この投稿では、ツールパレットと構造パネルをカスタマイズする方法を学びます

[ツールパレット]パネルの目的は、特定のハッチングパターンなど、頻繁に使用するコマンドと描画要素のコレクションへのアクセスを提供することです。 さまざまなコマンドやダイアログボックスをくまなく検索する代わりに、よく使用されるアイテムをこの集中パレットから図面にドラッグします。

構造パネルの目的は、図面の構造、つまりどのエンティティがどのエンティティに接続されているかを示すことです。構造の表示方法をカスタマイズできます。


この投稿では、次のトピックについて説明します。


パネルコマンドと変数

関連コマンド

構造パネル StructurePanelClose —描画コンテンツのツリー構造を表示する構造パネルを開閉します 構造パネル [構造ツリー構成ファイル]ダイアログボックスが開き、.cst(構造ツリーの構成)ファイルを選択するように求められます。あなたがクリックしたとき 開いた、構造パネルが開き、.cstファイルで定義された構成が表示されます。

ツールパレットToolPalettes閉じる — [ツールパレット]パネルを開いたり閉じたりします

-ToolPanel —コマンドラインを使用して、指定したパネルの表示、非表示、表示を切り替えます

TpNavigate —コマンドラインからツールパレットとグループをロードします

関連するシステム変数

ToolPalettePath — .xtpファイルを保持するフォルダへのパスを指定します

TpState —ツールパレットパネルが開いているかどうかをレポートします(読み取り専用)

StructureTreeConfig —構造パネルの設定に使用するCSTファイルを指定します

関連ファイルの種類

CST —構造ツリーを構成するファイル

XTP —ツールパレットデータを格納したファイル。「xmlツールパレット」の略

ツールパレットパネルについて

CADオペレーターおよびマネージャーにとって最も役立つツールは、[ツールパレット]パネルです。 [ツールパレット]パネルがどのように見えるかを示すために、3つのデフォルトのものを以下に示します。左から右に、1つは3Dフォーム機能、次はコマンド、最後はハッチパターンと塗りつぶしパターンです。

左から右:BricsCADでデフォルトで提供されるパレット

次に、各パレットに表示されるアイコンの操作方法を示します。

  • フォームの機能 タブ—フィーチャーを板金部品にドラッグします
  • コマンドツール タブ—アイコンをクリックして、関連するコマンド(Lineコマンドなど)を実行します
  • ハッチ タブ—ハッチングアイコンまたは塗り潰しパターンアイコンのいずれかを図面内の閉じたオブジェクトにドラッグします

[ツールパレット]パネルは、 Ctrl + 3 (Cmd + 3 Mac) またはを入力して ツールパレット コマンド。開いているすべての図面に同じパレットグループが表示されます。実際、BricsCADには、オフィス全体に標準化されたツールパレットの1つのセットを提供する機能があります。

ToolPalettesは残念ながらブロックをサポートしていません。代わりに、コンポーネントパネルを ComponentsPanelOpen コマンド。

(フォームの機能 ブリッジ、ルーバー、エンボスなどの成形ツールをシートメタルに適用することを模倣するシートメタルフィーチャです。それらは組み込みまたはユーザー定義のライブラリから挿入されました。 BricsCADは、インポートされたジオメトリのフォームフィーチャーを認識します。フォームフィーチャーは、Mechanical Browserペインにパラメーターとともにリストされます。プロパティパネルから直接またはパラメトリックに編集できます。各機能はで表されます。dwg のファイル C:\ Users \ userid \ AppData \ Roaming \ Bricsys \ BricsCAD \ V20x64 \ en_US \ Support \ DesignLibrary \ SheetMetal \ FormFeatures フォルダ。)

[ツールパレット]パネルのユーザーインターフェイスは微妙で、多くのオプションがパレット全体のショートカットメニューに「非表示」になっています。したがって、この章の大部分では、これらのショートカットメニューを紹介しています。

ヒント 右クリックメニューを使用して、BricsCAD図面エクスプローラの[フォルダ]タブにリストされているファイルから現在のツールパレットにコンポーネントを追加できます。

表示オプションのクイックサマリ

[表示オプション]ダイアログボックスは、アイコンのサイズとスタイルを制御します。ダイアログボックスにアクセスするには、ツールパレットの現在のタブを右クリックし、ショートカットメニューから[表示オプション]を選択します。

パネルをカスタマイズする
パレットアイコンの外観を調整する

画像サイズ —スライダーはアイコンのサイズを小さいものから大きいものに変更します

スタイルを見る -ラベル付きのアイコン(テキスト)の表示、アイコンのみの表示、またはテキストのみの表示を切り替えます

に適用する -現在のタブまたはすべてのタブに変更を適用します

以下の図は、画像サイズと表示スタイルのオプションの効果を示しています。以下は、アイコンの最小サイズとテキストラベルです。

BricsCADのカスタムツールパレット
ラベル付きの小さいアイコン

そしてここに、ラベルのない大きなアイコンが表示されます。ラベルを削除すると、より多くのアイコンが圧縮されますが、それらの目的を理解するのが難しくなる場合があります。

大きなアイコンが付いたカスタムツールパレット
ラベルのない大きなアイコン

ナビゲートツールパレット

右クリックしたタブに応じて、さまざまなショートカットメニューが[ツールパレット]パネルに表示されます。最初に、現在のパレットのタブを右クリックすることをお勧めします。これは、オプションの数が最も多く、最も便利だからです。

パネルをカスタマイズする
現在の(または一番上の)タブを右クリック

他のタブの1つをクリックすると、簡略版が表示されます。オプションの意味は次のとおりです。

表示オプション アイコンのサイズと外観を説明するダイアログボックスを表示します。

ペースト クリップボードからパレットにデータを貼り付けます。クリップボードに、ブロック定義など、ツールパレットに適切なデータが含まれている場合にのみ使用できます。

パレットを更新 ソース(ブロック定義など)が変更された場合に、アイコンの画像を更新します。

新しいパレット 新しい空白のタブを作成します。

パレットを削除 タブを削除します。

パレットの名前を変更 選択したタブの名前を変更します。下の図を参照してください。

パネルをカスタマイズする
タブの名前を変更する

アイコンのカスタマイズ

ツールのアイコンを右クリックすると、BricsCADは次のショートカットメニューを表示します。右クリックするアイコンによっては、ショートカットメニューに表示されるオプションが少なくなる場合があります。

パネルをカスタマイズする
個々のツールのショートカットメニュー

切り取りとコピー —ツールをクリップボードに配置します(カットもパレットから削除されます);次に、パレットを右クリックして[貼り付け]を選択します

削除する —ツールを削除します。

リネーム —以下に示すように、ツールの名前を変更できます

ツールの名前を変更する

ツール画像を更新 —アイコンを更新します(ブロックとハッチングパターンにのみ適用)

画像を指定 — [画像ファイルの選択]ダイアログボックスを開き、BMPビットマップ、GIF、JPEG、PNG、またはTIF形式の画像を選択します。大きな画像は、アイコン領域に合わせて自動的にサイズ変更されます

画像を削除 —アイコンをデフォルトに戻し、[画像を指定]オプションで適用した画像を削除します。

物性 -アイテムのプロパティを変更するためのダイアログボックスを表示します(下図を参照)。ダイアログボックスの内容は、選択したツールの種類によって異なります。これについては、この投稿の後半で説明します。

BricsCADパネルでツールパレットを編集する
ツールのプロパティ(および機能)の変更

上の図は、ハッチングパターンのプロパティです。プロパティを編集するには、ダイアログボックスでプロパティをクリックして変更します。

パレットのカスタマイズ

ツールパレットパネルをカスタマイズする最初の手順は、アイコンやタブではなく、パネルの未使用の領域を右クリックして、次のショートカットメニューを表示することです。

パネルをカスタマイズする
パレットを制御するための右クリックメニュー

表示オプション —タブのショートカットメニューと同じダイアログボックスを表示します

ペースト —ツールがクリップボードにコピーまたはカットされている場合は、ツールを貼り付けます

ツール画像を更新 —アイコンを更新します(ブロックとハッチングパターンにのみ適用)

新しいパレット —新しい空白のパレットを追加します

パレットを削除 —パレットを削除します

パレットの名前を変更 —タブの名前を変更する

パレットをカスタマイズする —パレットグループを作成するための[カスタマイズ]ダイアログボックスを表示します(下図を参照)。ダイアログボックスについては後で説明します

パレットグループを作成するためのダイアログボックスのカスタマイズ

ツールを追加 —を表示します カスタマイズダイアログボックス.

ツールのカスタマイズ

[ツールプロパティ]ダイアログボックスでは、コマンドとハッチングパターンのアクションをカスタマイズできます。たとえば、アイコン(雲のように見える)をクリックすると、色が赤で特定の画層または特定の線種で配置された改訂雲を描画するように指定できます。

この非常に重要なダイアログボックスにアクセスするには、カスタマイズするアイコンを右クリックして、 物性。ダイアログボックスには3つのバージョンがあります。以下に示すように、フォームの機能(コンポーネント)、ハッチング、およびコマンドごとに1つあります。

パネルをカスタマイズする
左から右へ: フォーム機能、パターン、およびその他すべてのコマンドのツールプロパティ

ツールプロパティのカスタマイズ

このチュートリアルでは、既存のツールのコピーを作成し、プロパティを変更してカスタマイズします。

線ツールを変更して、レイヤー「非表示」に「非表示」線種の線を描画します。

次の手順に従ってカスタマイズしてください。

  1. 「非表示」という名前の新しいレイヤーを作成します。 [レイヤー]コマンドを使用して、[描画エクスプローラー]ダイアログボックスでこれを行います。
    「非表示」という名前の新しいレイヤーを作成する
  2. 「非表示」の線種を図面にロードします。これには、Linetype > Loadオプションを使用します。
    フォントタイプの変更
    利用可能な線種を一覧表示する図面エクスプローラ。
  3. 図面エクスプローラを閉じます。
  4. ToolPalettesコマンドを使用して[ツールパレット]パネルを開き、[コマンドツール]タブを選択します。
  5. 次のように、線ツールをコピーして貼り付けて、コピーを作成します。
    1. 線ツールを右クリックし、ショートカットメニューから[コピー]を選択します。
      線ツールのコピー
    2. パレットの空白領域を右クリックして、[貼り付け]を選択します。
      ツールを新しいツールとして貼り付ける

      BricsCADが2番目の線ツールを作成することに注意してください。

      2番目の線ツール
  6. コピーが作成されたら、そのプロパティを編集できます。新しいアイテムを右クリックし、[プロパティ]を選択します。
    新しい線ツールのプロパティを開く
  7. [プロパティ]ダイアログボックスで、このチュートリアルの次のプロパティを変更します。
    隠線
    説明 非表示レイヤーに非表示の線種で線を描画します
    線種 非表示
    非表示

    プロパティを変更する
  8. クリック OK。 BricsCADがアイコンのラベルを変更することに注意してください。
    BricsCADでのパネルの編集
    名前を変更したアイコン
  9. ボタンに関連付けられているアイコンを変更する場合は、次の手順に従います。
    1. アイコンを右クリックし、ショートカットメニューから 画像を指定.
      ボタンへの画像の割り当ての開始
    2. [画像位置ファイルの選択]ダイアログボックスで、画像ファイル(BMP、JPEG、PNG、GIF、またはTIFF形式)を選択し、[次へ]をクリックします。 開いた。アイコンが変化することに注意してください。 BricsCADは、アイコンの領域に合わせて画像のサイズを自動的に変更します。
      新しく選択した画像にアイコンが変わります
  10. ツールをテストして実際に機能することを確認するには、ツールをクリックして、線分を描画します。非表示の線種が表示されない場合は、線種尺度の値を LtScale コマンド。
    非表示の線種が自動的に適用された線分を描く

    線を描いた後、線をクリックして、それらが非表示レイヤーに描かれていることを確認します。

    「非表示」レイヤーが自動的に設定されます

ツールへのプログラムとマクロの追加

ツールに単純なプログラム(「マクロ」と呼ばれます)を実行させることができますが、プロセスはコマンドだけの場合よりも直接的ではありません。次の手順で示される回避策が必要です。

  1. パレットにジオメトリエンティティ(ツール)を配置します。エンティティはプレースホルダーとしてのみ使用されるため、エンティティが何であるかは関係ありません。
  2. 新しく追加されたツールを右クリックして、 プロパティ。
  3. の中に コマンド文字列 領域で、コマンドをプログラミングコードまたはマクロで置き換えます。
    ボタンに割り当てられたマクロの編集
    ヒント 新しいコードを入力するか、マクロの作成を扱うこの本の以前の章など、別のソースからコピーして貼り付けることができます。
  4. クリック OK マクロをテストして、機能することを確認します。

グループでツールを整理する

BricsCADでは多くのパレットを作成できますが、パレットが多すぎると扱いにくくなる可能性があるため、BricsCADではパレットのグループを作成できます。グループを使用すると、現在必要なパレットのみを表示できます。

グループを作成するには、[ツールパレット]パネルの空白の領域を右クリックして、 パレットをカスタマイズする ショートカットメニューから。

他のカスタマイズダイアログボックスへのアクセス

[カスタマイズ]ダイアログボックスが表示され、[カスタマイズ]コマンドで表示される[カスタマイズ]ダイアログボックスとは異なることに注意してください。 (このダイアログボックスを表示するための独立したコマンドはありません。)

パレットグループを作成するためのダイアログボックス

このダイアログボックスのコマンドとオプションは、右クリックメニューからのみアクセスできます。たとえば、新しいパレットを作成するには、パレット領域を右クリックして、 新しいパレット、上記のように。

リネーム —パレットの名前を変更する

新しいパレット —「新しいパレット」という名前の新しいパレットを作成し、新しい名前を付けます

削除する —このダイアログボックスで[OK]をクリックすると、パレットが消去されます。

ツールパレットパネルのアイコンを削除する

インポート — XTPおよびBTC形式でパレットファイルをインポートします。 [パレットのインポート]ダイアログボックスを開きます。 XTPは、AutoCADで使用されるファイル形式である「XMLツールパレット」の略です。®。 BTCは「BrisCAD Tool Collection」の略です。

パレットグループの作成

必要なだけパレットを作成できます。設計会社が、電気エンジニア用、ランドスケープデザイナー用など、何十ものパレットを作成しているのを見ることができます。電気技師が造園のためにパレットを見る必要がないように、パレットのグループを作成できます。あ グループ パレットの小さなセットです。

BricsCADにはパレットグループが付属していないため、[カスタマイズ]ダイアログボックスから独自のパレットグループを作成できます— これは じゃない [カスタマイズ]コマンドで開いたのと同じ名前のダイアログボックス。

このダイアログボックスにアクセスするコマンドはありません。代わりに、(いつものように)パレットの空白の領域を右クリックして、 パレットをカスタマイズする ショートカットメニューから。他の[カスタマイズ]ダイアログボックスに注意してください。

他のカスタマイズダイアログボックスへのアクセス

(このダイアログボックスは、 V17、グループ機能は機能しませんでした。)ツールパレットの他の場所と同様に、このダイアログボックスのすべてのコマンドはショートカットメニューから実行します。グループの名前を右クリックすると、次のメニューが表示されます。

パレットグループのショートカットメニュー

新グループ -新しいが空のパレットグループを作成する

リネーム —パレットグループの名前を変更する

削除する —グループを消去します(警告なし)。

現在の設定 —選択したグループを現在のグループとして設定します。つまり、ツールパレットパネルに表示されます。グループが空の場合、このコマンドはグレー表示されます

書き出す —後で説明するように、現在のグループをXPGファイルにエクスポートします

すべてエクスポート -すべてのグループを単一のXPGファイルにエクスポートします

インポート — XTPおよびBTCファイルをインポートします(後述)。

パレットのグループを作成するには、次の手順に従います。

  1. [カスタマイズ]ダイアログボックスで、右クリックします。 パレットグループ 次に、ショートカットメニューから 新グループ.
    パレットの新しいグループを作成する
  2. BricsCADが「新しいグループ」という名前の新しいグループ名を作成することに注意してください。このチュートリアルでは、名前を 線を引く。
    新しいグループに名前を付ける
  3. 次に、パレット名をパレットリストから新しく作成したグループにドラッグします。このチュートリアルでは、「ハッチ」の上にドラッグします。
    グループにパレットを追加する
  4. グループ「Drawing Lines」を右クリックして、ダイアログボックスから 現在に設定。
  5. 完了したら、[閉じる]をクリックします。 [ツールパレット]パネルに1つのパレット(ハッチ)のみが表示されていることに注意してください。
    1つのパレットのみを表示するカスタムグループを持つツールパレット

AUTOCADからのツールパレットのインポート®

BricsCADは、XTP形式で保存されたファイルを読み取ります。これはAutoCADのフォーマットです® ツールパレットを保存します。 「XTP」はXMLベースのファイル形式です。名前は「xmlツールパレット」の略です。それらをBricsCADにインポートするには、次の手順に従います。

  1. この[カスタマイズ]ダイアログボックスで右クリックし、ショートカットメニューから[インポート]を選択します。
    インポートオプションの選択
  2. [パレットのインポート]ダイアログボックスで、XTPファイルがある場所に移動します。
  3. ファイルを選択し、[開く]をクリックします。 BricsCADがパレットをコレクションに追加することに注意してください。
  4. [閉じる]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。新しいタブとそのアイコンに注目してください。
    BricsCADは、ツールに使用されるアイコンにアクセスできません。® それらを内部に保管します。これが、疑問符アイコンが表示される理由です。

ツールパレットグループをエクスポートして共有する

ツールパレットをカスタマイズしたら、それを他のユーザーと共有することができます。そのためには、グループをエクスポートします。グループはXTGファイルにエクスポートされます(「XMLツールグループ」の略)。

個々のパレットをエクスポートすることはできませんが、単一のパレットをグループに入れてからエクスポートすることにより、同じことを行うことができます。

これを行う方法は次のとおりです。

  1. この[カスタマイズ]ダイアログボックスで、グループを右クリックしてから、 書き出す ショートカットメニューから。
  2. [パレットをエクスポート]ダイアログボックスで、XTGファイルを保存する場所に移動します。
  3. ファイルに名前を付けて、 セーブ.

別の共有方法

パレットを共有する別の方法は、BricsCADの[設定]ダイアログボックスを編集して、AutoCADなどのBTCおよびXTPファイルが保存されている場所を指すようにすることです。®.

  1. 設定コマンドを入力します。
  2. 検索フィールドに「パレット」と入力します。
  3. [ツールパレット]セクションを開き、[ツールパレットのパス]設定に移動します。
  4. …参照ボタンをクリックします。
    BricsCADのフォルダー検索へのフォルダーの追加
  5. [フォルダ一覧]ダイアログボックスで、 フォルダーを追加 ボタン。
  6. XTPまたはBTCファイルを保持するフォルダーへのパスを入力します。必要に応じて、 ブラウズ ボタンをクリックし、[フォルダの選択]ダイアログボックスを使用してフォルダを探します。
  7. クリック OK すべてのフォルダをバックアウトするのに十分な時間!

このダイアログボックスを使用して、他のAutoCADを指定できます® ハッチングパターンコレクション、線種ファイル、プリンター設定などのフォルダーをサポートします。

構造パネルのカスタマイズ

構造パネルには、図面のコンテンツの構造化ツリービューが表示されます。これには、エンティティ、ブロック、およびその他のほぼすべてのエンティティの名前が含まれます。リストされている要素とその順序をカスタマイズできます。

構造ツリーでエンティティの名前を選択すると、エンティティが図面で強調表示されます(逆も同様です)。エンティティは16進数(基数16)の番号で識別されることに注意してください。

エンティティによるフロアプランの構造を示す構造パネル

構造パネルを開くには、2つのコマンドがあります。

  • 構造パネル 構造パネルを開きます。 StucturePanelClose それを閉じます。または、BricsCADのツールバーまたはその他のUI要素を右クリックして、 構造 ショートカットメニューから。
  • + StructurePanel [構造ツリー構成ファイル]ダイアログボックスが開き、を選択するように求められます。cst (構造ツリーの構成)ファイル;あなたがクリックしたとき 開いた、構造パネルが開き、で定義された構成が表示されます。cst

注意: パネルはモデル空間でのみ動作します。

パネルが開いたら、図面の名前を右クリックして、次のショートカットメニューを表示します。

オプションへのアクセス

図面のプロパティ —を入力するのと同じように、[図面のプロパティ]ダイアログボックスを表示します。 DwgProps コマンド

書き出す —図面をXMLファイルとしてエクスポートします

すべて展開/すべて折りたたむ —すべてのノードを展開および縮小します

構成、設定 —構成構造ツリーを表示します(後で)

パネル内の他のアイテムを右クリックすると、いくつかの異なるオプションを含む次のショートカットメニューが表示されます。

別のショートカットメニューにアクセスする

公演 -エンティティを図面に表示する

隠す —エンティティを図面から非表示にします

隔離する —図面内の他のすべてのエンティティを非表示にします

ズーム —選択したエンティティを拡大します

構造構成

パネルに表示されるデータはカスタマイズできます。 BricsCADは、さまざまな種類の図面に適した、あらかじめ作成された構成をいくつか提供します。の C:\ Users \ \AppData\Roaming\Bricsys\ BricsCAD\V20x64\en_US\Support フォルダはこれらを保持します。cst ファイル:

default.cst
bim.cst
Mechanical.cst

別の構成をロードするには、下矢印(パネルの右上隅)をクリックして、リストから構成を選択するか、または 選択する オプション。

構造パネル構成の選択

または、 StructureTreeConfig 変数。コマンドラインでの名前を指定するように求められます。cst file:

: structuretreeconfig
StructureTreeConfigの新しい値、または。なし/ <C:\ Users \> \ AppData \ Roaming \ Bricsys \ BricsCAD \ V20x64 \ en_US \ Support \ default.cst>:

構造パネルのカスタマイズ

パネルの形式は、[構造ツリーの構成]ダイアログボックスでカスタマイズされます。必要に応じて、多くの構成を作成できます。構成のカスタマイズには2つのステップがあります。

ステップ1 —ルールを作成する
ステップ2 —ルールのプロパティを指定する


.cstファイルの構造

C:\ Users \ userid \ AppData \ Roaming \ Bricsys \ BricsCAD \ V20x64 \ en_US \ Supportフォルダーには、いくつかの.cstファイルが含まれています。以下に、bim.cstファイルを示します。建物を空間的に整理します。最初に建物、次にストーリー、BIMタイプ、構成の順に構成します。セクションはタイプごとにグループ化されています:セクション、平面図、立面図、詳細。

{「作成」:{「作成者」:「BricsCAD」、「オン」:「2016-10-28 10:50:09」}、「ルール」:[{「名前」:「建物要素」、「グループ」 :[「BIM /建物」、「BIM /ストーリー」、「BIM /タイプ」、「BIM /構成」]、「ソート」:[「BIM /名前」]}、{「名前」:「セクション」、「 group”:[“ BIM / Section Type”]、“ sort”:[“ Name”]}、{“ name”:“ Entities”、“ group”:[“ EntityType”]、“ sort”:[“ Name” 、「EffectiveName」、「Handle」]}]、「mode」:「showAll」、「some」:[]、「options」:{「treeSelect」:「select」、「entitySelect」:true、「autoCollapse」: false、「displayMode」:「byType」}}

パネルに表示されるデータをカスタマイズするには、バー(下図で「デフォルト」という単語が表示されているバー)をクリックします。

[構造ツリーの構成]ダイアログボックスを開く

この便利なショートカットにより、[構造ツリーの構成]ダイアログボックスが開きます。

構造パネルの表示をカスタマイズするためのダイアログボックス

ダイアログボックスには、[グループ化/並べ替え]、[表示/スキップ]、[オプション]の3つのタブがあります。彼らが提供するものを見てみましょう。

グループ/並べ替えタブ

[グループ/並べ替え]タブは、図面データの表示方法を決定します。ここでは、ルールとプロパティフィルターを追加し、アイテムを移動し、削除できます。

ルールを追加するには:

  1. 既存のルール名を選択します。
  2. 緑をクリック + (追加)ボタン。ルールが重複していることに注意してください。
  3. 矢印を使用して、選択したルールをリストの上下に移動します。
  4. 後で説明するように、ルールの内容を編集します。

ルールの名前を変更するには:

  1. ルール名を選択します。
  2. 名前をもう一度クリックします。
  3. ルールに別の名前を付けて、Enterキーを押します。

ルールを削除するには:

  1. ルール名を選択します。
  2. 赤をクリックします バツ ボタン(警告はありません)。

ルールの調査

要素情報が構造パネルに表示される方法は、 ルール。ルールは、表示されるエンティティとそれらのプロパティがリストされる順序を指定します。 1つのプロパティを他のプロパティより先にリストすることにより、2番目のプロパティは最初のプロパティのサブセットになります。これについては後で詳しく説明します。

の例を見てみましょう bim.cst 構成。

パネルをカスタマイズする
左:制御される構造パネルの表示。右:…bim.cstファイル

ルールの名前-など 建築要素セクション —人間のみが使用し、ルールの内容を説明します。それらをセクションと考えてください。グレーをクリック > (山括弧)セクションを開き、ルールの要素を表示します。

拡張されたルール

各ルールには3つの要素があります。

フィルタ —ルールによって表示される要素を決定します。このルールでは、BIMタイプの名前です。

グループ — BIMタイプをグループ化する方法を決定します。この場合、BIMの建物、ストーリーなどです。

ソート —各グループ内での要素の並べ替え方法を指定します。ここでは、BIM名で表示されます。

構成がどのように機能するかを理解するのに役立つ別のルール、セクションに関する情報を見てみましょう。セクションルールは、以下を指定することによってこれに到達します。

ルール 物件 意味
フィルタ BIMセクションタイプ 詳細、立面図、平面図、セクション名を一覧表示
グループ BIMセクションタイプ BIMセクションタイプをグループ化する
ソート セクションタイプを名前のアルファベット順に並べ替え

「エンティティ」の代わりに「要素」という言葉を使用した理由がわかります。

セクションを表示するためのBIMルール
ヒント 差分タイプ プロパティは、 3dCompare コマンド;比較されている2つの図面の間に差異がある場合は、報告されます。構成ファイルがロードされていない場合、構造パネルには描画エンティティがアルファベット順に表示されます。各名前の前のアイコンは、ポリライン、円、テキストなどのエンティティタイプを識別します。 ツールパレットとパネルのカスタマイズBricsCAD

ルールの構築

ルールを作成するには、長いリストからプロパティを選択します。これについては後で説明します。

このチュートリアルでは、空の構成ファイルを作成しました。既存のからすべてのルールを削除してこれを行いました。cst ファイル、次に使用 ファイル|名前を付けて保存 保存するコマンド(名前 cb.cst).

空の.cstファイルを保存する

このチュートリアルでは、構造パネルに現在の図面内の線のみを一覧表示するルールを作成し、レイヤー名、長さの順に並べ替えます。

  1. 新しい構成ルールのセットの作成を開始するには、 + アイコン。 「ルール」という名前の一般的なルールが追加されていることに注意してください。
    BricsCADへの要素の追加
    追加された一般的なルール

    一般的なルールには、ルールを定義する3つの(固定)セクションがあります:フィルター、グループ、およびソート。これら3つのセクションを追加または削除することはできません。セクションが空の場合、何もしません。

  2. 次のように、ルールの名前を「Lines by Layer」に変更します。
    1. 「ルール」を右クリックして、「名前の変更」を選択します。
      ルールにプロパティを追加する
    2. 「Rule」をLines by Layerに変更して、Enterキーを押します。
  3. 構造ツリーに線のみを表示したいので、右クリック グループ そして、選択します フィルタープロパティの追加.
    ルールにプロパティを追加する

    [プロパティの選択]ダイアログボックスに注意してください。 BricsCADで利用可能なすべてのプロパティ(数百個)がリストされています。

    プロパティダイアログボックス

    プロパティは次のセクションにグループ化されています。

    • 全般 —すべてのエンティティに共通のプロパティを一覧表示します。これらは[プロパティ]パネルから知っている必要があります
    • エンティティ —すべてのエンティティの名前とそれらの特定のプロパティを一覧表示します
    • 拡張 — BIMモジュールなど、BricsCADへのアドオンに固有のプロパティを一覧表示します
  4. このチュートリアルでは、レイヤー名でリストされた行が必要です。エンティティの横にある+をクリックし、下に移動します。 エンティティ>ライン>ライン>一般>レイヤー:
    物性
  5. [OK]をクリックして[プロパティ]ダイアログボックスを閉じます。 「レイヤー」が グループ。
    レイヤーでグループ化されたエンティティ
  6. これがStrictureパネルに何をしたか見てみましょう。 [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。パネルに「レイヤー別の線」ルールがリストされていることに注意してください。
    構造パネルに表示された新しいルール
  7. 次に、そのルールの下に何がリストされているかを見てみましょう。 「Lines by Layer」の横の>をクリックします。
    図面のレイヤー名

    これまでのところ、よさそうだ。図面にすべての画層名のリストが表示されます。各レイヤー名の横の括弧内の数字は、そのレイヤー上のエンティティの数です(A-ELEV-OTLNの場合は(36)など)。

