このプロジェクトでは、パラメータと2D拘束を使用してL字型ブラケットを作成する方法を示します。これは、BricsCADで2Dパラメトリック描画を開始するのに役立つように設計された実用的なプロジェクトです。 3Dパラメトリックモデリングに興味がある場合は、必ずチェックしてください。 このパラメトリックドラムキットチュートリアル。どちらのプロジェクトもBricsCADで動作します パラメトリックブロック.

パラメータのアニメーション化bricscad
このチュートリアルを終了すると、次のようなものを作成できるようになります。

↓↓手順にジャンプ↓↓


このプロジェクトは以下をカバーします:

  • 2D図面に拘束を追加する方法
  • パラメータの値を作成および編集する方法
  • 制約とパラメータの簡単なアニメーション
  • デザインシート(Excel、Googleドキュメントなど)を使用してデザインバリエーションを作成する方法
  • 完成したブラケットを図面のパラメトリックブロック参照として挿入および変更する方法

ここからプロジェクトファイルをダウンロードします

ステップバイステップビデオを見る


始める前に…

  • もしあなたが必要ならば 手動で値を入力します エクササイズ中は、 .
  • すべて 寸法 に示されています んん ただし、好きなユニットを使用できます。
  • 2D幾何拘束と2D寸法拘束はにあります [パラメトリック]タブリボン.リボンbricscadの[パラメータ]タブの制約
  • BricsCADで基本的な形状を描く方法を理解している必要があります。まだご存じない方は、こちらをご覧ください 初心者CADコース.

用語のクイックガイド:

  • パラメータ –ジオメトリの位置、距離、角度を定義します
  • 制約 –ルール:位置、勾配、接線、寸法、およびジオメトリの関係
  • 表情 –パラメータまたは制約の式または絶対値

2Dの幾何学的および寸法的制約のあるブラケットを作成する方法

完了する時間: 1時間半–2時間

困難: 7/10


パート1:フレームワーク

  1. 閉じた状態でL字型を描く ポリライン (PL)(示されているように)。
    L字型のポリラインを描く
    単位はすべてmmですが、お好きな単位でお使いいただけます。
    ヒント 左下隅の0,0,0から開始します
  2. 追加する 制約を修正 左下隅に(図のように)。
    固定拘束は、リボンの[パラメトリック]タブの[2D幾何拘束]セクションにあるロックアイコンです。リボンbricscadの制約を修正
  3. 2つ引く サークル (C)半径2(図を参照)。これらはブラケットのドリル穴になります。
    すべての単位はmmですが、好きなものを使用できます。
  4. 追加する 半径拘束 2つの円に。半径拘束
    半径拘束は、リボンの[パラメトリック]タブの[2D寸法拘束]セクションにある、ロック付きの円アイコンです。半径の制約
  5. の中に Mechanical Browserパネル 新しいパラメータを追加します。右クリック パラメータ そして選択 新しいパラメータを追加 ドロップダウンメニューから。新しいパラメータbricscadを追加します
    ヒント 「パラメーター」パネルを使用することもできます。
  6. 新しいパラメータをクリックして、値を変更します。

    表情 1.5

    メカニカルブラウザでパラメータを編集します

  7. 2つの半径パラメータを選択し、 表情 .
    注意 この手順を正しく完了すると、円のサイズが変わるはずです。
  8. これまでの作業を確認してください:右クリックして パラメータと選択 アニメート ドロップダウンメニューから。すべての手順を正しく完了すると、2つの円がどんどん小さくなっていくのがわかります。パラメータをアニメーション化する
  9. 図面を保存します。

パート2:制約を追加する

  1. 追加 水平方向の制約 黄色の点線で示されている線に。水平方向の制約
    水平拘束アイコンは、リボンの[パラメトリック]タブの[2D幾何拘束]セクションにある赤と白の等号のように見えます。
  2. 黄色の点線で示されている線に垂直拘束を追加します。
    垂直拘束アイコンは、リボンの[パラメトリック]タブの[2D幾何拘束]セクションにある、横向きの赤と白の等号のように見えます。bricscadリボンの垂直拘束ボタン
  3. 追加 線形制約 (図のように)名前を変更します。線形制約パラメーター
    線形拘束アイコンは、リボンの[パラメトリック]タブの[2D寸法拘束]セクションにある、交差した矢印とロックが付いたアイコンです。bricscadリボンの線形制約

    ヒント 下から垂直パラメータを追加します。固定点から始めて、時計回りに水平パラメータを追加します。
  4. 拘束をアニメートして、拘束が図面をどのように変更するかを確認します。
  5. 図面を保存します。

パート3:配列の操作

  1. 作成する 長方形配列 下の円で。

    列の数: 3

    列間の距離: 10

    行の数: 1

    行間の距離: 10

    アレイ

  2. 作成する 長方形配列 上の円で。

    列の数: 1

    列間の距離: 10

    行の数: 2

    行間の距離: 10

    アレイ

    注意 配列を作成する前に、制約(半径制約など)を追加することが重要です。
  3. 回転 アレイ180°。アレイを回転させる
  4. の中に Mechanical Browserパネル、右クリックしてアニメーション化します パラメータ。
    何も起こらないはずです。これは、パラメータがまだリンクされていないためです。
  5. 右クリック 各配列のパラメータを選択し、 パラメータへのリンク。メカニカルブラウザbricscadのパラメータへのリンク
  6. 手順4を繰り返します。今度は円のサイズが変わるはずです。パラメータをアニメートする
  7. 4つの新しい線形制約を追加します(図を参照)。線形パラメータ制約bricscad
    ヒント 左下隅と右上隅を最初の選択点として使用し、円の中心を2番目の選択点として使用します。
  8. 1つの新しいパラメータを追加します。新しいパラメータ

    名前: ギャップ

    式: 5パラメータ編集

  9. 変更 表情 4つの新しい線形制約のうち ギャップ.
  10. 4つの新しいパラメータを追加します。

    名前: nw

    式: 幅/ 10

    名前: nh

    式: 高さ3/10

    名前: mw

    式: width2 / 10

    名前: mh

    式: (height-height3)/ 10

  11. Mechanical Browserで、水平方向に移動する配列をクリックします。値を変更します。

    列: nw

    行: nh配列パラメータ

  12. Mechanical Browserで、水平方向に移動する配列をクリックします。値を変更します。

    列: mw

    行: mh

  13. これらのパラメータがどのように機能するかを理解するには、 表情 または 高さ パラメーター。すべての手順を正常に完了すると、幅、幅2、高さ、高さ3の制約の式に10が増えるごとに追加の穴が表示されます。配列アニメーション
  14. 図面を保存します。

パート4:デザインテーブルの広告

  1. さまざまなブラケットレイアウトのパラメータを使用してスプレッドシートを作成します。列名がパラメーターの値と一致していることを確認してください。行名は各アレンジメントの名前になります。グーグルドキュメントのcsvファイル
    注意 メモ帳などの単純なテキストエディタを使用してこのファイルを作成することもできます。
  2. 名前を付けて保存 .csvファイル。
  3. BricsCADに、 設計可能.
  4. を選択します ファイルから オプション。
  5. 使用する.csvドキュメントを選択します。
  6. クリック 開いた.
  7. 新しいパラメータがMechanicalBrowserパネルに表示されます。ドロップダウンメニューでオプションを選択できます。これを使用して、異なるレイアウトを切り替えます。図面のオプション
    ドロップダウンメニューからレイアウトを選択します。

    パラメータのアニメーション化bricscad
    わかりやすくするために、一部のパラメーターは非表示になっています。
  8. 図面を保存します。

パート5:図面をパラメトリックブロックとして挿入する

  1. 新しい図面を開きます。
  2. 入る インサート.パラメトリックブロックbricscadを挿入します
  3. クリック ブラウズ.パラメトリックブロックダイアログを挿入bricscad
  4. ファイルを選択してクリックします 開いた.ファイルを開くをクリックします
  5. クリック OK.ブロックダイアログ
  6. クリックして、ブロックを図面に配置します。
  7. ブロックを選択します。
  8. プロパティパネルを開きます。 [パラメータ]セクションの下に、さまざまなレイアウトのバリエーションを提供するドロップダウンメニューが表示されます。これを使用して、ブラケットレイアウトのさまざまなオプションを切り替えます。プロパティパネルのパラメトリックブロックオプション
注意 演習では、ギャップパラメータは編集可能なままです。ブロックが図面に挿入されたときにこれを表示したくない場合は、.csvファイルの列として「ギャップ」を追加し、各配置の値を設定します。
これらの変更は自動的に読み込まれません。.csvファイルを元の図面に再読み込みする必要があります。挿入先の図面のブロック挿入を再読み込みします。

それだけではありません!

BricsCADで2D制約とパラメータのコツをつかんだら、空が限界です!

パラメトリックプラスL字型Tブラケット


免責事項: このチュートリアルの目的は、制約を操作するための最良の方法を示すことではなく、独自のスキルセットを構築するための開始点を提供することです。