私たちの中で 最後の投稿 BricsCAD®の起動時に標準化されたプロファイルを自動的にロードすることで、すべてのユーザーが同じCUIインターフェースを表示し、外部ファイルとプリンター/プロッターなどの周辺機器用に同じ設定フォルダーを持つようにすることについて話しました。そしてこれは確かに全体的な一貫性を達成するための良い出発点ですが、特にユーザーを他のCADシステムからBricsCADに移行する場合は、他の問題も発生します。

ユーザーが長年にわたって別のCADシステムを使用してきた場合、ユーザーの経験全体は、他のシステムのコマンドボキャブラリーと機能に基づいています。そして、私たち全員が私たち自身の経験から知っているように、変化は難しい場合があります。したがって、ユーザーがすでに知っている古いシステムと同じようにBricsCADを機能させることは、ユーザーの満足度を高め、生産性を高め、BricsCAD実装のトレーニング時間を短縮する素晴らしい方法です。

今回の記事では、LISPコードを使用してBricsCADをユーザーの好みに合わせて調整しながら、長期にわたって維持しやすい標準化された環境を実現する方法について説明します。方法を見てみましょう。

コンセプト

AutoCAD®のような一般的なシステムから移行するユーザー向けにBricsCADを実装する場合、BricsCADのコマンドボキャブラリをできるだけ互換性のあるものにすることが望ましく、LISPはこのタスクを達成するのに最適な方法です。しかし、コードに飛び込む前に、私たちがやろうとしていることの概念を概説しましょう。

ロードを標準化します。  ここで使用します ON_START.LSP BricsCADの起動を制御するファイル。

ネットワークフォルダーでLISP環境を標準化します。  ここでは、ユーザーが必要とするLISPファイルとリソースを含む標準化されたネットワークロケーションを確立します(改ざんを防ぐために保護アクセス許可を適用します)。

コマンド語彙を標準化します。 ここでは、いくつかのLISPを使用して、BricsCADのコマンドセットをユーザーが古いCADシステムに期待しているように感じさせます。

便利な機能を追加します。 ここでは、LISPを使用して、生産性を高めるためのキーストロークショートカットなどの便利な機能を追加できます。

このアプローチの真の美しさは、作成するカスタムコードはすべて、メンテナンスを簡単にしながらすべてを提供する単一のネットワークロケーションにあることです。

ON_START.LSPが存在することを確認してください

BricsCADは起動時にAutoLISPファイルを自動的に探します ON_START.LSP ファイル内で見つかったコードを実行します。そのため、コードが存在し、BricsCADがそれを見つけられることを確認する必要があります。あなたがしなければならないのは ON_START.LSP BricsCADのサポートディレクトリにあるファイル-あなたはこれを使用してこれを管理することができます 設定 コマンドと下を見て プログラムオプション/ファイル.

移行
図1 – ON_START.LSPがサポートフォルダーにあることを確認します。

次に、BricsCADを終了して再起動し、 ON_START.LSP ファイルがロードされ、実行されます。

ネットワークロケーションのコードを追加

の中に ON_START.LSP すべてのカスタムコードを読み込む場所をBricsCADに指示するコードを配置します。議論のために、使用するファイルは次のとおりであると言います。

X:\ LISP \ STANDARDS.LSP

これで、このコードは ON_START.LSPファイル:

(if(findfile "x:\\ lisp \\ standards.lsp")(load "x:\\ lisp \\ standards.lsp"))(プロンプト“ \ nBricsCADスタートアップルーチンがロードされました。”)

このコードにはいくつかの利点があります。

  • ネットワークファイルの存在をテストし、見つかった場合にのみファイルをロードするため、ネットワークディレクトリが見つからない、接続されていないラップトップユーザーのエラーを防ぎます。
  • 診断プロンプトが発行されるので、コマンドラインをすばやく調べると、 ON_START.LSP ファイルがロードされました。
  • この方法論を使用して、 ON_START.LSP ファイルを再度編集する必要はありません X:\ LISP \ STANDARDS.LSP ファイルは維持されます。

今保存します ON_START.LSP ファイル、BricsCADを再起動し、ファイルをロードすることを確認してください 読み込まれたBricsCADスタートアップルーチン コマンドラインのメッセージ。

コマンドとショートカットを定義するSTANDARDS.LSPファイルを作成します

今、作成する時間です X:\ LISP \ STANDARDS.LSP ファイルして、そこにいくつかのコードを入れます。しかし、それはどのコードですか?これらの実用的な例を考慮してください:

例1:

以前のいくつかのAutoCAD®ユーザーは、BricsCADにはORBITコマンドがなく、ほぼ同じ方法で機能するRTROTと呼ばれるコマンドがあることに気付きました。これらのユーザーは、ORBITでの入力に非常に慣れており、使用したいCUIベースのマクロを作成したこともあるため、ORBITコマンドがないことは苦痛です。

これらのユーザーをどのように満足させることができますか?次のコードを バツ:\ LISP \ STANDARDS.LSP file:

(defun C:ORBIT()(コマンド“ RTROT”)(princ))

このコードは次のことを行います。

  • BricsCAD RTROTコマンドを呼び出すORBITと呼ばれるコマンド関数を定義します。この関数は、必要に応じてコマンドラインまたはマクロ内で使用できます。
  • AutoCAD®ユーザーに快適なコマンド環境を提供します。彼らは単にORBITコマンドを使用していると考えています。
  • コードは中央にあるため STANDARDS.LSP すべてのユーザーに新しいORBIT関数も表示されます。

次回のBricsCADの起動後、ユーザーはまるでネイティブのBricsCADコマンドであるかのようにORBITを入力できるようになります。

例2:

以前のAutoCAD®ユーザーは、BricsCADのLAYERコマンドを使用すると、単純なレイヤーのリストではなく、統一された図面設定パネルが表示されることに気付きました。図面設定は、AutoCAD®ユーザーが慣れているように透過的に使用できないため、混乱を招きます。ただし、BricsCADのLAYERSPANELOPENコマンドは、AutoCAD®のlayerコマンドと同じように機能します。

このユーザーをどのように満足させることができますか? AutoCAD®のように動作するようにLAYERコマンドを再定義します。

これで、このコードは STANDARDS.LSP file:

(コマンド“ undefine”“ layer”)(defun C:LAYER()(コマンド“ LAYERSPANELOPEN”)(princ))

このコードは次のことを行います。

  • BricsCADが知っているように、LAYERコマンドの定義を解除します。
  • 新しいLAYERコマンドをBricsCADコマンドボキャブラリーに置き換えます。
  • LAYERに入ると、LAYERSPANELOPENコマンドが呼び出されます。

これで、AutoCAD®ユーザーは居心地がよくなり、LAYERSPANELOPENコマンドが存在することさえ知る必要がなくなりました。

例3:

ユーザーによると、最後のCADシステムにはNPコマンドがあり、メモ帳を開いてファイルをすばやく編集できます。

このユーザーをどのように満足させることができますか?標準のWindows Notepad.exeファイルを呼び出すNPコマンドをBricsCADに追加するだけです。

これで、このコードは STANDARDS.LSP file:

(defun c:np()(startapp“ notepad.exe”)(princ))

この例で言及する唯一のものは、LISPルーチンから外部プログラムを呼び出すことができるSTARTAPP関数の使用です。

注意:  この場合、パスは不要です。 NOTEPAD.EXE Windowsがすでに登録しているシステムレベルのコマンドです。

空は限界

あなたはどのくらいあなたとやりたいですか STANDARDS.LSP ファイル?あなただけがその質問に答えることができますが、少なくともアプローチが現在どのように機能するかを知っていて、あなたがやりたいことを探り始めることができます。

BricsCADをインストールし、適切な設定とプロファイル情報を取得し、コマンドボキャブラリーを設定してトレーニングを進めることができる他のプログラムをエミュレートしました。それがまさに私たちがカバーし始めるトピックです 来週.

BricsCADを試す準備はできましたか?

試しやすく、購入しやすく、所有しやすい。それがBricsCADです。 すべての製品を30日間無料でお試しください www.bricsys.com。選択の自由に加えて、すべての言語で、すべての場所で機能する永久(永久)製品ライセンス。 BricsCAD V19製品ファミリーで私たちが構築したものを気に入っていただけることでしょう。

CADマネージャーのコーナーストーリー

  1. ネットワークインストールの仕組み-パート1
  2. ネットワークインストールの仕組み-パート2
  3. 簡単な移行のためのLISPの概念
  4. 最大学習のための最小トレーニング-パート1
  5. 最大の学習のための最小トレーニング-パート2
  6. BricsCADの採用への3つのステップ
  7. 実装の準備-パート1
  8. 実装の準備-パート2
  9. 実装の準備–パート3:検証の場
  10. 実装の準備–パート4:トレーニング資料
  11. 実装の準備–パート5:リモートトレーニングのヒント
  12. 実装の準備–パート6:ロールアウトとサポート