BricsCAD® パネルは、サイズ変更、ドッキング、フローティングが可能で、ダイアログボックスとは異なり、他のコマンドを使用している間は開いたままにできるため、特別です。これにより、カスタムBricsCADワークスペースを作成できます。


次のBricsCADパネルはドッキング可能です:(クリックして展開)

パワーユーザーのヒント

  • パネルアイコンをダブルクリックしてパネルを一時的にフロートさせ、次にフローティングパネルのドラッグバーをもう一度ダブルクリックして元の場所に戻すことができます。
  • ホールド Ctrl (Cmd Mac用) パネルをドラッグしてドッキングまたはアンカーしないようにします。
  • ホールド シフト パネルをドラッグして強制的にドッキングさせます。

ワークスペースbricscadをカスタマイズする

可動パネル

BricsCADのパネルは、上、下、左、または右に固定するように移動できます。彼らはまた浮くことができ、別の画面に浮かぶことさえできます。

  1. …またはアイコンをクリックし、アイコンを他のアイコンストリップにドラッグします。
  2. カーソルを必要な場所に移動して、マウスの左ボタンを離します。ドッキング場所セレクターが表示される場合、青いゾーンは選択されたドッキング位置を示します。

パネルbricscadカスタムワースペースをドラッグアンドドロップ

積み重ね可能なパネル

BricsCADでは、パネルを組み合わせてスタックパネルを作成できます。

  1. …またはアイコンをクリックして、他のパネルまたはストリップ上にドラッグします。
    ドッキング場所セレクタが表示されます。青いゾーンは、選択したドッキング位置を示しています。
  2. カーソルをドッキング位置に移動して、マウスの左ボタンを離します。

スタックタイプは、 カスタマイズ| ワークスペース ワークスペースのスタックタイププロパティを介してダイアログ。

可能なスタックタイプは次のとおりです。

  • サイズ変更可能なパネルセットを修正 –パネルは隣同士またはタブ付きパネルにドッキングします
  • 折りたたみパネルセット –パネルは、画面の左側または右側のアイコンストリップのデフォルトの場所にドッキングし、展開すると描画領域が狭くなります。
  • フライアウトパネルセット –パネルは、画面の左側または右側にあるアイコンストリップのデフォルトの場所にドッキングされ、展開すると描画領域と重なります。

設定によるコントロールパネル

使用 -ツールパネル コマンドラインでさまざまなツールパネルの表示、非表示、切り替えを行うコマンド。

カスタムワークスペースbricscad

のワークスペースのPanelsプロパティ カスタマイズ| ワークスペース ダイアログは、パネルが画面の左側または右側にドッキングされるかどうかを定義します。

  • パネル|スタック(LDOCK)は、画面の左側にスタックされるパネルを定義します。
  • パネル|スタック(RDOCK)は、画面の右側にスタックされるパネルを定義します

カスタムワークスペースbricscad

ワークスペースを保存しています

これで、カスタムBricsCADワークスペースが希望どおりに表示され、保存することができます。

  1. 入る WorkSpace.
  2. 選ぶ 現在に設定します。
  3. 名前を付けます。

これで、他のワークスペースと同様に選択できるようになります。

先端: 変更を加える前にワークスペースを作成することをお勧めします。

工場リセットbricscad

デフォルト設定に戻す

カスタムBricsCADワークスペースが十分にある場合は、「工場出荷時の状態にリセット」して、BricsCADのデフォルト設定に戻すことができます。

  1. [カスタマイズ]ダイアログボックスを開きます。作図領域の外側を右クリックして、 カスタマイズ… ドロップダウンメニューから。
  2. を選択 ワークスペース タブ。
  3. クリック カスタマイズを管理…
  4. クリック デフォルトに戻す.

BricsCAD Shapeを無料でダウンロード

今すぐカスタムBricsCADワークスペースを入手

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。


その他のヒント: