私たちの中で 最後の投稿, 標準化されたプロファイルを自動的にロードすることについては、 BricsCAD®起動により、すべてのユーザーに同じCUIインターフェイスが表示され、外部ファイルやプリンター/プロッターなどの周辺機器用に同じ構成フォルダーが作成されます。Wヒルst これは確かに全体的な一貫性を達成するための良いスタートです。特に他のCADシステムからユーザーを移行する場合は、他にも問題が発生する可能性があります。 BricsCAD. 

ユーザーが別のCADシステムを長年使用している場合、ユーザーの経験の基盤は次のとおりです。 中央揃え 他のシステムのコマンド語彙と機能について and、私たち全員が知っているように変更は難しい場合があります。 そう 作ることが判明 BricsCAD ユーザーがすでに知っている古いシステムと同じように機能することは、ユーザーの満足度を向上させ、生産性を高め、トレーニング時間を短縮するための優れた方法です。 BricsCAD 実装。 

この記事では、LISPコードを使用して調整する方法について説明します。 BricsCAD 長期にわたって維持しやすい標準化された環境を実現しながら、ユーザーの好みに合わせて。方法を見てみましょう。 

コンセプト

実装している場合 BricsCAD AutoCAD®のような一般的なシステムから移行するユーザーの場合、 BricsCAD コマンドボキャブラリーは可能な限り互換性があり、LISPはこのタスクを実行するための優れた方法です。しかし、コードに飛び込む前に、これから行うことの概念の概要を説明しましょう。 

ロードを標準化します。  ここで使用します ON_START.LSP BricsCADの起動を制御するファイル。

ネットワークフォルダーでLISP環境を標準化します。 ここでは、ユーザーが必要とするLISPファイルとリソースを含む標準化されたネットワークロケーションを確立します(改ざんを防ぐために保護アクセス許可を適用します)。

コマンド語彙を標準化します。 ここでは、いくつかのLISPを使用して作成します BricsCAD コマンドセットは次のように感じます 何 ユーザー NS 彼らの古いCADシステムに期待してください。

便利な機能を追加します。 ここでは、LISPを使用して、生産性を高めるためのキーストロークショートカットなどの便利な機能を追加できます。.

このアプローチの真の美しさは、作成するカスタムコードが、すべてのサービスを提供する単一のネットワークロケーションにあることです。l、 ながらst メンテナンスが簡単になります。 

ON_START.LSPが存在することを確認してください

BricsCADは起動時にAutoLISPファイルを自動的に探します ON_START.LSP ファイル内で見つかったコードを実行します。そのため、コードが存在し、BricsCADがそれを見つけられることを確認する必要があります。あなたがしなければならないのは ON_START.LSP BricsCADのサポートディレクトリにあるファイル-あなたはこれを使用してこれを管理することができます 設定 コマンドと下を見て プログラムオプション/ファイル.

図1 – ON_START.LSPがサポートフォルダにあることを確認します

次に、BricsCADを終了して再起動し、 ON_START.LSP ファイルがロードされ、実行されます。

ネットワークロケーションのコードを追加

の中に ON_START.LSP すべてのカスタムコードをロードする場所をBricsCADに指示するコードを配置します。 ために 議論のために、 使用するファイルは次のとおりです。

X:\ LISP \ STANDARDS.LSP 

これで、このコードは ON_START.LSPファイル:

(もし (findfile "x:\\ lisp \\Standards.lsp") 
(ロード "x:\\ lisp \\Standards.lsp") 
)

(促す "\nBricsCAD 起動ルーチンがロードされました。") 

このコードにはいくつかの利点があります。

  • ネットワークファイルの存在をテストし、見つかった場合にのみファイルをロードするため、ネットワークディレクトリが見つからない、接続されていないラップトップユーザーのエラーを防ぎます。 
  • 診断プロンプトが発行されるので、コマンドラインをすばやく調べると、 ON_START.LSP ファイルがロードされました。
  • この方法論を使用して、 ON_START.LSP ファイルを再度編集する必要はありません X:\ LISP \ STANDARDS.LSP ファイルは維持されます。

今保存します ON_START.LSP ファイル、BricsCADを再起動し、ファイルをロードすることを確認してください 読み込まれたBricsCADスタートアップルーチン コマンドラインのメッセージ。

コマンドとショートカットを定義するSTANDARDS.LSPファイルを作成します

今、作成する時間です X:\ LISP \ STANDARDS.LSP ファイルにいくつかのコードを入れます。しかし、それはどのようなコードですか?

これらの実際的な例を検討してください。

例1:

以前のAutoCAD®ユーザーの何人かは、 BricsCAD ORBITコマンドはありませんが、RTROTと呼ばれるコマンドがあります。これはほとんど同じように機能します。これらのユーザーは、ORBITの入力に非常に慣れており、使用したいCUIベースのマクロをいくつか作成しています。したがって、ORBITコマンドがないのは面倒です。 

これらのユーザーをどのように満足させることができますか?次のコードを バツ:\ LISP \ STANDARDS.LSP file:

(defun C:ORBIT()(コマンド“ RTROT”)(princ))

このコードは次のことを行います。

  • これは、ORBITと呼ばれるコマンド関数を定義します。 BricsCAD RTROTコマンド。この関数は、必要に応じてコマンドラインまたはマクロ内で使用できます。 
  • これは、AutoCAD®ユーザーに快適なコマンド環境を提供します。彼らは単にORBITコマンドを使用していると思っています。 
  • コードは中央にあるため STANDARDS.LSP すべてのユーザーに新しいORBIT関数も表示されます。

の次の起動後 BricsCAD ユーザーは、ネイティブであるかのようにORBITを入力できるようになります BricsCAD コマンド。 

例2:

以前のAutoCAD®ユーザーは、 BricsCAD LAYERコマンドは、以前のような単純なレイヤーのリストではなく、統合された[図面設定]パネルを表示します。 以来 図面設定は、AutoCAD®ユーザーが慣れているように透過的に使用できないため、混乱が生じます。しかし BricsCAD コマンドLAYERSPANELOPENは、AutoCAD®のlayerコマンドと同じように機能します。 

どうすればこのユーザーを幸せにすることができますか? LAYERコマンドをAutoCAD®のように機能するように再定義します。 

これで、このコードは STANDARDS.LSP file:

(コマンド“ undefine”“ layer”)(defun C:LAYER()(コマンド“ LAYERSPANELOPEN”)(princ))

このコードは次のことを行います。

  • BricsCADが知っているように、LAYERコマンドの定義を解除します。
  • 新しいLAYERコマンドをBricsCADコマンドボキャブラリーに置き換えます。
  • LAYERに入ると、LAYERSPANELOPENコマンドが呼び出されます。

これで、AutoCAD®ユーザーは居心地がよくなり、LAYERSPANELOPENコマンドが存在することさえ知る必要がなくなりました。 

例3:

ユーザーによると、最後のCADシステムにはNPコマンドがあり、メモ帳を開いてファイルをすばやく編集できます。 

どうすればこのユーザーを幸せにすることができますか?標準のWindowsNotepad.exeファイルを呼び出すNPコマンドをBricsCADに追加するだけです。 

これで、このコードは STANDARDS.LSP file:

(defun c:np()(startapp“ notepad.exe”)(princ))

この例で言及する唯一のものは、LISPルーチンから外部プログラムを呼び出すことができるSTARTAPP関数の使用です。

注意:  この場合、パスは不要です。 NOTEPAD.EXE Windowsがすでに登録しているシステムレベルのコマンドです。

空は限界

あなたはどのくらいあなたとやりたいですか STANDARDS.LSP ファイル?その質問に答えることができるのはあなただけですが、アプローチがどのように機能するかがわかったので、やりたいことを探求し始めることができます。

インストールしたので BricsCAD、正しい構成とプロファイル情報を取得しましたこれで、他のプログラムをエミュレートするようにコマンド語彙を設定して、トレーニングを進めることができるはずです。に向かう 次のブログ 詳細については、シリーズで。

BricsCADを試す準備はできましたか?

試しやすく、購入しやすく、所有しやすい。それがBricsCADです。 すべての製品を30日間無料でお試しください www.bricsys.com。選択の自由に加えて、すべての場所ですべての言語で機能する永続的な(永続的な)製品ライセンス。 BricsCADV21製品ファミリーで私たちが構築したものを気に入るはずです。

CADマネージャーのコーナーストーリー

  1. ネットワークインストールの仕組み-パート1
  2. ネットワークインストールの仕組み-パート2
  3. 簡単な移行のためのLISPの概念
  4. 最大学習のための最小トレーニング-パート1
  5. 最大の学習のための最小トレーニング-パート2
  6. BricsCADの採用への3つのステップ
  7. 実装の準備-パート1
  8. 実装の準備-パート2
  9. 実装の準備–パート3:検証の場
  10. 実装の準備–パート4:トレーニング資料
  11. 実装の準備–パート5:リモートトレーニングのヒント
  12. 実装の準備–パート6:ロールアウトとサポート