昨年、BricsCADⓇV19の出荷により、Bricsysは計算方法を変更しました BricsCADのメンテナンス費用 募集。固定価格(すべての製品に対して1つの価格)ではなく、各製品の小売価格の割合として計算されるようになりました。

この変更の最終目標は、最高の製品、技術サポートを引き続き提供することであることを理解していただきたい 利用可能なトレーニングコンテンツ。 BricsCAD製品は、コンピュータ支援設計ツール市場で絶対的な最高の価値を提供すると信じています。

BricsCAD Maintenanceへの投資は、BricsCAD製品ファミリーの新しいバージョンをリリースするたびに、新しいビジネス価値を提供することに自信を持って投票することです。その結果、今年の事業に多額の投資を行い、お客様が期待する価値を引き続き提供できるようにしています。

以下は、BricsCADをアップグレードする時期を検討するための重要な価値ドライバーです。 メンテナンス契約

メンテナンスは無敵の製品サポートを提供します

Bricsys Maintenanceのお客様からのサポートリクエストが製品サポートキューの先頭に自動的に移動することをご存知かもしれません。これらの優先サポートリクエストに対して24時間のターンアラウンドを提供するよう努めています。

この強化されたレベルのサービスを提供する能力を確保するために、Bricsysは新しいカスタマーサポートスタッフとこれらの新しいサポート担当者向けの詳細なトレーニングに多額の投資を行っています。また、保守プログラムオプションを選択した記録的な数の顧客のために、すべての着信サポートリクエストを管理するための改善されたワークフローを構築および実装しました。

これらの変更により、サポートが必要になったときに、必要なサポートをかつてないほど迅速かつ迅速に受けることができます。

Bricsysは、より多くのお客様にローカライズされたサポートエクスペリエンスを確保するために、追加の投資も行っています。これまで以上に多くのお客様に現地語でのサポートを提供できるようになりました。主要な地域での追加のローカル言語サポートリソースの追加を継続することをお約束します。

Bricsysは競合他社よりも新しい製品機能を提供します

他のCADシステムベンダーは、新製品の機能とワークフローの構築への投資を削減し、製品をレガシーステータスに減らしました。 Bricsysでは、CAD市場で最も先進的な製品技術の開発に取り組んでいます。これは、BricsCADの各新バージョンが強力な新機能、より完全なワークフロー、可能な限り最も安定した操作を提供し続けることを意味します。

リリースノート すべての当社製品はオンラインで閲覧できます。 BricsCAD V19製品は、100を超える新機能と数千の改善を提供しました。まもなく、BricsCAD V20製品をリリースし、数百の新機能、修正、製品改善を加えます。これらの改善と機能の多くは、顧客サポートの入力と機能のリクエストの結果として直接もたらされました。サポートリクエストチケット番号が各機能または修正の関連するリリースノートに表示されるため、これらの項目は簡単に定量化できます。

競合他社が製品の機能強化を遅らせたり停止した場合、どのようにしてこのレベルの製品開発を継続しますか? 2019年、Bricsysは研究開発チームの規模を著しく拡大しました。私たちは、開発手法について積極的に新しい開発者を訓練し、可能な限り最高の製品を構築するのに役立つ最新の機器を提供します。

Bricsysは、次のようなAI /機械学習ツールの開発に取り組んでいます ブロッキー, バイミー, 伝播, パラメトリック化、 などなど。これらのツールは、各ユーザーの毎日の作業負荷を数分または数時間短縮できる新しいワークフローを表しています。これらのツールは、BricsCAD製品ファミリーでのみ利用可能です。

最後に: 他のCADシステムは、BricsCAD UltimateのエンドツーエンドのCAD精度のワークフローを提供できません。ドラフトからモデリング、機械アセンブリ設計、建物情報モデリング(BIM)まで、Bricsysは究極の価値を提供します。私たちはこれに評判を賭けています。

2020年、BricsCAD Maintenanceのお客様は私たちにもっと期待すべきです

今年後半から2020年にかけて、メンテナンスのお客様のみが利用できる新しい製品機能、ワークフロー、コンテンツを提供します。 BricsCADを選択されたことを光栄に思います。 Bricsysの信頼と継続的な後援を得るために、私たちは日々努力を続けます。

Bricsysの私たち全員から:製品をご利用いただきありがとうございます!