BIM –建築、建設、構造工学の世界で頻繁に言及されるアナグラム。また、ドキュメントでもよく読んでください。それはソフトウェアを参照することができます-など BricsCAD® BIM –ソフトウェアで作成されたモデルとモデル自体を作成するプロセス。

BIMは何の略ですか?

BIMは B構築 情報 Modeling または B構築 情報 Mオデル。

BIMとは何ですか?

建物情報モデリング 建築家、エンジニア、建設(AEC)の専門家が、3D、建物、または構造モデルとの間でデータを追加および抽出するために使用するプロセスについて説明します。すべての詳細はBIMでモデル化できます。外壁下水システム、照明など。

A ビルディングインフォメーションモデル 建物固有の情報を含むCADモデルです。

BIMソフトウェア、 といった BricsCAD BIMは、特定の種類のCADソフトウェアであり、ビルディングインフォメーションモデルの作成に使用されました。これは特に、建築家、構造エンジニア、プロジェクトマネージャー、請負業者、つまり建物や物理インフラストラクチャを計画、設計、構築、運用、保守するすべての人を対象としています。建物内のすべてを文書化します。ユーティリティ、換気システム、地理社会データ、輸送リンク、材料、数量など。

BIMを使用する理由

BIMを作成すると、建築プロジェクトの建設の計画、設計、および管理がより効率的になります。 BIMモデルを作成することにより、建築家や構造エンジニアは、考えられるさまざまな設計をすばやく循環させることができます。これにより、さまざまな要因に基づいて、最適なソリューションを探すことができます。材料費、使いやすさ、エネルギー効率など。

従来、建築設計は2D製図に依存していました。これはしばしば誤解と矛盾をもたらしました。 3Dモデルは、プロジェクトに関係するすべての人が空間とさまざまな建築要素間の関係をよりよく理解するのに役立つ追加の次元を提供します。

BIMは、3Dモデルにデータの追加レイヤーを提供します。 BIMを使用すると、各スペシャリストが独自のデータをモデルに追加できます。すべてを含めることによって 開発のレベル 同じモデル(アーキテクチャ、構造、MEPなど)では、プロジェクトの計画と調整が簡単になり、衝突や不整合を強調することができます。

もう1つの利点は、必要なデータが既にジオメトリ内に含まれているため、BIM図面に注釈をすばやく簡単に追加できることです。

BIMとCADの違いは何ですか?

CAD (Cコンピューター Aided Design または Cコンピューター Aided Dラフティング)とは、非常に簡単に言えば、コンピューターを使用して設計プロセスを支援することです。また、設計に使用されるソフトウェアパッケージを「CAD」と呼ぶこともよくあります。

CADソフトウェアパッケージで作成された図面には、必ずしも材料、コスト、重量などに関する追加データが含まれているとは限りません。CADは単なる「ダム」ジオメトリである可能性があります。

ビルディングインフォメーションモデル 建物固有のデータも含むCADモデルです。これにより、分析やデータ抽出などが簡単になります。この情報には、地理空間情報からアイテムの数量まで、すべてが含まれます。これは、初期計画から建設までの設計プロセスを支援します。

でモデルを開くと BricsCAD、要素をクリックして[プロパティ]パネルを見ると、BIMオブジェクトには、「ダム」でありながら古いCADオブジェクトよりも多くのデータが含まれていることがわかります。

BIMは何に使用されますか?

BIMは、建物や構造物の設計と文書化に使用されます。住宅、工場、アパート、オフィス、工場など。

ビルディングインフォメーションモデルは、分析、さまざまな異なる設計ソリューションの循環、クライアント向けのレンダリングの作成、建設および現場作業員向けの2D断面図とドキュメントの抽出に使用されます。

ビルディングインフォメーションモデルは、エネルギー効率、地震の安定性、一般的な安全性などのシミュレーション分析にも使用できます。さらに、BIMモデルは建設中と建設後の両方で使用できます。

BIMのプロセスは何ですか?

ビルディングインフォメーションモデルを作成するプロセスは、まったく複雑ではありません。これは、建物のモデリングのプロセスと非常によく似ています。ただし、BIMを使用する場合、作成された3Dモデルには追加のデータが添付されます。

BricsCAD BIM、などのツールがあります BIMifyBimAutoMatch これにより、BIMデータがモデルに自動的に追加されるため、追加する必要はありません。

BIMは新しいプロジェクト専用ですか?

既存の計画から作業することによって 点群データ、既存の構造物のBIMモデルを作成することが可能です。これにより、企業は改修をモデル化し、将来の記録を作成することができます。

このような例の1つは、 ロンドンのエリザベスタワー「ビッグベン」の改修工事。タワーの改修を担当する会社は、現在の構造を分析し、将来の労働者のために改修を文書化するための完全なビルド情報モデルを作成しました。

4D BIMとは何ですか?

4D BIMは、「4次元」(時間)を含むモデルを指します。

5DBIMとは

5D BIMは、資産管理や持続可能性などの追加情報を含むモデルを指します。

6D BIMとは何ですか?

6D BIMとは、建設が完了した後に提供されるモデルを指します。このモデルには、追加の「実世界」データが含まれています。製品データと詳細、保守/操作マニュアル、写真、保証データ、関連するWebサイト、メーカー情報、連絡先の詳細など。

英国では、6Dという用語はより一般的にAIR(資産情報要件)またはAIM(資産情報モデル)と呼ばれます。

デジタルツインとは何ですか?

デジタルツインはコンセプトです。アイデアは次のとおりです。すべての実際の建物または構造には、対応する建物情報モデルがあります。これは、建物または構造物のライフサイクル全体を通じて更新および維持されます。

規格

IFC (Industry Foundation Classes)によって開発されました buildingSMART 公式の国際規格として認められており、 ISO 16739、2013年以降。

英国は、ビルディングインフォメーションモデリング、国際標準で先導してきました。 2007年に英国で最初に開発された規格は、国際規格の基礎を形成します ISO 19650、2019年1月に最初に発売されました。