BricsCAD®について最初に目にする可能性の1つは、選択ウィンドウ(選択ボックス)です。マウスをクリックしてドラッグすると、緑または青の「ボックス」が作成されます。これらはBricsCADで複数のエンティティを選択する最も簡単な方法ですが、BricsCADはエンティティを選択するためのオプションをはるかに多く提供しています!

緑か青?

マウスをクリックして左から右にドラッグすると、青いウィンドウが表示されます。右から左に動かすと、緑色のウィンドウが表示されます。

緑と青の選択ボックスがBricsCADである理由
左から右の選択ウィンドウと右から左の選択ウィンドウの比較。

窓の内側 ブルーボックス –完全にボックス内にあるエンティティ(オブジェクト)のみが選択されます。

交差窓緑色のボックス– ボックス内のすべてまたは一部が選択されます。

(選択)ボックスの外側を考える

選択ウィンドウは、BricsCADの長方形のボックスに限定されません。使用 選択する 追加の選択方法にアクセスするコマンド。

緑と青の選択ボックスがBricsCADである理由


外の窓

外の窓 オプション、すべてを選択 窓の外.

ウィンドウ選択モードボックスの外側


ポリゴン選択

を使用して ウィンドウポリゴン, 交差するポリゴンポリゴンの外側 よりカスタマイズされた選択図形を作成できるオプション。

ポリゴン選択モード方式BricsCAD CAD


サークル

を使用して ウィンドウ円, 交差する円外円 オプション、あなたも作成することができます 円形境界を使用した選択!

サークル選択ウィンドウボックス方式


ポイント

BricsCADに固有の別のオプションは、 ポイント 選択オプション。選択する 与えられた点の周りの閉じた境界.

閉じたポリゴンを取り囲む点の内側の境界を選択

フェンス

フェンス 選択モード 描かれた線「フェンス」を横切るすべてのエンティティを選択します.

ラインセレクトラインと選択


さらに多く

忘れられないのは すべてのエンティティを選択(Ctrl + a), 前の選択図面の最後のエンティティ 選択モード。常に有用であり、彼らはすべて彼らが缶に言うことを正確に行います。

3Dで選択!

で選択ボックスを使用している場合 3D、ホールド Ctrl 面、エッジ、またはソリッドの選択を切り替えます。の HotKeyアシスタント 案内します。

ホットキーアシスタントの選択方法Ctrlポップアップ
ホットキーアシスタント

また、使用するオプションがあります QuickSelect。このコマンドを使用すると、 選択フィルターを図面に適用する プロパティパネルを使用する。


BricsCAD Shapeを無料でダウンロード

BricsCADを今すぐ始めましょう

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。


火曜日のその他のヒント: