BricsCADに切り替える場合は、多くのユーザーワークステーションをインストールする必要があり、インストールプロセスを可能な限り高速化したい場合があります。

良い知らせは、BricsCADには、これまで使用してきた他のCADツールとは異なり、コンパクトな(350MB)インストールフットプリントがあり、ネットワーク間ですばやくコピーできるということです。ユーザーの介入なしで、ほんの数分でインストールできます(ネットワーク転送速度とマシンリソースによって異なります)。このコンパクトでスピーディーなインストールプロセスは、バッチコマンドまたはMicrosoft Windowsネットワークのグループポリシーオプション(GPO)で自動化するのに適しています。

この投稿では、可能な限り簡単な方法でBricsCADの複数のユーザーシートをインストールしたいCADおよびIT管理者向けのベストプラクティスをいくつか紹介します。

簡単な概要

インストールプロジェクトの詳細に入る前に、次の宿題を行う必要があります。

  1. ネットワークインストールの前に、ライセンスファイル、キー、および/またはライセンスサーバーがセットアップされ、実行されていることを確認します。 これにより、ユーザーマシンへのインストールを、ライセンスファイルの手間をかけずに続行できます。ライセンスファイル、キー、ライセンスサーバーをまだ設定していない場合は、 このリソース 助けて。
    注意: インストールオプションは、フローティングライセンスマネージャーサーバーを使用するか、スタンドアロンコピーを使用するかによって異なります。ソフトウェアのインストールを実行する前に、すべての問題を解決することが重要です。
  2. ダウンロード BricsCAD MSIインストールファイル。
  3. MSIファイルとサポートファイルを配置するネットワークの場所を確立します。 この場所は、ソフトウェアをインストールするすべてのユーザーがアクセスできる必要があります。に設定 読み取りレベル ほとんどのユーザーの権限ですが、 書き込み/編集 あなたのための権限。
  4. 可能なインストールオプションを検討してください。 次のインストール変数をどのように処理するかを考えてください。
    • サイレントインストール セットアッププロセスでのユーザーの介入を抑制しますか?
    • デスクトップアイコン インストーラーにデフォルトのアイコンを作成させますか、それともユーザーのデスクトップに独自のカスタムアイコンを配置しますか?
    • リリースノートを表示 インストールの実行後にユーザーに製品のリリースノートを表示しますか?
    • ライセンスファイル インストーラーが既存のライセンスファイルまたはライセンスサーバーを自動的に使用するようにしますか?

BATファイルの準備

宿題が完了したので、インストールの手順を作成します。この例では、ユーザーのリモートマシンで簡単に呼び出すことができるバッチ(.BAT)ファイルの作成を提案します。私はBATファイルが古い学校であることを理解していますが、複雑なコマンド文字列を作成して、後で面倒な入力をせずに呼び出すことができる最も簡単な方法です。

ここでの例のために、次のパス、ファイル名、および構成を想定します。

ネットワークインストールフォルダー: O:\ BricsCAD v19インストールファイル
BricsCADインストールBATファイル: BRICSCAD_INSTALLER.BA
BricsCADインストールMSIファイル: BricsCAD-V19.1.06-2-en_US(x64).msi
サイレントインストール: はい
デスクトップアイコンを作成する: はい
リリースノートを表示: 番号
ライセンスファイルを使用: はい
ライセンスファイルの場所/名前: O:\ BricsCADライセンスファイル\ BricsCAD.LIC

ここで、 MSIEXEC 次の構文を使用して、インストールBATファイルのコマンドロジック:

  1. 編集プログラムを使用してバッチファイルを作成する
    BRICSCAD_INSTALLER.BAT

    必ず保存してください

    O:\ BricsCAD v19インストールファイル

    フォルダー BricsCAD-V19.1.06-2-en_US(x64).msi ファイルが存在します

  2. 次の構文をBATファイルに追加します。
    MSIEXEC / I "BricsCAD-V19.1.06-2-en_US(x64).msi" / QN
    BATファイルの編集を開始する
  3. 次に、追加のパラメーターを追加して、リリースノートが表示されないようにします。
    MSIEXEC / I "BricsCAD-V19.1.06-2-en_US(x64).msi" / QN SHOWRELEASENOTES = ""
  4. 最後に、使用したいライセンスに適切なパラメータを追加します。すべての場合にこれらのパラメータを追加します。
    BRXLICENSEDESTFILE = "O:\ BricsCAD License Files \" BRXLICENSEFILE = "BricsCAD.LIC"
  5. シングルユーザーまたはボリュームライセンス契約の場合、次のようなライセンスキーを指定します。
    BRXLICENSEKEY = "your_license_key"

    実際のライセンスキーが「」マーク内にある場合

  6. ネットワークライセンスのインストールでは、次のようなライセンスを指定します。
    BRXLICENSESERVER = "ホスト"

    ライセンスサーバーがポート5053にある場合

  7. ライセンスサーバーがポート5053以外にインストールされている場合は、次を追加します。
    BRXLICENSESERVER = "host @ port"

    どこ 正しいポート番号です

最終形

これで、BATファイルを保存してテストできます。 BATファイルのコード行は長くなる可能性があり、次のようになります。

MSIEXEC / I "BricsCAD-V19.1.06-2-en_US(x64).msi" / QN SHOWRELEASENOTES = "" BRXLICENSEDESTFILE = "O:\ BricsCAD License Files \" BRXLICENSEFILE = "BricsCAD.LIC" BRXLICENSESERVER = "host"

この長いコード行はテキストエディターで操作するのが非常に難しいため、「^」関数を使用してBATファイルをフォーマットし、次のように複数行の入力を続けて入力することをお勧めします。

MSIEXEC / I "BricsCAD-V19.1.06-2-en_US(x64).msi" / QN SHOWRELEASENOTES = "" ^ BRXLICENSEDESTFILE = "O:\ BricsCAD License Files \" BRXLICENSEFILE = "BricsCAD.LIC" ^ BRXLICENSESERVER = "host"

あるいは

MSIEXEC / I "BricsCAD-V19.1.06-2-en_US(x64).msi" / QN SHOWRELEASENOTES = "" ^ BRXLICENSEDESTFILE = "O:\ BricsCAD License Files \" ^ BRXLICENSEFILE = "BricsCAD.LIC" ^ BRXLICENSESERVER = "host 」

スペースと^文字が、入力の次の行に継続する各行の終わりにあることを確認してください。

完成したBATファイル。

テストしてみる

次に、単にBATファイルを閉じ、BATファイルをダブルクリックして実行します。インストーラーを実行することにより、適切なインストールとライセンスの検証を確認できます。問題が発生した場合は、入力ミスやパスの間違いを注意深く確認し、ネットワークライセンスファイル、キー、ネットワークライセンスサーバーコンポーネントが正しくインストールされていることを確認してください。

bricscadのインストール
BATファイルをダブルクリックして実行します。

または、他の自動化スクリプトまたはグループポリシーオプションを使用してBATファイルを呼び出します。これは、IT部門がネットワークから実行できます。

次のステップ

BricsCADがインストールされたので、ネットワーク環境に固有のすべてのフォルダー、設定、構成パラメーターを使用してソフトウェアを構成するのはすばらしいことではないでしょうか。これは、来週のBricsCADネットワークインストールメカニクス–パート2で取り組むトピックです。

BricsCADを試す準備はできましたか?

試しやすく、購入しやすく、所有しやすい。それがBricsCADです。 すべての製品を30日間無料でお試しください www.bricsys.com。選択の自由に加えて、すべての言語で、すべての場所で機能する永久(永久)製品ライセンス。 BricsCAD V19製品ファミリーで私たちが構築したものを気に入っていただけることでしょう。

CADマネージャーのコーナーストーリー

  1. ネットワークインストールの仕組み-パート1
  2. ネットワークインストールの仕組み-パート2
  3. 簡単な移行のためのLISPの概念
  4. 最大学習のための最小トレーニング-パート1
  5. 最大の学習のための最小トレーニング-パート2
  6. BricsCADの採用への3つのステップ
  7. 実装の準備-パート1
  8. 実装の準備-パート2
  9. 実装の準備–パート3:検証の場
  10. 実装の準備–パート4:トレーニング資料
  11. 実装の準備–パート5:リモートトレーニングのヒント
  12. 実装の準備–パート6:ロールアウトとサポート