BricsCAD V20は、反時計回りの円弧、直感的なテキスト編集、動的なユーザー座標システム(UCS)、改善されたデータ抽出などの新しい機能を備えた2Dエンティティの操作を合理化します。

円弧は反時計回りに移動します

時々、それはすべての違いを生む小さなものです。たとえば、次のことができます ポリラインと円弧を反時計回りに描く!単にホールド Ctrl そして、アークは方向を反転します。シンプル!

アークv20 BricsCAD反時計回り

2Dエンティティ上のダイナミックUCS

ダイナミックUCSは2D製図に最適であり、3Dエンティティと同じように2Dエンティティでも動作するようになりました。描画や回転に時間を無駄にせずに、UCSを揃えて、 シフト キーを押して描画します!

ダイナミックUCS 2dエンティティ

この機能をオンまたはオフにします。 BricsCADの他のすべてと同様に、動的なUCSの動作は完全にカスタマイズ可能です。ダイナミックUCSを設定して、3Dソリッドのみ、2Dエンティティのみ、またはその両方に揃えるか、完全にオフにすることができます!一番下のバーを右クリックして、メニューを表示します。またはに移動します 設定>製図>ユーザー座標系> UCS検出 (または、検索バーに「UCS detect」と入力します)。

DUCSアイコンを右クリックして、DUCS設定を変更します。

マルチテキスト

BricsCAD V20は、テキストエンティティを編集するより直感的な方法でワークフローを合理化します。

右クリックメニューを使用して、段落間隔を編集できるようになりました。

マルチテキストテキストアノテーション2d製図BricsCAD V20

分解されたマルチテキストエンティティはすべてのフォーマットを維持します。さまざまなフォント、またはテキストの高さ、上付き文字など。バックグラウンドマスク設定が維持されるようになり、反復タスクに費やされる時間を削減します。

データ抽出

データ抽出ウィザードには、選択したプロパティのフッター行を追加できる新しいフッター列が含まれています。合計、最小、最大、平均などの一般的な式から選択できます。

まだBricsCAD V20を使用していますか?

2Dエンティティで動的に取得

無料のBricsCAD 30日間トライアル

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。