BricsysはIFC認定に準拠しただけでなく、Building Smart Ltdの国際メンバーになることも決定しました。Bricsysは「オープンデータ」の原則を強く信じています。プロジェクトの準備段階で作成されたモデルを、建築プロジェクトの最終的な提供まで引き続き使用できる、新しい直感的なBIMソリューションを考え出すことが常に私たちの目標でした。そのプロセスに沿って、より多くのデータをリンクし、必要なすべてのドキュメントとレポート(2Dセクション、詳細、部品表など)を生成できるはずです。

BricsysがBuildingSMARTに参加

Chapooモデルサーバーソリューションとの緊密な統合により、チームは共同作業を行うことができます。 Chapooはオンデマンドでユーザーがチェックインしたものと同期します。3Dビューアがあり、プロジェクト全体を最新の詳細まで調査し、データとその間のリンクの両方の詳細を確認できます。
私たちはIFC認定に準拠しただけでなく、Building Smart Ltdの国際メンバーになることも決定しました。Bricsysは「オープンデータ」の原則を強く信じています。

現在、ユーザーをロックインすることは認められていません。ソフトウェアプロバイダーは、共同作業を行い、プロジェクトのすべての参加者にすべての情報を公開する必要があります。 .dwgコミュニティがBIMアプローチの大きな可能性にアクセスできるようにすることは、私たちの責任であると考えています。

AECスペースには、何百もの.dwgベースのエンジニアリングアプリケーションがあります。私たちはそれらをopenBIMに案内したいと思います。私たちは最近、IFC認定に近づけ、このopenBIMジャーニーの一部となるための一連のAPIをリリースしました。私たちは彼らを支援し、サポートし続けます。逆に、buildingSMARTによって作成された標準の使用が強化されます。