今ではほとんどの人が[スケール]コマンドを知っていると思いますが、オブジェクトを基準点にスケールできることを知っていますか?これは、図面上のエンティティのサイズを変更するときに非常に便利です。

BricsCADでエンティティを参照によってスケーリングする方法

参照によってエンティティをスケーリングするには、「参照」(r)オプションを使用します スケールコマンド。このオプションは、他のエンティティを基準にして、または値によってエンティティをスケーリングします。

参照に合わせる

BricsCADで参照によってエンティティをスケーリングする方法

  1. スケールコマンド(SC)を起動します。
  2. スケーリングするエンティティを選択します
  3. 基点を選択
  4. 「r」と入力します。
  5. 最初と2番目の参照点を選択するか、長さの値を入力します。

このコマンドは通常、基本係数1からスケーリングします。

こんなこと、ご存知でしたか?

あなたも使うことができます マニピュレータ BricsCADでエンティティをスケーリングします。

マニピュレーターでエンティティをスケーリングする

まず、矢印の動作をスケールに変更します。次に、矢印を使用して、選択したエンティティをマニピュレータの基点からスケーリングします。参照にスケーリングするには、Rキーを押します。

マニピュレーターの矢印の動作を変更する方法:

  1. 矢印にカーソルを合わせて右クリックします。右クリックメニューが開きます。
  2. 変化する  「アローヘッドの役割」-「3Dミラー」 「アローヘッドは次のように機能します」-「3Dスケール」。

右クリックメニューマニピュレータ


BricsCAD体験版を
ダウンロード

BricsCAD®で2D図形を変換

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。


火曜日のその他のヒント: