2Dパラメトリック拘束は、2Dジオメトリの関係を維持し、寸法を制御するために使用されます。ここBricsysでは、パラメトリックに夢中です!あなたはもっと知ることができます ここにここに。 2Dパラメトリック制約を使用すると、オブジェクトを最初から再描画することなく、デザインの複数のバージョンを作成できます。これは、ブロックを操作するときに非常に役立ちます。このトピックについてはまもなく取り上げますので、ブログをチェックしてください。

最初に幾何拘束を適用し、次に寸法拘束を適用することをお勧めします。しかし、そうしなくても慌てないでください。制約を忘れたり変更したりしても、(ほとんどの場合)問題はありません。いつもやってるよ!

幾何拘束

幾何拘束は、アイテム間の関係を制御します。

平行拘束は、1つの点が移動されたときに側面が平行のままであることを保証するために使用されます。

2D制約
ここでは並列制約が使用されています。

さらに制約を追加すると、オブジェクトの動作がさらに決まります。

追加  垂直拘束は、側面間の垂直関係を維持します。これにより、ポイントが操作されたときのオブジェクトの動作が変更されます。

2D制約
垂直拘束が追加されました。

多くの場合、同じ結果を得るために図面を制約する方法は複数あるため、いくつかのことを試してみてください。

2D制約
左:側面が平行で、左下隅が垂直に拘束されます。右:右上隅を90°にして反対側の等しい辺の長さに拘束します。これらの拘束は両方とも長方形の形状を維持します。ただし、操作方法はさまざまです。

一致は、別々のアイテム(たとえば、ポリライン)が同じ点で接続されたままになる方法を制御します。 BricsCADを使用すると、一致拘束を自動的に作成できます。選択する  偶然– 自動拘束–すべてのエンティティを選択 または特定のものを選択してクリック 入る。これは、より複雑なオブジェクトを作成するときに非常に役立ちます。他の制約を追加する前に、最初に自動制約を使用することをお勧めします。そうすることで、すべてが意図したとおりに接続されていることを簡単に確認できます。

寸法拘束

寸法拘束は、長さ、角度、半径、直径など、エンティティの寸法を制御するために使用されます。それらは長さを制御するだけでなく、負荷全体を制御できるため、私のお気に入りです。

線形制約は物事を平行に保ち、  水平および 垂直拘束は、距離を維持しながら、拘束をそれぞれ水平および垂直に保ちます。

 整列拘束は、標準以外の角度で描かれた線や、より具体的な関係が不要な線に役立ちます。

寸法拘束は、他の拘束に依存するように設定できます。つまり、1つの制約の値を変更すると、他の制約もそれに比例して自動的に変化します。

ここでは、長方形の側面から円の中心に適用される制約が長さ/ 2および幅/ 2であるため、円はボックスの中心に残ります。

角度拘束は、出入り口や回転オブジェクトなどに役立ちます。

動的ブロックとパラメトリックブロック
このドアはダイナミックブロックとして作成され、図面の要件に合わせてサイズや向きを変更できます。

時々、制約は少し圧倒的に見えるかもしれませんが、それらはかなり単純です。以下の例では、自動拘束を使用してポリラインの端点での接続を維持し、腕と脚のジョイントを両側で同じ長さに拘束し、最後にすべての距離を頭の半径に比例させました。

2D制約
ここでの制約は、位置とサイズに関係なく、頭の腕と脚の比率が維持されることを意味します。

制約の編集

プロパティパネルとMechanicalブラウザパネルを使用して、拘束を編集および管理します。

プロパティパネルで、制約の名前をより意味のある名前に変更できます。たとえば、「長さ」または「左隅」。数値または数式で値を変更することもできます。例:長さ= 20、または長さ=幅/ 2。後者は、幅を20に変更すると、長さが自動的に10になることを意味します。

動的ブロックとパラメトリックブロック
右側:プロパティパネルで、小さな灰色のfxボックスをクリックして式を表示します。左側のブラウザーパネルの制約値で、左下の表を使用して値を編集します。

値を「x」などの変数に変更することもできます。 Mechanical Browserパネルを右クリック– 新しいパラメータを追加。次に、「radius + 20」などの「x」の値を設定できます。これは、極座標配列に役立ちます。高校の代数が結局役立つとわかったのは誰ですか。

パラメトリックブロックとダイナミックブロック
半径を調整することで、パラメトリックブロックを使用してテーブルの周りの座席数を自動的に変更できます。

また、以下を使用して制約を自動的にクリーンアップすることもできます 未使用のパラメータを削除 またはですべての制約を削除 2D拘束を削除.

制約に負けた

幾何学的および  寸法拘束を表示に切り替えることができます  上に  show / hideコマンドで個別にオフにします。特定の制約が邪魔になる場合は、それらを非表示にすることもできます。オブジェクトを選択すると、すべての制約が非表示であっても、オブジェクトに適用されている制約が表示されます。

忘れないでください: いつでも使用できます タブ レイヤー化されたオブジェクトの上にホバーしている間に選択を切り替えます。

特定のオブジェクトに適用されている制約を確認する必要がある場合は、図面上の四角形の制約アイコンにカーソルを合わせます。青くなります。小さな白い十字は制約ポイントを示し、制約されたアイテムは点線で表示されます。

制約を視覚化するには、制約ボックスにカーソルを合わせます。

そして、おそらく何よりも、コンストレイントをアニメーション化して、オブジェクトにどのように影響するかを確認できます。 Mechanicalブラウザパネルで拘束を右クリックし、 アニメート.

彼は喜びのためにジャンプしている制約にとても満足しています。

ここでは表面を引っ掻いているだけです。すべての制約とその機能の完全なリストについては、 ヘルプページ.

絵を描く準備はできましたか?

試しやすく、購入しやすく、所有しやすい。それがBricsCADです。すべての製品を30日間無料でお試しください www.bricsys.com。選択の自由に加えて、すべての言語で、すべての場所で機能する永久(永久)製品ライセンス。 BricsCAD製品ファミリーで私たちがあなたのために構築したものを気に入っていただけることでしょう。