ご存知ですか、BricsCADには3種類のアレイがあります。この投稿では、配列とは何か、それらがどのように機能するか、なぜそれらを使用する必要があるのか、そしてそれらを編集する方法について見ていきます。

配列とは何ですか?

簡単に言えば、配列は、長方形または円形の形状で繰り返しスペースをとる、またはパスに沿って配置されるエンティティ(オブジェクト)の配置です。配列は、設定された間隔でコピーを作成するのに非常に便利です。それらは2Dと3Dの両方で機能します。

BricsCADには、次の3種類のアレイがあります。

  • 配列長方形
  • アレイポーラー
  • 配列パス

長方形配列

長方形の配列は、2Dまたは3Dグリッド構成で一定の間隔でエンティティ(オブジェクト)をコピーします。列、行、およびレベルは、それぞれX、Y、およびZ軸に沿って移動します。

レックアレイ長方形ブリックスキャド

使用 ARRAYRECT 長方形配列を作成するコマンド。

ポーラーアレイ

極配列は、エンティティ(オブジェクト)を一定の間隔で円形にコピーします。塗りつぶし角度(円のパーセンテージ)、行の追加(同心円のリングの追加)、レベル(アイテムはZ軸に沿って増加)を変更できます。さらに、エンティティを回転するか、すべてのアイテムを同じ方向に保つかを選択する必要があります。

アレイポーラーブリックスキャド

使用 アレイポール 極配列を作成するコマンド。

パス配列

パス配列は、エンティティ(オブジェクト)をパスに沿って一定の間隔で配置します。行(現在の行に平行な行)とレベル(アイテムはZ軸に沿って増加します)を実行できます。

アレイパスbricscad

使用 ARRAYPATH パスに沿って配列を作成するコマンド。

より多くのオプション

配列を作成している間、いくつかのオプションが与えられます。実験して何が起こるかを確認することをお勧めします。主なオプションのいくつかを次に示します。

アイテムの整列(配列パス)

各アイテムをパスの方向に接するように配置するかどうかを選択します。配置は、最初のアイテムの方向を基準にしています。

  • はい –各アイテムはパス方向に接して配置されます。
  • 番号 –各アイテムは、最初のアイテムの方向を維持します。

ポーラーアレイbricscadを整列

(配列極)間の角度

アイテム間の角度間隔。

角度オプションbricscadアレイポーラー

列(配列長方形)

列数(Y方向の項目)と間隔を指定します。

列配列bricscad長方形配列

塗りつぶし角度(配列極)

最初のアイテムと最後のアイテムの間の角度。負の値を使用して時計回りに移動し、正の値を使用して反時計回りに移動します。

ポーラーアレイbricscad充填角度

レベル

配列内のレベル数(Z方向のアイテム)と間隔。

リアレイのレベル

メソッド(配列パス)

2つのオプションがあります。

  • 除算 –パスに沿って等間隔で指定された数のアイテムを配布します
  • 測定する –パスに沿って、指定された距離で十分な数のアイテムを配置します。

patharray arraypath

アイテム

アイテムの数またはアイテム間の距離を指定します。 (パス配列の場合、これはメソッドに選択した設定によって異なります)。

配列内の行数、それらの間の距離、および増分標高。

長方形配列 –y軸に沿ったアイテムの数。

パス配列 – x / y平面に沿って移動するアイテムの数。

アレイパスbricscad

ポーラーアレイ –配列の中心から放射状に広がるエンティティの数。

極配列行

回転(配列極)

アイテムが配列の周りを移動するときに回転するか、同じ方向に留まるかを選択します。

arraypolarを回転させます

接線方向(配列パス)

パスの開始方向に対してアイテムをどのように配置するかを決定します。

パス配列

Z方向(配列パス)

アイテムの元のZ方向を維持するか、3Dパスに沿ってアイテムを自然にバンクするかを選択します。 アイテムを揃える オプション。

配列パスz方向

連想配列はどうですか?

選択した場合 連想配列を作成する、作成したアレイは引き続き編集できます。パス配列を使用すると、パスを編集すると、配列が自動的に更新されてそれに追従します。配列を作成した後でも、回転数とらせんの高さを編集できます。

配列の編集

既存の配列を編集するためのいくつかのオプションがあります。

プロパティパネルで配列を編集する

配列を編集するための迅速で正確な方法は、プロパティパネルを使用することです。まず、編集する配列を選択します。次に、必要に応じて、[プロパティ]パネルで値を調整します。

プロパティパネルで配列を編集する

クワッドで配列を編集する

クワッドを使用して配列を動的に編集することもできます。既存の配列を編集するには、配列にカーソルを合わせ、Ctrlキーを押しながら、クワッドを開きます。配列固有のオプションの選択が表示され、行、列、レベル、ソースポイントを変更したり、配列内のエンティティを回転、移動、削除したりすることができます。

配列を編集する

こんなこと、ご存知でしたか?

プロパティパネルに負の値を入力して、負の方向の配列を実現できます。


BricsCAD無料をお試しください

30日間無料でBricsCADを入手

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。


その他のヒント: