私は簡単に意見を述べた 描画エクスプローラーに関する以前の投稿。私たちの旅のその部分は、 BricsCAD クラシックエディション、2Dデザイン。クラシックエディションではビューが完全にサポートされており、2D設計で役立ちますが、ビューは特に強力で、3Dモデリングにしばしば必要です。そこで、この投稿では、ビューツールについて詳しく見ていきます。

名前付きビュー

BricsCADには、モデル内を簡単に移動できるようにする多くのツールが用意されています。ただし、モデルの特定の領域に戻ることがよくある場合は、それらを名前付きビューとして保存すると便利です。

3Dビュー-名前の付いたビュー

名前付きビューは、図面エクスプローラ(EXPLORERコマンド)で作成および管理できます。 VIEWコマンドを使用すると、BricsCADは自動的に図面エクスプローラーを開き、ビューパネルが表示されます。ビューパネルの新規ツールを使用して、現在の表示から新しいビューを作成します。

3Dビュー-図面ビュー

[プロパティ]パネルに表示される現在のビュープロパティは、名前付きビューに適用されます。いくつかの例には、パースペクティブおよびビジュアルスタイルが含まれます。レイヤーの表示や断面平面のクリッピングなど、追加の設定が名前付きビューに含まれている場合もあります。図面エクスプローラの[ビューの編集]パネルを使用して、ビューのプロパティを作成後に変更できます。

3Dビュー-プロパティ

名前付きビューを使用すると、現在のビューを選択するだけで、適切な可視性を備えたモデルの主要な領域に簡単に移動できます。それらは作成が簡単で、多くのピックやクリックを節約できます!

3Dビュー-現在のビュー

カメラ

カメラツール(CAMERAコマンド)は、名前付きビューを作成する別の方法を提供します。 CAMERADISPLAY変数が1(オン)に設定されていることを確認して、カメラアイコンを表示できるようにします。次に、他のオブジェクトと同じように、モデルにカメラを配置します。カメラを配置した後、カメラを向けたい場所(ターゲット)を選択します。

3Dビュー-カメラ

カメラの位置が自動的にビューリストに追加されます。モデル内でカメラまたはターゲットを選択して移動したり、図面エクスプローラーの編集ビューパネルでそのプロパティを変更したりできます。

3Dビュー-カメラの名前付きビュー

リアルタイムウォーク

名前付きビューの作成に関して最も困難なことの1つは、モデル内の適切な場所に到達することです。しかし、リアルタイムウォークツール(RTWALKコマンド)を使用すると、3Dゲームと同じくらい簡単です。マウスの左ボタンを押したまま、歩きたい方向にマウスを押します。押す速度が速いほど、歩く速度が速くなります。目的の場所に到達したら、ビューツールを使用して名前付きビューを保存します。

3Dビュー-リアルタイムウォーク

次は何?

BricsCADジャーニーのこの時点で、3Dモデルを作成するために必要なほとんどのツールを探索しました。私たちの旅の次の目的地は、資料を探索する際に視覚化ツールに私たちを導きます。

思い返す

BricsCADジャーニーの以前のツアーに参加しなかった場合でも、遅すぎることはありません。まず、BricsCAD Classic Editionの機能について学びます。次に、Pro Editionに進みます。 Classicについて学んだことはすべてProにも当てはまります。