BricsCAD®のマニピュレータを使用して超高速でエンティティを編集、移動、変更します。マニピュレータを使用すると、エンティティを移動、回転、スケーリング、コピー、さらにはミラーリングできます。 2Dと3Dで動作します。そして、おそらく最もクールなのは…?面やポリラインセクションでも機能します。

ManipulatorがBricsys HQの社内ツールのお気に入りの1つである理由を理解するために読んでください。

マニピュレーターにアクセスする

マニピュレータの実行方法:

  • エンティティを左クリックし、通常よりも少し長く押します
  • コマンドラインに[manipulate]を実行
  • クワッドからマニュピレーターを選択

移動

黄色のバーをクリックしてドラッグし、エンティティを移動します。この動きは、選択した軸または平面に拘束されます。これをBricsCADのインテリジェントなズーム依存の丸められた値と組み合わせて、エンティティが確実に希望の正確な位置に移動するようにします。私たちの「OCD」図面タイプに最適です。

BricsCAD変更で移動操作のエンティティ
BricsCADマニピュレーターでオブジェクトを移動します。

回転

黄色の回転円弧を掴んで、マニピュレーターの基点を中心にエンティティを回転します

エンティティの回転BricksCADマニピュレーター
BricsCADマニピュレーターでオブジェクトを回転させる

回転軸を選択すると、マニピュレータに分度器が表示されます。分度器の内側でカーソルを動かすと、45度にスナップされます。分度器の外側でカーソルを動かすと自由な角度で回転できます。

ミラー

ミラーリングする矢印の1つを選択してください 軸に沿ったエンティティ。 (ミラーがデフォルトの動作です。)

オブジェクトBricsCADを編集
マニピュレーターでBricsCADのエンティティをミラーリングする

コントロールキーをホールドすることで、エンティティをコピーできます。

尺度

矢印の先端を使うことでマニュピレーターの基点を中心とした尺度変更ができます。

スケール変更オブジェクトBricsCADエンティティ
マニピュレータを使用してBricsCADでオブジェクトをスケーリングします。

矢印の動作を変更するには、矢印の上で右クリックします。右クリックメニューが展開され、'3D尺度変更' か '3Dミラー' を選べます。

右クリックメニューマニピュレータ

参照にスケーリングするには、Rキーを押します。

コピー

マニピュレーターの起動中に、[C]キーを押して[右クリック]し、コピーを作成します。最初のコピーを作成したら、[R]キーを押してから右クリックし、等間隔で複数のコピーを作成します。カーソルを移動し、左クリックしてコマンドを終了します。

編集変更変更エンティティBricsCAD
BricsCADマニピュレーターでエンティティをコピーする

マニピュレーターの位置を変更する

デフォルトでは、マニピュレータは選択セットの中央に表示されます。移動するには、再配置グリップ(灰色のボール)を選択し、操作する新しい基点を選択します。図面上でマニピュレータを移動すると、マニピュレータは図面内のすべてのジオメトリと自動的に位置合わせされます。 「真ん中」の再配置グリップは、マニピュレーター全体を動かします。 「外側」の再配置グリップは方向を制御します。

変更はBricsCADを強化します
灰色のボールでマニピュレータを再配置します。

右クリックメニューを使用して、マニピュレータをワールド座標系またはユーザー座標系に再配置できます。

座標系編集
右クリックメニューを使用して、マニピュレータをユーザーまたはワールド座標系に移動します。

こんなこと、ご存知でしたか?

マニピュレータの色を変更できます。[ManipulatorColorTheme ]とコマンドラインに入力、オプション[2]を選択します。これでマニュピレーターの色を軸の色と同じにします。カラーオプションを展開していきましょう!BricsCADのカラーカスタマイズをもっと学ぶ。

マニピュレータの色を変更する
マニピュレータの色を変更します。 左: モノクロモード、 中間: クラシックモード。 右: カスタムカラーのクラシックモード。

設定ダイアログでマニピュレータのサイズを変更することもできます。

マニピュレータのサイズを変更します。 左: 0.5. 中間: 1(デフォルト)。 右: 2.

マニピュレーターを使用したことがありますか?

BricsCADマニピュレーターを使用してエンティティの移動、編集、変更を開始するとすぐに、エンティティなしでどのように生活していたのか不思議に思うでしょう。今すぐにお試しください!


BricsCAD体験版を
ダウンロード

BricsCADによるエンティティの移動、編集、変更®

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。


火曜日のその他のヒント: