この投稿では、BricsCADをカスタマイズする方法を学びます® お好みに合わせてユーザーインターフェイスとワークスペース。

BricsCADは、さまざまな分野で機能するように設計された一般的なCADエンジンです。 それはのために使用することができます 建築モデリング、 ために 機械設計、マッピングなど—すべてが異なるコマンドセットを使用します。ユーザーインターフェイス自体に関しては、ツールバーまたはリボンを使用することをお勧めします。色のグラデーションまたは無地で描画領域を表示したい場合があります。

ワークスペース ユーザーインターフェースを好みに合わせてカスタマイズし、それらをすばやく切り替えることができます。 BricsCAD すでに定義されているいくつかのワークスペースが付属しています 一般製図、2D, 機械設計, 3D一般モデリング、そして 3D BIMモデリング.


この投稿では、次のトピックについて説明します。

  • ワークスペースがユーザーインターフェイスを変更する方法を理解する
  • ワークスペースのカスタマイズ

ワークスペースコマンドと変数の概要

BricsCAD V20で変更されたワークスペースの名前:

古いワークスペース名 新しいワークスペース名 デフォルト表示
2D製図 製図 リボン
製図(ツールバー) メニューバーとツールバー、リボンなし
モデリング リボン
3Dモデリング モデリング(ツールバー) メニューバーとツールバー、リボンなし
BIM BIM リボン
機械的 機械的 リボン
板金 (V19から削除)

板金 ワークスペースはV15から削除され、V16で返され、次に再び削除されました V19. BricsCAD V17 On Switchパラメータを無効にしました。まだ存在していますが、動作していません。ステータスバーとツールバーでワークスペースを切り替えることができます:

ワークスペースUIのカスタマイズ
ステータスバーで、ワークスペースの名前を右クリックして、別のワークスペースを選択します。
BImワークスペースオプションBricsCAD
[ワークスペース]ツールバーでドロップリストをクリックし、ワークスペースの名前を選択します

リボンまたはメニューバーからワークスペースを変更する方法はありません。 U(元に戻す)コマンドは、ワークスペースの変更を元に戻しません。

コマンド

次のコマンドはワークスペースで機能します。

ワークスペース —現在の名前付きワークスペースを保存、名前変更、削除、および設定します。

WsSave —現在のユーザーインターフェイスを名前付きワークスペースとして保存します。

WsSettings —を開きます カスタマイズダイアログボックス [ワークスペース]タブ(設定ダイアログボックスではない)

変数

次の変数はワークスペースで機能します。

WsCurrent 変数—現在のワークスペースの名前を指定します。

WsAutoSave 変数—ユーザーインターフェイスへの変更をワークスペースに保存するかどうかを決定します。

ワークスペースのカスタマイズ要素

ワークスペースは、 ワークスペース [カスタマイズ]ダイアログボックスのタブ。表示できるユーザーインターフェイス要素が一覧表示され、追加のオプションにより、要素がワークスペースによって実際に表示されるかどうかが決まります。この投稿では、これがどのように機能するかを学びます。

ワークスペースとユーザーインターフェイスをカスタマイズするBircsCAD

ワークスペースの追加と削除

[カスタマイズ]ダイアログボックスでワークスペース名を右クリックし、ショートカットメニューからオプションを選択すると、ワークスペースを追加および削除できます。

ワークスペースの削除

ワークスペースを削除するには、次の手順に従います。

  1. ワークスペース名を右クリックして、[削除]を選択します。
    ワークスペースedting BricsCAD
    ワークスペースを削除する
  2. BricsCADに「Are You Sure?」と表示されますダイアログボックス:
    二度目のチャンスを得る

    回答 はい または 番号.

で説明されているように、[カスタマイズの管理]ボタンを使用して、削除した要素を復元します パート10リボンのタブとパネルをカスタマイズする.

ワークスペースの追加

ワークスペースを追加するには、次の手順に従います。

  1. 既存のワークスペース名を右クリックして、[ワークスペースの挿入]を選択します。
    新しいワークスペースの挿入を開始します
  2. BricsCADは、ワークスペースに名前を付けるための[ワークスペースの追加]ダイアログボックスを表示します。名前を入力せずに[OK]をクリックすると、ワークスペースは作成されません。

選択したワークスペースの上に挿入されていることに注意してください。新しいワークスペースには、次の要素が含まれています。

  • すべてのメニュー
  • 以下に示すツールバーのセット
  • 以下に示すパネルはすべて「変更しない」に設定されています
  • リボン要素なし
  • クワッドアイテムなし
新しいワークスペースのデフォルトの要素

セパレーターについて

セパレータを挿入 オプションは、行をダッシュの行として追加します。 [カスタマイズ]ダイアログボックスでのみ表示されます。行はワークスペースツールバーまたはステータスバーに表示されません。

[ワークスペース]タブにセパレータを追加

セパレータをガイドとして使用して、ワークスペースのグループを視覚的に分離します。

BricsCADユーザーインターフェイス要素の表示を切り替える

[ワークスペース]タブの主な目的は、各ワークスペースでユーザーインターフェイス要素の表示のオンとオフを個別に切り替えることです。次の方法で要素をオンまたはオフにします。

方法1。 ワークスペースにUI要素を含める

方法2。 切り替え 表示 パラメータをOnまたはOffにします(すべての要素がこのパラメータを提供しているわけではありません)。

ワークスペースプロパティの切り替え

[カスタマイズ]ダイアログボックスでワークスペースの名前を選択すると、ワークスペースペインにプロパティの長いリストが表示されます(V20では大きく展開されています)。これらのプロパティは、マスタートグルと考えることができます。

Wrokspaceのカスタマイズオプション
[カスタマイズ]ダイアログボックスで表示される新しいワークスペースのデフォルトプロパティ

ワークスペースのプロパティには次の意味があります。

ステータスバーのワークスペースリストおよびワークスペースツールバーに表示されるワークスペースの名前( WsCurrent 変数)

表示 ワークスペース名がステータスバーとツールバーのドロップリストに表示されるかどうかを決定します。

  • はい
  • 番号

注意:このプロパティをオフにしても、ワークスペースの名前は引き続き[ワークスペース]コマンドで認識されます。

説明 ステータスバーに表示されるヘルプのような説明

ID これらのすべてのカスタマイズを格納するCUIファイル内の要素を識別します。 「ws」プレフィックスは、この要素をワークスペースとしてマークします

メニューバー メニューバーの表示状態を切り替えます(また、 メニューバー 変数):

  • オン このワークスペースに入ったときにメニューバーを表示します
  • オフ このワークスペースに入るとメニューバーを非表示にします
  • 変わらない このワークスペースに入ったときの表示状態

スクロールバー スクロールバーの表示を切り替えます(また、 ScrollBars 変数):

  • オン ワークスペースに入るときにスクロールバーを表示します
  • オフ スクロールバーを非表示にします
  • 変わらない このワークスペースに入ったときの表示状態

デフォルト  BricsCADの開始時に、このワークスペースがデフォルトのワークスペースであるかどうかを切り替えます。

  • はい BricsCADの開始時にこのワークスペースを表示します
  • 番号 このワークスペースは表示されません

スタックタイプ パネルの表示方法を決定します(読み取り専用で報告) StackPanelType 変数);

  • サイズ変更可能な固定パネルセット パネルが崩れるのを防ぎます(0)
  • 折りたたみ可能なパネルセット パネルをセットに折りたたむことができます(1)
  • フライアウトパネルセット パネルをフライアウトに配置します。下の図を参照(2)
:小さなパネルアイコン 正しい:特大パネルアイコン

パネルボタンサイズ パネル上のボタンの初期サイズを指定します(読み取り専用のPanelButtonSize変数によって報告されます)。

  • 小型ディスプレイ16×16アイコン(0)(上の図を参照)
  • 大型ディスプレイ24×24アイコン(1)
  • 非常に大きなディスプレイ32×32アイコン(2)

ツールボタンのサイズ ツールバーのボタンの初期サイズを指定します(読み取り専用のToolButtonSize変数によって報告されます)。

  • 小型ディスプレイ16×16アイコン(0)
  • 大型ディスプレイ24×24アイコン(1)
  • 非常に大きなディスプレイ32×32アイコン(2)

ツールバーの余白 各ツールバーの上下にマージンを指定します。ピクセル単位で測定(読み取り専用ToolbarMargin変数によって報告)

ツールパディング 各ツールバーのアイコン間のマージンを指定します。ピクセル単位で測定。 (読み取り専用ToolIconPadding変数によって報告されます)

通常の間隔のツールバー
パディング= 5およびマージン= 5のツールバー
ヒント Toolbar MarginとTool Paddingの値を使用して、ツールバーボタンの周囲のスペースを増やします。これにより、タッチスクリーンモニターで指でタッチしやすくなります。このために、「Drafting(Touchscreen)」という名前のワークスペースを作成できます。

(v20の新機能)次のワークスペースプロパティは、 BricsCAD Mechanical.

ツールを削除 減算コマンドに続くツールエンティティの処理方法を指定します。

  • 0はツールエンティティを削除しません
  • 1はツールエンティティを削除します

DMAUDITレベル 表示するメッセージを指定します。

  • 0はエラーを報告します
  • 1はダイナミックレンジエラーを無視します
  • 2はスライバー面を無視します
  • 3は両方を無視します

押し出しモード 押し出しコマンド中に何が起こるかを決定します。

  • 0は、新しく作成されたソリッドと既存のソリッドを結合します
  • 1は、ソリッド上にある等高線を押し出すときに新しいソリッドを作成します
  • 2交差したソリッドから新しく作成された部分を差し引きます
  • 4交差するソリッドを変更しない

DMPUSHPULL減算 DmPushPullコマンドで減算モードを有効にするかどうかを指定します。

  • 0は減算しません
  • 1減算

関連図面を生成 生成された図面の関連付けを3Dモデルに切り替えます。
レポートパネルモードレポートパネルの外観を決定します。

  • 0クラシックモード(ドッキング可能なウィンドウ)
  • 1モダンモード(透過パネル)
  • 2非表示モード(ステータスバーに非表示)

選択モード エンティティの選択時にハイライトするサブエンティティを指定します。

  • 0は3Dモデル全体を選択します
  • 1エッジを選択
  • 2つの面を選択
  • 4境界を検出
  • 8頂点を選択

シートセットマネージャを開く シートセットの図面を開いたときに、シートセットマネージャパネルを自動的に開くかどうかを切り替えます。

構造ツリー構成 使用する.cst構造ツリー構成ファイルの名前

コンポーネント構成 使用する.ccfコンポーネント構成ファイルの名前

警告メッセージレベル 表示する警告メッセージを決定します。下の図を参照してください。

警告メッセージ変数のオプション

メニューを表示

[ワークスペース]タブのいくつかのショートカットメニューには、「表示」というオプションがあります。 メニューを表示ツールバーを表示.

特定のメニューまたはツールバーにアクセスするためのワークスペースタブのショートカットメニュー

これらのオプションは、メニュー、ツールバー、またはその他のUI要素の可視性とは関係ありません。代わりに、(この場合)に切り替えます メニュー [カスタマイズ]ダイアログボックスのタブと特定のメニュー(上の図では[ファイル])に移動して、[ファイル]メニューの内容をカスタマイズできるようにします。

UI要素の可視性の切り替え

ワークスペースの目的は、表示されるUI要素とその方法を決定することです。これらの要素が[ワークスペース]タブに表示されている場合、(おそらく)ワークスペースに表示されます。 表示 プロパティは「いいえ」に設定されています。ただし、要素のタイプごとにいくつかの微妙な点があります。それらを見ていきましょう。

メニューの切り替え

メニュー ノードは、ファイルや編集など、表示されるメニュードロップダウンを決定します。このリストにメニュー名が表示されると、ワークスペースに表示されます。ワークスペースのプロパティペインでメニューバーの表示を切り替えます

メニューに変更を加えるには、[メニューの表示]ショートカット(上記の説明を参照)を使用して[メニュー]タブに移動します。見る メニューバーとコンテキストメニューのカスタマイズP7.

ツールバーの切り替え

ツールバー ノードは、ワークスペースによって表示されるツールバーを決定します。このリストにツールバー名が表示されると、ワークスペースに表示されます。 [ツールバー]タブでツールバーのコンテンツを変更できます。見る ツールバーとボタンアイコンのカスタマイズP8.

パネルの切り替え

パレット ノードは、3方向トグルを使用して表示するパネル(別名パレットまたはバー)を決定します。

パレットアイテムのショートカットメニュー

 ティック このワークスペースに切り替えるとパネルが表示されることを意味します

空箱 パネルが表示されないことを意味します

平方 パネルの表示状態は変更されないことを意味します(つまり、ワークスペースに入ったときにオフの場合、オフのままです)。

リボンの切り替え

リボン ノードは、ワークスペースによって表示されるリボンタブを決定します。リボンのタブの名前がこのリストに表示されると、ワークスペースによって表示されます。リボンタブを使用して、タブとパネルのコンテンツを変更します。見る リボンタブとパネルのカスタマイズP 10.

クワッドを切り替える

クワッドタブ ノードは、どのクワッドグループとコマンドを表示するかを決定します。クアッドタブ(別名クアッドグループ)の名前がこのリストに表示されると、Displayプロパティ= Noでない限り、ワークスペースに表示されます。クアッドグループのコンテンツは、クアッドタブで変更します。見る Quad P13について知っておくべきすべてのこと.

スイッチ上 ノードが無効にされました BricsCAD V17 現在はプレースホルダーとしてのみ機能します。

微調整のUI要素

以前に、ワークスペースで使用可能なプロパティを見ました。一部のユーザーインターフェイス要素には、特にメニュー項目、ツールバー、パレット、リボンタブ、およびクワッドタブを調整できる追加のプロパティがあります。

メニューのワークスペースプロパティ

「ファイル」などのメニュー名を選択すると…

[ワークスペース]タブで選択された[ファイル]メニュー

…その後、BricsCADは次のプロパティを再生します。

BricsCADユーザーインターフェイスのカスタマイズ
ドロップダウンメニューのプロパティ

プロパティの意味は次のとおりです。

メニューグループ メニューグループの名前

ID CUIXファイルの要素を識別します。 「mn」プレフィックスは、この要素をメニューとしてマークします。

表示 メニューがメニューバーに表示されるかどうかを決定します。

  • はい
  • 番号

題名 メニューバーに表示されるメニューの名前。 &は、Altキーのショートカットアクセス用の下線付き文字を示します。キーボードでメニューにアクセスするには、Altキーを押したままにします。メニューバーで下線が引かれた文字に注目し、下線が引かれた文字を押して、ファイルメニューのfなどのメニューにアクセスします。

ディーゼル ユーザーがメニューを選択したときにディーゼルコードを実行します。

ツールバーのプロパティ

「標準」などのツールバーの名前を選択すると、BricsCADは次のプロパティを表示します。

ユーザーインターフェース
ツールバーのプロパティ

メニューグループ メニューグループの名前ID CUIXファイルの要素を識別します。 「tb」プレフィックスは、この要素をツールバーとしてマークします

表示 ワークスペースを開いたときにツールバーを表示するかどうかを決定します。

  • はい
  • 番号

ポジション ツールバーの初期位置を決定します。

  • フローティング—ツールバーはXおよびYプロパティを使用して配置されます
  • 上—ツールバーは作図領域の上部に取り付けられています
  • 左-ツールバーは作図領域の左側に取り付けられています
  • 下-ツールバーは作図領域の下に接続されます
  • 右-ツールバーは作図領域の右側に取り付けられています

