で利用可能なツールとコマンドの数百があります BricsCAD®、およびこれらの多くはBricsCADに固有のものです。したがって、BricsCADの初心者であれば、どこから始めればよいか疑問に思われるかもしれません。初日からBricsCADを最大限に活用するために、新規ユーザー向けのBricsCADのヒントのトップ8を以下に示します(ネタバレ警告番号1が最適です)。


8)スナップメニュー

スナップメニュー
エンティティスナップのShift +右クリックメニュー。

つかいます Shift +右クリック スナップメニューを表示します。コマンドの途中で使用して、スナップタイプを一時的に設定することもできます。上級CADユーザーはこれをすでに知っているかもしれませんが、初心者にとっては非常に貴重なヒントです。


7)LookFromウィジェット

BricsCADで利用可能なさまざまな表示オプション

新しいBricsCADユーザーが知りたい最初のことの1つは、視野角を変更する方法です。それは LookFromウィジェット とても便利です。

右上隅にあるLookFromウィジェットは、ワークスペースをナビゲートするのに役立ちます。ウィジェットの周りでマウスを動かして、さまざまな事前設定されたビュー角度をプレビューします。クリックしてビューを設定します。 「アップ」ビューにアクセスするには、 Ctrl ホバリング中。

LookFromコントロールを右クリックすると、その設定に直接移動できます。ここで透明度を変更し、多数のプリセットビューから選択できます。


6)クワッド

クワッドとは何ですか?
Quadは、BricsCADのすべてのレベルで使用できます。ここでは、BricsCAD形状でそれを見ることができます。

さて、あなたは「私のマウスのこれらのポップアップは何で、どうすればそれらをオフにできるのだろう」と思っているかもしれませんが、そこにぶら下がっています。ここに表示されているのは クワッド.

クワッドはBricsCADに固有の機能であり、最もよく使用するコマンドと必要なコマンドをカーソルの下に置くことでワークフローを高速化します。

Quadを使用すると、ワークスペースを移動することなく、複雑で複雑なコマンドを簡単に実行できます。他のプラットフォームから来たユーザーにとって、この小さな男は要件に対して余計に感じるかもしれませんが、ほんの数時間使用した後、それなしでどのように機能したのか疑問に思うでしょう。

それでも納得できない場合は、右下隅でオフにできます。 「クワッド」をクリックするだけです。


5)BricsCADのバージョンは?

BricsCADのどのバージョンが必要ですか? AutoCAD LT
RunAsLevelコマンドを使用して、ニーズに合った適切なBricsCADバージョンを選択します。

新しいBricsCADユーザーとして、あなたはおそらく私たちを最大限に活用しています 30日間無料のBricsCAD Ultimateトライアル そのため、BricsCADのどのバージョンが適しているのか疑問に思われるかもしれません。見つける最も簡単な方法は、 SetLicenseLevel コマンド(以前は RunAsLevel)BricsCADのエディションを設定する® あなたは試してみたいです。これにより、さまざまなBricsCADバージョンをテストして、自分に合ったバージョンを見つけることができます。

入力するだけ SetLicenseLevel プロンプトに従います。変更を有効にするには、BricsCADを再起動する必要があります。

あなたも使うことができます コマンド 各エディション(別名「ライセンスレベル」)およびインストールされているサードパーティアプリで使用可能なすべてのコマンドを一覧表示するコマンド。


4)ワークスペースの切り替え

ワークスペースの切り替え3Dモデリング2D製図BIMメカニカル

新しいBricsCADユーザーが学ぶもう1つの重要な点は、ワークスペースを切り替える方法です。

BricsCADを初めて開いたとき、ランチャーはワークスペースを選択するように要求します。製図、モデリング、機械、またはBIM。ただし、BricsCADを開いたら、描画の途中で別のワークスペースを切り替えることができます。 BricsCADを閉じて再起動する必要はありません。 BricsCADユーザーインターフェースの右下隅に、ワークスペースを切り替えるためのコントロールがあります。

自分で作成することもできます カスタムBricsCADワークスペース


3)ドッキング可能なパネル

ドッキング可能なパネル

完璧なオフィススペースについての皆の考えが異なるように、完璧なCADワークスペースについての皆の考えも異なります。だからこそ私たちはあなたに多くの方法を提供します BricsCAD環境をカスタマイズする。最も簡単な方法の1つは ドッキング可能なパネル。 BricsCADパネルはドッキングやフロートが可能で、簡単にサイズ変更できるので特別です。ダイアログボックスとは異なり、他のコマンドを使用している間は開いたままにすることができます。

ドッキング可能なパネルには、プロパティ、シートセット、コマンドライン、そしてもちろんツールパレットが含まれます。

BricsCADでは、ドッキング可能なパネルには、ほとんどのAutoCADを驚かせる別の特別な機能があります® ユーザー。それらを組み合わせてタブ付きパネルを作成できます!お気に入りのドッキング可能なパネルを開き、1つのパネルを別のパネルの中央にドラッグするだけです。青いボックスが表示されたら、ドロップします。


2)グリッド

新しいbricscadユーザーのヒントガイドグリッド

描画時にグリッドが好きな場合は、ボタンをクリックするだけでBricsCADでグリッドをオンにできることを嬉しく思います。このコントロールは、BricsCADユーザーインターフェイスの右下隅にあります。 「グリッド」という単語をクリックするだけです。

その他のグリッド設定については、コマンドラインに「settings」と入力し、「grids」を検索してください。ここには、スナップ、色、単位などの設定があります。


1)マニピュレーター

エンティティの回転BricksCADマニピュレーター
BricsCADマニピュレーターでオブジェクトを回転させる

マニピュレータを使用すると、エンティティを移動、回転、スケーリング、コピー、さらにはミラーリングできます。さらに、特定の軸または平面に沿って拘束されているときに、簡単に行うことができます。マニピュレータを右クリックして、矢印の動作をミラーとスケールの間で切り替えるオプションを含む追加のコントロールにアクセスします。

これについて最もクールなのは、顔でも機能することです!

移動BricsCAD Shape操作でオブジェクトを移動

マニピュレータの向きが適切であれば、黄色の列をクリックして、選択したエンティティを軸に沿ってドラッグできます。

回転

オブジェクトを回転BricsCAD Shape操作

マニピュレータの基点を中心にエンティティを回転させるには、黄色の回転弧の1つを選択します。クリックおよびドラッグして位置を変更します。

ミラー

いずれかの矢印を選択して、エンティティを軸に沿ってミラーリングします。

ミラーリングは、矢印のデフォルトの動作です。矢印を右クリックすると、動作を「スケール」に変更できます。右クリックメニューが開きます。次に、クリックして、「矢印の役割」-「3Dミラー」を「矢印の役割」-「3Dスケール」に変更します。

尺度

マニピュレーターを使用してBricsCADシェイプでオブジェクトをスケールする

矢印の動作を[スケール]に設定すると(上記を参照)、任意の矢印を選択して、選択したエンティティをスケーリングできます。

コピー

BricsCAD Shapeでオブジェクトをコピー

4つのマニピュレータ操作のいずれかを実行するときに、選択したエンティティのコピーを作成できます。操作を開始する前に、Ctrlキーを押すだけです。

マニピュレーターの位置を変更する

オブジェクトの位置を変更する

デフォルトでは、マニピュレータは選択したオブジェクトの中心に表示されます。移動するには、再配置グリップ(灰色のボール)をクリックして、操作の新しい基点を選択します。図面上で移動すると、自動的にジオメトリに位置合わせされ、関連する選択した軸に沿って操作できます。

何を求めている?

新たなBricsCADユーザー向けのこれらの8つのヒントを身につければ、すぐに超高速の.dwgsを作成する準備ができます!


BricsCAD Shapeを無料でダウンロード

BricsCADを今すぐ始めましょう

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。