私たちの中で 最後の投稿, we talked about automatically loading a standardized profile at BricsCAD® startup so all users would see the same CUI interface and have the same configuration folders for external files and peripherals like printers/plotters. Whilst this is certainly a good start to achieving overall consistency, there are other issues that can come into play – particularly if you are migrating users from other CAD systems to BricsCAD. 

When users have worked with another CAD system for many years, their entire base of experience is centred on the command vocabulary and function of that other system and, as we all knowchange can be hard.  So it turns out that making BricsCAD function as much like the old system our users already know is a great way to improve user satisfaction, raise productivity, and shorten training times for BricsCAD 実装。 

In this installment, we’ll explore how you can use some LISP code to tailor BricsCAD to your users’ liking while achieving a standardized environment that is easy to maintain over time. Let’s see how. 

コンセプト

If you are implementing BricsCAD for users migrating from a popular system like AutoCAD®, it is desirable to make the BricsCAD command vocabulary as compatible with it as possible and LISP is a great way to accomplish this task.  But before we dive into any code, let’s outline the concept of what we’ll be doing: 

ロードを標準化します。  ここで使用します ON_START.LSP BricsCADの起動を制御するファイル。

ネットワークフォルダーでLISP環境を標準化します。 ここでは、ユーザーが必要とするLISPファイルとリソースを含む標準化されたネットワークロケーションを確立します(改ざんを防ぐために保護アクセス許可を適用します)。

コマンド語彙を標準化します。 Here we’ll use some LISP to make BricsCAD command set feel like what users would expect from their old CAD system.

便利な機能を追加します。 Here we can use LISP to add useful functions like keystroke shortcuts for additional productivity.

The true beauty of this approach is that any custom code you create will be in a single network location that serves all, whilst making maintenance easy for you. 

ON_START.LSPが存在することを確認してください

BricsCADは起動時にAutoLISPファイルを自動的に探します ON_START.LSP ファイル内で見つかったコードを実行します。そのため、コードが存在し、BricsCADがそれを見つけられることを確認する必要があります。あなたがしなければならないのは ON_START.LSP BricsCADのサポートディレクトリにあるファイル-あなたはこれを使用してこれを管理することができます 設定 コマンドと下を見て プログラムオプション/ファイル.

図1 – ON_START.LSPがサポートフォルダにあることを確認します

次に、BricsCADを終了して再起動し、 ON_START.LSP ファイルがロードされ、実行されます。

ネットワークロケーションのコードを追加

の中に ON_START.LSP place code that will instruct BricsCAD where it should load all your custom code. ために argument’s sake, we’ll say that the file we should use is as follows:

X:\ LISP \ STANDARDS.LSP 

これで、このコードは ON_START.LSPファイル:

(もし (findfile "x:\\lisp\\standards.lsp") 
(load "x:\\lisp\\standards.lsp") 
)

(prompt "\nBricsCAD startup routine loaded.") 

このコードにはいくつかの利点があります。

  • ネットワークファイルの存在をテストし、見つかった場合にのみファイルをロードするため、ネットワークディレクトリが見つからない、接続されていないラップトップユーザーのエラーを防ぎます。 
  • 診断プロンプトが発行されるので、コマンドラインをすばやく調べると、 ON_START.LSP ファイルがロードされました。
  • この方法論を使用して、 ON_START.LSP ファイルを再度編集する必要はありません X:\ LISP \ STANDARDS.LSP ファイルは維持されます。

今保存します ON_START.LSP ファイル、BricsCADを再起動し、ファイルをロードすることを確認してください 読み込まれたBricsCADスタートアップルーチン コマンドラインのメッセージ。

コマンドとショートカットを定義するSTANDARDS.LSPファイルを作成します

今、作成する時間です X:\ LISP \ STANDARDS.LSP file and put some code in it.  But what code is that?

Consider these practical examples:

例1:

Several prior AutoCAD® users noticed that BricsCAD doesn’t have an ORBIT command but does have a command called RTROT that works in much the same manner.  These users are very used to typing in ORBIT and have even created some CUI based macros they wish to useso not having an ORBIT command is a pain. 

これらのユーザーをどのように満足させることができますか?次のコードを バツ:\ LISP \ STANDARDS.LSP file:

(defun C:ORBIT()(コマンド“ RTROT”)(princ))

このコードは次のことを行います。

  • It defines a command function called ORBIT that invokes the BricsCAD RTROT command. This function can be used at the command line or within macros as needed. 
  • It provides the AutoCAD® user with a command environment that feels comfortable to them. They simply think they are using the ORBIT command. 
  • コードは中央にあるため STANDARDS.LSP すべてのユーザーに新しいORBIT関数も表示されます。

After the next startup of BricsCAD your users will be able to type ORBIT as if it was a native BricsCAD コマンド。 

例2:

A prior AutoCAD® user has noticed that BricsCAD LAYER command brings up the unified Drawing Settings panel rather than a simple list of layers as they are used to. 以来 the Drawing Settings can’t be used transparently like the AutoCAD® user is used to it causes them some confusion. However, the BricsCAD command LAYERSPANELOPEN works just like the layer command in AutoCAD® does. 

How can we make this user happy? We redefine the LAYER command to act like AutoCAD®. 

これで、このコードは STANDARDS.LSP file:

(コマンド“ undefine”“ layer”)(defun C:LAYER()(コマンド“ LAYERSPANELOPEN”)(princ))

このコードは次のことを行います。

  • BricsCADが知っているように、LAYERコマンドの定義を解除します。
  • 新しいLAYERコマンドをBricsCADコマンドボキャブラリーに置き換えます。
  • LAYERに入ると、LAYERSPANELOPENコマンドが呼び出されます。

これで、AutoCAD®ユーザーは居心地がよくなり、LAYERSPANELOPENコマンドが存在することさえ知る必要がなくなりました。 

例3:

ユーザーによると、最後のCADシステムにはNPコマンドがあり、メモ帳を開いてファイルをすばやく編集できます。 

How can we make this user happy? We simply add an NP command to BricsCAD that calls the standard Windows Notepad.exe file. 

これで、このコードは STANDARDS.LSP file:

(defun c:np()(startapp“ notepad.exe”)(princ))

この例で言及する唯一のものは、LISPルーチンから外部プログラムを呼び出すことができるSTARTAPP関数の使用です。

注意:  この場合、パスは不要です。 NOTEPAD.EXE Windowsがすでに登録しているシステムレベルのコマンドです。

空は限界

あなたはどのくらいあなたとやりたいですか STANDARDS.LSP file?  Only you can answer that question but now you know how the approach works, you can start exploring what you’d like to do.

Now that we’ve installed BricsCAD, got the correct configuration and profile information in placeand now have the command vocabulary set to emulate other programs we should be able to move forward with training. Head to the next blog in the series to learn more.

BricsCADを試す準備はできましたか?

試しやすく、購入しやすく、所有しやすい。それがBricsCADです。 すべての製品を30日間無料でお試しください www.bricsys.com。選択の自由に加えて、すべての場所ですべての言語で機能する永続的な(永続的な)製品ライセンス。 BricsCADV21製品ファミリーで私たちが構築したものを気に入るはずです。

CADマネージャーのコーナーストーリー

  1. ネットワークインストールの仕組み-パート1
  2. ネットワークインストールの仕組み-パート2
  3. 簡単な移行のためのLISPの概念
  4. 最大学習のための最小トレーニング-パート1
  5. 最大の学習のための最小トレーニング-パート2
  6. BricsCADの採用への3つのステップ
  7. 実装の準備-パート1
  8. 実装の準備-パート2
  9. 実装の準備–パート3:検証の場
  10. 実装の準備–パート4:トレーニング資料
  11. 実装の準備–パート5:リモートトレーニングのヒント
  12. 実装の準備–パート6:ロールアウトとサポート