  8. レイヤー「A-ELEV-OTLN」の横にある>をクリックします。おっとっと!これは何ですか?アイコンは、それらがリストされたポリラインであることを示しています。
    レイヤーごとにリストされたポリライン
  9. エンティティのリストを行のみに制限するには、次の手順に従います。
    1. 「cb」バーをクリックして、「構造ツリーの構成」ダイアログボックスに戻ります。
    2. クリック 表示/スキップ タブ。
      構造によってリストされたエンティティを制限する
    3. 横のラジオボタンを選択します 選択したエンティティタイプのみを表示.
    4. 見つかるまで下にスクロールします ライン、 次に、その横のボックスをクリックします。
      Lineエンティティの選択
    5. クリック OK ダイアログボックスを閉じます。
  10. 次に、構造パネルで「Line by Layer」ルールを開きます。線のあるレイヤーのみがリストされるため、表示されるレイヤーが少なくなっていることに注意してください。
    行がリストされているレイヤーのみ
  11. レイヤー名を開きます。行エンティティのみがリストされていることに注意してください。
    パネルをカスタマイズする
    各レイヤーの線
  12. 各行の長さなどのサブカテゴリを追加します。次の手順を実行します:
    1. 「cb」バーをクリックして、「構造ツリーの構成」ダイアログボックスに戻ります。
    2. [グループ]を右クリックし、ショートカットメニューから[グループ化プロパティの追加]を選択します。
    3. [プロパティの選択]ダイアログボックスで、次の場所に移動します。 エンティティ>ライン>ライン>ジオメトリ>長さ.
      パネルをカスタマイズする
      グループに長さを追加する
    4. クリック OK。 グループの下に長さが追加されていることに注意してください。
      パネルをカスタマイズする
      グループセクションに追加された長さ
    5. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。ノードを開いて、レイヤー「A-ANNO-NOTE」に続いて3'0″のように、レイヤーと線の長さがリストされていることを確認します。
      レイヤー名、次に長さ順にリストされた線
  13. 要素をアルファベット順に並べ替えましょう。次の手順を実行します:
    1. 「cb」バーをクリックして、「構造ツリーの構成」ダイアログボックスに戻ります。
    2. 右クリック ソート そして、選択します 並べ替えプロパティを追加 ショートカットメニューから。
      並べ替えプロパティを追加する
    3. [エンティティタイプ]を選択し、[OK]を2回クリックしてダイアログボックスを閉じます。
    4. 追加されたルールがリストにどのように影響したかを見てみましょう。レイヤー名がアルファベット順になっていることに注目してください。
      アルファベット順にリストされたレイヤー名
  14. このチュートリアルの最後のステップとして、レイヤーと長さのルールの順序を次のように切り替えましょう。
    1. 「cb」バーをクリックして、「構造ツリーの構成」ダイアログボックスに戻ります。
    2. 「長さ」を選択し、上矢印ボタンをクリックして「レイヤー」ルールの上に移動します。
      パネルをカスタマイズする
      ルールの順序を変更する
    3. クリック OK ダイアログボックスを閉じます。
    4. 行が長さ順に表示され、次にレイヤー名で表示されることに注意してください。
      長さとレイヤーごとにリストされた線

タブの表示/スキップ

[表示/スキップ]タブには、アイテムの表示方法に関するオプションがあります。これにより、通常の線など、構造パネルに表示したくないエンティティを除外できます。

  • すべてのエンティティタイプを表示 図面内(デフォルト)
  • 選択したエンティティタイプのみを表示 下のリストから選択(チェックマークのあるもの) 選択したエンティティタイプをスキップ 以下のリストから選択
    [表示/スキップ]タブにあるオプション

オプションタブ

[オプション]タブには、構造ツリーで行われる処理を制御するオプションがあります。

  • ツリーの選択を無視する —構造パネルでアイテムを選択しても何も起こりません
  • ツリーで選択されたエンティティを強調表示 —(デフォルト)構造パネルでアイテムを選択すると、図面で強調表示されます
  • ツリーで選択したときにエンティティを選択する —パネルでアイテムを選択すると、それも図面で選択され、その後すぐに編集できます

エンティティの選択で、ツリーで選択します —オンにすると、図面で選択したエンティティが構造パネルで強調表示されます

エンティティの選択解除時に、ツリーで折りたたむ —オンの場合、エンティティが図面で選択されなくなると、構造パネルのツリーが折りたたまれます。パネルのコンテンツが非常に長くなる可能性があるため、これは便利です。

パネルをカスタマイズする
オプションの指定

ネストされたブロックを追加する —オンの場合、他のブロック内にネストされているブロックが含まれます。

ツリーの外部参照を分解する —オンの場合、外部参照のすべての要素を個別にリストします。オフの場合、外部参照を単一の要素としてリストします。


BricsCAD体験版を
ダウンロード

今すぐBricsCADを使ってみましょう

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。


  1. 前書き
  2. BricsCADユーザーのための55のヒント
  3. 設定
  4. 環境を変える
  5. カスタムユーザーインターフェース
  6. [カスタマイズ]ダイアログボックスの概要
  7. メニューバーとコンテキストメニューをカスタマイズする
  8. ツールバーとボタンアイコン
  9. マクロとディーゼルコードの記述
  10. リボンのタブとパネル
  11. キーストロークのショートカット、エイリアス、シェルコマンド
  12. マウス、ダブルクリック、タブレットボタン
  13. クワッドについて知っておくべきすべてのこと
  14. ロールオーバープロパティ
  15. ワークスペースとユーザーインターフェイス
  16. 設計ツールと構造パネル
  17. シンプルで複雑な線種の作成
  18. ハッチングのパターン化
  19. 形状とフォントのデコード
  20. フィールドテキストでのコーディング
  21. スクリプトを書く
  22. LISPによるプログラミング(はじめに)
  23. LISP関数