BricsCADをカスタマイズする方法はたくさんあります ® または設定を変更すると、少し失われる可能性があります。だからここに私の55のヒントがあります:

1カスタマイズコマンド

メニュー、リボン、その他のインターフェイス要素を変更するには、 カスタマイズ コマンド。現在アクティブなカスタマイズファイルを変更するか、別のCUIファイルをロードできます(たとえば、AutoCADから®).

2設定ダイアログボックス

BricsCADはすべての設定変数を単一のダイアログボックスにグループ化します。 設定ダイアログボックス。入力します 設定 ダイアログボックスを開くコマンド。

[設定]ダイアログの検索フィールドを使用して、変数またはプログラムの設定を簡単に見つけることができます。

[設定]ダイアログボックスで変数名を検索する。

設定ダイアログを開くには、 設定 コマンド。双眼鏡ボタンをクリックして、変数名、タイトル、ヘルプテキストなどの検索対象を定義します。

3チュートリアル映画

BricsCADチュートリアルムービーを見る。カスタマイズを扱うもののいくつかは、この投稿の著者であるRalph Grabowskiによって作成されました。

BricsCADのレッスン
BricsCADのチュートリアルビデオをリストするウェブページ。

4コマンドライン

コマンドラインの表示をオンまたはオフにするには、 コマンドライン コマンドまたはプレス Ctrl + 9。コマンドラインは、BricsCADアプリケーションウィンドウの上部または下部にドッキングしたり、コンピューターに接続されているモニター上のどこにでも配置できます。押し続ける Ctrl キー (Cmd Macのキー) コマンドラインがドッキングしないようにします。

ドッキングされたコマンドバー
ドッキングされたコマンドライン

コマンドラインがオフの場合、プロンプトはステータスバーと描画領域に表示されます。 (下図を参照)

プロンプトBricsCAD
左:ステータスバーに表示されるコマンドプロンプト。右:…および描画領域

頂点オプションメニューbricscad

ステータスバーの左端をダブルクリックして、コマンドラインの表示を切り替えます。

5プロンプトメニュー

コマンドを起動すると、プロンプトメニューに現在のコマンドのすべてのオプションが表示されます。 (右の図を参照してください。)マウスを使用して、プロンプトメニューでオプションを選択します。

プロンプトメニューの表示は、PromptMenu変数によって制御されます。 [プログラムオプションの表示]の下の[設定]ダイアログボックスで、[プロンプトメニュー]を選択し、プロンプトメニューを表示する場所を選択します。 [プロンプトメニューを表示しない]を選択して、プロンプトメニューの表示を抑制します。

6ホバリングで学ぶ

ツールボタンの上にカーソルを置くと、ツールチップが表示され、そこからツールの目的の簡単な説明を読むことができます。さらに、BricsCADアプリケーションウィンドウの下部にあるステータスバーにヘルプテキストの行が表示されます。

ツールチップbricscadのカスタマイズ
ツールバー上のボタンの機能を説明するツールチップ。

7コマンドに関するヘルプを取得する

を押すと F1 コマンドがアクティブな間、BricsCADはそのコマンドに特有のヘルプを表示します。またにアクセスできます 完全なコマンドリファレンスオンライン.

8エイリアス

AutoCADの入力に慣れている場合® コマンドプロンプトでコマンドとエイリアスを使用すると、BricsCADでまったく同じ名前を使用できます。これらは「エイリアス」と呼ばれ、カスタマイズコマンドで作成、編集、削除できます。

9エイリアスのカスタマイズ

コマンドのエイリアスは、次のような単一の文字にすることができます。 L 「Line」の場合、次のように別の名前にすることができます 「インライン」。既存のエイリアスを編集するか、新しいエイリアスを追加するには、 カスタマイズ コマンド、そして選択 コマンドエイリアス [カスタマイズ]ダイアログのタブ。

10オプションのショートカット

コマンドの実行中にオプションをすばやく選択するには、オプション名の大文字を入力するだけです。たとえば、ポリラインを描画する場合、aを入力して円弧セグメントの描画を開始し、lを入力して線セグメントの描画に切り替えます。

:PLINEポリラインの開始:次の点を設定または[弧/距離/半幅/幅を描く]:a弧の終点を設定または[線/角度/中心/方向/半幅/半径/ 2番目の点/幅を描く]:l次を設定ポイントまたは[円弧/距離/半幅/幅を描く]:

(v20の新機能)カーソルを使用して、コマンドライン領域でオプションの名前を直接選択できます。

コマンド選択オプション
カーソルでコマンドラインのコマンドオプションを選択します。

11カスタムキーボードショートカット

キーボードショートカットを作成する方法:[カスタマイズ]コマンドを入力してから、 キーボード タブ。キーボードの任意のキーと任意のファンクションキーを組み合わせて使用できます。 シフト, Alt、そして Ctrl.

bricscadのキーボードショートカット
キーボードショートカットのカスタマイズ

LinuxおよびWindowsバージョンのBricsCADは同じものを使用します CmdAlt ショートカットのキー。 MacOSバージョンでは、CtrlとAltは使用されません。代わりに、精神的にそれらをMacのCmdおよびOptionキーにマップします。

Linux、Windows マックOS
Ctrl Cmd
Alt オプション

12ツールバー

追加のツールバーを開く最良の方法は、ツールバーまたはリボンを右クリックしてから、 ツールバー> BricsCAD 使用可能なすべてのツールバーのリストを表示します。 (図を参照してください。)開きたいツールバーの名前をクリックします。すでに開いているツールバーには、横にチェックマークが付いています。
開いているツールバーをクリックすると、閉じます。

13フローティングパネル

ツールバー、リボン、コマンドライン、プロパティパネルなどのユーザーインターフェイス要素は、2番目のモニターを含む画面上のどこにでも配置できます。マウスの左ボタンを押したままにして、別の場所にドラッグします。

ツールバーまたはパネルがBricsCADウィンドウの端にドッキングしないようにするには、を押し続けます Ctrl キー (MacOSのCmdキー) アイテムを配置するとき。

LockUI 変数は、ツールバーとパネルを所定の位置にロックするかどうかを決定します。

ツールバーとパネルbricscad
BricsCADのツールバーへのアクセス

14パネルのサイズ変更

パネルの上端(下部にドッキングされている場合)または下端(上部にドッキングされている場合)をドラッグして、パネルの高さを変更できます。

15プロパティパネル

プロパティパネル 次の3つのタスクを実行します。プロパティはBricsCADをカスタマイズします

ポリラインエンティティについて報告されているプロパティ

  • 何も選択されていない場合、エンティティの作業プロパティ(色、レイヤーなど)が設定されます。
  • 1つのエンティティが選択されると、エンティティのプロパティが編集されます。
  • 2つ以上のエンティティを選択すると、それらの共有プロパティが編集されます。

プロパティパネルを開くには、 物性 コマンドまたはプレス Ctrl + 1.

16背景色

画面の背景色を変更します、 次の手順を実行します:

  1. 入力します 設定 コマンド。
  2. 検索フィールドに「背景色」と入力し、Enterキーを押します。
  3. 背景に使用する色を選択します。

または、コマンドプロンプトで変数名を入力します。例えば:

BkgColor モデル空間の背景の背景を直接制御します

BkgColorPs ペーパー空間の背景の背景を直接制御します

17図面間でコピー

図面間でエンティティをコピーまたは移動するには、ソース図面でコマンドを開始し、変位点のプロンプトが表示されたらターゲット図面に切り替えます。を長押し Ctrl キー (Cmd Macのキー)、次にヒット タブ 開いているすべての図面を切り替えるためのキー。

レイヤー、線種、文字スタイル、寸法スタイル、ブロックなどのBricsCADの図面要素は、開いている図面間でコピーできます 図面エクスプローラー。次の手順を実行します:

  1. Explorerコマンドを入力し、「線種」などのコピーする要素を選択します
  2. 「線種」を右クリックして、「“コピー”」を選択します。
  3. 他の図面に切り替えて、アイテムを貼り付けます。
線種コピー
線種を別の図面に貼り付けます。

18新しい図面の作成

選ぶ 新しいウィザード から B メニューを選択します ウィザードを使用する 最初から新しい図面を作成するオプション。新しい描画ウィザードは、すべての基本的な描画設定をガイドします。

新しい描画ウィザード
ウィザードの助けを借りて新しい図面を開始します。

19図面を開く

BricsCADで図面をすばやく開くには、ファイルエクスプローラーからドラッグします (MacのFinder) BricsCADのタイトルバーへ。

20ブロックとして図面を開く

図面をブロックとして挿入するには、代わりに図面領域にドラッグします。

21後で使用するためにブロックを保存

ブロックを保存 のツール 図面エクスプローラー 選択したブロックを別の図面に保存し、他の図面に挿入できます。

22ブロックの管理

の中に 図面エクスプローラー、図面内のすべてのブロックのサムネイル画像を見ることができます。現在の図面にブロックを挿入するには、をクリックします インサート ボタン。

挿入されるブロックのパラメーターを事前設定するには、任意のブロックを右クリックして、“オプション”を選択します。

ブロック編集
ブロックを挿入するための事前設定オプション。

23ブロック属性データのエクスポート

ブロック属性データは、外部データファイルにエクスポートされます。 データ抽出 コマンドは、スプレッドシートとデータベースプログラムにインポートできます。また、 テーブル コマンド– “データから”オプション。

24爆発物

爆発する コマンドは、ブロックやポリラインなどの複雑なエンティティをコンポーネントに分割します。

を選択 爆発する のオプション ブロックを挿入 挿入時にブロックをコンポーネントに分割するダイアログ。使用 BEdit ブロックエディター環境でブロックを編集するコマンド、および RefEdit 参照エディターで外部参照図面を編集するコマンド。

25前の選択を選択

次のコマンドの前の選択セットを呼び出すには、 前の選択 プロンプトバーまたはタイプ p たとえば、コマンドラインで、以前にコピーした選択セットを移動します。

26テンプレート

将来の図面のテンプレートとして、必要な図面を使用できます。テンプレート図面には、好みの設定に加えて、ブロック、境界線、およびその他のジオメトリを含めることができます。でデフォルトのテンプレート図面を設定するには 設定ダイアログに行く プログラムオプション|ファイル|テンプレート|テンプレート。

27エンティティスナップ

を使用して エンティティスナップ、エンドポイントやラインの中点などのジオメトリにスナップすることで、より高速かつ正確に描画します。特定のスナップタイプをすばやく設定および設定解除するには、[エンティティスナップ]ツールバーのボタンをクリックします。埋め込みボタン(または青い境界線)は、エンティティスナップがアクティブであることを示します。 (下の図を参照してください。)再度クリックして非アクティブにします。

エンティティスナップオプションの右クリックメニュー
エンティティスナップの切り替え。

描画中に現在アクティブなエンティティスナップを無効にするには、 シフト キー 右クリック コンテキストメニューからエンティティスナップを選択すると、次のポイントを指定するために使用されます。

28中央スナップ

センター エンティティスナップは、閉じたポリラインの中心点と、円および円弧を認識します。これは、非円形曲線でも機能します。

29座標系

各図面では、独自の座標系(UCS)を定義できます。これは、必要に応じて保存および呼び出しできます。これは、通常の正射投影のx、y平面以外の角度で描画する必要がある場合に便利です。 BricsCADに作業場所を自動的に配置させるには、オンにします DUCS(ダイナミックUCS) ステータスバーに。

(V20の新機能) BricsCADはまた、ほとんどの2Dエンティティと寸法で作業するときにDUCSを使用できます。

30テキスト文書とスプレッドシートを添付する

他のプログラムからのドキュメント(テキストドキュメントやスプレッドシートなど)は、WindowsエクスプローラーウィンドウからBricsCAD図面にドラッグできます(Windowsのみ)。使用可能なオプションを確認するには、マウスの右ボタンを使用してエクスプローラーからBricsCADにファイルをドラッグします。この場合、次のダイアログボックスが表示されます。

テキストとスプレッドシートのインポート
右ボタンでBricsCADにドラッグして表示されるダイアログボックス。

挿入されたドキュメントをダブルクリックすると、ソースアプリケーションが開きます。

31ステータスバー

ステータスバーの表示を切り替えるには、 スタットバー コマンド、または押す Shift + F3.

32エンティティの選択

多数の重複するエンティティから1つのエンティティを選択しようとする場合、次のボタンを押して、可能なスナップポイントを循環できます。 タブ キーを繰り返します。強調表示されているエンティティが選択されています。
ヒット Ctrl ソリッド全体を選択します。

33ポリライン

ポリラインは、一連のラインおよび/または円弧セグメントで構成されます。ポリラインには、幅、高さ、太さなど、通常のラインにはないプロパティがあります。ポリラインを描く PLine コマンド。

34フォロータンジェント

使用 フォロー 最後の点から同じ接線方向に線、円弧、またはポリラインの描画を続けたい場合は、このオプションを選択します。

35ライン値のライブプレビュー

ラインまたはポリラインの描画中に現在のラインセグメントの長さと角度を表示するには、ステータスバーの座標フィールドを右クリックして、 相対的 コンテキストメニューから。

相対座標
相対座標をオンにします。

36円弧を円に変換

円弧を円に変える方法:Circleコマンドの 円弧を円にする オプション。

37エンティティに参加

使用 参加する 共通のエンドポイントを持つ複数のエンティティを単一のエンティティに変換するコマンド:ライン、ポリライン、3Dポリライン、円形および楕円弧、スプライン、らせん。

38マッチプロパティ

使用 一致ツール (「ブラシ」)は、色、線種、太さなどの1つのエンティティのプロパティを他のエンティティに適用します。

39直交

クリック オルソー ステータスバーで押すか F8 直交設定を切り替えます。 Shiftキーを押しながら一時的に描画すると、オルソ設定がオンまたはオフになります。

40ダイナミックビューコントロール

BricsCADは、マウスを使用した動的なビューコントロールを提供します:

マウスの動き BricsCADアクション
中央のボタンを押したままにする リアルタイムパン
ロール中央ボタン(ローラーホイール) リアルタイムズーム
中央のボタンでShiftキーを押したままにする リアルタイム軌道(3D回転)

41スクロールバー

スクロールバーを使用すると、水平および垂直にパンできます。スクロールバーの表示を切り替えるには、 スクロール・バー コマンドまたはプレス Shift + F4.

42プランビュー

予定 コマンドは、現在の座標系の平面図ビュー、および世界座標系(WCS)または保存されたユーザー座標系(UCS)を復元します。 [表示]メニューから、 平面図.

UcsFollow変数がオンの場合、座標系が変更されると、平面図ビューが自動的に復元されます。

43ステータスバーオプション

ウィンドウの下部にあるステータスバーの各フィールドをクリックまたは右クリックすることで、多くの設定を変更できます。

ステータスバーの項目を右クリックしてオプションにアクセスする

ステータスバーの右側にある小さな下矢印をクリックして、ステータスバーのさまざまなフィールドの表示を制御します。

ステータスバーに表示されるものを切り替える

44バイセクトエンティティ

バイセクト のオプション レイ コマンドは、角度、線、円弧、ポリラインを二等分します。

  • 頂点 オプションは角度を二等分します
  • エンティティ オプションは、エンティティの中点に垂直に光線を描画します

45現在のレイヤーを設定する

の中に 図面エクスプローラー、 あなたはクリックすることができます 電流 アイテムを最新にする列。たとえば、レイヤーを現在のレイヤーとして設定するには、そのレイヤーの[現在]列をクリックします。この列に青い点が表示され、レイヤーが現在のものとしてマークされます。

レイヤー上のエンティティを選択してレイヤーを最新にするには、をクリックします レイヤーを設定 沿って エンティティ レイヤーツールバーのツールボタン。

46単一のレイヤーを表示する

各レイヤーのコンテンツを個別に表示するには、 図面エクスプローラー [レイヤー]ノードに移動し、各レイヤー名をクリックします。層

47 BricsCAD内部からファイルをメールで送信

使用 郵便物 現在の図面を添付ファイルとしてメールを作成するコマンド。

48選択オプション

QSelect コマンドは、レイヤー、色、エンティティタイプなどのプロパティを使用して選択セットを作成します。

49自動保存

BricsCADは指定された時間間隔で作業を自動的に保存します。 [設定]ダイアログの[ プログラムオプション|開いて保存、選択 時間間隔を節約、時間間隔を分単位で指定します。

[設定]ダイアログの[ プログラムオプション|ファイル 自動保存を保存するフォルダを指定できます。

50のハッチ

で既存のハッチのパターンスタイルを変更できます プロパティパネル:

  1. ハッチを選択
  2. 選ぶ パターン名 [プロパティ]パネル
  3. クリック ブラウズ ハッチングパターンパレットで別のハッチングパターンを選択するボタン
ハッチングパターンをすばやく変更する。

