配列は、コピーの作成に非常に役立ちます。 BricsCAD V19には、パスに沿ってオブジェクトを配列するオプションがあります。 2Dおよび3D、開いた状態と閉じた状態、スプラインとポリラインに沿って、ブロック、シェイプ、ライン、ソリッドをコピーします。チェーン、リンク、手すりスポークを自動的に作成します。

基礎

配列パスは、オブジェクトを複製するときに非常に便利なツールです。アレイポーラーとアレイレクタングルにはメリットがありますが、アレイパスはまったく新しいレベルのCADです。

配列するアイテムを選択して、指定したパス(頂点1)の最後に配置します。

頂点を見つけるには、パスを選択してから、[プロパティ]パネルを使用します。ラベルの付いたボックスをクリックすると バーテックス 次に、パスに沿って移動できます。問題の頂点に小さな十字が表示されます。

プロパティパネルを使用して、最初の頂点を見つけます。パネルに示された頂点は小さな十字で強調表示されます。

次に、オブジェクトをこのポイントに移動します。最良の結果を得るには、頂点をオブジェクトの中心に揃えます。エンティティスナップを使用して正確にします。

次に、パスに沿ってオブジェクトを位置合わせします。 ALIGNコマンドを使用することも、目で確認することもできます。

チェーンアレイパスBricsCAD
BricsCADからの画面キャプチャ

を使用して、指定されたパスに沿ってアイテムの数を設定します ダイビング または使用するアイテム間の距離 距離。パス全体を埋めるか、アイテムの数を設定するかを選択することもできます。

より多くのオプション

パスに沿ってアイテムを整列するかどうかを選択できます。整列すると、オブジェクトはカーブのベンドとともに回転します。オフの場合、オブジェクトは一定の角度を保ちます。

配置が設定されていない場合、結果は次のようになります。

この手順に従わないと、おかしな結果になる可能性があります。あなたが使用できることを修正するには 基点 に続く 接線方向.

左: 頂点1以外の線のポイントに配置されたオブジェクト。 右: 調整された基点と接線。オブジェクトは移動していません。

接線方向は、パスに沿ったオブジェクトの配置に影響します。

白い矢印は、設定された接線の方向を示しています。 左上: 接線が設定されていません。

より多くのオプション

ARRAYRECTANGLEとARRAYPOLARを使用する場合と同じように、オブジェクトに行と列を追加することもできます。

ARRAYPATHレベルは、チェーンメールのこの単純なシートを作成するために使用されました。

また、らせん状の曲線でも機能するため、らせん階段などのオブジェクトをすばやく簡単に作成できます。

ArrayPathを使用してらせん階段をすばやく作成する

距離とダイビング(パスに沿ったアイテムの数)のモードから選択できます。

選択した場合 連想配列を作成する、配列を作成したら、通常どおりにパスを編集できます。配列は編集に基づいて自動的に更新されます。配列を作成した後でも、回転数とらせんの高さを編集できます。

BricsCADを試す準備はできましたか?

試しやすく、購入しやすく、所有しやすい。それがBricsCADです。 30日間無料でダウンロード www.bricsys.com。選択の自由に加えて、すべての言語で、すべての場所で機能する永久(永久)製品ライセンス。 BricsCAD製品ファミリーで私たちがあなたのために構築したものを気に入っていただけることでしょう。