私へようこそ BricsCAD Shape 旅。あなたが私と同じくらい学んでいることを願っています!最後に、エンティティの選択に焦点を当てました。今日、エンティティを変換する方法を探ります(素人の用語では、エンティティは単にワークスペース内のオブジェクトです)。それが本当に面白くなるときだから、最後まで固執するようにしてください!

まだShapeを使用していますか?

今日調査するコマンドは、エンティティの移動、回転、コピー、削除を可能にします。初心者向けの絶対的なツールについて説明しますが、メニューバーの[アレンジ]タブでさらに多くのツールを見つけることができます。

操作ツール

ほとんどの操作ツールには、次の変更タブを使用してアクセスできます。 クワッド エンティティを選択またはホバーしたとき。コマンドラインにコマンドを入力することもできます。変更操作ツール

エンティティによって大きく異なる可能性がある編集ツールとは異なり、変更ツールは比較的一貫しています。たとえば、消去、移動、コピーが含まれます。一部のエンティティには、分解ツールも含まれています。 (本当に魅力的な爆弾アイコン)。

消す

消去コマンドは、ブリキに表示されているとおりに実行します。選択したエンティティを消去します。 (ヒットすることもできます 削除する).

このツールを使用すると、オブジェクトを改造することなく、穴、面取り、フィレットを削除できます!

BricsCAD Shapeの穴とオブジェクトを削除

 コピー

コピー機能には、BricsCAD Shapeのいくつかの異なるフレーバーがあります。

クラシック Ctrl + C Ctrl + V コマンドは期待どおりに機能します。

[コピー]を選択した場合、「基点を選択する」(原点)が求められます。クリックして選択します。エンティティは必要な回数だけコピーされ、マウスをクリックしてオブジェクトを配置します。ヒット ESC コマンドを終了します。

[基点でコピー]は、オブジェクトをクリップボードにコピーします。 Ctrl + C。ただし、違いは、基点を選択するオプションがあることです。

BricsCADシェイプでオブジェクトをコピー

切る 切る

カットは期待どおりに機能します。選択したエンティティを削除し、クリップボードにコピーします。

  尺度

  1. コマンドを実行します。
  2. 移動するオブジェクトがまだ選択されていない場合は、最初にオブジェクトを選択してからEnterを押す必要があります。エンティティがすでに選択されている場合は、次の手順にスキップします。
  3. 基点(スケーリングする点)を設定するように求められます。モデルをクリックして、基点を設定します。
  4. 次に、オブジェクトをスケーリングする係数を入力します。 1より大きい数値はオブジェクトをその数値の係数で大きくし、1より小さい数値はオブジェクトをその数値の係数で小さくします。
    たとえば、3倍にスケーリングされたオブジェクトは、以前の5倍の大きさになります。 0.5でスケーリングされたオブジェクトは、サイズの1/2になります。

BricsCAD Shapeのスケールオブジェクトはエンティティを操作します

  移動

エンティティの位置を変更する場合、最も簡単な方法は、移動コマンドを使用することです。

  1. コマンドを実行します。
  2. 移動するオブジェクトがまだ選択されていない場合は、最初にオブジェクトを選択してからEnterを押す必要があります。エンティティがすでに選択されている場合は、次の手順にスキップします。
  3. 基点(オブジェクトがカーソルにスナップする点)を設定するように求められます。モデルをクリックして、基点を設定します。
  4. 次に、カーソルを移動し、クリックしてオブジェクトの新しい場所を設定します。

bricsCAD Shapeの変形オブジェクトを移動

  爆発する

あなたが待っていたもの。それは爆弾の形をしており、爆発と呼ばれ、クリックするだけです!それが何をするかは、それを何に使用するかに少し依存します。

  • 3Dソリッド 爆発すると、ソリッドが領域(面)に分割されます。ソリッドはもはやソリッドではなく、一連の接触面になります。
  • ブロック 爆発すると、ブロックが個々の部分に分割されます。たとえば、選択したソリッドから作成されたブロックがある場合、ブロックを分割してソリッドに変換します。詳細をご覧ください ブロック.
  • アレイ Explodeは配列を破壊し、一連のコピーされたエンティティに変換します。
  • 2Dポリライン 分解すると、ポリラインがセクションに分割されます。

  マニピュレーター

BricsCAD Shapeにこれらすべてのことができるものがあれば素晴らしいと思いませんか?さて、良いニュースがあります!マニピュレーターと呼ばれます。

マニピュレーターを使用すると、選択したエンティティを移動、回転、拡大縮小、コピー、さらにはミラーリングすることができます。また、特定の軸または平面に沿ってそれらを制約しながら簡単に行うことができます。マニピュレータを右クリックして、矢印の動作をミラーとスケールの間で切り替えるオプションを含む追加のコントロールにアクセスします。

これについて最もクールなのは、顔でも機能することです!

移動BricsCAD Shape操作でオブジェクトを移動

マニピュレータの向きが適切であれば、黄色の列をクリックして、選択したエンティティを軸に沿ってドラッグできます。

回転

オブジェクトを回転BricsCAD Shape操作

マニピュレータの基点を中心にエンティティを回転させるには、黄色の回転弧の1つを選択します。クリックおよびドラッグして位置を変更します。

ミラー

いずれかの矢印を選択して、エンティティを軸に沿ってミラーリングします。ミラーリングは、矢印のデフォルトの動作です。矢印を右クリックすると、動作を「スケール」に変更できます。これにより、右クリックメニューが開きます。これを使用して、動作を「矢印ヘッドの機能」–「3Dスケール」から「矢印ヘッドの機能」–「3Dミラー」に変更します。

尺度

マニピュレーターを使用してBricsCADシェイプでオブジェクトをスケールする

矢印の動作を[スケール]に設定すると、任意の矢印を選択して、選択したエンティティをマニピュレータの基点からスケーリングできます。

コピー

BricsCAD Shapeでオブジェクトをコピー

マニピュレータを使用して4つの操作(移動、回転、ミラー、スケール)を実行するときに、選択したエンティティのコピーを作成できます。操作を開始する前に、Ctrlキーを押すだけです。

マニピュレーターの位置を変更する

オブジェクトの位置を変更する

デフォルトでは、マニピュレータは選択したオブジェクトの中心に表示されます。移動するには、再配置グリップ(灰色のボール)を選択して、操作の新しい基点を選択します。図面上で移動すると、自動的にジオメトリに位置合わせされ、関連する軸に沿って操作できるようになります。

次は何ですか?

編集および操作するエンティティを選択する方法は多数あります。以前のCAD経験に基づいた従来の選択方法を使用できます。エンティティが移動し、溝ができました。次回、BricsCAD Shape Journeyの次のストップでマテリアルを紹介するときに、必ず戻ってきてください。


ダウンロードBricsCAD Shape無料

ウェビナー「BricsCAD Shape in 10 minutes」をご覧ください


その他のCADレッスン:

  1. BricsCAD Shapeとは何ですか?
  2. ダウンロードとインストール
  3. 始めましょう
  4. インターフェース
  5. コマンド
  6. オブジェクトの選択
  7. 変換する
  8. 材料
  9. 構成部品
  10. スタイルを表示
  11. レイヤー
  12. エンティティの編集
  13. エンティティを編集するその他の方法
  14. 配列
  15. 動的ユーザー座標系
  16. ファイルと画像をエクスポートする
  17. 怠惰な男[Lazy Man]のBricsCAD Shpae ガイド