の土地の旅に参加してくれてありがとう BricsCAD。本日は、レイヤーと線種を管理するためのツールのエキサイティングなツアーを提供します!

図面エクスプローラー

BricsCADでレイヤーを作成および管理するデフォルトの方法は、図面エクスプローラーを使用する方法です。なぜなら、ドローイングエクスプローラーの他のすべてと同様に、レイヤーはドローイングコンテンツと呼ばれます。もちろん、クワッドおよびコマンドラインを含む他の方法から、Drawing Explorerを起動できます。 LAYERコマンド(LAエイリアス)で起動することもできます。これにより、図面エクスプローラーのレイヤーパネルが自動的に表示されます。

図面エクスプローラーのレイヤー

ドローイングエクスプローラーでレイヤーを管理する主な利点の1つは、レイヤープロパティを管理するときにレイヤージオメトリをプレビューできることです。これは、AutoCAD®のLAYWALKツールに似ています。ただし、AutoCADとは異なり®、BricsCADを使用すると、任意の数のレイヤーのジオメトリを表示でき、それらのレイヤーが既に選択されている場合は、それらのプロパティを変更できます。これはとてもクールで、別のLAYWALKコマンドの必要がなくなります。

図面エクスプローラーのレイヤープレビュー

ツールバーと右クリックメニューから、レイヤー管理に関連する追加のツールにアクセスできます。たとえば、レイヤーを結合したり、フィルターパネルを開いたり閉じたりできます。

描画エクスプローラーのレイヤーツール

図面エクスプローラは、図面内のすべての名前付きコンテンツを管理するための中心的な場所として非常に便利です。ただし、これはダイアログボックスであり、他のコマンドを使用している間は開いたままにすることはできません。

レイヤーパネル

レイヤーパネルに頻繁にアクセスする場合は、作業中は開いたままにしておくことをお勧めします。問題ない! LAYERSPANELOPENコマンドを使用して、図面エクスプローラーの[レイヤー]パネルのみを表示します。必要に応じて移動してサイズを変更し、さらに2台目のモニターに移動します。古い習慣を破るのが難しく、LAYERコマンドとLAエイリアスが描画エクスプローラーの代わりにレイヤーパネルを開くことを好む場合。変更は簡単で、今後の投稿でその方法を紹介します。

レイヤーパネル

レイヤー状態

画層状態は、図面に保存されている名前付きのコンテンツです。 BricsCADでそれらにどのようにアクセスすると思いますか? 「Drawing Explorer」と答えたら正解です。もちろん、通常の方法でDrawing Explorerを開くことができます。または、LAYERSTATEコマンド(LASエイリアス)で起動して、既に表示されている[レイヤー状態]パネルで開くことができます。レイヤー状態にアクセスするための1つのパネルと、選択した状態のプロパティを変更するための別のパネルが含まれています。

図面エクスプローラーの画層状態

線種

BricsCADのLINETYPEコマンド(LTエイリアス)は、線種パネルが表示された図面エクスプローラーを開きます。ここで、新しい線種をロードしたり、既存の線種を削除したりできます。 AutoCADの線種マネージャのようなものです®。ただし、BricsCADでは、名前の付いたコンテンツではないため、図面エクスプローラには線種のスケーリングのコントロール(LTSCALEおよびCELTSCALE)はありません。

図面エクスプローラーの線種

代わりに、他のシステム変数と同様に、[設定]ダイアログボックスまたはコマンドラインで線種尺度を指定できます。

BricsCADの設定

次は何ですか?

レイヤーツールと線種ツールのツアーをお楽しみいただけましたでしょうか。エンティティを編集するための最も一般的な方法を探るとき、次回に戻ってきます。


BricsCADの使用を開始しますか?
今すぐウェビナー「20分でBricsCAD」に登録する

特定の(技術的な)質問がありますか?
サポートページをご覧ください


ハイジの旅の概要

ハイジの旅のすべての記事の概要は次のとおりです。

1)第一印象
2)ダウンロードとインストール
3)BricsCADへようこそ
4)インターフェースの探索
5)コマンドアクセス
6)試行レベルの調査
7)各ワークスペースの探索
8)エンティティの描画
9)図形エンティティの設定
10)スタイルを使用した描画
11)ライセンスオプション
12)ブロックの使用
13)参照の使用
14)レイヤーと線種の使用 (現在の記事)
15)エンティティの編集
16)エンティティの操作
17)選択方法
18)図面エクスプローラー
19)設定
20)クラシック版