私の中で 最後のBIM投稿 新しいカーテンウォールコマンドの不思議についてお話ししましたが、なぜウィンドウの作成をやめるのですか?今週は、少し前に戻り、まったく新しいBricsCADグリッドシステムを紹介することで、複雑な形状を使用可能なグリッドに分割する方法をさらに探りたいと思います。

BricsCADのグリッドに固有のツールセットは実際にはありません。何でもグリッドとして使えるからです! BricsCADの2Dツールセットの使用方法をすでに知っている場合は、グリッドの設計方法をすでに知っています。まだ方法がわからない場合は、なぜですか チュートリアルをご覧ください。

基礎

で使用できるグリッドツールがあります。 長方形と  極性バリアント。クワッド、リボン、ドロップダウンメニュー、またはコマンドラインからアクセスします。次に、値を設定します。動的寸法(DYN)がオンになっている場合は、これらの値を青いボックスに入力できます。

グリッド
基本的なグリッド形状

グリッドが作成されたら、ブロック編集モードに入ることができます。グリッドをダブルクリックするか、 BEDITコマンド。ブロック編集モードになると、グリッドを変形して任意のレイアウトに適合させることができます。

使用 数字、文字(大文字と小文字)またはローマ数字(大文字と小文字)を自動的に割り当てるNUMBERコマンド。

行を追加する場合は、  BIMCLASSIFYを使用して、それらをグリッド軸に変換します(「その他」セクションにあります)。次に、 通常どおりのNUMBERコマンド。

終了したら、ブロック編集モードを終了します BCLOSE / -BEDITして保存します。

グリッド
左上、大きなグリッドラベル、左下の小さなグリッドラベル、右、ラベルスケールの場所が強調表示されたプロパティパネル

ラベルのオン/オフを切り替えたり、プロパティパネルでサイズを編集したり、線の太さや単位のタイプなどの一般的なオプションを追加したりできます。

作成されたグリッドは、複雑なデザインを作成するのに非常に役立ちます。

グリッド
高度に変更されたグリッドを使用して、このBricshenge CADモデルを作成しました。

ボックスの外側を考える

正方形や円だけで止まるわけではありません!もっとエキゾチックなものを試してみませんか?

私は大規模な三角形ファンなので(好きな形を作ることができるのは私だけではありませんか?)、私は自分の3方向グリッドを作成しました。最良の部分:ブロックとして作成されたので、このグリッドを何度も再利用できます!

グリッドを作成するために、60度の線の配列を作成し、鏡像化しました。

垂直アクセス間の完璧な間隔を取得するために、スナップを使用して2つの直線を描画し、それらを選択しました。 最も近い距離 ここで独自になり、行をどのくらい離す必要があるかを示しました。次に、この間隔を配列に適用しました。シンプル!

グリッド
最短距離は、複雑な幾何学パターンを測定するときに非常に役立つツールです。

次に使用しました  図面を整理するTRIM。

これが完了したら、私は BIMCLASSIFYコマンドを使用してすべての線をグリッド軸に変換し、コマンドを繰り返して軸をグリッドに変換し、 ブロックに変換してブロック参照を分類する ボックス。

その後、私は開いた BEDITモードと  すべての軸のラベルを変更するNUMBERコマンド。ラベル付けのオプションは多種多様なため、1行に数字、1行にローマ数字、1行にローマ数字のセットを作成できました。

非ユークリッドグリッド

グリッドは、ユークリッド幾何学だけに留まりません。あなたは使うことができます  非ユークリッドグリッドも作成するBIMPANELIZEコマンド!目的のサーフェスを選択し、PANELIZEコマンドを起動して、UおよびV軸のディバイダーの数を設定するだけです。それはちょうどのように機能します カーテンウォール BIMCURTAINWALL コマンド。

グリッド
BricsCADでは非ユークリッドグリッドが可能

グリッドを作成しましたが、今はどうですか

オブジェクトがグリッドの交点に配置されている場合、propagateはこのオブジェクトをグリッドに沿って複製できる他の場所を自動的に検出します。 ここを見る 放射状グリッドを作成および編集してから、  PROPAGATEを使用すると、グリッドポイントに沿って多数の列をすばやく配置できます。

グリッド
グリッドのセクションをドラッグして詳細を作成する

グリッド上でのホバリングは、任意の線のセット上でのホバリングとほぼ同じように機能し、塗りつぶし領域は自動的に検出され、必要に応じて調整して押し出すことができます。あなたも使うことができます バナー画像に示すように、ウィンドウを自動的に作成するBIMWINDOWCREATEコマンド。

BricsCAD BIM V19を試す準備はできましたか?

試しやすく、購入しやすく、所有しやすい。それがBricsCADです。すべての製品を30日間無料でお試しください www.bricsys.com。選択の自由に加えて、すべての言語で、すべての場所で機能する永久(永久)製品ライセンス。 BricsCAD V19製品ファミリーで私たちが構築したものを気に入っていただけることでしょう。