で事前定義された各ワークスペースを探索する旅に参加してくれてありがとう BricsCAD。まだ読んでいないなら 最後の投稿、 してください!それはあなたが理解するのに役立ちます BricsCAD この投稿で参照するエディションとレベル。

私の中で BricsCADへようこそ ポスト、プロファイルプリセットを紹介しました。選択したプロファイルによって、BricsCADを起動したときにアクティブになるワークスペースが決まります。選択したプロファイルに関係なく、現在のワークスペースを簡単に変更できます。ステータスバーのワークスペースコントロールを右クリックするだけです。 2Dドラフティングと3Dモデリングのワークスペースのアプリケーションウィンドウの上部に、同様のワークスペースコントロールがあります。それでは、事前定義された各ワークスペースを詳しく見てみましょう。

BricsCADワークスペースオプション

製図ワークスペース

ドラフティングとドラフティング(ツールバー)ワークスペースでは、ドラフティングと注釈のための最も一般的なツールに簡単にアクセスできます。これらのツールは、クラシックからプラチナまでのすべてのBricsCADエディションで利用できます。以前のAutoCAD LTとしてBricsCADを探索している場合® ユーザーは、製図環境に慣れ親しんでいる必要があります。ただし、BricsCADのDraftingおよびDrafting(ツールバー)ワークスペースには、AutoCAD LTにはない貴重なツールが含まれています®。それらのいくつかについては、今後の投稿で説明します。

ワークスペースリボン

モデリング

モデリングワークスペースでは、3Dモデリングと視覚化のためのツールに簡単にアクセスできます。これらの3Dツールは、ProおよびPlatinumエディションで利用できます。トライアルレベルがクラシックに設定されているときにそれらにアクセスしようとすると、ほとんどの3Dツールが無効になっていることがわかります。

3D作業空間モデリング

機械的

メカニカルワークスペースは、メカニカルおよびシートメタル設計用に最適化されています。機械設計では、3Dソリッドを作成またはインポートすることから始めます。次に、3Dダイレクトモデリングツールと制約を使用してデザインを簡単に変更します。次に、部品を付属のライブラリの標準部品と組み合わせて、複雑なアセンブリを作成します。 MechanicalワークスペースのMechanicalツールとライブラリは、BricsCAD Platinumエディションで利用できます。

機械式BricsCADエンジニアリングワークスペース

板金設計の場合、直接モデリング操作を使用して、目的のソリッド形状を作成またはインポートします。次に、それらを板金に変換して、生産の準備をします。次に、シングルクリックでシートメタルパーツを自動的に展開します。最初からやり直すことなく、いつでも設計をやり直すことができます。最後に、CNC加工用に設計をエクスポートします。

補助的な展開シートメタルBricsCAD

BIM

BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)ワークスペースには、コンセプトからドキュメントまで建物を設計するためのツールとライブラリが含まれています。最初に、ダイレクトモデリング機能を使用して、デザインを想像して探索します。次に、材料や構成などの情報を建築要素に添付します。最後に、建築モデルから直接、設計ドキュメントを含むシートセットを生成します。 BIMツールには、BricsCAD Platinumエディションと BIMライセンス (30日間の試用版に含まれています)。

建築建築モデリング

次は何

BricsCADの世界を旅しながら、クラシックエディションのより詳細なツアーにご案内します。そこからプロ、プラチナエディションの順に作業を進めます。あなたが私と同じくらい学んでいることを願っています。次の停留所でお会いしましょう!


BricsCADの使用を開始しますか?
今すぐウェビナー「20分でBricsCAD」に登録する

特定の(技術的な)質問がありますか?
サポートページをご覧ください


もっと読みたいですか?

ハイジの旅のすべての記事の概要は次のとおりです。

1)第一印象
2)ダウンロードとインストール
3)BricsCADへようこそ
4)インターフェースの探索
5)コマンドアクセス
6)試行レベルの調査
7)各ワークスペースの探索 (現在の記事)
8)エンティティの描画
9)図形エンティティの設定
10)スタイルを使用した描画
11)ライセンスオプション
12)ブロックの使用
13)参照の使用
14)レイヤーと線種の使用
15)エンティティの編集
16)エンティティの操作
17)選択方法
18)図面エクスプローラー
19)設定
20)クラシック版