私の国の旅へようこそ BricsCAD。を使用してフォローしている場合 30日間の無料試用、有効期限が近づいている可能性があります。私のです!ですから、おそらくこれはライセンスオプションを確認する良い機会です。私はそれらを簡単に説明しました 以前の投稿。それでは、それらについてさらに詳しく説明し、アクティベーションプロセスをご案内します。

エディションを選択してください

BricsCADには、クラシック、プロ、プラチナの3つのエディションがあります。これらのエディションの相互の比較やAutoCAD®は、 オンライン比較表.

一般的な2Dデザインを作成する場合、クラシックエディションが適している場合があります。 AutoCADLT®と同じように考えてください。 3Dモデリングを行う場合、またはサードパーティのCADアプリケーションを実行する場合は、BricsCAD Proが必要です。

BricsCAD Platinumには、完全な3D拘束システムを備えたアセンブリモデリングが含まれています。設計にメカニカルモデリングまたはシートメタルが含まれている場合は、 機械的 BricsCADプラチナへのモジュール。現在入手可能な最高の板金モデリングソリューションを提供します。建築業界で働き、BIMへの移行を検討している場合は、プラチナも必要です。これは、 BricsCAD BIM.

BricsCAD価格

モジュールを選択してください

BricsCADへのアドオンアプリケーションとして3つのモジュールが利用可能です。 コミュニケーター, 機械的、そして BIM。製造業界向けに設計していて、他の一般的な製造アプリケーションとデータを交換する必要がある場合は、ProまたはPlatinumエディションにCommunicatorを追加することを検討してください。 BricsCAD Proで実行されているCommunicatorは、パーツをインポートできます。また、プラチナで実行されているCommunicatorは、埋め込まれたPMI(製品および製造情報)を含む完全なアセンブリをインポートできます。

上記で述べたように、機械的モデリング(板金設計を含む)にはBricsCADプラチナ、またはBricsCAD BIMソリューションが必要です。

ライセンスを選択してください

BricsCADは柔軟なライセンスオプションを提供しているため、ニーズに最適な条件で適切なソフトウェアを購入できます。永久ライセンスまたは年間サブスクリプションを購入できます。追加オプションには、ボリューム、ネットワーク、およびアカデミックライセンスが含まれます。

永久ライセンス

永久ライセンスを購入すると、ソフトウェアを所有します!また、BricsCADエディションはMicrosoft Windows、macOS、およびLinuxで動作します。かなり素晴らしいですよね?

2つのオプションから選択できます。オールインメンテナンスオプションには、自動アップグレードとサポートが含まれます。これは、BricsCADで最新の状態を維持するための最も安価な方法です。または、あなたの裁量でアップグレードを購入したい場合は、そのオプションがあります!

BricsCADのサブスクリプションオプション

サブスクリプションライセンス

レンタルオプションを選択すると、1年間BricsCADの最新バージョンにアクセスできます。優先サポートと、サブスクリプションがアクティブな間にリリースされるすべての新しいバージョンへのアクセスが含まれます。

アカデミックライセンス

学生、教員、インストラクター、教育機関は、 すべてのBricsCADソフトウェアへの無料アクセス 12か月間。また、現在の学生IDで毎年更新することができます。学生または学校/教師として学術情報を登録するだけです。

学生向けの無料のBricsCAD

追加のライセンスオプション

最も一般的なタイプのライセンスは、シングルユーザー用です。ただし、BricsCADはネットワークライセンスまたはボリュームライセンスでも利用できます。

シングルユーザーライセンス

シングルユーザー使用許諾契約は、シングルユーザー用です。ただし、シングルユーザーライセンスごとに2つのアクティベーションが可能です。たとえば、オフィスのワークステーションとフィールドのラップトップなど、2台のマシンにインストールできます。ただし、いつでも使用できるのは1つだけです。シングルユーザーライセンスは、永久ライセンスまたはレンタルライセンスで利用できます。学生向けのアカデミックライセンスは、常にシングルユーザーです。

ネットワークライセンス

ネットワークライセンス契約により、複数のユーザーがLAN(ローカルエリアネットワーク)内のBricsCADにアクセスできます。使用可能なネットワークライセンスの数は、ソフトウェアを同時に使用できるユーザーの数を定義します。ネットワークライセンスオプションは、永久ライセンスまたはレンタルライセンスで利用でき、開始するには1年間の保守契約が含まれます。ネットワークライセンスは、アカデミックライセンスを使用している教育機関でも利用できます。

ボリュームライセンス

ボリュームライセンス契約では、定義されたユーザーベース内でBricsCADソフトウェアを使用できます。すべてのユーザーに有効な単一のライセンスキーを使用してソフトウェアをインストールできます。これにより、ライセンス管理が大幅に簡素化されます。ボリュームライセンスオプションは永久ライセンスまたはレンタルライセンスで利用でき、開始するには1年間の保守契約が含まれます。そして、それは教育機関向けのライセンスのデフォルトです。

トライアルをアクティブ化

選択したライセンスオプションに関係なく、トライアルをアクティブ化するためのライセンスキーを受け取ります。まず、ソフトウェアを起動し、[ライセンスの入力]を選択します。

無料BricsCAD

BricsCADライセンスキーを入力します。ネットワークライセンスを使用している場合は、関連するサーバー情報について管理者に問い合わせる必要がある場合があります。

無料のCADソフトウェアBricsCAD

ライセンスをアクティブ化すると、次のメッセージが表示されます 重要 情報。

ライセンスが正常にアクティブ化されました

ライセンスのセットアップまたはアクティベーションについてサポートが必要ですか?オンラインヘルプシステムには、 必要な答えをすべて手に入れましょう.

ライセンスを管理する

BricsCAD内では、ライセンスマネージャー(LICENSEMANAGERコマンド)でソフトウェアライセンスを表示および管理できます。これはアクティブなライセンスを示し、より高いライセンスにアップグレードできます。表示されているライセンスよりも高いライセンスを購入した場合は、試用ライセンスについて説明したRUNASLEVEL設定を確認してください。たとえば、プラチナライセンスを購入したが RUNASLEVEL がクラシックに設定されている場合、ライセンスマネージャーはクラシックライセンスがあることを示します。また、BIM、Mechanical、およびCommunicatorモジュールには少なくともPro(Communicator)またはPlatinum(BIM&Mechanical)エディションが必要なため、これらのモジュールにはアクセスできません。

BricsCADライセンスオプション

Platinumライセンスをアクティブ化し、RUNASLEVELがPlatinumに設定されていることを確認すると、3つのモジュールすべてにアクセスできます。また、これらのモジュールの試用期間が残っている場合は、有効期限が切れるまで引き続き使用できます。 [購入]を選択して、任意のモジュールのライセンスをBricsysストアから直接購入します。

BricsCADのアクティブなライセンス

ライセンスキーを取得したら、[詳細]を選択します。次に、[Modify]を選択し、キーを入力してモジュールをアクティブにします。新しいアプリケーションをロードするには、BricsCADを再起動する必要があります。

BricsCADとすべてのモジュールがアクティブになっている場合でも、RUNASLEVELを引き続き使用して、より低いレベルでソフトウェアを試すことができます。 CADマネージャの場合、これは、さまざまなユーザーに最適なエディションとモジュールを判断するのに役立ちます。たとえば、BricsCADレベルをプラチナに設定し、BIMをライセンスなしに変更できます。または、BricsCADをProエディションに、Communicatorをフルライセンスに設定します。

次は何ですか?

ブロックを定義、挿入、および管理するためのツールを詳しく見ていきながら、私のBricsCADジャーニーの次のストップに参加してください!


BricsCADの使用を開始しますか?
今すぐウェビナー「20分でBricsCAD」に登録する

特定の(技術的な)質問がありますか?
サポートページをご覧ください


ハイジの旅の概要

ハイジの旅のすべての記事の概要は次のとおりです。

1)第一印象
2)ダウンロードとインストール
3)BricsCADへようこそ
4)インターフェースの探索
5)コマンドアクセス
6)試行レベルの調査
7)各ワークスペースの探索
8)エンティティの描画
9)図形エンティティの設定
10)スタイルを使用した描画
11)ライセンスオプション (現在の記事)
12)ブロックの使用
13)参照の使用
14)レイヤーと線種の使用
15)エンティティの編集
16)エンティティの操作
17)選択方法
18)図面エクスプローラー
19)設定
20)クラシック版