昨年始めました 私の旅 BricsCADに。過去1年間BricsCADで1年間働いた後、私はBrandon Loehrと提携しました。 CADの意図 私たちを作成する BricsCADの旅を加速するためのトップ23のヒント。いくつかをチェックしてください Brandon’のお気に入りのBricsCADのヒント リスト全体を読み進めてください。

AutoCAD用のBricsCADへの切り替えを検討している場合® 最小限のAutoCADでもユーザー® 経験上、移行は簡単で痛みがありません。 BricsCADはAutoCADと非常によく似ています® 外部参照、プロット、シートセット、PDF添付/インポート、ビューポートなどを含む同じ機能の多くをサポートします。ここのヒントとポインターは、移行を高速化するのに役立つだけでなく、 BricsCAD。

1製図プロファイル

Drafting ProfileでBricsCADを起動します。製図プロファイルは、製図ワークスペースを使用して、デフォルトのAutoCADに最も厳密に一致します。® インターフェース。次回BricsCADを起動するとき、またはPROFILEMANAGERコマンドでプロファイルを簡単に変更できます。

2カスタマイズ

AutoCADと同様に、CUSTOMIZE(CUI)コマンドを使用して、リボンやツールバーなどのユーザーインターフェイス要素をカスタマイズします。®。 AutoCADのように®、既存のカスタマイズを読み込むことができます。そして、BricsCADでは、カスタマイズを個別に管理することもできます。追加、変更、または削除されたものを簡単に識別し、保持またはデフォルトに戻すものを選択します。無料でダウンロードして、 カスタマイズ電子書籍 上級ユーザー向け。

3新しい/開く/保存/名前を付けて保存ツール

アプリケーションウィンドウの上部にあるツールバーを含む複数の場所から、またはAutoCADで慣れているコマンドラインで入力することにより、新規/開く/保存/名前を付けて保存ツールにアクセスします。®。 BricsCADは、ネイティブの.dwgファイル形式として作成、開き、保存します。最新の.dwgファイル形式を含む既存の.dwg、.dwt、および.dxfファイルとシームレスに連携し、Release 11(.dwg)およびRelease 9(.dxf)まで遡ります。

4コマンドとオプション

ワークスペースの下部にある使い慣れたコマンドウィンドウにコマンドとオプションを入力します。入力を開始すると、BricsCADは可能なコマンドのリストを自動的に入力します。ミッドストリング検索もサポートしています。お気に入りのコマンドと最も一般的なコマンドの多くは、AutoCADと同じではないにしても似ていることがわかります。®。たとえば、次のような標準コマンド。 LINE(L)、CIRCLE(C)、COPY(CO)、DISTANCE(Di)、MATCHPROP(Ma)は期待どおりに機能します。プロパティ用のCtrl + 1、スナップ用のF3、エスケープなど、同じショートカットの多くも機能します。それらすべてを学ぶ ここに.

5クワッド

エンティティを選択し、右クリックして、インテリジェントクワッドカーソルから関連ツールにアクセスします。設計と描画プロセスの合理化に役立ちます。まだクワッドを試す準備ができていない場合は、ステータスバーでクワッドをオフにすることができます。準備ができたら簡単にオンに戻すことができます。

6右クリックメニュー

エンティティを選択し、マウスの右ボタンを長時間押して、AutoCADで使い慣れている従来の右クリックメニューにアクセスします。®.

7マニピュレーター

簡単にアクセスするエンティティを選択するとき、通常よりも少し長くマウスの左ボタンを押したままにします マニピュレータ。マウスボタンを離すまで表示されません。マニピュレータのさまざまな部分をクリックして、選択したエンティティを移動、コピー、回転、拡大縮小、ミラーリングできます。エンティティを操作しながらコピー(C)または繰り返し(R)することもできます。これは、選択中にCtrlキーを押してサブエンティティを選択する場合にも機能します。

8レイアウトマネージャー

[モデル]タブと[レイアウト]タブを切り替える一般的な方法に加えて、レイアウトマネージャーを使用できます。 [モデル]タブの左側のアイコンから、またはLAYOUTMANAGERコマンドを使用してアクセスします。レイアウトマネージャーでは、レイアウトを簡単に追加、削除、配置、または切り替えることができます。

9図面エクスプローラー

図面エクスプローラーを使用して、図面で定義されているスタイルやその他のコンテンツを作成および編集します。これには、テキスト、寸法、表のスタイル、線種、ブロックなどが含まれます。 EXPLORERコマンドで図面エクスプローラーにアクセスするか、アプリケーションウィンドウの上部にあるツールバーから[図面エクスプローラー]ボタンを使用します。左側のツリーからコンテンツのタイプを選択します。 STYLE、DDIM、LINETYPE、LAYERなどの使い慣れたコマンドは、関連するコンテンツタイプが選択された状態で自動的に図面エクスプローラーを開きます。

10ブロック

AutoCADで行うのと同じように、BLOCKコマンドを使用してブロック定義を作成し、[ブロック定義]ダイアログボックスにアクセスします。®。図面エクスプローラーを使用してブロック定義を作成および管理することもできます。ここでは、ブロックのインスタンスがいくつ挿入されているか、およびその他の有用なプロパティを表示できます。ダイナミックブロックとパラメトリックブロックの違いを発見する この記事.

11層

図面エクスプローラー(LAYERコマンド)または別のレイヤーでレイヤーを表示、作成、および変更します。 レイヤーパネル 図面で作業している間、開いたままにすることができます。リボンの[ホーム]タブの[レイヤー]ツールから[レイヤー]パネルを開くことができます(LAYERSPANELOPENコマンド)。

12添付パネル

Modeless Attachmentsパネル(ATTACHMENTSPANELOPENコマンド)で、.dwg、.fpg、PDF、Point Cloudなどの外部参照ファイルを添付して管理します。 AutoCADの外部参照マネージャーと同様®、他のコマンドを使用している間、添付ファイルパネルを開いたままにすることができます。

13構造パネル

構造パネル(STRUCTUREPANELコマンド)は、図面を構成するエンティティの鳥瞰図を提供します。カテゴリまたは個々のエンティティを選択し、それらを表示、非表示、分離、またはズームする簡単かつ迅速な方法です。

14パネルとツールバー

リボンまたはツールバーを右クリックして目的のパネルを選択するだけで、レイヤー、添付ファイル、構造などのパネルをすばやく開いたり閉じたりできます。次の例では、コマンドライン、プロパティ、リボン、ステータスバーがすべてオンになっています。 BRICSCADメニューオプションを展開することにより、ツールバーを簡単に開閉できます。

15クリーンスクリーン

アプリケーションウィンドウの上部にあるツールバーの右側から[画面のクリーンアップ]ツール(CLEANSCREENコマンド)を使用して、クリーンで整理されたワークスペースを作成します。モデル空間とコマンドラインを除くすべての情報が画面から削除されます。 CLEANSCREENOFFコマンドを使用して、以前のワークスペースを復元できます。

16適切なソフトウェアの選択

RUNASLEVELコマンドを使用して、異なる製品“ Levels”を切り替えます。 BricsCADトライアルで利用可能です。これは、どのソフトウェアが自分に適しているかを判断するのに役立ちます(クラシック, プロ, 白金, BIM, 機械的, コミュニケーター または 究極の)。レベルを変更した後、BricsCADを再起動する必要があります。Communicatorfor BricsCADを試してみたい場合は、ダウンロードする必要があります。 続きを読む。

17システム変数

AutoCADと同じように、コマンドプロンプトでシステム変数を入力できます®。または、設定ダイアログボックス(OPTIONSまたはSETTINGSコマンド)を使用して、BricsCADで900+変数のいずれかを設定します。ツリー構造でディメンションなどのカテゴリを展開すると、さまざまな設定にアクセスできます。または、検索フィールドに関連するテキストを入力するだけです。たとえば、‘背景色&#8217 ;、描画ウィンドウ、または‘ bkgcolor’を入力します。ディスプレイの背景色を見つけます。入力したテキストが複数の変数に出現する場合は、上/下ボタンを使用して、目的の変数が見つかるまで、関連するすべての変数を循環できます。

18ロールオーバーのヒント

ステータスバーのRTコントロール(ROLLOVERTIPSコマンド)を使用して、便利にロールオーバーヒントをオンまたはオフにします。オンにすると、これらのヒントは、最も重要なエンティティプロパティを表示および編集するための時間を大幅に節約できます。たとえば、エンティティの上にカーソルを置いて、エンティティのレイヤーと色を表示および変更します。エンティティのタイプに応じて、円の半径やテキストの高さなどの追加のプロパティを変更することもできます。

19ホットキーアシスタント

ステータスバーのホットキーアシスタントの切り替え(HOTKEYASSISTANTコマンド)は、特定の種類のエンティティに役立つヒントを提供します。たとえば、有効にしたときにカーソルをポリラインに渡すと、ホットキーアシスタントはCtrlキーを押してポリライン全体または個々のセグメントの選択を切り替えることができることを通知します。

20ジオメトリのインポート

一般的なファイル形式からジオメトリをインポートして、ネイティブのBricsCADエンティティとして使用します。 IMPORTコマンドを使用して、図面交換形式(.dxf)、SketchUp(.skp)、MicroStation(.dgn)、Revit Familyファイル(.rfa)などのCAD形式をインポートします。機械/製造業向けに設計する場合は、追加を検討してください コミュニケーター BricsCADライセンスに。 Communicatorアドオンを使用すると、CATIA、Inventor、SolidWorksなど、他の一般的なモデリングアプリケーションからモデルをインポートできます。また、モデルはネイティブのBricsCADソリッドとしてインポートされるため、編集できます!

21ブロック

ブロックする (BLOCKIFY Command)は、 BrisCAD v19 ドラフトを大幅に高速化できます。ブロックにしたいエンティティのセットを選択し、いくつかのプロンプトに応答するだけです。数秒以内に、Blockifyツールはブロック定義を作成し、一致するエンティティのセットをブロック挿入で自動的に置き換えます。図面をすばやくクリーンアップして、将来簡単に編集できるようにします!

最短距離

使用 最短距離 選択した2つのエンティティ間の最短距離をすばやく見つける機能。また、指定された距離をクリックして編集し、2番目のエンティティを移動して、最初のエンティティの位置を維持したまま、入力した距離と一致させることもできます。

アダプティブグリッドスナップ

アダプティブグリッドスナップ (SNAPTYPE = 2でアクティブ化)を使用すると、少ない入力で正確に描画でき、ズームのレベルに応じて適応します。エンティティを編集または描画するときにスナップグリッドが自動的に追加され、オブジェクトをさらにズームすると精度が変わります。

自分でBricsCADを試す準備はできましたか?

BricsCADをお試しください あなた自身のための、 30日間無料 BricsCAD®への切り替えがいかに簡単かをご自身で確認してください。