私に参加してくれてありがとう BricsCAD 旅。最後の立ち寄り時に、3Dソリッドを作成するためのツールを探索しました。ただし、2D設計と同様に、エンティティの作成ではなく、ほとんどの時間をエンティティの編集に費やします。ただし、ジオメトリを編集する前に、ジオメトリを選択する必要があります。しっかりとした編集では、選択モードを理解することが重要です。

サブエンティティ選択モード

選択モードは、編集のためにハイライトするサブエンティティを定義します。 3Dモデリングワークスペースに表示される[選択モード]ツールバーから簡単にアクセスできます。

選択モードツールバー

コマンドラインまたはシステム変数SELECTIONMODESを介して[設定]ダイアログボックスで設定することもできます。オプションには、エッジ、面、境界検出が含まれます。

選択モードの設定

エッジまたは面を有効にすると、BricsCADはそのタイプの選択を優先します。両方を有効にすると、BricsCADはカーソルの位置に基づいて最も適切なものを強調表示します。また、境界のある面の上にカーソルを置くときに境界検出をオンにすると、その境界が選択に含まれます。選択オプションのいずれも有効にしていない場合、カーソルをソリッドの上に置くと、カーソルの位置に関係なく、エンティティ全体がハイライト表示されます。

サブエンティティの強調表示

現在の選択モードで必要なものが強調表示されない場合は、Ctrlキーを押して選択のステータスを反転できます。また、Tabキーを押して、カーソルの現在位置の各選択オプションを1つずつ切り替えることもできます。

次は何ですか?

選択モードに慣れたので、編集します。 BricsCADジャーニーの次のストップに参加して、充実した編集機能を探ってください。

思い返す

BricsCADジャーニーの以前のツアーに参加しなかった場合でも、遅すぎることはありません。まず、BricsCAD Classic Editionの機能について学びます。次に、Pro Editionに進みます。 Classicについて学んだことはすべてProにも当てはまります。