BricsCADトライアルをダウンロードすると、自動的にアクセスできることに気付くでしょう。 BricsCAD Ultimate、30日間無料。しかし、BricsCADには多くの異なるバージョンがあります。そのため、購入する前に、いくつかのバージョンをテストして、どちらが最適かを確認してください。これを行うには、’ RunAsLevelコマンド.

RunAsLevelコマンドとは何ですか?

RunAsLevelコマンドを使用すると、異なるBricsCADトライアルバージョンを実行できます。

  • クラシック – Pro、Platinum、BIM、およびMechanical専用のコマンドなしで、BricsCAD Classicを実行します。
  • プロ –プラチナ、メカニカル、BIM専用のコマンドなしで、BricsCAD Proを実行します。
  • 白金 – MechanicalおよびBIM専用のコマンドなしでBricsCAD Platinumを実行します。
  • 機械的 – BIM専用のコマンドなしでBricsCAD Mechanicalを実行します。
  • BIM – Mechanical専用のコマンドなしでBricsCAD BIMを実行します。
  • 究極の – Platinum、BIM、およびMechanicalのすべてのコマンドでBricsCAD Ultimateを実行します。

詳細をご覧ください BricsCADバージョン.

別の試用版でBricsCADを実行するにはどうすればよいですか?

  1. コマンドラインにRunAsLevelと入力します。次のテキストが表示されます。
    製品のライセンスレベルの変更[BricsCAD / Communicator]
  2. BricsCADを入力するか、BricsCADをクリックします。次のテキストが表示されます。
    [Classic / Pro / PLatinum / Bim / Mechanical / Ultimate]としてBricsCADを実行します
  3. 使用するバージョンを入力してEnterを押すか、リストからバージョンを選択します。
  4. BricsCADを再起動して、変更を適用します。

これで、選択したライセンスとしてBricsCADを使用できるようになります。

注意: このコマンドを使用して、 Communicator for BricsCAD オンまたはオフ。

30日間の試用期間が終了するとどうなりますか?

30日間の試用期間が終了すると、BricsCADは BricsCAD Shape。サブスクリプションやライセンスキーがなくても、無料で使用できます。

警告:

RunAsLevel コマンド 名前はRunAsLevelと名前が同じです ユーザー設定 名前(英語版)。その結果、RunAsLevelの値を設定できません ユーザー設定 コマンドラインで。

ライセンスバージョンのBricsCADでRunAsLevelコマンドを使用し、ライセンスレベルが要求されたレベルより低い場合、コマンドは機能しません。


BricsCAD体験版を
ダウンロード

BricsCADを始めよう

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。


火曜日のその他のヒント: