最新のガイドについては、以下を参照してください。 BricsCAD V20でポイントクラウドを使用する方法.


複数のリクエストの結果として、BricsCADでポイントクラウドを使用する方法のクイックガイドがあります。基本的に、3つのステップがあります。

  1. データを前処理する
  2. データを図面に添付する
  3. 点群を使用する

1.前処理

最初のステップは、データの準備です。点群をすばやくナビゲートするには、データを前処理する必要があります(既に 言及した これらのファイルは本当に巨大になる可能性があります)。 POINTCLOUDPREPROCESSを使用して、入力ポイントクラウドを選択できるファイルダイアログを開きます。

現在、BricsCADは次の3つのタイプのインポートをサポートしています:.las、.pts、および.ptx(その他の形式は後で追加されます)。点群ソースの入手先については、をご覧ください。 このブログ投稿.

次のステップは、前処理された出力ファイルの名前を選択することです。デフォルトでは、ファイルダイアログは入力ファイルと同じ名前を推奨します(拡張子の前に数字はありません)。処理されたファイルには、拡張子.bpt(Bricsys Point Tree)が付与されます。ただし、名前は任意の名前に変更できます。

AutoCAD®ユーザーの場合: この手順全体は、Recapで.rcpファイルを作成することと同等です。

2.図面に添付する

次のステップは、前処理された.bptファイルを現在の.dwgに添付することです。 POINTCLOUDATTACHを使用します。空のテンプレートに点群を添付することはできません。 .dwgを最初に保存する必要があります。これは、.dwgが.dwgファイルが保存された場所からの相対パスを使用して、アタッチされたポイントクラウドを参照するためです。

.bptファイルを選択すると、ポイントクラウドを図面に挿入する方法を指定できるダイアログが表示されます。

点群接続ダイアログ。ここで、ユーザーは点群をどのように図面に挿入するかを選択することができます。

「画面上で指定」ボックスにチェックマークが付いている場合、挿入ボックスが表示され、(ボックスがチェックされているすべての)翻訳/回転/スケーリングを決定できます。その他については、ダイアログの値が使用されます。

3.点群で.dwgを使用します

点群をアタッチすると、他のエンティティと同様に操作できます。他の要素と同様に、移動/回転/スケーリングできます。また、SECTIONPLANE断面平面コマンドに応答し、断面平面がアクティブな場合、断面平面の外側のパーツを非表示にします。

断面平面(内側の青い直方体)を持つ点群。赤で示されているのは、断面平面のプロパティパネルで、内側の赤の形は、ここでは「ボリューム」に設定されている断面平面の状態です。

注意: 切断面には3つの状態があります。

  • 平面:すべてを平面の片側で切り取ります
  • 境界:画面に描かれた輪郭の無限押し出しを定義します
  • ボリューム:上記の境界と同じですが、指定された上部と下部の平面を持ちます

ESNAPがオンの場合、クラウド内の可視ポイントへのスナップも可能です。

その他の機能:

  • カラーマップ(POINTCLOUDCOLORMAP):クールなアイコンだけではありません!この気の利いたコマンドは、強度または標高に対応するポイントに偽色を割り当てることができることを意味します。赤や青などの単一のスペクトル色を選択するか、スペクトル全体を選択します。ここのヘッダー画像は「地球」色を使用しています。
    点群
    BricsCADでは、異なる点群の色が可能です。高さや密度などの要素を選択して、表示される色に影響を与えます。
  • トリミング(POINTCLOUDCROP):断面平面はシーン内のすべてをトリミングしますが、ポイントクラウドのトリミングは現在のポイントクラウドに制限され、他のエンティティは影響を受けません。
  • ポイントサイズ(POINTCLOUDPOINTSIZE):画面に描画するポイントの大きさを決定します。視覚的にギャップを埋めることは便利です。
    点群のサイズ
    左:小さなポイント。右:同じ数のポイント、大きなサイズが表示されます。
  • 境界(POINTCLOUDBOUNDARY):点群の境界ボックスの表示または非表示を選択します。
    点群が分割され、境界がオフになりました。

AutoCAD®の互換性

素晴らしいニュース:あなたまたはあなたが働いている人がAutoCAD®とRecapを使用している場合、Recapの前処理済みファイルを.bptファイルと同じ名前の同じ場所に置くことができます。拡張子は.rcpではなく.bptになります。 AutoCAD®は、図面に存在する同じ点群、クリッピング、およびその他のエンティティで.dwgを開いて使用できます。

まだBricsCADをお持ちではありませんか?

試しやすく、購入しやすく、所有しやすい。それがBricsCADです。すべての製品をお試しください、 で30日間無料 www.bricsys.com。選択の自由に加えて、すべての言語で、すべての場所で機能する永久(永久)製品ライセンス。 BricsCADで私たちがあなたのために構築したものを気に入っていただけることでしょう。

読み続けます

  1. ポイントは何ですか?
  2. スキャナーなしで無意味
  3. スキャンプロジェクト中に曇った期待を避ける
  4. ソフトウェアのクラウド
  5. ポイントパフォーマンス
  6. Scan-to-BIM