の土地の旅に参加してくれてありがとう BricsCAD。今日のツアーでは、選択方法を探ります。必ず最後までこだわってください。そのときが本当にエキサイティングになります。

BricsCADには、エンティティを選択するためのさまざまな方法が用意されています。編集/操作コマンドを起動する前にそれらを選択できます。または、コマンドを起動してエンティティを選択することもできます。最初にコマンドを起動すると、作図領域の右上隅のオプションリストに、多くの選択オプションが表示されます。

選択オプションを移動する

従来の選択オプション

AutoCADで使用する最も一般的な選択方法® BricsCADでも利用できます。たとえば、左から右に2つの点を選択して、長方形の選択ウィンドウを指定できます。または、右から左にピックして、長方形の交差窓を指定します。

ウィンドウと交差の選択

また、他の使い慣れた選択方法の追加オプションを入力できます。たとえば、前の選択セットにPを入力するか、CPを入力して、指定されたポリゴン境界の内側または交差するすべてのエンティティを選択できます。 AutoCADでおなじみの選択オプションに加えて® (オレンジ色)、BricsCADはその他(青色)を提供します。たとえば、指定したウィンドウまたはポリゴンの外側にあるすべてのオブジェクトを選択できます。

選択オプション

また、円形の境界を使用して、内側、外側、または交差する選択範囲を作成することもできます。

循環選択

BricsCADに固有のもう1つのオプションは、閉じた境界で囲まれた領域内のポイントを選択する機能です。その点の周りの閉じた境界が選択されます。

ポイント選択オプション

プロパティで選択

エンティティの選択方法に関係なく、プロパティパネルを使用して、選択を特定のタイプのエンティティに制限できます。次に、そのサブセットを選択して、それらのプロパティを変更できます。

プロパティパネルエンティティの選択

AutoCADのように®、プロパティウィンドウの右上隅からクイック選択ツールにアクセスできます。ただし、BricsCADは個別のクイック選択ダイアログボックスを起動する代わりに、さまざまなプロパティパネルを使用します。

クイック選択

プロパティパネルからクイック選択にアクセスすることに加えて、コマンドラインでQSELECTを入力できます。 BricsCADは、クイック選択ツールを有効にして[プロパティ]パネルを開きます。次に、使い慣れたプロパティコントロールを使用して、選択するエンティティにフィルターを適用できます。たとえば、特定のパターンを持つ特定のレイヤー上のすべてのハッチングエンティティを指定できます。

クイック選択

クイック選択機能では、次の演算子もサポートされているため、最大限の柔軟性と制御が得られます。たとえば、指定した値以上の半径を持つすべての円を選択できます。

クイック選択演算子

フィルターを現在の選択セットに適用するか、以下のツールのいずれかを選択できます。最初のツールは、フィルタリングされたエンティティを選択セットに追加します。 2つ目は、選択セットからそれらを削除します。そして、3番目のツールは、フィルターされたエンティティを新しい選択セットに追加します。

クイック選択ツール

クイック選択フィルターの強力な組み合わせにより、必要なものを正確に選択できます。また、ダイアログボックスではなくパネルで使用できるため、作業中も開いたままにして簡単にアクセスできます。

構造パネル

BricsCADは、非常に強力なオブジェクトを選択するための別の方法を提供します。これは構造パネルと呼ばれ、STRUCTUREPANELコマンドでアクセスできます。また、ツールバーまたはリボンを右クリックすると、すべてのパネルとともにアクセスできます。

構造パネルには、描画コンテンツのツリービューが表示されます。さまざまな方法で図面コンテンツを表示するように設定できます。 BricsCADクラシックのデフォルト設定はデフォルトと呼ばれます。現在の図面の現在のスペース(モデルスペースまたはレイアウトタブ)にあるすべてのエンティティが、最初にレイヤー名で表示されます。任意のレイヤーを展開して、各レイヤーのエンティティタイプを表示できます。エンティティタイプを展開して、ハンドルごとにリストされた個々のエンティティを表示します。各カテゴリの横の数字は、含まれるエンティティの数を示します。以下の例では、15個の弧と30本の線を含む285個のエンティティがゼロ「0」レイヤーにあります。

ツリーの任意のレベルでカテゴリをクリックして、そのカテゴリ内のすべてのエンティティを選択できます。または、個々のハンドルをクリックして、それらのエンティティを選択します。ハンドルをダブルクリックすると、BricsCADはオブジェクトを選択して自動的にズームします。重宝です!!

BricsCADのハッチング

パネルを右クリックして「構成」を選択すると、構造パネルの構成を変更できます。設定をカスタマイズするプロセスを今後の投稿で共有したいと思います。ここでは、BricsCADをインストールするときに含まれる他の構造構成を示します。

構造構成

構成リストを開くと、デフォルトに加えてBimとMechanicalの構成が表示されます。 Bim構成では、エンティティがタイプ別に表示されます。 Mechanical構成では、最初にタイプ、次にレイヤー、次に色で表示されます。構成メニューの「選択」オプションを選択して、独自の構成を選択できます。

次は何ですか?

BricsCADのユニークな選択ツールについて学び、楽しんでいただけたでしょうか。次回は、Drawing Explorerを詳しく見ていきます。

ハイジの旅の概要

ハイジの旅のすべての記事の概要は次のとおりです。

1)第一印象
2)ダウンロードとインストール
3)BricsCADへようこそ
4)インターフェースの探索
5)コマンドアクセス
6)試行レベルの調査
7)各ワークスペースの探索
8)エンティティの描画
9)図形エンティティの設定
10)スタイルを使用した描画
11)ライセンスオプション
12)ブロックの使用
13)参照の使用
14)レイヤーと線種の使用
15)エンティティの編集
16)エンティティの操作
17)選択方法 (現在の記事)
18)図面エクスプローラー
19)設定
20)クラシック版