ツールバーの行数を指定します

カラム ツールバーの列数を指定します

バツ フローティングツールバーの上部を探します。水平方向の測定値は、コンピューター画面の上からのピクセル数です。フローティングツールバーがBricsCADウィンドウの外に浮く

Y コンピューターの画面の左端からピクセル単位で測定された、fツールバーの左端を見つけます。

題名 フローティングツールバーのタイトルバーに表示されるツールバーの名前

パネルのプロパティ

「コマンドライン」などのパネルの名前を選択すると、BricsCADは以下のプロパティを再生します。すべてのパネルで同じプロパティを使用できます。

ヒント パネルがCDOCKされている(中央にドッキングされている)場合、それらはオーバーラップします。最上位のパネルは他のパネルを非表示にするため、BricsCADは自動的にタブを表示し、ユーザーがタブを切り替えることができます。

Stack Z Orderパラメータは、タブが表示される順序を決定します。
ワークスペースでカスタマイズするユーザーインターフェイス
パネル、この場合はマテリアルブラウザパネルのプロパティ

ID CUIXファイル内の要素の名前を識別します。ユーザーは編集できません

題名 [カスタマイズ]ダイアログボックスに表示されるパネルの名前。タイトルを変更しても、パネルのタイトルバーに表示される名前には影響しません。

パネルのタイトルを「コマンドライン」から「マイコマンド入力領域」に変更する

表示 パネルがワークスペースによって表示されるかどうかを決定します。

  • 公演 —ユーザーがワークスペースに切り替えたときにパネルを表示します
  • 隠す —ユーザーがワークスペースに切り替えたときにパネルを表示しません
  • 変わらない —前のワークスペースに表示されているかどうかを示します。隠さない場合は、隠します

状態 ユーザーがこのワークスペースに切り替えたときのパネルのデフォルトの場所を決定します。

  • フローティング — Floatパラメータで定義された座標の任意の場所に浮動します
  • ドックトップ — Dockパラメータで定義されているように、描画領域の上部をドッキングします
  • ドック左 -作図領域の左側をドッキングします
  • ドックボトム —作図領域の下部にドッキングします
  • ドック右 —作図領域の右側にドッキングします
  • 変わらない —前のワークスペースに表示されている場合に表示します。隠さない場合は、隠します

スタックIDスタック時にパネルを見つけます。

  • LDOCK —スタックの左側にドッキング
  • RDOCK —スタックの右側にドッキング
  • TDOCK —スタックの一番上にドッキング
  • BDOCK —スタックの一番下にドッキング
  • CDOCK —スタックの中央にドッキングされ、他のパネルと重なります

スタックZ順序 中央積み上げ時に他のパネルの上にあるパネルを決定します(CDOCK):

  • 0 —最高の優先順位(パネルは他の番号の大きいパネルの上に表示されます)

ドックカラム 左または右にドッキングしたときのパネルの位置(他のパネルに対する)

ドック行 上部または下部にドッキングしたときのパネルの位置(他のパネルに対する)

ドック幅 左または右にドッキングしたときのパネルの幅。ピクセル単位で測定されます。

ドックの高さ 上部または下部にドッキングしたときのパネルの高さ。ピクセル単位で測定

フロート左 フローティングパネルの左端の開始位置。 0 =メインモニターの左端

フロートトップ フローティングパネルの上端の開始位置。 0 =メインモニターの上端

フロート幅 フローティング時のパネルの幅。ピクセル単位で測定

フロートの高さ フローティングパネルの高さ。ピクセル単位で測定

透明性 パネルの半透明性のレベルを決定します。

  • 0 完全に不透明(デフォルト)
  • 90 最大半透明性(ほぼ透明)
チップ 同じStack Z Order番号を2つ以上のパネルに割り当てると、BricsCADは重複する番号の1つを自動的に変更します。たとえば、Stack Z Order = 2をLayers and Renderingに割り当てると、そのうちの1つが3に変更されます。FloatLeftおよびTopパラメーターは、マルチモニターセットアップを使用する場合のパネルの位置に適用されます

パネルを作図領域の左端に移動すると、BricsCADは、左、右、上、下、または中央の5つのドック位置をプレビューします。

編集パネルbricscadワークスペースユーザーインターフェイス
パネルプレビュー

リボンタブのプロパティ

「ホーム」などのリボンタブの名前を選択すると、BricsCADはタブの次のプロパティを表示します。

リボンタブのプロパティ

メニューグループ メニューグループの名前。

ID CUIXファイルの要素を識別します。接頭辞「rt」は、この要素をリボンタブとしてマークします

ラベル [カスタマイズ]ダイアログボックスの要素を識別します

題名 リボンに表示されるタブに名前を付けます

重要なヒント 使用する文字を指定します Alt-キーショートカットアクセス;実装されていません。

ヒント キーヒントが実装されている場合、次のように機能します。Altキーを押したままにします。ツールチップの文字に注目し、キーボードの文字を押して[ホーム]タブのhなどのタブにアクセスします。

Quad Reactorsが削除されました BricsCAD V18、[カスタマイズ]ダイアログボックスのクアッドタブ(グループ)のプロパティも同様です。

ヒント 下の図のBIMライブラリなど、アイテムが灰色で表示されてオフになっている場合は、追加のライセンスを購入する必要があるか、ビジュアルスタイルなどのパネルがまだ実装されていないことを意味します。ユーザーインターフェース

クワッドアイテムのプロパティ

カスタマイズできるQuadアイテムの唯一の側面は、現在のワークスペースに表示されるかどうかです。クアッドアイテムの名前(クアッドタブ名の下)を選択すると、BricsCADは次のプロパティを表示します。

ユーザーインターフェイスオプション
クワッドアイテムのプロパティ

題名 クワッドによって表示されるグループの名前。読み取り専用

ラベル クワッドタブの名前。読み取り専用

題名 [クワッド]タブに表示される名前。読み取り専用

表示 このワークスペースのクワッドによってタブが表示されるかどうかを決定します。

  • はい
  • 番号

クワッドグループを作成するジョブは、このタブから新しいクワッドタブに移動しました BricsCAD V18;見る Quad P13について知っておくべきすべてのこと.


BricsCAD体験版を
ダウンロード

今すぐBricsCADを使ってみましょう

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。


  1. 前書き
  2. BricsCADユーザーのための55のヒント
  3. 設定
  4. 環境を変える
  5. カスタムユーザーインターフェース
  6. [カスタマイズ]ダイアログボックスの概要
  7. メニューバーとコンテキストメニューをカスタマイズする
  8. ツールバーとボタンアイコン
  9. マクロとディーゼルコードの記述
  10. リボンのタブとパネル
  11. キーストロークのショートカット、エイリアス、シェルコマンド
  12. マウス、ダブルクリック、タブレットボタン
  13. クワッドについて知っておくべきすべてのこと
  14. ロールオーバープロパティ
  15. ワークスペースとユーザーインターフェイス
  16. 設計ツールと構造パネル
  17. シンプルで複雑な線種の作成
  18. ハッチングのパターン化
  19. 形状とフォントのデコード
  20. フィールドテキストでのコーディング
  21. スクリプトを書く
  22. LISPによるプログラミング(はじめに)
  23. LISP関数