私へようこそ BricsCAD 旅!今日では、次のようなスタイルに依存するエンティティの描画について説明します。マルチライン、テキスト、マルチテキスト、寸法、マルチ引出線、表。これらのエンティティのほとんどを描画するツールは、 クワッド。もちろん、コマンドラインを含む他の場所からそれらにアクセスできます。

マルチラインを描く

マルチラインを描画するデフォルトの動作は、期待どおりです。使い慣れたコマンドオプションに加えて、BricsCADにはフォローオプションが用意されています。 [フォロー]を使用すると、最後に作成したマルチラインに隣接して同一線上にある新しいマルチラインを作成できます。

マルチラインの描画

単一行のテキストを描く

AutoCADのように®、BricsCADには、単一行と複数行の2つのテキストツールが含まれています。 1行のテキストを作成するデフォルトのプロセスは、期待どおりです。ただし、BricsCADはコマンドラインに使用可能なすべてのオプションを表示するため、最小限の労力でオプションを表示および指定できます。

テキストの描画

マルチラインテキストを描画

AutoCADと同様に、BricsCADでマルチテキスト(マルチテキスト)を作成します。®。ただし、最初のコーナーを選択してテキストボックスを配置した後、テキストボックスの幅と高さに特定の値を入力するオプションがあります。

マルチラインテキストの描画

また、リボンにテキスト編集ツールを表示する代わりに、BricsCADはマルチテキストボックスの真上にテキストフォーマットツールバーを表示します。行間隔、列、番号付けなど、使い慣れたテキストの書式設定コントロールが含まれています。

テキストフォーマットツールバー

寸法を描く

BricsCADには、クワッドに最も一般的な寸法記入ツールである線形と整列が含まれています。コマンドラインを含む他の場所から、使い慣れた寸法のセット全体にアクセスできます。そしてもちろん、それらをクワッドに追加できます。

寸法メニュー

マルチ引出線を引く

AutoCADでマルチリーダーを描画するのと同じように、BricsCADでマルチリーダーを描画します。®。最初に引出線を配置します。次に、テキストを入力します。ただし、リーダーを配置するポイントを選択した後、BricsCADはリボン上ではなく、リーダーの近くにテキストフォーマットツールを表示します。 [テキストの書式設定]ツールバーには、リーダーの一部として複数行のテキストを書式設定するために必要なすべてのツールが含まれています。

マルチリーダーの描画

表を描く

BricsCADでテーブルを作成するプロセスは、AutoCADLT®に似ています。 [テーブルの挿入]ダイアログボックスには、最も一般的なテーブル作成オプションがあります。 CSV、XML、XLSファイルからデータをインポートする機能が含まれています。

テーブルを描く

図面エクスプローラーでのスタイルの定義

この投稿で取り上げたすべての描画ツールは、スタイル定義に依存しています。 AutoCADから期待どおりに機能します® 経験。ただし、スタイルの定義方法は異なります。一見すると、圧倒的に違うように見えるかもしれません。しかし、数分でBricsCADのスタイル定義を調べると、違いがわかると思います。

BricsCADでは、すべてのスタイル定義は中央の場所である図面エクスプローラから管理されます。クワッドの[一般]メニューから図面エクスプローラにアクセスできます。コマンドライン(EXPLORER)を含む他の方法でもアクセスできます。

Quad Drawing Explorerツール

MLSYTLE、STYLE、DDIM、MLEADERSTYLE、TABLESTYLEコマンドなどの使い慣れた方法を使用する場合、BricsCADは図面エクスプローラの関連するスタイル情報を自動的に展開します。下の画像では、テキストスタイルが展開されています。他のスタイルを選択して、それらの定義を表示および変更します。

図面エクスプローラーのスタイル

これは、図面エクスプローラを簡単に紹介するための簡単な紹介でした。今後の投稿では、描画エクスプローラについて詳しく説明します。

次は何?

ブロックを定義、挿入、および管理するためのツールを探索しながら、BricsCADジャーニーの次のストップに参加してください。


BricsCADの使用を開始しますか?
今すぐウェビナー「20分でBricsCAD」に登録する

特定の(技術的な)質問がありますか?
サポートページをご覧ください


ハイジの旅の概要

ハイジの旅のすべての記事の概要は次のとおりです。

1)第一印象
2)ダウンロードとインストール
3)BricsCADへようこそ
4)インターフェースの探索
5)コマンドアクセス
6)試行レベルの調査
7)各ワークスペースの探索
8)エンティティの描画
9)図形エンティティの設定
10)スタイルを使用した描画 (現在の記事)
11)ライセンスオプション
12)ブロックの使用
13)参照の使用
14)レイヤーと線種の使用
15)エンティティの編集
16)エンティティの操作
17)選択方法
18)図面エクスプローラー
19)設定
20)クラシック版