BricsCADは、BricsCAD V19.2のリリースを発表します。このリリースは、あなたから受け取ったすべてのフィードバックに基づいています。そうです、あなたが私たちにメールまたはサポートリクエストを送るとき、私たちは耳を傾けます。多くの場合、問題は最初に機能を作成した開発者に直接渡されます。それを言うことができる企業はいくつありますか?

私たちの開発者は、BricsCADが必要なすべてのことを確実に実行できるように、発生した問題を解決するために懸命に取り組んでいます。信じられない場合は、 リリースノート サポートリクエスト番号に改善に対するタグが付けられていることがわかります。 BricsCADは実際にあなたの言うことを聞きます。

それでは、V19.2で何が改善されましたか?

ブロック

思ったとき ブロッキー 良くなることはできませんでした! 2Dエンティティと3Dソリッドの両方を含む入力セットをブロック化できるようになりました。 BLOCKIFYは、テキスト、マルチラインテキスト、ソリッド、トレース、ハッチング、リーダー、マルチリーダー、および初期選択セットの既存のブロック参照をサポートするようになりました。

面を選択 SECTIONPLANEのオプションは、ブロック内の3Dソリッドの面を受け入れるようになりました。

インポートとエクスポート

.fbx形式のエクスポートのカスタマイズオプションが[設定]ダイアログで使用できるようになりました。 FBXEXPORT中にテクスチャファイルが見つからなかった(その結果、コピーされなかった)ケースが解決されました。

BricsCADへの移行はさらに簡単です。これで、SketchUp 2019(.skp)ファイルをインポートできます。

ポイントクラウド

BricsCADの点群

BricsCADの点群ワークフローの多くの改善!

点群を選択すると、そのプロパティがプロパティパネルに表示および制御されるようになりました。点群について詳しく読む ここに.

追加された新しいコマンド:

  • ポイントクラウドバウンダリー 点群の境界ボックスの表示方法を制御します。選択すると、境界を非表示、表示、または表示するように設定できます。
  • POINTCLOUDPOINTMAX 画面に表示されるポイントの最大数を制御します。
  • POINTCLOUDPOINTSIZE 表示されるデフォルトのポイントサイズを変更します(ピクセル単位)。
  • POINTCLOUD2DVSDISPLAY 2Dワイヤフレームビューモードで点群を表示しようとしたときに、境界ボックスと警告メッセージを表示するかどうかを選択します。
  • ポイントクラウド ポリゴン、円、または長方形を境界として使用して、点群を切り抜きます。指定した境界の内側または外側をトリミングできます。複数のトリミング領域を適用できます。
  • POINTCLOUDUNCROP 選択した点群エンティティからすべてのトリミングを削除します。

しかし、待って、もっとあります

改善が行われました。 GRIPEDIT、マニピュレーター、セキュリティ、SSLOCATE、2D制約、パラメトリックアニメーション、ズームパフォーマンス、Big TIFF、TCONNECT、LCONNECT。

マニピュレーターは、1つ以上のポリラインに属するポリラインセグメントの操作をサポートするようになりました。つまり、ポリラインセグメントを回転、移動、コピー、スケール、鏡像化できるようになりました。

MULTISLICEの新しい外観もあり、パフォーマンスが向上しています。

何を待っていますか?

試しやすく、購入しやすく、所有しやすい。それがBricsCADです。すべての製品をお試しください、 で30日間無料 www.bricsys.com。選択の自由、およびすべての場所ですべての言語で動作する永続的な(永続的な)製品ライセンス。私たちがBricsCAD V19.2で構築したものを気に入っていただけることでしょう。