一部の人々にとって、線の太さは少しトリッキーに見えるかもしれませんが、BricsCADでは、線の太さを編集して操作するのは非常に簡単です。

左: 線の太さが表示されない図面。 右: linewieghtが表示された図面。

BricsCADの図面に線の太さを表示する方法

あなたはコントロールを見つけることができます 線の太さの表示のオンとオフを切り替えます 「LWT」というラベルの付いたBricsCADインターフェースの右下隅。 LWTの文字をクリックするだけで、オンとオフを切り替えることができます。

線の太さの表示のオンとオフ
文字LWTをクリックして、線の太さの表示をオンまたはオフにします。

BricsCADでエンティティの線の太さを変更する方法

プロパティパネルを使用してエンティティの線の太さを変更できます。エンティティを選択し、ドロップダウンメニューから新しい線の太さを選択するだけです。プロパティパネルの線の太さまたは、レイヤーごとにすべてのエンティティを線の太さに設定できます。

レイヤーごとに線の太さを設定する方法

  1. すべてのエンティティが正しいレイヤー上にあり、(プロパティパネルの)線の太さが「レイヤーごと」に設定されていることを確認します。
  2. 確認しておいて 線の太さの表示は「オン」です.
  3. レイヤーパネルを開き、ドロップダウンメニューから希望の線の太さを選択します。そのレイヤー上のすべてのエンティティは、新しい線の太さで表示されます。

レイヤーごとの線幅

将来のエンティティの線の太さを設定する方法

将来のエンティティの線の太さを設定するには、3つのオプションがあります。

  1. プロパティパネルを使用します。まず、何も選択されていないことを確認します。次に、ドロップダウンメニューから適切な線の太さを選択します。他の指定がない限り、将来のすべてのエンティティはこの線の太さで描画されます。
  2. または、設定ダイアログを使用して、将来のエンティティの線の太さを設定できます。 「エンティティの線の太さ」設定を使用します。
  3. BricsCADのデフォルトの線の太さを変更するには、「デフォルトの線の太さ」設定を使用します。
    そこに到達する最も速い方法は、コマンドラインに「LWeight」と入力することです。線の太さの設定bricscad

注意: オプション「線の太さの表示スケール」はモデル空間にのみ影響します。

線種のカスタマイズ

linewieghtsのコツがわかったので、linetypesを使って遊んでみましょう。私たちに向かいます 線種に関するBricsCADブログ投稿のカスタマイズ 詳しく知ることができ。


BricsCAD Shapeを無料でダウンロード

3D CADを今すぐ始めましょう

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。


火曜日のその他のヒント: