タカミヤ株式会社 使用する BricsCAD® 建設現場やエンジニアリングプロジェクトに欠かせない設計、構築、レンタル、偽造品、足場。全国に営業所、設備センター、海外にグループ事業拠点を有しています。高宮は一時的な足場と支持構造の設計を合理化するためにBricsCADに移行しました。

「私たちは1969年に事業を開始しました。その当時、私たちは建設機械を売買していました。 2010年には、建設機械メーカーの完全所有権を取得し、完全子会社の子会社にしました。そのため、現在、日本および東南アジア諸国の協会で機器を製造およびレンタルしています。」 –タケミヤのテクニカル部(営業部)のゼネラルマネージャー、竹村邦彦。

高宮足場

ライセンス費用と3D変換を考慮する

近年、タカミヤは仮設足場の企画・設計・施工などの付加サービスを開始しており、CADソフトはビジネスに欠かせないツールとなっています。

「CADソフトウェアの使用を開始したのは約20年前です。当初、当社は日本で業界をリードする2D CADソフトウェアを使用していました。近年、追加の設計作業の量とともにスタッフ数が増加し、CADソフトウェアのコストが大幅に上昇しています。 3Dプロジェクトも立ち上げましたが、3D CADのコストが私たちの取り組みの障害になりました。 2Dと3Dのソフトウェアを同時に使用していたときに、 BricsCAD Pro 沿って 図研アルファテック (公式のBricsCADセールスポイント)」 タカミヤのテクニカル部門(営業部門)のマネージャーである長野誠也氏は説明します。

BricsCADの互換性と操作性

タカミヤの技術部門は、BricsCADの試用版を使用してソフトウェアの互換性と操作性を検証しました。 BricsCADのタスクへの適合性を確認した後、タカミヤはBricsCADの強力な3D機能を利用する計画でBricsCAD Proを導入することを決定しました。 「BricsCADは3Dの使用に最適で、社内で簡単に展開できます」と長野氏はコメントしました。

技術部の浜田一樹氏は、 BricsCAD 彼のビジネスでは: 「BricsCADの最初の利点は、永続的なライセンスと組み合わせた価格です。 2番目の大きな利点は、BricsCADが他のCADソフトウェアおよびそれらで作成されたデータファイルと高い互換性を持っていることです。そして3つ目は、BricsCADによって2D描画と3Dモデリングの両方を実行できることです。」

BricsCAD®は3Dの使用に最適であり、社内で簡単に導入できます。」 –長野誠也。

「BricsCADを使用すると、測定データ、点群、ランドスケープモデリング、さらにはノイズ処理さえも、ワンストップの足場設計のために処理して組み込むことができます。 BricsCADは確かに私たちのビジネスの拡大に役割を果たすCADソフトウェア製品の1つです」が竹村を追加します。

3D計測事業を開始

タカミヤは、業界の質的発展を牽引する企業グループを目指します。同社は、さまざまな操作の効率を向上させるために、BricsCADを備えた3Dモデルの利用を検討しています。

「建設および土木業界では深刻な労働力不足があり、私たちは率先して自分たちを変革し、生産性を向上させる努力をしたいと考えています。 BricsCADにより、3Dテクノロジーをマスターできるようになります」 長野は言う。

3Dは重要な技術であり、一時的な建設のソリューションを促進するために使用されます。タカミヤはグループ内でレーザースキャナーを使った3D計測事業を立ち上げる予定です。

「スキャンを社内で行えることは、現場での建設前のフロントローディングにも貢献します。点群データの作成から3Dモデリング、計画モデルの設計および構築まで、すべてがグループ内で行われます。」 竹村はコメントした。 「BricsCADを使用すると、仮設建設に関連する一連のプロセスをワンストップでサポートできるようになります。」

より多くのBricsCADユーザーを発見:


BricsCAD体験版を
ダウンロード

BricsCADでデザインを管理する®

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。