このシリーズでは、CADブロックについて説明します。CADブロックとは何か、それらを使用する理由、およびBricsCADで作成、編集、挿入する方法®。私たちが見た最後の投稿で 図面エクスプローラーでブロックを管理する方法。この投稿では、独自のブロックを作成する方法を学びます。

BricsCADでブロックを作成する方法

BricsCADでブロックを作成するのは簡単です。 AutoCADの作成に慣れている場合® ブロックを使用すると、プロセスが安心できるものになります。

BricsCADでブロックを作成するには、いくつかのオプションがあります。

ブロック –ダイアログボックスを使用してエンティティをブロックにグループ化します。 (-ブロック コマンドバーでプロンプトが表示されます。)

ブロックする –エンティティの繰り返しセットを検出して変換し、定義を自動的にブロックします。

ブロック –ダイアログボックスを使用して、ブロックおよびその他の図面エンティティを.dwg / .dxfファイルに保存します。

ペーストブロック  –からエンティティを貼り付け クリップボード、現在の図面のブロックとして。

SectionPlaneToBlock –セクション平面を現在の図面に挿入されたブロックとして、または.dwgファイルとしてディスクに保存します。

FlatShot – 3Dソリッド、3Dサーフェス、ポリメッシュの平坦化された隠線表現をブロックまたは新しい図面として作成します。

ドラッグアンドドロップ ドラゴンオープン システム変数はゼロ(オフ)に設定されます。 BricsCADは自動的に図面を挿入し、 ウィンドウズ・エクスプローラ 現在の図面にブロックとして。

BricsCADでブロックを作成する方法

ブロックを作成する最も簡単な方法は、 ブロック コマンド。

ブロックbricscadを作成する

  1. 使用 ブロック コマンド。 [ブロック定義]ダイアログが表示されます。BricsCADのブロックダイアログボックス
  2. 新しいブロックの名前を フィールド。
  3. 指定する 基点:次のいずれかを実行します。
    • チェック 画面上で指定 オプション。
      をクリックすると、基点を指定するように求められます OK ボタン。
    • クリック ピックポイント ボタン。
      ブロック定義ダイアログが一時的に閉じて、図面内の点を選択できるようになります。
    • X、Y、Zフィールドに基点の座標を入力します。
  4. ブロック定義に含めるエンティティを選択するには、次のいずれかを実行します。
    • チェック 画面上で指定 オプション。
      をクリックした後、エンティティを選択するように求められます OK ボタン。
    • クリック エンティティを選択 ボタン().
      [ブロック定義]ダイアログが一時的に閉じて、図面内のエンティティを選択できるようになります。
  5. ブロックプロパティを設定します。
    • 異尺度対応:を作成します 異尺度対応ブロック.
    • ブロックの向きをレイアウトに合わせる:チェックした場合、 異尺度対応ブロック 回転したビューポートに保持されます。
    • 均一にスケーリング:チェックした場合、X、Y、Zスケーリングを個別に設定できません。
    • 爆発を許可:チェックされていない場合、ブロックが分解されるのを防ぎます。
    • ブロックユニット:ブロックの挿入単位を設定します。
  6. ブロックの作成後に、選択したエンティティの動作を設定します。
    • 保持する:選択したエンティティは図面に残ります。
    • ブロックに変換:選択したエンティティは、新しく作成されたブロックに置き換えられます。
    • 削除する:選択したエンティティが削除されます。
  7. クリック OK ボタンを押してブロックを作成します。

注意: もし 削除する 手順6のオプションが設定されている場合、 おっとっと コマンドは、消去されたブロックエンティティを元に戻します。

高度なブロック作成

場合によっては、図面をクリーンアップする必要があります。すべてのブロックが分解されているか、元のイラストレーターがブロックが何であるかを知らなかった可能性があります。理由に関係なく使用できます ブロックする エンティティの繰り返しセットをブロック定義に自動的に変換します。

軽量で高速な自動ブロック作成BricsCAD

ブロックする エンティティの同一のセットを図面で検索し、それらをブロック参照で自動的に置き換えます。 2Dエンティティと3Dソリッドの両方で使用でき、選択した入力からBlockifyを使用するか、エンティティのグループを自動的に検出することができます。

しかし、それだけではありません! ブロックする モデルの構造を自動的に追加および改善します。モデルにすでにブロック定義が含まれている場合、既存のブロック定義が一致するかどうかがチェックされます。

Blockifyの詳細.

ブロックを別のファイルに保存する方法

WBlock コマンドを使用すると、ブロック定義を外部図面ファイルとして書き出すことができます。それはに似た方法で動作します ブロック コマンドだけでなく、あなたに機会を提供します;現在の図面に既にあるブロックから選択して、図面全体を選択するか、現在の図面から特定のエンティティを選択します。また、新しいブロックファイルを保存する場所を選択することもできます。

w blockコマンド
[ブロックをファイルに書き込み]ダイアログボックス。

注意: BricsCADの[ブロック定義]ダイアログボックスには、ハイパーリンク、クイック選択、またはブロックエディターのオプションがありません。ただし、別の方法を使用して、ハイパーリンクをアタッチし、オブジェクトを選択し、ブロックを編集することができます。

次は何ですか?

次回は、BricsCADでブロックを編集する方法について説明します。


自分用にBricsCADでブロックを作成してみてください

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。

BricsCAD体験版を
ダウンロード

BricsCADのブロックについての詳細を読む:

  1. CADブロックとは何ですか?
  2. ブロックを挿入する方法
  3. 外部参照を使用する
  4. 図面エクスプローラーでブロックを管理する
  5. 独自のブロックを作成する方法
  6. ブロックを編集する方法