この投稿では、BricsCADでリボンのタブとパネルをカスタマイズする方法を学びます®.

リボンはMicrosoftが設計したユーザーインターフェイスで、嫌いな人もいれば好きな人もいます。。リボンはWindowsに「固有」ですが、リボンがLinuxおよびmacOSバージョンのBricsCADと同じように機能するように、Bricsysはカスタムバージョンを作成しました。


この投稿では、次のトピックについて説明します。

  • リボンの構造を理解する
  • ワークスペースを介してリボンの外観を定義する
  • 新しいタブを作成する
  • タブへのパネルの追加
  • 新しいパネルの設計

リボンコマンドと変数の概要

コマンド

リボン リボンを表示します。

リボン閉じる リボンを閉じます。

BircsCADリボンをカスタマイズする

システム変数

RibbonState (読み取り専用)リボンパレットが開いているか閉じているかを報告します。

  • 0 =リボンが閉じている
  • 1 =開く(ほとんどのワークスペースのデフォルト)

RibbonDockedHeight ドッキング時のリボンの高さを決定します。

  • 0 =リボン自体を選択したタブの高さに合わせてサイズ調整します
  • 120 =デフォルト値
  • 1から500ピクセル=範囲

RibbonPanelMargin ボタンとリボンパネルの端の間の距離を指定します。

  • 0 =間隔なし。デフォルト値
  • 50 =最大値。ピクセル単位

CleanScreenOptions リボンがクリーンスクリーンモードで表示されるかどうかを決定します。

  • 8 =リボンは表示されません

起動 リボンがスタートウィンドウに表示されるかどうかを指定します。

  • 3 =リボンなしでスタートページを表示する
  • 4 =スタートページをリボンで表示

設定ダイアログボックス

[設定]ダイアログボックスのリボンセクションには、次の2つのリボン変数のみが含まれます。

リボンの構造

リボンの上部に沿って一連の タブ のような名前で ホームインサート。タブは、 パネル、およびパネルは同様のコマンドを収集します。タブはツールバーの重なりと考えることができます。 (v20の新機能) B 「タブ」はタブではなく、ファイルメニューです。それが青く着色されている理由です。

BricsCADのリボン
リボンはタブとパネルで構成されています

パネルは、リボンの下部に沿って、次のような名前で識別されます。 ドロー修正.

リボンが画面に対して幅が広すぎる場合、パネルは次のようにスライドアウトで圧縮されます。

スライドアウトパネル内のすべてのアイテムを表示するコンデンスアノテーションパネル

リボンをタブとパネルに分割する目的は、関連するコマンドの論理的なコレクションを提示することです。たとえば、多くの2D描画および編集コマンドは、[描画]タブにあります。すべてのパラメトリックコマンドは、[パラメトリック]タブにまとめられています。

リボンの正式な構造は次のようになります。

リボン

タブ (1つ以上のタブ)

パネル (1つ以上のパネル)

(行はオプションです。複数の行で垂直に積み重ねられたボタンが可能です)
ボタンとコンボバー(ドロップリスト)
リボンの切れ目(区切り線)
分割ボタン(ドロップダウン、フライアウト)
トグルボタン(色を変更してオン/オフ状態を表示)

ここでは注意が必要です。タブとパネルは[カスタマイズ]ダイアログボックスでカスタマイズされますが、 コンテンツ 画面に表示されるリボンは、現在のワークスペースでも定義できます。したがって、リボンをカスタマイズする場合、次の2つの場所で作業する必要がある場合があります。

リボンタブ — BricsCADで使用可能なすべてのリボンタブおよびパネルを定義します

ワークスペースタブ —表示タブとパネルを切り替えて、ユーザーに表示されるものを決定します

技術的には、これは「間接参照」と呼ばれます。これにより、リボンのカスタマイズがより複雑になり、柔軟性が向上します。これにより、カスタマイザの作業が簡単になります。タブとパネルのマスターセットを1つ作成し、さまざまなワークスペースのタブをクリックしてオンとオフを切り替えます。

チュートリアル:リボンタブにパネルを追加する方法

リボンをカスタマイズするには、タブによって表示されるパネルを変更する方法と、パネルのコンテンツを変更する方法の2つがあります。まず、リボンタブにパネルを追加する方法を見てみましょう。

    1. BricsCADを起動
    2. リボンが表示されていない場合は、オンにします。リボンを表示するには、 リボン コマンド:

      :リボン

      リボンが表示されることに注意してください。ツールバーがオンの場合、リボンがツールバーの下に表示されます。

      リボンはBricsCADでカスタマイズします
      「製図(ツールバー)」ワークスペースにリボンが追加されました
      ヒント  あなたはリボンをオフにします リボン閉じる コマンド、または小さな バツ リボンの左上隅。開いている図面がない場合、リボンのすべてのコマンドは機能しなくなります。彼らは灰色に着色されています。使用 B 「タブ」で図面を開くか、新しい図面を開始します。
    3. 次のように入力して、カスタマイズダイアログを開きます。 ui これを行う最速の方法はエイリアスです。
    4. を選択します リボン (混乱する可能性があります: タブ ダイアログボックスで タブ リボンの上。それらを区別するために、リボンのタブを参照するように常に「リボンタブ」と記述します。リボンをカスタマイズするための3つのノードがあることに注意してください。 リボンタブ, リボンパネル文脈依存 タブ:
      • リボンタブ ノード—タブを占めるパネルを指定します
      • リボンパネル ノード—ボタンでパネルのコンテンツをカスタマイズします
      • (v20の新機能) コンテキストタブ ノード—コマンドの実行中に表示されるタブ
        リボンタブに開いているカスタマイズダイアログボックス
    5. を開く リボンタブ ノードをクリックして 拡大する の長いリストに注意してください タブ 「Home」で始まる名前40近くありますが、もっとたくさん作ることができます。
      (V20の新機能)タブはアルファベット順にリストされます。 「ホーム2D」から「2Dホーム」など、一部のタブの名前が変更されました。タブの総数はほぼ2倍になります。コンテキストタブが追加されます。

      BricsCADで提供されるタブを表示するリボンタブノード
      ヒント
      「2Dホーム」や「3Dホーム」など、一部のタブ名はほぼ重複しているようです。違いは、[3Dホーム]タブには2D製図に適したコマンドが含まれているのに対し、3Dホームは3Dモデリング用であるということです。
    6. リボンの各タブには、1つ以上のパネルがあります。 2Dホームの横にある展開ボタンをクリックします。 DrawやModifyなどのパネル名のリストに注目してください。
      2Dホームタブにあるパネル
  1. パネルをタブに追加するには、次の手順に従います。
      1. 2Dホームなどのリボンタブの名前を右クリックします。
      2. ショートカットメニューから、 パネルを追加.
        タブを右クリックしてパネルを挿入する
        ヒント [利用可能なツール]ペインからアイテムをドラッグできると思うかもしれませんが、タブセクションでは機能しません。利用可能なツールは、パネルをカスタマイズするためのものです。

        [リボンパネルの選択]ダイアログボックスに注目してください。 2Dに関連するものだけでなく、すべてのパネルの名前がリストされます。

        リボンダイアログボックスをカスタマイズする
        タブに挿入できる利用可能なパネルのリスト
      3. 「2D中心線」などのパネルの名前を選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。パネルが2Dホームリストの最後に追加されていることに注意してください。
        中心線 「2Dホーム」タブの最後に追加されたパネル
      4. リボンに新しく追加されたパネルを表示するには、[OK]をクリックして[カスタマイズ]ダイアログボックスを閉じます。リボンの[ホーム]タブの遠端に新しいパネルが表示されることに注意してください。
        中心線 [ホーム]タブの最後に追加されたパネル

パネルの移動

タブに表示されるパネルの順序を変更したい場合は、単にドラッグしてください。

下の図では、「中心線」までのパネル 注釈。 BricsCADは「注釈」パネルの下(後)に配置します。

リボンへのタブの追加をカスタマイズ
パネルをドラッグして順序を並べ替える

移動の結果は、以下に示すリボンに示されています。

BricsCADのリボン
中心線パネルが注釈の横に移動しました

パネルのコピー—なし

パネルを複製することは、ゼロから始めずに、新しいパネルを作成するための優れた方法です。以前のリリースでは、 Ctrl キー(Cmd Macでは)ドラッグ中。 V20では、これは機能していないようです。

パネルの取り外し

パネルを削除するには、その名前を右クリックしてから、 削除する ショートカットメニューから。

リボンタブからのパネルの削除

BricsCADはあなたが確かかどうか尋ねます。クリック はい.

削除の確認

チュートリアル:新しいタブの作成

パネルを追加、移動、削除してタブの外観を変更する方法を見てきました。このチュートリアルでは、新しいタブを最初から作成する方法を学びます。

  1. [カスタマイズ]ダイアログボックスを開き、 リボン。
  2. を開く リボンタブ セクションをクリックし、任意のタブ名を右クリックします。ショートカットメニューに注意してください。
    新しいタブを追加する
  3.  選ぶ リボンを挿入 タブ。 BricsCADが[リボンタブの追加]ダイアログボックスを開くことに注意してください。
    新しいタブの命名
  4. 次のデータのように、フィールドにユニークなものを入力します。
    • ラベル– カスタム(リボンのタブに表示されるラベル)
    • 題名 - わたしの カスタムタブ([カスタマイズ]ダイアログボックスに表示されるタイトル)
    • ID – rtCustom(BricsCADが要素を区別するために使用するID –「rt」はリボンタブの略で、IDの目的を識別します)
    記入されたダイアログボックス
  5. クリック OK ダイアログボックスを閉じます。新しいタブがタブ名のリストの最初に追加されることに注意してください。必要に応じて、別の場所にドラッグできます。
    リボンに追加された新しいタブ
  6. この時点では、タブは空です。 [カスタマイズ]ダイアログボックスを終了し、BricsCADが空を表示することを確認します。
    空のタブ

(V20の新機能)これらの追加および移動タスクをリボンタブで実行します。 BricsCAD V20より前のバージョンでは、これらのタスクは、新しいタブを表示するなど、[ワークスペース]タブで実行する必要がありました。

コンテキストタブの概要

(v20の新機能)特定のコマンドが呼び出されると、コンテキストタブが自動的に表示され、コマンドの実行中は画面にとどまります。 BricsCADは、執筆時点でそれらの3つを提供します。
配列エディター – ArrayEditコマンドによって開始されます

ブロックエディター –によって開始された

BEdit コマンドリファレンスエディター–によって開始されます

RefEdit コマンド(下記参照)カスタマイズされたリボンの例

コマンドが終了すると、タブが消えます。コンテキストタブはBricsCADにハードコードされているように見えるため、追加のタブを作成することはできません。

新しいリボンタブへのパネルの追加

パネルを新しい空のリボンタブに追加するには、前のチュートリアルを確認してください。簡単に言うと、タブの名前を右クリックしてから、 パネルを追加.

リボンに沿ってタブを移動する

リボンタブをリボン上の別の場所に移動するには、名前をドラッグして、 ワークスペース タブ。

タブのコピーを作成する

押し続けると Ctrl キー(MacではCmd)を押しながらリボンタブの名前をドラッグすると、BricsCADはタブのコピーを作成します。

ワークスペースのタブを非表示にする

リボンタブを非表示にするには、ワークスペースタブに切り替える必要があります。名前を右クリックして、 削除する.

ワークスペースから削除してタブを非表示にする

警告メッセージを無視します。[削除]アクションはタブを消去せず、この特定のワークスペースのビューから削除するだけです。 BricsCADからリボンタブを実際に消去するには、このダイアログボックスのリボンタブでリボンタブを削除する必要があります。

警告メッセージを無視する

リボンパネルのカスタマイズ

リボンタブをカスタマイズおよび作成する方法を理解したので、次に、より複雑なタスク、つまりパネルのコンテンツのカスタマイズに移りましょう。リボンをカスタマイズする実際の作業が行われるのはパネルレベルです。

BricsCADは多くのパネルを誇り、あなた自身のものを作ることができます。既存のパネルの内容を変更したり、新しいパネルを追加したり、それらを消去したりできます。パネルには、サブパネル、行、ボタン、その他のコントロールなど、さまざまな種類の要素が含まれています。

パネルパラメータの概要

[カスタマイズ]ダイアログボックスの[リボンタブ]セクションでパネルの名前を選択すると、BricsCADは次のパラメーターを表示します。カスタムリボンパネルのパラメータ

これはパラメータの意味です:

ID — BricsCADがこのユーザーインターフェイス要素に使用するID。これは一意である必要があり、ソフトウェアに付属する要素については変更しないでください。この場合、「rp」はリボンパネルの略です。

崩壊 —タブがBricsCADウィンドウより広い場合にパネルを小さくする方法を制御します。次のいずれかのオプションを選択します。

  • 自動では、パネルを折りたたむタイミングをBricsCADが決定します。すべてのパネルのデフォルト設定
  • 折りたたみしないでパネルをフルサイズに維持しますが、BricsCADウィンドウが狭くなりすぎるとボタンが表示されなくなります
  • 最後に折りたたむと他のパネルが最初に折りたたまれます

ラベル —リボンのパネル名として表示される名前。この場合、「ファイル」が表示されます。

題名 —パネルのタイトル

重要なヒント —キーボードからパネルにアクセスするショートカット(BricsCADにはまだ実装されていません)

以下に示します レイヤー [カスタマイズ]ダイアログボックスのパネルを構成する要素に沿ったリボンパネル。

ヒント タブからパネルの定義を簡単に表示するには、パネル名を右クリックして、[パネルの表示]を選択します。 BricsCADはパネルの定義にジャンプします。

各パネル定義は、 素子。その後に、1つ以上のボタンまたは複数の行など、他の要素が続きます。

パネル設計のヒント

パネルをデザインするためのヒントをいくつか紹介します。

フライアウトは、 割り当てられたボタン スプリット 動作。

3つの行がサブパネルで定義されているため、それらの要素は大きなレイヤーのフライアウトボタンに隣接して配置されます。

チュートリアル:新しいパネルの作成

以前のチュートリアルで、新しいパネルを作成する方法を学びました。ここで、ボタンやその他の要素を入力(入力)します。 [カスタマイズ]ダイアログボックスを開き、 リボン タブ。次のように、「リボンパネル」ノードで作業しています。

    1. 右クリック リボンパネル そして選ぶ リボンパネルを追加.
      パネルを追加する

      「追加」は、パネルがリストの最後に追加されることを意味することを思い出してください。

    2. ダイアログボックスに注目してください。ダイアログボックスは、新しいリボンタブを作成するダイアログボックスのように見えます。これはパネルに固有のものです。
      新しいパネルの命名とID

      以下に示すようにフィールドに入力して、クリックします OK.

      • ラベル MyPanel ([カスタマイズ]ダイアログボックス内のパネルを識別します
      • 題名 私のパネル (リボン上のユーザーのパネルにラベルを付けます
      • ID rpMyPanel(パネルをBricsCADに識別します。 「rp」はリボンパネルの略

      新しいパネルがパネルリストの最後に追加されていることに注意してください。今すぐカスタマイズを終了すると、以下に示すように、空白になっていることがわかります。

      新しいパネルは空です
    3. 新しいパネルで最初にすることは、行を追加することです。行は、ボタンやその他のUI要素を水平方向の行に保持します。 (要素の垂直列を作成するには、2つ以上の行を追加します。BricsCADはそれらを自動的にスタックします。)行を追加するには、次の手順に従います。
      1. 新しい名前を右クリック
      2. 選ぶ 行を追加 ショートカットから
        新しいパネルに行を追加する
    4. 次に、1つ以上のボタンで行を埋めます。最初に、BricsCADが「コマンドボタン」と呼ぶ通常のボタンを追加します。 (後で他のボタンに取り組みます。)これはどのように機能するかです。
    5. 右クリック 次に、ショートカットメニューから[コマンドボタンの追加]を選択します。
      行にボタンを追加する
    6. [リボンコマンドボタンの追加]ダイアログボックスに注目してください。 Select Available Toolが選択されていることを確認します。
      利用可能なツールからツールを選択する
    7. 一致などのコマンドを選択し、[OK]をクリックします。 [マイパネル]パネルに追加されていることに注意してください。
      新しい行に追加されたツール(コマンドボタン)

(BricsCADでリボンを確認すると、パネルは次の図のようになります。)

設定を編集BricsCAD
左:コマンドボタンが1つあるパネル。右:コマンドボタンを定義するパラメーターの編集

[カスタマイズ]ダイアログボックスの下部にあるパラメーターペインには、ボタンを定義するフィールドがあります。それらのいくつかは、ヘルプ、コマンド、画像など、ツールバーとメニューのカスタマイズに関する章ですでにおなじみのはずです。右の図を参照してください。

リボンのデザインに特に関心があるのは ボタンのスタイル フィールド。次のオプションがあります。

ボタンのスタイリング
ボタンのスタイリング

オプションの意味は次のとおりです。

ボタンのスタイル アイコンサイズ テキストラベル
テキスト付き小 16×16ピクセル アイコンの横
テキストなしの小 16×16ピクセル ラベルなし
テキスト付き大(縦) 32×32ピクセル アイコンの下
テキスト付き大(水平) 32×32ピクセル アイコンの横
テキストなしの大 32×32ピクセル ラベルなし

これは、各設定から作成されたボタンを含むパネルの外観です。

カスタムボタンスタイルBricsCADテキストを削除
同じボタンが異なるスタイルで表示される

パネル設計の基本が完了したので、この章の残りの部分では、すべてのパネル機能をカタログ化します。

パネル要素のカタログ

パネルへの要素の挿入と削除は、既存の要素を右クリックしてアクセスするショートカットメニューから実行できます。唯一の例外は、要素の移動です。これは、ドラッグアンドドロップで行われます。

これらは、コマンドを含む3つのショートカットメニューです。 「行」に表示されるメニューは、パネルやボタンなど、他のすべての要素からアクセスするものでもあります。

BricsCADでリボンパネルを編集する
パネル編集用のショートカットメニュー

次のセクションでは、次のようにグループ化された各オプションの機能について説明します。

  • リボンパネルの追加/リボンパネルの挿入
  • 削除する
  • ランチャーを追加
  • 行を追加/リボン行を挿入/行パネルを挿入
  • ブレークを追加/リボンブレークを挿入/セパレータを追加
  • 分割ボタンを追加
  • 追加トグルボタン

リボンパネルの追加/リボンパネルの挿入

追記リボンパネルの挿入 オプションはどちらも、リボンパネルのリストに新しい空白のパネルを追加します。それらの違いは微妙です:

  • リボンパネルを追加 新しいパネルをリストの一番上に追加します
  • nsertリボンパネル リストの最後に新しいパネルを追加します

間違った場所になってしまった場合は、パネル名を適切な場所にドラッグしてください。どちらのオプションでも、同じダイアログボックスのフィールドに入力するように求められます。

パネルにラベルを付ける

IDは、それをリボンパネルとして識別するために「rp」で始まる必要があり、名前にはスペースを含めないでください。

パネルのプロパティ

必要に応じて、パネルを消去しない限り、永続的に修正されるIDを除いて、プロパティペインで名前を変更できます。 (Key Tipプロパティはまだ機能していません。)

パネルのプロパティ

削除する

削除する オプションは選択された要素を消去します。 BricsCADはあなたに確信があるかどうか尋ねます:

消去する前の最後のチャンス

ランチャーを追加

ランチャーは、フライアウトボタンが付いた小さなパネルです。 floutボタンをクリックすると、パネルが次のように展開されます。これは、本当に幅が広い(サイズを抑えた)タブや、ほとんど使用されないコマンドを含むパネルに役立ちます。

左: 閉じたランチャー。 右: ランチャーを開いた

 

タイププロパティ

ランチャーには1つの固有のプロパティしかない。 タイプ 「マクロ」と「リボン」を切り替えます。

タイプオプション

ただし、執筆時点では、ランチャーには影響しません。

行を追加/リボン行を挿入/行パネルを挿入

行と行パネルは、パネル内の要素をグループ化するためのものです。 3つのオプションの違いは次のとおりです。

  • 行を追加 —パネルに行を追加します。行は1つ以上のボタンを水平方向に保持します
  • リボン行を挿入 —また、パネルに行を追加します。行追加オプションとの違いはないようです
  • 行パネルを挿入 —サブパネルをパネルに追加します。パネルは1つ以上の行を垂直に保持します

行と行パネルの一般的な用途は、下に示すように、大きなボタンに隣接する小さなボタンのグループを見つけることです。

左:パネルのズームボタンのマトリックス。右:カスタマイズダイアログボックスでの定義方法

 1つの大きなズーム範囲ボタンに隣接する9つのボタンを取得するために、1つのパネルと3つの行要素が使用されました。

  • (行) パネル — 3つの行を大きなボタンから分離します
  • (x3)—垂直に積み重ねられた3行の水平ボタンを作成します

行にはプロパティがありません。行パネルには次のプロパティがありますが、現時点ではどれも機能しません。

行のプロパティ

行パネルのプロパティ

スタイルのサイズ変更 プロパティは、リボンがBricsCADウィンドウの幅に対して小さすぎる場合に行パネルがどうなるかを決定します。ただし、これらのいずれも執筆時点では効果がありません。

行パネル オプション  意味
スタイルのサイズ変更 自動 BricsCADが独自の条件でサイズ変更を処理できるようにします
テキストを非表示にしない アイコンを削除する前にアイコンを削除します
ラップしない パネルが折り返されて2つ以上の行に分割されるのを防ぎます
縮小しない パネルが小さくならないようにします
サイズを変更しないでください パネルのサイズが変更されないようにします
サイズ変更の優先順位 100(デフォルト) このパネルの前に他のパネルのサイズを変更するかどうかを決定します。範囲は1(最初にサイズ変更)〜1000(最後にサイズ変更)
上揃え はい 行パネルを行の上部に揃えます
番号 行パネルを中央揃えにします

 

ヒント BricsCADは通常リボン要素を垂直に積み重ね、行パネル要素はそれらを水平に配置します。 (「column」要素はありません。)行パネルを使用して、行内に行を作成したり、行の横に列(ボタンのスタック)として作成したりできます。

ブレークを追加/リボンブレークを挿入/セパレータを追加

休憩 パネルを2つに分割して、クリックしたときに後半がスライドするようにします。ただし、BricsCADはブレークをサポートしていません。区切りを追加すると、パネルの内容が消えてしまうため、Bricsysが実装するまでこの要素を使用しないでください。

以下の図は、Home-File 2Dパネルにブレークを追加する前と後を示しています。     

リボンタブの編集
左:前….;右:…そして不完全なBreakパラメータを適用した後

セパレーター パネルの要素間に線を引きます。ただし、BricsCADは、執筆時のブレークをサポートしていません。

分割ボタンを追加

リボンにフライアウトのような効果を作成するには、次の2つの手順を実行します。(a)分割ボタンを追加し、(b)Behaviorプロパティでの動作を指定します。パネルにフライアウトを追加するには、次の手順に従います。

  1. 設計しているパネルで、行を右クリックしてから、 分割ボタンを追加 ショートカットメニューから。このチュートリアルでは、以下の図に示すように、パネルの名前は「My Panel」です。
    パネルにスリットボタンを追加する
  2. 行に分割ボタンが追加されていることに注意してください。
    新しい分割ボタン

    [分割ボタン]を右クリックし、ショートカットメニューから[コマンドボタンの追加]を選択して、コマンドを割り当てます。 [リボンコマンドボタンの追加]ダイアログボックスからコマンドを選択し、[OK]をクリックします。その結果、フライアウトアイコンが二重丸アイコンの右側にある小さなボタン、つまり小さな黒い矢印が表示されます。クリックすると、ボタン上にボタンが繰り返されます。

    単一の分割ボタン
  3. 次のように、1つまたは2つのボタンをスプリットに追加します。
    スプリットに追加されたボタン

    リボンの効果は次のとおりです。

    複数の分割ボタン
  4. 分割ボタンを配置したら、今度はその外観を調整します。分割ボタンには、いくつかのユニークなパラメーターがあります。
    分割ボタンのパラメーター
  • 動作 —一番上のボタンで何が起こるかを決定します
  • リストのスタイル —ドロップダウンのボタンの外観を指定します
  • グルーピング —ボタンをグループにまとめます

それらが分割ボタンにどのように影響するかを見てみましょう。

行動特性

動作 分割ボタンのプロパティは、ユーザーが一番上のボタンをクリックしたときの動作を決定します。オプションは次のとおりです。

Behaviorプロパティのパラメーター

オプションは、ボタンがデフォルトのコマンド(ボタンのリストの最初のコマンド)を表示するか、 最近使用した 1つ(プログラミングビジネスでは「MRU」と略されます)。同様に、Behaviorは、要素がドロップダウン(フライアウトのような)のように見えるか、分割ボタン(2つのボタンを同時に表示する)のように見えるかを決定します。

チップ 分割ボタンを使用すると、上半分をクリックして最近使用したコマンドを実行したり、下半分をクリックしてドロップリスト(フライアウト)を表示したりできます。

通常、ユーザーが操作しやすいように、分割ボタンを大きくするのが一般的です。

執筆時点では、Behaviorパラメータは実装されていません。どの動作を選択しても、機能する唯一の動作は「最近のドロップダウン」です。

スタイルプロパティのリスト

List Styleプロパティは、ドロップダウンのボタンの外観を決定します。

左:リストスタイルプロパティのパラメーター。右:リボンにどのように表示されるか

執筆時点では、リストスタイルパラメータは実装されていませんでした。どのスタイルを選択しても、機能する唯一のスタイルは「テキスト付きアイコン」です。

プロパティのグループ化

プロパティをグループ化すると、分割リストのボタンがグループにまとめられます。グループ化は、グループを名前で定義するGroup Nameプロパティで機能しますが、執筆時点ではBricsCADに実装されていません。

追加トグルボタン

トグルボタンは、オンの場合は青色の背景を表示し、オフの場合は通常の背景を表示します。エンティティスナップパネルで以下に示すように、これらは設定のオン/オフステータスを視覚的に示すためのものです。

オンにするとトグルボタンが青く表示される

問題は、トグルボタン自体がオン/オフステータスの処理方法を知らないことです。下に強調表示されているように、トグルスタイルのボタンは、ディーゼルコードを入力するためのパラメーターを追加します。

ボタンを切り替えるために必要なディーゼルコード

ディーゼルプロパティ

BricsCADはディーゼルコードを監視して、青色の背景をオンにするかどうかを確認します。これは、Dieselを使用してチェックマークのオン/オフを切り替えるメニューマクロの場合とまったく同じです。リボンのエンティティスナップトグルのコードは次のとおりです。

$(if、$(=、$(and、$(getvar、OSMODE)、0x0001)、0),,!。)

嬉しいことに、このコードをコピーして貼り付けることができます。 「OsMode」を別の変数の名前に置き換えるだけです。


BricsCAD体験版を
ダウンロード

今すぐBricsCADを使ってみましょう

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。


  1. 前書き
  2. BricsCADユーザーのための55のヒント
  3. 設定
  4. 環境を変える
  5. カスタムユーザーインターフェース
  6. [カスタマイズ]ダイアログボックスの概要
  7. メニューバーとコンテキストメニューをカスタマイズする
  8. ツールバーとボタンアイコン
  9. マクロとディーゼルコードの記述
  10. リボンのタブとパネル
  11. キーストロークのショートカット、エイリアス、シェルコマンド
  12. マウス、ダブルクリック、タブレットボタン
  13. クワッドについて知っておくべきすべてのこと
  14. ロールオーバープロパティ
  15. ワークスペースとユーザーインターフェイス
  16. 設計ツールと構造パネル
  17. シンプルで複雑な線種の作成
  18. ハッチングのパターン化
  19. 形状とフォントのデコード
  20. フィールドテキストでのコーディング
  21. スクリプトを書く
  22. LISPによるプログラミング(はじめに)
  23. LISP関数