エンジニアドデザインソリューションのオーナーであり、 CadTempo 彼のBricsCADパフォーマンスストーリーはここで続きます。今回の記事では、PatrickがCadTempoに組み込まれたスクリプトエンジンについて詳しく説明します…

物語… (パートII)

パトリック・ヒューズ

CadTempoのスクリプトメーカーの仕組みは次のとおりです。

スクリプトテンプレートを作成する

「ロード...」は、選択したスクリプトテンプレート(* .scr-tmp)でテキストメモボックスを埋めます。 「保存...」は、現在のテキストメモボックスの内容をスクリプトテンプレートに保存します。このスクリプトテンプレートの完全な内容は次のとおりです。

CadTempo-BricsCADパフォーマンス

_開いた
ファイル名
(「LogDwgName.lsp」をロード)
LogDwgName
_ズーム
_すべて
_purge a * n
_purge a * n
(「ColorUpd.lsp」をロード)
_qsave
_閉じる

 

「ファイル名」は、開いて操作する図面のプレースホルダーです。予期しない問題の図面が原因でバッチプロセスが完了しない場合があります。そのため、次の行で小さなlispファイルを読み込み、図面名をログに記録します。すべてズームしてから、2つのパージシーケンスをズームします。自動的に実行されるColorUpd.lspファイルをロードします。図面を保存して閉じます。

バッチスクリプトを作成する

処理するすべての図面をチェック…

CadTempo-BricsCADパフォーマンス

 

[作成]をクリックすると、選択した図面のリストが表示されます。

CadTempo-BricsCADパフォーマンス

 

 

 

 

 

 

 

 

「OK」を選択すると、バッチスクリプト名の入力を求められ、スクリプトを保存します。これは次のようになります。

CadTempo-BricsCADパフォーマンス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッチスクリプトを実行する

比較テストを実行する準備ができたので、空の図面でAutoCADを起動しました。コマンドラインスイッチから開始するよりも、この方法でバッチスクリプトを開始することを好みます。また、CadTempoを使用して経過時間を記録したかったので、組み込みのタスクタイマーで新しいタスクを開始する準備をしました。

CadTempo-BricsCADパフォーマンス

 

 

 

 

AutoCADでSCRIPTコマンドを発行した後、バッチスクリプトを保存した場所に移動し、タスクタイマーを開始して、スクリプトを開始しました。

 

このシリーズのパート3、パトリックは彼のBricsCADパフォーマンステストの驚くべき結果を共有します。