この停止中に BricsCADの旅、最も基本的な2D描画エンティティに焦点を当てます。これらはのすべてのエディションで利用可能です BricsCAD クラシックからプラチナまで。 BricsCADの旅を続けるにつれ、一度に1つのレベル(エディション)を探索します。 AutoCADに最も近いBricsCADクラシックから始めます。® LT。誤って迂回しないようにするには、BricsCADのRUNASLEVELをClassicに設定します。また、クラシックエディションは2D製図に重点を置いているため、ワークスペースを2D製図に設定します。これらの設定により、一般的な2D作図および注釈操作に必要なツールをすぐに利用できます。

うまくいけば、あなたは私を読んで 前の投稿 素晴らしいクワッドについて。この投稿でレビューするコマンドのほとんどはクワッドから利用できます。これらはすべて、メニュー、ツールバー、リボン、コマンドラインなどの他の方法を使用してアクセスできます。今後の投稿では、必要なツールを使用してQuadをカスタマイズする方法を紹介します。

BricsCAD図面エンティティ-クワッド

先端: コマンドラインにコマンドオプションを入力して選択するだけでなく、ディスプレイの右上隅にあるオプションメニューから選択することもできます。メニューには[キャンセル]オプションも含まれ、Escキーを押す代わりに使用できます。

BricsCAD図面エンティティ-コマンドオプション

ポリライン、スプライン、楕円、楕円弧、ワイプアウトを描画する

BricsCADでスプライン、ポリライン、楕円、楕円弧、ワイプアウトを作成するプロセスは、AutoCADで期待するのと同じです®.

線を描く

BricsCADのLineツールは、デフォルトで期待どおりに機能します。これには、動的入力を介して長さと角度を入力する機能が含まれています。ただし、BricsCADには、角度と長さを切り替えるコマンドオプションも含まれています。これにより、ダイナミック入力がオフの場合でも設計の柔軟性が向上します。もう1つの小さな違いは、最後のセグメントから新しい線、円弧、またはポリラインを継続するための用語です。 BricsCADでは、オプションは[続行]ではなく[フォロー]です。

BricsCAD図面エンティティ-線

長方形を描く

長方形を描画するデフォルトの動作は、おなじみのはずです。ただし、BricsCADには最小限のクリックで最大の柔軟性を提供する追加オプションが含まれています。正方形の作成は良い例です!

BricsCAD図面エンティティ-長方形

円弧を描く

デフォルトでは、弧を描く方法は予想通りです。ただし、BricsCADには、最初のピック後のすべてのアーク作成オプションが含まれています。クリック数を減らして柔軟性を高めます。たとえば、円弧の最初の点を選択できます。次に、[方向]オプションを使用して、接線の方向を指定します。

BricsCAD図面エンティティ-円弧

円を描く

BricsCADで円を描くオプションは、おなじみのはずです。ただし、Circleコマンドには、予期しない2つの追加オプションが含まれていますが、間違いなく感謝されます。 1つのオプションでは、円弧を円にすばやく変換できます。

BricsCAD図形描画エンティティ-円弧

もう1つのオプションである[複数]を使用すると、円を描き、それを何度でもコピーできます。新しい各円の中心は、前の円に対して配置されます。これにより、多くの円をすばやく正確に作成できます。とても便利な!

BricsCAD図面エンティティ-複数の円

ポリゴンを描く

BricsCADでポリゴンを描画するデフォルトの動作は、期待どおりに機能します。ただし、ポリゴンを描画するときに線幅を指定するオプションも含まれています。これにより、作成後にwidthプロパティを変更する必要がなくなります。中央オプションを使用してポリゴンを作成すると、用語の違いに気付く場合があります。内接または外接のプロンプトを表示する代わりに、辺または頂点の中点を使用して選択するかどうかを尋ねます。直感的な用語!

BricsCAD図面エンティティ-ポリゴン

ハッチを描く

BricsCADのハッチ作成ツールは、AutoCADを使用するのとよく似ています。® リボンなし。新しいハッチングオブジェクトまたはグラデーションオブジェクトを作成するために必要なコントロールを備えた、おなじみのハッチングとグラデーションダイアログボックスが表示されます。

BricsCAD図面エンティティ-ハッチング

境界を描く

BricsCADで境界を作成する方法は、AutoCADとよく似ています。®。多角形の境界を作成するためのコントロールを備えた使い慣れた境界ダイアログボックスを表示します。

BricsCAD図面エンティティ-境界

中心線と中心マークを描く

中心線と中心マークを追加するプロセスは、予想どおりです。ただし、BricsCADは自動的に中心線種を中心線に適用します。

注:CLおよびCMコマンドエイリアスは、BricsCADのCENTERLINEおよびCENTERMARKを起動しません。今後の投稿では、コマンドエイリアスを簡単に変更する方法を紹介します。

BricsCAD図面エンティティ-中心線

ポイントを描く

BricsCADでポイントを描画するデフォルトのプロセスはシンプルで使い慣れています。ただし、BricsCADのPOINTコマンドには、複数オプションが用意されています。これにより、毎回コマンドを再起動することなく、複数のポイントを挿入できます。

ドーナツを描く

このようなドーナツを見たことがない!デフォルトでは、期待どおりに動作します。しかし、過去のドーナツとは異なり、BricsCADドーナツにはさまざまな種類があります。中心点だけでドーナツを作成して配置する必要はありません。 2点、3点、接線、接線、半径など、使い慣れた円作成オプションから選択できます。

BricsCAD描画エンティティ-ドーナツ

これらのオプションのいずれかを使用すると、ドーナツの幅と直径を指定するように求められます。内側と外側の半径を指定するよりも直感的です!

BricsCAD描画エンティティ-ドーナツ

ソリッドを描く

BricsCADには、ソリッドを描画するためのデフォルトの予想される動作に加えて、3つの追加オプションがあります。長方形、正方形、または三角形のソリッドを作成できます。これらの形状の1つを描画した後、最小限のクリックで同じ形状をさらに作成できます。

BricsCAD図面エンティティ-ソリッド

構築線と光線を描画する

XlineとRayは期待どおりに動作します。ただし、XlineのParallelオプションに気付くかもしれません。 AutoCADのオフセットオプションと同じです。®.

スケッチで描く

BricsCADのSketchコマンドは、デフォルトで期待どおりに機能します。ただし、オプションはかなり異なります。ここではそれらすべてについては説明しません。代わりに、BricsCADを確認できます 助けて 詳細はファイルをご覧ください。それでもSketchコマンドの詳細が必要な場合は、この投稿にコメントを残してください。

次は何ですか?

この投稿では、BricsCADで最も基本的な描画エンティティを作成するためのツールについて説明しました。次回は、これらのツールのプロパティと動作を制御する設定について説明します。


BricsCADの使用を開始しますか?
今すぐウェビナー「20分でBricsCAD」に登録する

特定の(技術的な)質問がありますか?
サポートページをご覧ください


もっと読みたいですか?

ハイジの旅のすべての記事の概要は次のとおりです。

1)第一印象
2)ダウンロードとインストール
3)BricsCADへようこそ
4)インターフェースの探索
5)コマンドアクセス
6)試行レベルの調査
7)各ワークスペースの探索
8)エンティティの描画 (現在の記事)
9)図形エンティティの設定
10)スタイルを使用した描画
11)ライセンスオプション
12)ブロックの使用
13)参照の使用
14)レイヤーと線種の使用
15)エンティティの編集
16)エンティティの操作
17)選択方法
18)図面エクスプローラー
19)設定
20)クラシック版