51図面を測定する

照会ツールバーのツールを使用して、2点間の距離を測定したり、閉じたエンティティの領域を見つけたり、点のx、y、z座標を読み取ったりします。

問い合わせ距離エリアxyz座標
左から:距離、面積、質量特性、ID座標|エンティティデータ、図面ステータス、時間変数のリスト

52エンティティ取得レポート

エンティティを選択して、入力します リスト コマンドラインで、プロンプト履歴ウィンドウで選択したエンティティに関する情報を表示します。

[プロンプト履歴]ウィンドウにレポートを表示するリストコマンド

53図面内のエンティティのカウント

図面内のエンティティの数をすばやく取得するには、次を入力します Ctrl + A すべてのエンティティを選択してから、 プロパティパネルの ドロップリスト。

図面内のエンティティの種類BricsCAD
図面内のエンティティの種類を数えます。

54描画サイズを縮小

未使用の定義を削除すると、図面のサイズが大幅に小さくなる場合があります。入力します パージ コマンド、次に選択 すべて 未使用の定義をすべて削除します。パージは 図面エクスプローラー “ Purge”ボタン。

55デフォルト設定に復元

ユーザーインターフェイスをデフォルトの状態に戻すには、 デフォルトに戻す [カスタマイズ]ダイアログボックスのボタン。

カスタマイズの詳細については、これらの投稿を読んでください!

さらなる参考のために

これらの投稿は、BricsCADのほとんどの側面をカスタマイズするための多くのドキュメントと多くのチュートリアルを提供しますが、すべてを網羅しているわけではありません。追加のリファレンスは次のとおりです。

リファレンスとチュートリアルブック

Bricsysは、BricsCADの操作方法を学ぶためにこれらのタイトルを提供しています。それぞれが ダウンロードした無料のPDFファイル [無料の書籍をダウンロード]までスクロールします。

内部BricsCAD —多くの段階的なチュートリアルを通して、BricsCADでドラフトする方法を初心者に教えます。 (ほぼ400色のページ!)

AutoCAD用のBricsCAD® ユーザー — BricsCADとAutoCADの類似点と相違点を明確に説明します®。 (300以上のカラーページ。)

BricsCADのカスタマイズ –これらのブログ投稿の完全版。 (約600ページ!)

BricsCADを始めましょう –これまでにBricsCADを使用したことがない人のための完全なガイド。

BRICSCAD APIリファレンス

Bricsysが提供するもの プログラマ向けのオンラインリファレンス。 Webサイトでは、次のAPIに関する情報を提供しています。

  • LISP(リスト処理)
  • VLA、VLAX、VLEなどの追加のLISP機能
  • DCL(ダイアログ制御言語)—不完全
  • DIESEL(直接解釈的に評価された文字列式言語)
  • VBA(Visual Basic for Applications)—不完全
  • COM(コンポーネントオブジェクトモデル)
  • BRX(BricsCAD Runtime eXtension)およびTX(Teigha eXtension;以前はDRX)—不完全.Net
  • SDS(ソフトデスク開発システム、非推奨)

DWG、DXF、およびDWFリファレンス

Open Design Allianceは、 の仕様 DWG ファイル形式、彼らが理解しているように。リリース13〜2013を対象としています。PDF形式でダウンロード(無料、262ページ)–オートデスク® DWGを文書化しません。

オートデスクが提供する DXF形式の参照 (図面交換形式)。カバーリリース
2012. PDF形式でダウンロード(無料、270ページ)。


BricsCAD体験版を
ダウンロード

今すぐBricsCADを使ってみましょう

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。


  1. 前書き
  2. BricsCADユーザーのための55のヒント
  3. 設定
  4. 環境を変える
  5. カスタムユーザーインターフェース
  6. [カスタマイズ]ダイアログボックスの概要
  7. メニューバーとコンテキストメニューをカスタマイズする
  8. ツールバーとボタンアイコン
  9. マクロとディーゼルコードの記述
  10. リボンのタブとパネル
  11. キーストロークのショートカット、エイリアス、シェルコマンド
  12. マウス、ダブルクリック、タブレットボタン
  13. クワッドについて知っておくべきすべてのこと
  14. ロールオーバープロパティ
  15. ワークスペースとユーザーインターフェイス
  16. 設計ツールと構造パネル
  17. シンプルで複雑な線種の作成
  18. ハッチングのパターン化
  19. 形状とフォントのデコード
  20. フィールドテキストでのコーディング
  21. スクリプトを書く
  22. LISPによるプログラミング(はじめに)
  23. LISP関数