BricsCADには、ペーパースペースとモデルスペースの2つの主要なワークスペースがあります。このシリーズでは、Paper Spaceワークスペース、その機能、機能、使用理由、およびビューポート、テンプレート、注釈などのさまざまな機能について説明します。

前回の投稿で私たちは見ました ペーパースペースのレイアウトに注釈を追加する方法。この投稿では、 ビューベース コマンド。

VIEWBASEコマンドとは何ですか?

ビューベース 連想、アイソメ、正投影の「フラット」ビューを自動的に生成します。これらは「図面ビュー」として知られています。これらを使用して、を使用して断面図と詳細図を作成できます。 ビューセクション コマンド。

を使用することには多くの利点があります ビューベース 速度、精度、制御、断面図と詳細図の自動生成など、ビューポートを介したコマンド。

VIEWBASEコマンドの使用方法

を起動します ビューベース モデル空間からコマンドを実行し、コマンドラインの指示に従います。行き詰まった場合は、詳細な手順があります 図面ビューを作成する方法Bricsysヘルプセンター.ビューベース自動ビュー生成bricscad

先端: ページに最初のビューを配置したら、マウスを動かして追加の投影ビューを生成します。

ヒット Ctrl 投影されたビューをページ上で自由に移動するためのビューを作成します。マウスをクリックしてビューを配置し、もう一度Ctrlキーを押してこのビューを終了し、さらに生成します。

先端: スイッチを入れることをお勧めします 生成する ビューを作成する前に。

ビジュアルスタイルを変更する方法

隠線のオンとオフを切り替えたり、必要に応じて視覚スタイルを変更したりできます。プロパティパネルでこれを行うか、 VIEWEDIT コマンド。

注意: VIEWBASEコマンドで作成されたビューの視覚スタイルを変更できるようにするには、最初にジオメトリを「3D」または「ドラフト」に変更する必要があります。ジオメトリスタイルが「2D」に設定されている場合、視覚スタイルを変更することはできません。図面ビューを作成するとき、またはプロパティパネルを使用して、ジオメトリを変更できます。

自動ビュー作成
図面ビューのプロパティ。

図面ビューの編集

VIEWBASEコマンドの利点の1つは、断面図と詳細図を自動的に自動的に生成できることです。 VIEWBASEコマンドとVIEWSECTIONコマンドで生成された図面ビューには、通常のビューポートでは機能しない独自のコマンドセットがあります。

自動ビュー作成
VIEWBASEコマンドとそのコンパニオンコマンドで自動的に生成されるビューの選択。詳細ビュー、2Dおよび3Dの描画スタイル、断面図を含みます。

ビューセクション 図面ビューから断面図を作成します。

VIEWSECTIONSTYLE 外観断面図を変更します。

VIEWPROJ 既存の図面ビューから追加の投影ビューを生成します。

詳細を表示 図面ビューの一部から、より大きな詳細ビューを作成します。

VIEWDETAILSTYLE 詳細ビューの外観を変更します。

VIEWUPDATE 図面ビューを更新します。

VIEWEXPORT 図面ビューのコンテンツをモデル空間にエクスポートします。

VIEWEDIT 図面ビューの縮尺と隠線の可視性を変更します。

VIEWBREAK 図面ビューに壊れたビューを作成します。

ビューポートフレームを非表示にする方法

ビューポートフレームをオフにするには 視認性、単にフリーズします 製図ビューポートレイヤー。ただし、フレームは実際にはそうではないことに注意してください 見える 印刷時。 

もっとお腹が空いた?

その他のヒントについては 図面ビューを自動的に生成する方法→

BricsCADのペーパースペースの詳細: