太字:

新着

意味を見てみましょう。

キーボードショートカット–&

アンパサンド(&)は、 キーボードショートカット文字N この場合(&N)。これにより、文字Nが表示されます 下線付き を押すとメニューで Alt キー。

キーボードショートカット文字を使用すると、マウスを使わずにキーボードからのみメニューにアクセスできます。そのためには、 Alt キーを押して、メニューの下線付きの文字を選択します。たとえば、メニューの[新規]コマンドにアクセスするには、次の手順に従います。

  1. を押す Alt メニューバーの各メニュー名に下線が引かれていることに注意してください。 Fイル。
    メニューバーの下線付き文字
  2. [ファイル]メニューにアクセスするには、 F キーボード上( File)。メニューの項目にも下線付きの名前があることに注意してください。 NewとNew WizARD。
    ファイルメニューの下線付き文字
  3. 新規コマンドにアクセスするには、 N キーボード上( Nえー).

規約では、ニーモニックの目的で最初の文字に下線を引く必要があります。例えば、 Nえー, Oペン、そして Sアベニュー それぞれに最初の文字に下線が引かれています。

ただし、メニューの2つの名前が同じ文字で始まる場合、2番目の名前には別の文字に下線を付ける必要があります。例えば、 Nえー Nに下線が引かれている。 新しいWizARD Zが与えられます

ダイアログボックス - …

省略記号( )は、コマンドがダイアログボックスを開くことを示します。ご了承ください 新着… ダイアログボックスを表示しますが、 セーブ ではない。省略記号自体は何もしません。これは単にユーザーインターフェイスの規則です。つまり、コマンドによってダイアログボックスが開かれることがわかっている場合は、省略記号を追加する必要があります。

メニュータイトル

メニュー項目の名前は、操作するコマンドと同じにすることも、別の名前にすることもできます。ほとんどの場合、メニュータイトルは、実行するコマンドと同じにする必要があります。たとえば、 新着… itemを指定すると、BricsCADはNewコマンドを実行します。

ただし、コマンド名がやや不可解な場合は、PLineコマンドに「ポリライン」を使用するなど、説明的なタイトルに切り替えるのが理にかなっています。

コマンドはマクロを使用

マクロ メニューピックの背後にあるプログラミングコードです。上記で述べたように、[ファイル]メニューから[ファイル]を選択します。 NewはNewコマンドを実行します。 [カスタマイズ]ダイアログボックスの[メニュー項目]ペインでは、コマンドは次のように表示されます ^ c ^ c_new コマンドフィールド。

コマンドフィールドに表示されているマクロ

チップ コマンド、オプション、メタ文字を直接 コマンド テキストボックス。別の方法として、コマンドを 利用可能なツール ペインをクリックしてから、 挿入ツール。この代替アプローチの利点は、BricsCADが自動的に^ Cおよび_メタ文字を追加することです。

タイトルと同様に、マクロはメタ文字を使用します。マクロ構文には次の意味があります。

キャンセル– ^ c

^c メタキャラクターは「キャンセル」を意味します。キャレット(^)は、 Ctrl キー; Cと一緒に、^c を押すのと同じです ESC キーを押してコマンドをキャンセルします。規則では、ネストされたコマンドがキャンセルされるように、(ほとんど)すべてのマクロを2つの^ cで開始します。

トランスペアレント - '

コマンドを操作する場合は、マクロの前に^ cを付けないでください 透過的に、 '_ Redrawなど。アポストロフィメタ文字( ')は、そのコマンドが別のコマンド中に使用できることを意味します。

すべてのBricsCADコマンドが透過的であるとは限りません。

国際化– _

下線(_)はコマンドを「国際化」します。 BricsCADは、さまざまな(人間の)言語で利用できます。コマンドの前にアンダースコアを付けることにより、スペイン語またはドイツ語のBricsCADリリースで使用されている場合でも、コマンドワードが理解されます。

PromptOptionTranslateKeywords 変数は、国際的なコマンドの使用を切り替えます。オフの場合、アンダースコア(_)プレフィックスはコマンド入力に必要ありません。デフォルトはオンです。

入る - ;

セミコロン(;)は、 入る キー。たとえば、 表示|ズーム|ズームイン メニュー項目は次のようになります。

'_zoom; 2x

このマクロでは、Zoomコマンドは2xオプションにアクセスして、図面を拡大します。通常、コマンドとオプションを区切るにはセミコロンを使用します。

大会は じゃない BricsCADが自動的に追加するため、マクロの最後にセミコロンを含めます 入る あなたのために。ただし、マクロを2つ以上のEnterキーで終了する必要がある場合は、;;などの2つまたは3つのセミコロンを指定する必要があります。および;;;。

一時停止– \

バックスラッシュ(\)は、ユーザー入力のためにマクロを一時停止するため、点を選択したりエンティティを選択したりできます。以下のマクロでは、BricsCADは2回休止します。1回はバックスラッシュごとに1回休止します。 (コマンドとオプションは青色で表示されていますが、ユーザー入力の一時停止中は 紫の.)

^ c ^ c_dimlinear;\\_回転

これは、DimLinearコマンドがコマンドバーに表示される方法です。

:dimlinear

Enterキーを押してエンティティを選択します/ (ユーザーが最初の点を選択します。)

2番目の寸法補助線の起点: (ユーザーは2番目の点を選択します。)

角度/テキスト/寸法線の方向:水平/垂直/回転:_ROTATED寸法線の角度<0>: (等々。) マクロの仕組みは次のとおりです。

  1. ^ c ^ cシーケンスは、既存のコマンドをキャンセルします。
  2. DimLinearコマンドが開始されます。
  3. バックスラッシュ メタキャラクターは、次のようなユーザーからの入力をマクロに待機させます。
    • ユーザーが画面上の点をピックします
    • ユーザーがキーボードで値を入力してから、 入る
  4. 2番目のバックスラッシュは、ユーザーが反応するまで、「2番目の寸法補助線の原点」プロンプトでマクロを待機させます。
  5. マクロは回転を実行します

ヘルプ文字列の編集

メニュー項目の目的を変更すると、ヘルプ文字列のテキストも変更する必要がある場合があります。ヘルプ文字列は、ユーザーがメニュー項目を選択したときにステータスバーに表示されます。

ステータスバーに表示されるヘルプテキスト

のテキストを編集します ヘルプ文字列 テキストボックス。

ダイアログボックスのヘルプテキストのカスタマイズ
[カスタマイズ]ダイアログボックスで指定されたヘルプテキスト

チュートリアル:メニュー項目の追加

[カスタマイズ]ダイアログボックスで既存のメニュー項目を右クリックし、ショートカットメニューからオプションを選択することにより、新しい項目をメニューに追加できます。ショートカットメニューを使用すると、新しいメニューを作成したり、既存のメニューにコマンドやサブメニューを追加したり、セパレータバーを追加したりできます。

このチュートリアルでは、 すべて閉じる [ファイル]メニューのコマンド。 Closeアイテムの後に配置されます。 CloseAllコマンドは、開いているすべての図面を閉じます。

  1. とともに Cui エイリアス、[カスタマイズ]ダイアログボックスを開き、 メニュー
  2. メインメニューペインで、 ファイル 項目。
  3. その下に近いものを見つける —– (セパレーター)アイテム。
  4. セパレーターを右クリックして、その前に新しいアイテムを配置します。 BricsCADがショートカットメニューを表示することに注意してください。
    アイテムを挿入してメニューに追加する
  5. 現在選択されているものの上に新しいメニュー項目を追加するには、 アイテムを挿入。 [メニュー項目の追加]ダイアログボックスに注意してください。このダイアログボックスには、BricsCADで使用可能なすべてのコマンドが一覧表示されます([使用可能なツール]ウィンドウと同様)。 (なぜそのような重複があるのかはわかりません。)ダイアログボックスでは、既存のコマンドを選択して新しいコマンドを作成できます。
    [新しいアイテムの追加]ダイアログボックス

    歴史ノート BricsCADの以前のリリースには、アイテムの追加オプションがあり、メニュー構造の最後に新しいアイテムが追加されていました。それはあまり意味がなく、その後削除されました。

  6. ダイアログボックスで、[利用可能なツールの選択]オプションを選択します。 BricsCADの組み込みコマンドの1つを選択できます。 (もう1つのオプションであるCreate New Toolは、新しいコマンドを作成するためのものであり、後で説明します。)
    Select Available Toolオプションの選択
  7. 利用可能なツールのリストの下で、 ファイル コンテナ、次に選択 すべて閉じる.
    メニューカスタマイズ
    ファイルセクションから「すべて閉じる」を選択する

    ダイアログボックスの上部で、タイトル、ヘルプなどのほとんどのパラメーターがBricsCADによって入力されていることに注意してください。ただし、これらはグレー表示されています。これらの値を編集する場合は、[カスタマイズ]ダイアログボックスに戻るまで待つ必要があります。

    淡色表示のパラメーター
  8. クリック OK。ことに注意してください すべて閉じる コマンドが[閉じる]の下のリストに追加されます。
    [ファイル]メニューに[すべて閉じる]コマンドが追加されました
  9. 新しいコマンドが機能することを確認するには、次の手順に従います。 [OK]をクリックして、[カスタマイズ]ダイアログボックスを閉じます。 b。 [ファイル]メニューを選択します。 [すべて閉じる]アイテムが追加されていることに注意してください。
    [ファイル]メニューに表示される[すべて閉じる]コマンド

    c。 [すべて閉じる]をクリックします。正しく動作しますか?ロード後に変更されたすべての開いている図面を保存するように求められます。

ヒント メニューに追加できるコマンドがわからない場合は、 [利用可能なツール]の下にある[カスタマイズ]ダイアログボックスのリストをよく読んでください。 BricsCADで見つかったすべてのコマンドがメニュー順にソートされて一覧表示されます。

利用可能なツールのリストでは、他のコマンドまたはLISPルーチンから作成できる独自のコマンドを追加することもできます。

チュートリアル:メニュー項目の削除

メニュー項目を削除するには、メニュー項目を選択して右クリックします。個々のメニュー項目だけでなく、サブメニューやメニュー全体を削除できます。

  1. ショートカットメニューから、 削除する.
    ショートカットメニューから[削除]を選択する2
  2. BricsCADは、本当にこれを実行するかどうかを尋ねます。クリック はい。
アイテムを消去することの確認

あなたは恐ろしい間違いをしましたか?元に戻すボタンはありません。代わりに、 デフォルトに戻す ボタンをクリックすると、メニューがそのままの状態に戻ります。ただし、このアクションは、保持したい変更を含め、加えた他のすべての変更を取り消します。

工場出荷時のリセットカスタマイズ設定bricscad
[カスタマイズ]ダイアログボックスの[デフォルトに戻す]ボタン

チュートリアル:ツールをメニューに追加する

ここまで、メニューとツールバーに既存のBricsCADコマンドを追加する方法を見てきました。 BricsCADが呼び出す「新しい」コマンドも作成します 道具。これらは、既存のコマンド(コマンドをシミュレートする単純なプログラミングコードの一部)の再加工ほどのコマンドではなく、「マクロ」として知られています。これらについては、次の投稿で詳しく説明します。

新しいツールの作成方法を示すために、図面を保存してからPlotコマンドを開始するマクロを作成します。したがって、2つのコマンドが1つのメニューピックに結合されました。マクロは次のようになります。

^ C ^ C_qsave;_プロット

次のように、マクロに「Save'n Print」という名前を付けて、[ファイル]メニューに追加します。

  1. [カスタマイズ]ダイアログボックスの[メニュー]タブで、次の手順に従います。
    a。を選択します ファイル
    b。右クリック 印刷する.

    リボンbricscadの編集
    アイテムを挿入する

    c。ショートカットメニューから、 アイテムを挿入.

  2. [新しい項目の追加]ダイアログに注目してください。を選択 新しいツールを作成 オプション。
    カスタムコマンドBricsCAD
    新しいツールの作成(別名、新しいコマンド)
  3. 次のようにパラメータを入力します。
    パラメータ エントリ コメント
    ツールボックス ファイル 利用可能なツールの[ファイル]カテゴリに新しいコマンドを追加します
    題名 保存して印刷 [ファイル]メニューに表示される名前
    助けて 図面を保存してから、印刷コマンドを開始します。 ステータスバーに表示されるヘルプテキスト
    コマンド ^ C ^ C_qsave; _plot 現在のコマンドをキャンセルし、図面を保存してから、プロットコマンドを開始するマクロ
    画像 (空白のまま) メニューに画像は必要ありません

    パラメータが入力されると、ダイアログボックスは次のようになります。

    メニューのカスタマイズ
    新しいツール用に入力されたパラメーター

    すべてのコマンドをリストするダイアログボックスの下半分は無視してください。

  4. クリック OK。 [カスタマイズ]ダイアログボックスに戻り、新しいツールが[ファイル]メニュー(左側)および使用可能なツールのリスト(右側)に追加されていることを確認します。
    メニューに追加された新しいツール

    さらに、新しいパラメーターのセットがメニュー項目ペイン(ダイアログボックスの下部)に表示されます。他のコマンドと同じように、ここでパラメーターを編集できます。

  5. クリック OK.
  6. 選択して新しいアイテムをテストします 保存して印刷 から ファイル メニュー。
    メニューに新しいアイテムを追加するUI BricsCADをカスタマイズする
    新しいツールをテストする

コンテキストメニュー

コンテキストメニュー 「ショートカットメニュー」や「右クリックメニュー」など、いくつかの名前で移動します。名前が何であれ、マウスのボタンを押すと表示されるメニューです。 正しい ボタン—「右クリック」と呼ばれるアクション。

右クリックメニューBricsCAD Autocad Manipulator Options
:マウスで右ボタンを強調表示します。 正しい:コンテキストメニューの例

異なるショートカットメニューが表示されます どこ 描画中、編集中、またはユーザーインターフェイスで、BricsCADを右クリックします。

同様に、表示されるメニューは、 シフト および/または Ctrl 右クリックと同時にキーを押します。の メニュー タブの コンテキストメニュー セクションはメニューを定義します。の ボタン タブの定義 いくつか その他の右クリックアクション。 (今後の投稿を参照)。

すべてではありませんが、一部のコンテキストメニューのコンテンツをカスタマイズできます。具体的には

  • 作図領域内を右クリックしたときに表示されるものをカスタマイズできます
  • 右クリックしたときに表示されるメニューは変更できません 外側 ステータスバーやツールバーなどの作図領域の

ヒント マウスを右クリックしてもショートカットメニューが表示されない場合は、次のように、[設定]ダイアログボックスでいくつかの関連オプションをオンにする必要があります。

  1. 入力します 設定
  2. [検索]フィールドに「ショートカットメニュー」と入力します。
  3. 以下に示すように、すべてのオプションをオンにします

チュートリアル:コンテキストメニューのカスタマイズ

コンテキストメニューは、通常のメニューとほとんど同じ方法でカスタマイズされます。

  1. [カスタマイズ]ダイアログボックスを開きます(ツール|カスタマイズ)次に、 メニュー
  2. 左側のペインで、下にスクロールして コンテキストメニュー.
  3. クリック + を開く コンテキストメニュー 木。以下に示すように、そこに表示されるメニューに注目してください。
    メニューのカスタマイズ
    [カスタマイズ]ダイアログボックスのコンテキストメニューのリストにアクセスする

    以下は、テキストオブジェクトを選択して右クリックしたときに表示されるコンテキストメニューです。テキスト編集に固有のコマンドは、BricsCADによって追加されています。

    メニューのカスタマイズ
    テキストオブジェクトが選択されたときのコンテキストメニュー

    コンテキストメニューには2つのタイプがあります。 いっぱい部分的:

    いっぱい メニュー—既存のコンテキストメニュー、および[カスタマイズ]ダイアログボックスで定義されている他のすべての項目を置き換えます。

    部分的 メニュー—テキスト、ポリライン、寸法、属性の編集などのアイテムをコンテキストメニューに追加します。

    完全なコンテキストメニュー

    • コマンド コマンドがアクティブです
    • デフォルト アクティブなコマンドはありません
    • 編集 以下にリストされているもの以外のオブジェクトが選択されています
    • グリップ ホット(赤)グリップがアクティブです
    • エンティティスナップ Shiftキーが押されている

    部分的なコンテキストメニュー

    • OLEオブジェクト OLEオブジェクトが選択されています
    • テキストオブジェクト テキストオブジェクトが選択されています
    • マルチラインテキストオブジェクト 複数行のテキストオブジェクトが選択されています
    • ブロックオブジェクト ブロックが選択されています(以前の名前は「挿入」)
    • 属性ブロックオブジェクト 属性付きが選択されています(以前は「属性ブロック参照」)
    • XREFオブジェクト 外部参照図面が選択されています
    • ポリラインオブジェクト 古いスタイルのポリラインが選択されています
    • LWポリラインオブジェクト 新しいスタイルの軽量ポリラインが選択されています
    • ディメンションオブジェクト ディメンションが選択されています
    • ディメンションオブジェクト 1つ以上のディメンションが選択されています
    • テーブルオブジェクト テーブルが選択されています
    • ハッチングオブジェクト ハッチングパターンが選択されています
    • 複数のリーダーオブジェクト 複数行の引出線が選択されています
    • 帰属定義オブジェクト 属性定義が選択されています
    • 公差オブジェクト 公差が選択されています

    コンテキストメニューの定義の構造は、通常のメニューの構造と似ています。たとえば、項目は表示順に表示され、サブメニューと区切り線があります。

    メニューのカスタマイズ
    左: [カスタマイズ]ダイアログボックスのコンテキストメニュー。 正しい:アクティブなコマンド中に右クリックすると、コンテキストメニューが表示されます
  4. コマンドの追加は以前と同じです。既存のコマンドと新しいツールをコンテキストメニューに追加する前の2つのチュートリアルに従ってください。
  5. 新しいコンテキストメニューの作成には、1つ異なる点があります。特定の項目を右クリックしたときにのみアクティブになります。 BricsCADには、「リアクター」とも呼ばれるこれらの特定のアクションのリストがあります。右クリック コンテキストメニュー.
  6. 表示されるショートカットメニューから、 コンテキストメニューを追加.
    コンテキストメニューの追加

    [コンテキストメニューの追加]ダイアログボックスのオプションは、2つのストリームに分かれています。

    カスタマイズメニューBricsCAD
    コンテキストメニューの追加ダイアログボックス

    このメニューを使用 オプションは次のとおりです。
    通常のコンテキストメニューとして —このオプションは、コマンド中や右クリックしたグリップなど、エンティティを含まないコンテキストメニューにアクセスします。そのうちの5つだけです。それらの1つを選択するには、 コンテキストを追加 次に示すように、[コンテキストエイリアスの追加]ダイアログボックスが表示されます。

    非エンティティショートカットメニューの選択

    特定のエンティティのコンテキストメニューとして —このオプションは、テキストやポリラインなどのエンティティのコンテキストメニューにアクセスします。クリック エンティティタイプを追加 [エンティティエイリアスの追加]ダイアログボックスからボタンを選択するためのボタン。

    メニューbricscadのカスタマイズ
    エンティティ固有のショートカットメニューの選択。
  7. このチュートリアルでは、ビューポートオブジェクトを含むショートカットメニューを作成します。次の手順を実行します:
    a。特定のエンティティのコンテキストメニューとして選択します。
    b。 [エンティティタイプ]をクリックします。 [エンティティエイリアスの追加]ダイアログボックスに注意してください。
    c。リストを下にスクロールして、[ビューポート]を選択します。すぐに行くには、「v」を押します。

    メニューのカスタマイズ
    エンティティとしてビューポートを選択する

    d。クリック OK ダイアログボックスを閉じます。 「Object_Viewport」がエンティティのリストに追加されていることに注意してください。

    特定のエンティティとして追加されたビューポート

    e。 「Viewport Borders」などのテキストをメニュータイトルに追加します…

    メニューの命名

    …次に[OK]をクリックします。 BricsCADが新しいメニューをリストに追加することに注意してください。ただし、コマンドはありません。

    メニューのカスタマイズ
    コマンドのないビューポート境界アイテム
  8. 次に、コンテキストメニューにコマンドを入力します。通常のメニューについては、前述の手順に従ってください。完了したら、 OK、次に新しいショートカット(コンテキスト)メニューをテストします。

ヒント カスタムエイリアスオプションは、カスタムオブジェクトを作成するサードパーティの開発者向けです。

チュートリアル:メニューの共有

カスタマイズしたメニューを他のBricsCADユーザーと共有するには、次の手順に従います。

  1. [カスタマイズ]ダイアログボックスを開きます(カスタマイズ)、次に ファイル メニュー、選択 メインCUIファイルに名前を付けて保存.
    メニューをCUIファイルとして保存する
  2. ダイアログボックスでファイル名を入力し、[OK]をクリックします。 セーブ。 BricsCADはメニュー構造をとして保存します。ui このアクションにより、メニュー、ツールバーなどが同じに保存されます。ui ファイル。エイリアスやシェルコマンドはに保存されるため、保存されません。pgp [カスタマイズ]ダイアログボックスからアクセスできないファイル。
  3. をコピーします。ui ネットワーク、電子メール、またはUSB経由で他のコンピューターにファイルを送信する
  4. 他のコンピュータで、をインポートします。ui [カスタマイズ]ダイアログボックスのファイル ファイル
    カスタムユーザーインターフェイスbricscadコマンド
    CUIファイルを部分メニューとしてロードする

    メニューには2つのオプションがあります。

    • メインCUIファイルをロード —既存のメニュー、ツールバー、キーボードショートカットを新しいファイルで上書きします。 (意図していない場合は、[デフォルトに戻す]ボタンを使用して間違いを修正してください。)
    • 部分的なCUIファイルの読み込み —ファイルの内容を既存のメニュー、ツールバーなどに追加します。

AUTOCADメニューのインポート

[カスタマイズ]ダイアログボックスの ファイル|負荷 アイテムは、3種類のメニューファイルをBricsCADにインポートします。 [カスタマイズファイルの選択]ダイアログボックスのドロップリストから選択します。AutoCADユーザーインターフェイスのカスタマイズ

CUI — AutoCADがリリース2007以降、V8以降BricsCADで使用する標準メニューファイル。

CUIX —リリース2010以降、AutoCADで使用されるパッケージメニューファイル

MNU または MNS —リリース2008より前のAutoCADおよびAutoCAD LTで使用されていたレガシーメニューファイル。

ICM — BricsCAD V7以前、およびIntelliCADベースのCADシステムで使用されるIntelliCADメニューファイル。

注意深い:BricsCADはAutoCADのメニューファイルを簡単にインポートしますが、AutoCADマクロにはBricsCADでサポートされていないマクロコードとメタ文字が含まれる可能性があるため、メニューピックが機能しない場合があります。メニュー用のマクロの記述について詳しくは、後の投稿を参照してください。


BricsCAD体験版を
ダウンロード

今すぐBricsCADを使ってみましょう

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。


  1. 前書き
  2. BricsCADユーザーのための55のヒント
  3. 設定
  4. 環境を変える
  5. カスタムユーザーインターフェース
  6. [カスタマイズ]ダイアログボックスの概要
  7. メニューバーとコンテキストメニューをカスタマイズする
  8. ツールバーとボタンアイコン
  9. マクロとディーゼルコードの記述
  10. リボンのタブとパネル
  11. キーストロークのショートカット、エイリアス、シェルコマンド
  12. マウス、ダブルクリック、タブレットボタン
  13. クワッドについて知っておくべきすべてのこと
  14. ロールオーバープロパティ
  15. ワークスペースとユーザーインターフェイス
  16. 設計ツールと構造パネル
  17. シンプルで複雑な線種の作成
  18. ハッチングのパターン化
  19. 形状とフォントのデコード
  20. フィールドテキストでのコーディング
  21. スクリプトを書く
  22. LISPによるプログラミング(はじめに)
  23. LISP関数