今週は、スプラインとポリラインの違いについて説明し、BricsCADでそれらを作成および編集する方法を示します。 BricsCADでの線画の完全なガイドについては、読み続けてください。

スプライン

 スプライン

スプラインは、一連の点によって定義される開いたまたは閉じた滑らかな曲線です。スプラインは3Dで作成することもできます。スプラインは、 はめあい公差 挿入ポイント。

上:数値適合許容差が大きいスプライン。下:フィット許容差0のスプライン

線を作成したら、[プロパティ]パネルを使用します。 はめあい公差 許容値を変更するオプション。数値が低いほど、ラインが挿入ポイントをより正確に横切ります。プロパティパネルを使用して、スプラインを制御することもできます。 頂点 の代わりに フィット点.

スプラインをポリラインに変換する

スプラインは非常に優れている場合がありますが、場合によっては、ポリラインに変換する必要があります。使用する   PE (EDITPLINE / PEDIT)ポリラインに変換します。コマンドを入力してから、スプラインを選択します。コマンドラインは尋ねます: 選択したエンティティはポリラインではありません。それを1つに変えますか?… 選ぶ はい そしてヒット 入る。次に、精度を指定するように求められます。数値が小さいほど、結果は単純になります。下 設定– PlineConvertMode、直線に変換することを選択できます– 0 または線と円弧– 1.

ポリライン脾臓重いポリライン軽いポリライン

注意: PLINECONVERTMODE スイッチを入れる必要があります– 1.

ポリライン

PL (PLINE)

ポリラインは、接続された線または円弧セグメントの開いたまたは閉じたシーケンスであり、単一のエンティティとして扱われます。ポリラインの各セグメントの幅は、一定であるか、全長にわたってテーパーすることができます。個々のセグメントの幅も個別に変更できます。長方形、ポリゴン、ドーナツ、改訂雲マークはすべてポリラインとして作成されます。

古い.dwgファイルは従来、2Dポリラインを「重いポリライン」として保存していましたが、ファイルサイズが大きくなりました。最新の.dwgファイルは、2Dポリラインを「ライトポリライン」(z軸情報なし)として保存します。 PLINETYPEを使用して、ポリラインを「重い」または「軽い」ポリラインとして自動的に作成します。また、図面をロードするときに、古いポリラインを明るいポリラインに変換するかどうかを指定することもできます。

ポリラインスプラインポリライン

ポリラインはグリップによって制御されます。 設定–グリップ 表示されるグリップの数を決定します。 0 –グリップなし、 1 –エンドポイントグリップのみ、 2 –エンドグリップとミッドポイントグリップ。グリップのサイズと色も完全にカスタマイズ可能です。

つかいます BO (境界)交差する線と形状からポリラインを作成します。これは本当に便利です。エンティティ全体を選択するか、使用します ピックポイント 特定の領域を選択します。境界も自動的に検出されます. このトピックについては後ほど詳しく説明するので、ブログを確認してください。

この例では、境界は一連の個別の線と形状から作成されています。

3Dポリライン

3Dポリラインは2Dポリラインとほとんど同じです。主な違いは、3Dポリラインをいじることなく3Dで作業できることです。 UCS。数週間前にお見せしました 3Dグリッドの作成方法。これは、3Dポリラインが本当に役立つ場所です。ただし、3Dポリラインで円弧を作成することはできません。

編集

次のコマンドは、スプラインとポリラインの両方に適用されます。

分割する

行を分割したい場合は、 バツ (爆発する)または、使用 BR (ブレーク)改行します。デフォルトでは、最初にクリックした点が ブレークポイント ただし、エンティティが設定されたら、これを変更できます。使用する F (最初のブレークポイント)最初のポイントの位置を変更します。使用する @ 2番目のブレークポイントを最初のブレークポイントと同じにする:選択したエンティティを2つの接続されたパーツに分割します。

プロパティパネル

スプラインとポリラインを次のように設定できます。 閉まっている または 開いた。プロパティパネルを使用して、これを遡及的に変更します。

プロパティパネルを使用して、線の太さ、線のスタイルの色などを制御することもできます。

トリミング

つかいます TR (トリム)任意の線を最も近い切断線に短縮します。ワークスペースのすべてのエンティティを切断線として使用したり、選択したエンティティを選択したりできます。ホールド シフト 代わりに線を延長します。

拡張する

つかいます EX (延長)行を最も近いエンティティに拡張します。と同じように TR、ワークスペースのすべてのエンティティを拡張ポイントとして含めるか、いくつかを選択するかを選択できます。

接合

つかいます 参加する 2つのポリラインまたはスプラインを結合します。

注意: あなたは使うことができます 参加する ポリライン、3Dポリライン、円弧、スプライン、らせんなどを接続します。このアクション中に線種が変換される場合があります。線種とそれらの結合方法の完全なリストについては、 ここに.

片付け

オーバーキル 重複するエンティティと重なり合う線、円弧またはポリラインを削除し、部分的に重なり合うまたは隣接するものを統合します。図面のクリーンアップに役立ちます!

ポリラインを編集する

ポリラインの編集に関しては、さらに多くのオプションがあります!

最も簡単な方法は クリックしてドラッグ。頂点を選択して新しい位置にドラッグすることにより、ポリラインのグリップを編集できます。複雑になる必要はありません。これは、曲線、角、中点で機能します。

Quad / TIPSウィジェット

QuadおよびTIPsウィジェットが切り替えられた場合 。ポリラインをすばやく編集できます。これを行う方法がわからない場合は、詳細をお読みください クワッドTIPウィジェット.

ポリラインにカーソルを合わせると、TIPSウィジェットに次のように表示されます。

つかいます ctrl に変更する 単一セグメントの選択 クワッドは次のように表示されます:

頂点を追加
頂点を端に追加します(このオプションは、カーソルがポリラインのいずれかの端点にある場合にのみ使用できます)。
ふくらみを調整する(直線と曲線のポリラインを変換)
セグメントを削除
ストレッチセグメント
ストレッチ頂点

ポリライン編集

PE(EDITPLINE / PEDIT)

コマンドラインはあなたにたくさんのオプションを与えます。ほとんどは一目瞭然です。重要なものはおそらく:

スプライン –スプラインセグメントに変換します。

曲がる –弧を直線に変換し、

テーパー –ポリラインの幅をテーパします。

参加する –任意の数のポリラインを結合します。 注意:彼らは触れなければならない。

頂点編集 –これは本当に強力です。選択された頂点は、小さな白い十字で示されます。オプションを使用して、選択したポイントでポリラインを分割したり、ラインセグメントを直線化または曲げたり、ラインセグメントの幅を個別に変更したりできます。

フィット –直線を曲線に変換します。これは、直線でオブジェクトをすばやく作図してから円弧に変換する場合に役立ちます。

赤: フィット、 緑: スプライン、 白い: テーパー、青:元のポリライン。

プロパティパネル

プロパティパネルを使用して、個々のポリラインセグメントを円弧に変換することもできます。下 ジオメトリ カーブとの間で変換するオプションがあります。 頂点 選択した頂点を示します。この場合も、小さな白い十字が表示されます。ドロップダウンメニューを使用して、選択した頂点をナビゲートします。

ふくらみ オプションを使用して、直線の直線の曲率を変更します- 0、完全な半円– 1。半径はこれを超えて増加し続けます。正の数は反時計回りのカーブを作成し、負の数は時計回りのカーブを作成します。

開始幅ボックスと終了幅ボックスは、そのセグメントの線の幅のみを変更します。

変換

BricsCADは、他のCADソフトウェアに固有のものです。 変換する ユーザーは、「ライト」、「ヘビー」、および3Dポリラインの間で変換できます。

絵を描く準備はできましたか?

試しやすく、購入しやすく、所有しやすい。それがBricsCADです。すべての製品を30日間無料でお試しください www.bricsys.com。選択の自由に加えて、すべての言語で、すべての場所で機能する永久(永久)製品ライセンス。 BricsCAD製品ファミリーで私たちがあなたのために構築したものを気に入っていただけることでしょう。