2Dまたは3Dアニメーションを作成できます BricsCAD Mechanical 新しいアニメーションエディターパネルでパラメーターをアニメーション化します。アニメーションが完成したら、BricsCADで再生したり、2Dビデオとしてレンダリングできます。リボンの[表示]セクションに[アニメーションエディター]ボタンがあります。


3Dアニメーションデモを見る


アニメーションエディターパネルの詳細

アニメーションエディター パネルには3つの主要な領域があります。

  • ツールバー –シーンの追加と削除、アニメーションの再生の制御、現在のシーンの継続時間の設定、カメラのタイムラインの追加、レンダリングの開始を行うツールが含まれています。
  • シーケンスコンフィギュレーター –特定のアニメーションシーケンスのパラメーターを構成します。
  • タイムラインエリア –タイムラインとアニメーションシーケンスを追加および編集します。

BricsCAD Mechanical用の2D 3Dアニメーションパネル

タイムラインエリア

タイムラインエリアを使用して、タイムラインを追加および削除し、アニメーションシーケンスを追加および削除します。アニメーションシーケンスをクリックして選択するか、開始または終了をドラッグして継続時間を調整します。選択したアニメーションシーケンスは青で表示され、他のシーケンスはグレーで表示されます。タイムライン領域の各タイムラインは一時的に無効にできます。

カーソルを移動すると、すべてのパラメーターが現在のフレームに合わせて変更されます。カメラの位置も更新されます。カメラアングルはいつでも手動で変更できます(これはアニメーションに影響しません)。

の端をクリックしてドラッグします アニメーションシーケンス 開始時間、終了時間、期間を調整します。

シーン、タイムライン、アニメーションシーケンス

シーン

シーンは1つ以上のタイムラインで構成され、これらの各タイムラインには1つ以上のアニメーションシーケンスがあります。エディターを初めて起動すると、シーンが自動的に作成されます。シーンは、アニメーションの継続時間を設定します。現在、アニメーションエディタで選択したシーンのみをレンダリングできます。ただし、同じドキュメントに多くのシーンを含めることができ、それらを切り替えることができます。

アニメーションシーケンス

アニメーションシーケンスは、アニメーションの基本です。開始時刻と期間が関連付けられており、タイムライン上の場所を定義します。

  • パラメータ –アニメーションシーケンスは、パラメータの開始値から終了値までの連続的な変化を表します。たとえば、2辺間の距離の制約:アニメーションは片側を最大および最小距離値に移動します。
  • カメラ –アニメーションシーケンスは、連続的な軌道上の連続的なカメラの動き、たとえば、開始から終了までのパスに沿ったカメラの動きに対応します。

タイムライン

タイムラインは、アニメーションシーケンスの視覚的表現です。アニメーションの各パラメーターには、独自の“タイムライン”があります。タイムラインには、パラメータがアニメーションする方法とタイミングが表示されます。タイムラインを一時的に無効にして、アニメーションから除外することができます。すべてのタイムラインは独立しています。これは、同時に多くのパラメーターをアニメーション化し、それらの組み合わせた効果を確認できることを意味します。

sun / snowflakeアイコンを切り替えることで、レイヤーと同じようにタイムラインを有効または無効にできます。

その後、これらのシーケンスが重ならない限り、パラメーターのアニメーションシーケンスを好きなだけ追加できます。カメラの動きのための特別なタイムラインもあります。必要な数のカメラシーケンスを追加し、ポリラインまたはポイントを使用して、焦点とカメラの位置の両方を設定できます。これは アニパス コマンド。

ファイル形式

現在、 .avi, .mpg .wmv 形式がサポートされています。

アニメーション再生

ツールバーのアニメーション再生コントロールを使用して、アニメーションをプレビューします。使用 演奏する, 一時停止やめる ボタン 他の動画プレーヤーと同じように。使用する 次のシーケンスにジャンプにジャンプ 前のシーケンス 次または前のアニメーションシーケンスにジャンプするツール。

シーンアニメーション3Dを追加する
新しいシーンを追加する

新しいシーンを追加する

  1. を押す シーンを追加 ボタン。の シーンを追加 ダイアログが表示されます。
  2. シーン名を入力します。
  3. シーンの長さを秒単位で入力します。
  4. クリック 追加 シーンを追加します。

使用 シーンを削除 シーンを削除するツール。

オブジェクト3Dにアニメーションを追加する
パラメータをアニメートする

パラメータをアニメートする

タイムラインにパラメーターを追加します。

  1. でパラメータを選択します パラメータセレクター.
  2. 使用 タイムラインを追加 新しいタイムラインを追加するツール。
  3. タイムスケールの開始位置にカーソルを置きます。
  4. 使用 シーケンスを追加 新しいアニメーションシーケンスを追加するツール。
    ドラッグしてシーケンスの継続時間を調整します。
    または
    使用 共通タブシーケンスコンフィギュレーター 開始時刻と期間を秒単位で設定します。
  5. 使用 元のタブシーケンスコンフィギュレーター パラメータの開始値と終了値を設定します。
カメラの動きを追加する
カメラの動きを追加する

カメラの動きを追加するには

  1. カメラのタイムラインを追加します カメラを追加 ボタン。
  2. 上の開始位置にカーソルを置きます タイムスケール.
  3. 使用 シーケンスを追加 カメラのタイムライン上のツールを使用して、新しいカメラシーケンスを追加します。
  4. クリックしてドラッグし、シーケンスの継続時間を調整します。
    または
    使用 共通タブシーケンスコンフィギュレーター 開始時間と開始時間を設定します。
  5. 使用 元のタブシーケンスコンフィギュレーター カメラのパスを設定するには:
  6. オプションを選択: ポイント 固定カメラ位置を使用するには、または カメラパスを使用します。
  7. ボタンを使用して、カメラのポイントまたはパスを指定します。
    または
    オブジェクトのリストからポイントまたはパスを選択します。
  8. 使用 元のタブシーケンスコンフィギュレーター ターゲットパスを設定します。ターゲットは、カメラが焦点を合わせるポイントです。
  9. オプションを選択: ポイント 固定点をターゲットとして使用する、または ターゲットパスを使用します。
  10. ボタンを使用して、ターゲットポイントまたはパスを指定します。
    または
    オブジェクトのリストからポイントまたはパスを選択します。
ステージ上のアニメーションライト
レンダリングされたアニメーション結果の例。

アニメーションのレンダリングとエクスポート

2Dおよび3Dアニメーションを2Dビデオとしてレンダリングするには、 ビデオをレンダリングする ボタン。パラメータを設定し、をクリックします レンダリング レンダリングを開始するボタン。出力ファイルの場所と名前を指定してクリックします セーブ レンダリングを開始します。プレビューに進行状況が表示されます。

以下を調整できます。

  • レンダリングフレームレート(fps)
  • 解決
  • ファイル形式
  • 始まる時間
  • 終了時間

2Dでもアニメーション化できます!

スティックの2D描画をアニメートする
この男を覚えていますか?

PS:2D図面もアニメーション化できます!

もっと知りたい?

続きを読む マルチパラメトリック3Dアニメーション ヘルプセンターで。

まだBricsCAD V20を使用していますか?

 

BricsCAD体験版を
ダウンロード

BricsCADによる2Dおよび3Dアニメーション

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。


BricsCAD Mechanical V20の新機能: