私たちの中で 最後の投稿 さまざまなコマンドラインスイッチを使用してBricsCADのインストールを自動化し、大量のシートの展開を支援することについて話しました。ただし、独自の環境に合わせてカスタマイズされた標準化されたプロファイルが確実に必要になるため、ソフトウェアのインストールはスタートアップ作業の一部にすぎません。ここでの朗報は、いくつかの重要な情報を知っていれば、BricsCADによってプロセスが簡単になることです。

今回の記事では、AutoLISPコードとプロファイル(ARG)ファイルを少し使用して、ユーザーがソフトウェアを初めて起動したときからBricsCADを完全にセットアップする方法について説明します。

コンセプト

ほとんどのコンピュータプログラムと同様に、BricsCADは特定の環境で動作するように構成する必要があります。これらの構成パラメータは、次のように大まかに分類できます。

ファイルとフォルダ。 ファイルの保存場所、さまざまなデバイスドライバーの場所、信頼できるフォルダー、フォントの場所など

ドライバーとデバイス。 印刷するプリンター/プロッターまたはPDFユーティリティ、デバイスのキャリブレーション、ページ設定ファイルなど

変数。 寸法スタイルからテキストスタイル、DGN変換パラメータ、カーソル設定など、すべてを定義する設定のユニバース。

好みに合わせて単一のマシンをセットアップしたら、これらすべてのパラメーターをプロファイル(ARG)ファイルに一括エクスポートして、後で他のユーザーのマシンにインポートして、すべてのマシンのセットアップに一貫性を持たせることができます。

注:AutoCADベースのツールの管理に慣れている場合、BricsCADは非常によく似ています。

プロファイルを作成してエクスポートする

ここでの課題は、BricsCADをすべて、ユーザーが実行したい方法でセットアップすることです。次の手順に進む前に、テストマシンを完全にセットアップするために必要な時間を取ってください。宿題を終えたら、次の手順に従います。

  1. コマンドラインのPROFILEMANAGERのBricsCADキーで、[作成]ボタンをクリックして新しいプロファイルを作成します。
  2. プロファイルの名前とメモを入力し、[OK]ボタンをクリックします。
  3. 新しいプロファイルを最新に設定し、システムが正しく動作するかどうかをテストします。
  4. すべてが適切に機能していると想定して、コマンドラインでPROFILEMANAGERをもう一度入力し、[エクスポート]ボタンをクリックします。
  5. プロファイルを、後でセットアップするすべてのマシンで使用できるネットワークの場所に保存します。 (注:一貫性を保つために、インストーラーファイルとバッチプロシージャを保存するインストールファイルディレクトリを使用します。)

これで、ユーザーマシンへのプロファイルのインポートを開始する準備ができました。

インポートの設定

BricsCADが起動すると、BricsCADは自動的にON_START.LSPというAutoLISPファイルを探し、ファイル内で見つかったコードを実行します。この自動ロード/実行動作を使用して、プロファイルを自動的にロードし、コードを知っている場合はそれを最新に設定することができます。これがそのコードです:

 (vl-load-com); LISP ActiveXサポートをロードし、いくつかの有用な変数を設定します(setq profile_name "Custom Profile");ここでプロファイル名を設定します(setq profile_import "O:\\ BricsCAD v19 Installation Files \\ Custom Profile.arg");ここでARGファイルをポイントし、ダブル\\(setq proprefs; BricsCADからすべてのプロファイルを取得します(vla-get-profiles(vla-get-preferences(vlax-get-acad-object))))(vla-getallprofilenames proprefs ' namesarray);すべての有効なプロファイルを取得します(setq名(vlax-safearray-> list namesarray));検索するNAMES変数を作成します(if(not(member profile_name names)));プロファイルが既にロードされているかどうかを確認します(progn(vla-importprofile proprefs profile_name profile_import:vlax-true);まだそこにない場合は、プロファイル(vla-put -ActiveProfile;プロファイルをアクティブにします(vla-get-Profiles(vla-get-Preferences(vlax-get-acad-object)))profile_name);現在に設定))

私が構築したコードについて言及すべきことがいくつかあります。

  1. プログラマーのエディターの使用に慣れていると思います。 必要に応じて、メモ帳でこのタスクを実行できます。
  2. これは、カジュアルなAutoLISPコードではなく、初心者のプロジェクトでもありません。 いくつかのActiveXコントロールを使用してBricsCADアプリケーション環境にアクセスしましたが、このプログラムの構文は非常に固有です。
  3. 名前とパスは異なります。 正確なARGファイル名とパスを入力し、正確なプロファイル名を取得してください。
  4. すべてが構文的に重要です。 すべてのスペース、\\、“マークと括弧は実際に重要です。
  5. あなたが台無しにした場合、あなたはあなたのシステムを断念しないでしょう。 プログラムは危険な作業のように見えますが、正しく実行されなくても害はありません。そのため、プログラムが機能するまで自由に試してください。

テストしてみる

今あなたがしなければならないすべては配置することです ON_START.LSP BricsCADのサポートディレクトリにあるファイル–これは、 設定 コマンドと下を見て プログラムオプション/ファイル。

BricsCADを終了して再起動すると、CUSTOM PROFILEがロードされ、現在に設定されます。それでおしまい!

うまくいかない場合は、コマンド画面を見てください。これを見つけるには、 F2 –そして、コードでエラーを見つけるのに役立つ、どのようなエラーメッセージが表示されるかを確認します。

次のステップ

これでBricsCADがインストールされ、デフォルトのカスタムプロファイルで思い通りに機能するようになりました。

この投稿でAutoLISPプールの奥深くに放り込んだことは承知していますが、ご使用の環境でこれを機能させるのに少し時間がかかると、セットアップにほとんど時間がかからない、一貫したBricsCADインストールが提供されます。しかし、ちょっと待ってください-これがおまけです-ネットワーク環境でBricsCADをさらに制御およびカスタマイズするための基礎も得られます。そしてそれは、来週から始まる次のいくつかのブログ投稿で取り上げるトピックです。

BricsCADを試す準備はできましたか?

試しやすく、購入しやすく、所有しやすい。それがBricsCADです。 すべての製品を30日間無料でお試しください www.bricsys.com。選択の自由に加えて、すべての言語で、すべての場所で機能する永久(永久)製品ライセンス。 BricsCAD V19製品ファミリーで私たちが構築したものを気に入っていただけることでしょう。

CADマネージャーのコーナーストーリー

  1. ネットワークインストールの仕組み-パート1
  2. ネットワークインストールの仕組み-パート2
  3. 簡単な移行のためのLISPの概念
  4. 最大学習のための最小トレーニング-パート1
  5. 最大の学習のための最小トレーニング-パート2
  6. BricsCADの採用への3つのステップ
  7. 実装の準備-パート1
  8. 実装の準備-パート2
  9. 実装の準備–パート3:検証の場
  10. 実装の準備–パート4:トレーニング資料
  11. 実装の準備–パート5:リモートトレーニングのヒント
  12. 実装の準備–パート6:ロールアウトとサポート