グラスホッパーへようこそ®-BricsCAD® つながりブログ投稿シリーズ!に 前の投稿、Grasshopper-BricsCAD接続の背後にあるテクノロジーを見ました。この投稿では、パラメトリックな「フレーム」を作成する簡単なGrasshopperスクリプトを作成する方法を学びます。次の投稿では、これにBIMデータを追加する方法を学びます。

あなたはステップバイステップまたはチートに沿ってフォローし、ダウンロードすることができます ZIPフォルダ。完成したスクリプトの場所。


この投稿では、次のことを学びます。

  • BricsCAD-グラスホッパー接続の使用方法
  • デザインを編集する方法
  • シンプルなフレームワークを作る方法

始めましょう

まず、Grasshopper-BricsCAD接続が正しく設定されていることが重要です。これを行うには、 Grasshopper-BricsCAD接続ヘルプページ。接続が確立されて実行されると、リボンに新しいタブが表示されます。これにより、BricsCAD内からRhinoとGrasshopperの両方を起動できます。この演習ではGrasshopperのみを使用しますが、Rhinoが実際にバックグラウンドで実行されていることを知っておく必要があります。

リボングラスショップ

それでもグラスホッパーのワークフローがわからない場合は、 パート1 –ジェネレーティブデザインとは.

新しい図面を起動します

  1. 開始するには、新しいBricsCAD図面を起動します。 この例ではミリメートルを使用していますが、必要に応じてインペリアルで作業することもできます。
  2. コンピュータに図面を保存し、Grasshopperコマンドを起動します。
  3. Grasshopperファイルを保存すると、準備が整います。

入力

次に、パティオカバーの入力ポイントを定義します。これにはいくつかの方法があります。たとえば、BricsCADの長方形を開始エンティティとして指定し、その長方形のコーナーポイントをベースポイントとして使用できます。ただし、この演習では、単一の「ローカライズ」開始点を使用します。これにより、スクリプトの後半で最も柔軟性が高まるためです。

手順

  1. ボックスコマンドを使用して、BricsCADでベーススラブを作成します。
  2. Grasshopperコンポーネントパレット内から、BricsCADポイントコンポーネントをGrasshopperキャンバスにドラッグアンドドロップします。 'BricsCAD >入力ジオメトリ'.
  3. コンポーネントを右クリックして[入力ポイントを設定]を選択し、仮想ポイントを定義するスラブの上部の場所を選択します。
    注意 通常のRhinoポイントを入力として使用することはできません。 Rhinoポイントを使用する場合、GrasshopperはRhinoワークスペースをチェックし、BricsCADワークスペースをチェックしません。
  4. ポイントをRhinoポイントにリンクする パラメータ>ジオメトリ>ポイント。 これにより、さらに作業を行うことができ、クリーンなスクリプトが作成されます。接続ポイント
  5. (オプション)このコンポーネントの名前を変更するには(右クリックして)。これは、このコンポーネントの内容の概要を維持するのに便利です。この例では、名前を「コーナー1'。コンポーネントのグラスホッパーの名前を変更する
  6. (オプション)さらにクリーンな状態に保つには、2つのコンポーネントを選択してグループ化します。右クリックして[グループ]を選択します。バッタでグループ化する方法
  7. (オプション)このグループの名前を「入力」グループに変更します(名前を変更するには右クリックします)。bricsCADグラスホッパーコンポーネントの名前を変更する方法

シンプルに始める

想像できる最も複雑な形状を作成することから始めるのは魅力的ですが、単純なものから始めるのが最善です。使用 移動 ローカライゼーションポイントを「コピー」して、他の3つのベースポイントを作成するコマンド。

手順

  1. 別のRhinoポイントを挿入します。
  2. 「入力」グループのRhinoポイントにリンクします。ここからが新しいグループの始まりです。新しいグループは、パティオの4つの基点を作成します。ポイントバッタbricscadを挿入する
  3. 1〜10メートルの範囲の幅のスライダーを作成します。それを行うには:
    1. Grasshopperキャンバスをダブルクリックします
    2. 検索フィールドに1000 <10000と入力します。これにより、スライダーが作成されます(図面の単位はmmです)。
    3. 名前を右クリックして、このスライダーの名前を「幅」に変更します。バッタをオンラインで無料で学ぶ
  4. 前のスライダーをコピーして貼り付け、名前を「Length」に変更します。パラメトリックデザインの無料オンラインレッスン
  5. 2つのスライダーを「入力」グループに追加します。それらを選択し、「入力」グループを右クリックして、「グループに追加」を選択します。
  6. 整頓するには、キャンバスに4つの整数コンポーネントを追加し、2つの「幅」と2つの「長さ」に名前を付け、対応するスライダーにリンクします。それぞれを「入力」グループに入れます。グループバッタキャンバス
  7. 移動コンポーネントを追加する トランスフォーム>ユークリッド>ムーブ キャンバスに。
  8. 「ジオメトリ」フィールドの「コーナー1」ポイントにリンクします。bricscadパラメトリック設計
  9. 次に、幅整数を「モーション」フィールドにリンクしてみます。警告が表示され、コンポーネントが赤に変わります。これは、入力タイプが無効であることを意味します(完全なエラーメッセージを読むには、赤いバルーンを参照してください)。バッタのコンポーネントのリンクエラーどうして? Grasshopperは、ポイントが整数値の上をどのように移動するかを知りません。幸いなことに、これを定義する数学的な方法があり、これは「ベクトル」と呼ばれます。
    ベクトルは、(「Vector 2Pt」コンポーネントを介して)始点と終点の2点で定義できます。方向と長さを定義します。このベクトルを「モーション」フィールドに適用すると、ジオメトリに適用する変換をコンポーネントに通知します。
    あるいは、ベクトルは、単位ベクトル(長さが1のベクトル)と長さで表すこともできます。そのために、幅にはx方向を指す単位ベクトルを、長さにはy方向の単位ベクトルを使用できます。
  10. 「Unit X」と「Unit Y」コンポーネントの両方を追加します ベクトル>ベクトル キャンバスに、そしてその長さ(または 'Factor'-この単位ベクトルをスケーリングしたい)として、それらを 'Width'および 'Length'整数にリンクできます。リンクノードbricscadビジュアルコーディング学習
  11. 最後に、「Unit X」コンポーネントを「Motion」フィールドにリンクします。
    これで、x方向のスライダー値に従って移動するプレビューポイントが表示されます。簡単なコードバッタを作る
    これを、たとえば「Corner 2」という名前の「ポイント」コンポーネントに再度配置できます。
    注意: BricsCADでこれらのポイントを表示するには、PDMODEを3に設定する必要があります。
  12. 新しいRhino 'Point'コンポーネントを作成し、 'Corner 1'と 'Corner 2'の両方を入力します。 Shiftキーを押しながら、2番目のコーナーポイントにリンクします。このポイントに「Corner 1 and 2」という名前を付けます。バッタのコーディング方法を学ぶ
  13. 「移動」コンポーネントを作成します。今回は、「コーナー1と2」を「ジオメトリ」フィールドに追加します。
  14. yベクトルを「モーション」フィールドとtadaに追加します。4つのポイントが作成されました!バッタでのコーディング方法
  15. 2つの新しいポイント(最後の「移動」の出力)を新しいRhinoの「ポイント」コンポーネントに配置し、このコンポーネントに「コーナー3および4」という名前を付けます。簡単なバッタスクリプトは、コースの学習方法
  16. グループ化されていないすべての要素を「基点作成」というグループにグループ化します。バッタキャンバスのグループ

これで次のようになります。

簡単なスクリプトバッタは無料でオンラインでコースを学びます

遊ぶ

これで、スクリプトの構造が非常にはっきりとわかります。入力パラメータとジオメトリを定義する入力グループがあり、基点を作成する最初の機能グループがあります。グループの先頭にある入力コンポーネントとグループの最後にある出力コンポーネントをはっきりと見ることができるはずです。

さあ、いよいよ遊びましょう!

パラメトリックCAD設計

手順

  1. 前の手順を完了できなかった場合は、 このZIPフォルダをダウンロード 「start simple_end.gh」ファイルを開きます。
    注意: 上記のように、入力ポイントを設定する必要がある場合があります。
    別の.dwgを開いている場合は、.ghスクリプトを開いている.dwgファイルに手動でリンクする必要がある場合があります。 Grasshopper環境のキャンバスツールバーにある青い[リンク]ボタンをクリックします。
  2. さあ遊んでみよう!スライダーの値を変更します。ポイントが動き回るのがわかります。
  3. 入力ポイントの場所を変更します。BricsCADの「ポイント」コンポーネントを右クリックし、「1つのポイントを設定」を選択します。スラブの上にある新しい場所を選択します。ポイントのグループ全体が移動するのがわかります。
    ヒント これは、BricsCAD '3D Nearest'スナップがオンのときに最も簡単に実行できます。

練習は完璧を作る!

次に、スキルを練習して、あとで列のエンドポイントを定義する4つのポイントを作成します。ヒント:新しい入力が必要になります:高さパラメーター!

手順

  1. 高さの新しいスライダーを作成します。 (「シンプルスタート」のステップ2を参照してください).高さスライダーバッタを追加する無料のオンラインコースを学ぶ
  2. 「コーナー1と2」および「コーナー3と4」の複製を作成します。仕上げ
  3. 新しい「移動」コンポーネントを作成します。 「モーション」フィールドに「単位Z」を入力します(係数「高さ」を使用)。
  4. 「ジオメトリ」フィールドに「コーナー1と2」の複製を入力します。
  5. 「コーナー3と4」でステップ2と3を繰り返します。これで、将来の列のエンドポイントができました。
  6. スクリプトを整理するには:
    1. 新しいコンポーネントから「Make top points」グループを作成します。
    2. 手順1の入力を入力グループに追加します。
    3. グループの出力のみを表示するには、表示したくないコンポーネントをすべて選択し(Shiftキーを押しながらコンポーネントを選択するか、それらすべての上に選択ウィンドウを作成します)、キャンバスを右クリックして[プレビューオフ]を選択します。

これをスキップしたい場合は、これをダウンロードしてください ZIPフォルダ、「Practice make perfect_end.gh」スクリプトが含まれています。

列線を作成する

このブログ投稿の最後に(しゃれっぽい)具体的な結果を出して、パティオのフレームを形成する柱と梁の中心線を作成する方法を学びましょう。

手順

  1. 新しいグループをクリーンな入力で開始するには、ポイントコンポーネント(前のグループの出力)を複製します。簡単なバッタスクリプトの書き方
  2. 下の点と上の点の間に線を引きます。それを行うには:
    1. 'Line'コンポーネントをキャンバスに追加します(Curve > Primitive)。
    2. 複製した「Corner 1 and 2」を「Start Point」フィールドに追加します。
    3. 複製した「Top 1 and 2」をLineコンポーネントの「End Point」フィールドに追加します。
  3. 次に、3番目と4番目のコーナーとトップポイントに対して手順2を繰り返します。可変設計パラメトリック生成
  4. これで、列の中心線が揃い、heightパラメーターを使用できるようになります。画面上では、それらが伸びたり縮んだりしているのがわかります。バッタbricscadの無駄のないスクリプト
  5. スクリプトを整理するには:
    1. 2つの「Line」コンポーネントを追加します(現在はParams > Geometryからのもの)
    2. 手順2と3のコンポーネントにリンクし、名前を「最初の列」と「終了列」に変更します。
    3. これらのすべてのコンポーネントを「列の定義」グループにグループ化し、このグループの出力以外のすべてのプレビューを非表示にします。これで、列の中心線のみが表示されます。

これで次のようになります。

スクリプトの書き方グラスホッパーbricscad

フレームを完成させる

そして最後に、ビームの中心線に沿ってフレームを完成させます。ここでも同じ結果を得るには多くのオプションがありますが、おそらく最も簡単な方法は次のとおりです。
簡単なバッタスクリプト

手順

  1. 梁の場合、上部のポイントに戻り、出力コンポーネントをコピーします。これは次のグループの入力になります。接続ノードのビジュアルコーディングのパラメトリックデザイン
  2. 次に、「ポリライン」コンポーネントを使用して梁を作成します。
    注意: ポイントのコレクションと、それらの間に作成するポリラインを入力できます。これにより、ポイントのコレクションから簡単に線を引くことができます。バッタの使い方を学ぶ
  3. この線に(「線」コンポーネントで)「最初のビーム」という名前を付けます。無料のオンラインバッタスクリプトレッスン
  4. 手順2と3を繰り返して、このコンポーネントに「End Beam」という名前を付けます。無料のオンラインバッタスクリプトレッスン
  5. これらのコンポーネントを整頓するには、「横断ビームを作成する」という名前を付けます。Grashopperチュートリアル

バッタスクリプトを使用して作成された単純なフレーム

おめでとう!あなたは私たちのパティオカバーのフレームを作りました! GrasshopperなどでBricsCAD BIMのプロファイルを使用するコツを知るには、必ず次のブログ投稿をチェックしてください。


LBricsCADでグラスホッパーを獲得 今日

BricsCAD BIM用のグラスホッパーを入手