ユーザー定義のx、y平面。 UCS、DUCS、UCSORTHO。 BricsCADで描画平面を操作する多くの方法を見ていきます。

静的Usr座標系

「遅い方法」

静的ユーザー座標系(UCS)を設定するには、コマンドラインにUCSと入力します。さまざまなオプションが表示されます。新しい座標系を設定すると、2Dポリライン、シェイプ、または3Dオブジェクトを使用して、この平面に沿った任意の場所に描画できます。

、座標系を 与えられた顔.

ユーザー座標系描画平面
座標系が特定の平面に設定されている場合、任意の点でこの軸に沿って描画します。

見る オプションは、描画面を 現在のビュー です。これはビューに従いません。ビューを回転しても、元の角度で描画を続けることができます。

ビューをx、y、z軸または既知のポイントに移動するオプションもあります。 X / Y / Z / Z軸.

移動 ユーザー座標系を次のように変更できます 任意の点 ビューパネルで。

つかいます エンティティ 座標系を 2Dオブジェクト。これは、2Dで描画するときに非常に便利です。

ユーザー座標系描画平面
赤い線は、BricsCADが指定されたオブジェクトの軸を自動的に検出し、ユーザーの座標系をフィットするように変更する方法を示しています。

デフォルトのビューが新しい座標系に自動整列することに注意してください。

つかいます 世界 描画平面をにリセットするには 初期位置.

動的ユーザー座標系

「速い方法」

DUCS [F6] 切り替えられます 、コマンドの実行中に、描画平面が自動的にサーフェスに位置合わせされます。

特定の描画平面をアクティブに保つには、 シフト ターゲットサーフェスが青に変わります。現在のコマンドの実行中、描画面はこの面に設定されたままになります。その後、デフォルト設定に戻ります。

ユーザー座標系描画平面
特定のコマンドの間にシフトを押してDUCSを設定します。選択すると、顔が青に変わります。

正投影ユーザー座標系

正投影ユーザー座標系(UCSORTHO)。これは、物事が本当に面白くなるところです!に入る場合 設定 UCSORTHOボックスをチェックしてください、特定のビューで変化する描画平面を持つことができます。つまり、アクティブなビューポートが現在設定されている角度で描画します。

かっこいいのは、ビューポートを使用できるということです。  VPORTS マルチパネルの図面ビューを作成します。アクティブなビューポートに応じて、描画平面は自動的に位置合わせされます。これは、2Dエンジニアリング計画から描くときに非常に役立ちます。

作図平面のユーザー座標系
ビューポートを変更するときに、UCSORTHOを使用して座標系を変更します。

さらに、これらの各ビューポートは異なるビュースタイルを持つことができ、これもかなり便利です!

これらのテクニックを組み合わせる

ユーザー座標系変更図面平面
これらの手法を組み合わせて、広範囲の軸に整列するオブジェクトをすばやく作成します。

始める準備はできましたか?

試しやすく、購入しやすく、所有しやすい。それがBricsCADです。すべての製品を30日間無料でお試しください www.bricsys.com。選択の自由に加えて、すべての言語で、すべての場所で機能する永久(永久)製品ライセンス。 BricsCAD V19製品ファミリーで私たちが構築したものを気に入っていただけることでしょう。