BricsCAD V20の点群の新機能に関するガイドを求める多くのリクエストを受け取りました。そこで、簡単な「ポイントクラウドの使用方法 BricsCAD V20'ガイド。


BricsCADV21の点群の新機能をご覧ください


BricsCAD V20の点群の改善

BricsCADの点群は、2つの主要な方法でBricsCAD V19からBricsCAD V20に大きく変更されました:

改善された新しいデータ表現

ポイントクラウドの内部表現が変更され、実際のポイントデータを含むフォルダーを伴う単一の.vrmプロジェクトファイルになりました。以前は、.bptバイナリファイルでした。

この新しい形式には次の利点があります。

  • BricsCADはより速く、よりリアルに表示します
  • ソースデータのサイズの最大半分です(古い形式はソースデータの最大2倍の大きさでした)。
  • BricsysのVR Insightソフトウェアと完全に互換性があります。

点群キャッシュマネージャー

ポイントクラウドソースデータを.dwgファイルに直接添付できるようになりました。新しいポイントクラウド管理システムを使用します。以前は、データを.dwgファイルに添付する前に、前処理する必要がありました。

キャッシュマネージャーは、必要に応じてバックグラウンドで前処理を実行し、ポイントクラウドを.dwgファイルに添付します。このデータが(キャッシュで)前処理されている場合、直接添付されます。

キャッシュされたすべてのデータセットは、キャッシュマネージャーで一元化されました。変換されたデータセットを移動する必要はありません。このキャッシュマネージャーは、含まれるデータが事前に設定された最大サイズよりも大きい場合にも警告します。このキャッシュフォルダーの場所と割り当てられたサイズを変更できます。 設定>プログラムオプション> Pointcloudディスクフォルダー.

BricsCAD V20で点群を表示する

このポイントクラウドデータセットは約6,300万ポイントで、インポートに約2分かかり、一般公開されています NavVis.

BricsCAD V20でポイントクラウドを使用する方法
NavVis点群は、BricsCAD v20にインポートされ、.dwgファイルに添付されます。

楽しいヒント: NAVIGATEコマンドを使用して、インポートした点群の中を歩きます:

点群をナビゲートする
NAVIGATEを使用して、BricsCAD v20にインポートされたNavVis点群内を歩きます。これは、上に示したのと同じ点群です。

点群ユーザーシナリオ

.ptx、.pts、.las、または.rcp点群ファイルを.dwgファイルに添付したい

これで、このデータを.dwgファイルに直接添付できます。バックプロセスが自動的に開始され、前処理が計算され、準備ができたら通知されます。完了したら、REGENを使用してワークスペースに点群データを表示します。

点群データが添付された.dwgファイルを別のユーザーと交換したい

.dwgを作成し、それに点群データをアタッチします。これにより、コンピューター上にキャッシュ表現が作成されます。他のユーザーが同じファイルで作業する場合は、元の生の点群ファイルと.dwgファイルの間の同じ相対パスで.dwgと点群のソースデータを送信する必要があります。

他のユーザーがBricsCADで.dwgを開くと、キャッシュが自動的に生成されます。これは、AutoCADで作成された.dwgファイルにも適用されます® .rcpファイルが添付されています。

点群ソースデータと同じ相対パスに新しい.dwgファイルを作成し、このデータを新しい.dwgに添付する場合、キャッシングシステムはこれを認識し、すぐにデータを添付して表示します。

有用 新着 コマンド

  • ポイントクラウドリファレンス (下に表示される)ダイアログを開き、キャッシュからデータセットを選択して、.dwgファイルに添付します。
    POINTCLOUDREFERENCEダイアログには、キャッシュされたすべてのデータセットの概要、そのサイズ、使用された合計キャッシュサイズ、および使用可能な最大キャッシュサイズが表示されます。アイテムを選択して[OK]をクリックすると、現在の.dwgファイルに添付されます。
  • ポイントクラウド削除 ほぼ同じダイアログが開きますが、今回はキャッシュからデータセットを選択してディスクから削除することができます。
  • ポイントクラウドインポート キャッシュシステムの外部でポイントクラウドが既に前処理されている場合(V20のベータ版やBricsys VRソフトウェアインサイトなど)、データをキャッシュマネージャーにインポートします。 生データをキャッシュマネージャーに変換しません。、 つかいます POINTCLOUDPREPROCESS または POINTCLOUDATTACH これをする。

無人モードでPOINTCLOUDPREPROCESSおよびPOINTCLOUDATTACHを使用する

  • POINTCLOUDPREPROCESSは、計算中にバルーンの進行状況を更新します
  • POINTCLOUDPREPROCESSPOINTCLOUDATTACH 現在、無人の対応者がいます:
    -POINTCLOUDPREPROCESSおよび-POINTCLOUDATTACH

使用例:-POINTCLOUDPREPROCESS

(コマンド「-POINTCLOUDPREPROCESS」「C:\\ filip \\ inputData01.las」「E」)

オプションは次のとおりです。

  • 入力データファイル
  • 使用される「E」単位。 (E =メートル)

その結果、アイテムはキャッシュに準備されます。前処理が終了すると、通知バルーンが表示されます。

使用例:-POINTCLOUDATTACH

(コマンド "-POINTCLOUDATTACH" "C:\\ filip \\ inputData01.las" "E" "0,0,0" "0" "1")

オプションは次のとおりです。

  • 入力データファイル。 これはバックグラウンドで前処理されます。
  • 使用される「E」ユニット。 (E =メートル)
  • “0,0,0” 点群データの変換(ゼロ)
  • “0” 点群データの回転(ゼロ)
  • “1” 点群データのスケーリング(1)

その結果、アイテムはキャッシュに準備され、現在の.dwgファイルに添付されます。前処理が完了すると、通知バルーンが表示されます。
注意 使用する必要があるかもしれません 再生 図面を更新します。これは、POINTCLOUDPREPROCESSコマンドが不要になり、おそらく表示されなくなることも意味します。

BPT

BricsCAD V20がまだ.bptファイルをサポートしていることを恐れないでください!ただし、新しい.bptファイルは作成できなくなりました。
警告 V20以降、.BPTファイルのサポートは完全に削除されます。

V19と同じ

残りの機能は、と同じままです BricsCAD V19の点群:

  • 編集中にポイントクラウドポイントへのスナップ動作。
  • 切断面(点群を含むシーン全体のクリッピング)。
  • Pointcloudcrop(現在の点群オブジェクトのみをクリッピング)。
  • カラーマップ:偽色を使用して、強度または標高の違いを強調します。
  • 図面エクスプローラーの動作(点群定義の追加/変更/削除)。
  • プロパティパネル:点群が選択されると、このパネルでいくつかのプロパティを使用して検査したり直接修正したりすることもできます。
    • 幾何学的プロパティ(回転スケールや挿入X、Y、Zなど)
    • カラーマップを適用
BricsCADで点群を使用する方法
アクセスおよび変更可能な点群プロパティを備えたBricsCAD V20プロパティパネル。
まだBricsCAD V20を使用していますか?

2Dエンティティで動的に取得

無料のBricsCAD 30日間トライアル

多言語、広範囲で使える永久ライセンスとサブスクリプションです。