この停止中に BricsCAD Shape 旅、ユーザーインターフェイスを探検します。

まだShapeを使用していますか?

BricsCADシェイプユーザーインターフェース

BricsCAD Shapeユーザーインターフェース

CADを使用したことがない場合は、少し圧倒されるかもしれません。すぐに始められるように、主要なエリアをご案内します。

メニューバー

BricsCAD Shapeユーザーインターフェース

ほとんどのプログラムと同様に、BricsCAD Shapeは画面上部にメニューバーを表示します。ここには、製図とモデリングのためのすべてのコマンドがあります。ファイルをインポート、保存、開くためのオプションもあります。

ツールバー

BricsCAD Shapeユーザーインターフェース

ワークスペースの上部に、ツールバーがあります。これにより、最も頻繁に使用されるコマンドのいくつかに簡単にアクセスできます。これらのいくつかについては、後の投稿で詳しく説明します。

コマンドライン

BricsCAD Shapeユーザーインターフェース

CADを初めて使用する場合は、この非常に重要な領域を見落とすかもしれませんが、見ないでください!あなたはすぐにそれを愛することを学ぶでしょう。コマンドラインは左下隅にあります。

コマンドの1つが期待どおりに動作しない場合、最初のアクションはここで確認する必要があります。次に何をすべきかがわかります。命令を直接入力することもできます。入力してみてください ボックス そして何が起こるか見てください!

コマンドラインに大きく依存しているCADのベテランには朗報があります。次のように入力することで、より「クラシック」なビューをオンにできます。 コマンドライン、ダブルクリックまたはヒット Shift + F2。を押して、プロンプト履歴を別のウィンドウで開きます F2.

ヒント

BricsCAD Shapeユーザーインターフェース

インターフェイスの右側に、「ヒント」というラベルの付いたボックスがあります。これにより、BricsCAD Shapeのいくつかのコマンドの概要を簡単に確認できます。

また、一部のコマンドがアクティブなときに情報を表示します。

アイコンストリップ

BricsCAD Shapeユーザーインターフェース

インターフェイスの右端にはアイコンストリップがあります。これにより、コンポーネント、マテリアル、レイヤー、プロファイル、ビュースタイルにすぐにアクセスできます。これらについては後の投稿で説明します。

LookFrom

BricsCAD Shapeユーザーインターフェース

右上隅にあるのは、LookFromウィジェットです。描画ウィンドウの右上隅にあるナビゲーションコントロールで、さまざまな側面からモデルを見ることができます。 LookFromツールにカーソルを合わせて、モデルを表示する側を選択します。

ホールドの下から表示するには ctrl.

次はどこ?

この短いBricsCADシェイプユーザーインターフェースの探索を楽しんでいただけたでしょうか。次回、BricsCAD Shapeの基本的なコマンドのいくつかを使用する方法を紹介するときに参加してください。


ダウンロードBricsCAD Shape無料

ウェビナー「BricsCAD Shape in 10 minutes」をご覧ください


その他のCADレッスン:

  1. BricsCAD Shapeとは何ですか?
  2. ダウンロードとインストール
  3. 始めましょう
  4. インターフェース
  5. コマンド
  6. オブジェクトの選択
  7. 変換する
  8. 材料
  9. 構成部品
  10. スタイルを表示
  11. レイヤー
  12. エンティティの編集
  13. エンティティを編集するその他の方法
  14. 配列
  15. 動的ユーザー座標系
  16. ファイルと画像をエクスポートする
  17. 怠惰な男[Lazy Man]のBricsCAD Shpae ガイド